ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゼウスについて思うことを書いてみる

2016年02月14日 17:20

どうもー。やっぱこの色で買っちゃうよね。
pino1.jpeg

そうです、海老原 梓です。

探したら前の方に黄色と紫色があったので両方買ってきました。
にしてもpinoといえば翔君ですしDARSといえば大野くんなので
どこかに相葉ちゃんも入れたいところだったんですが、緑ってあるのかな。
ざっと見た感じでは見当たらなかったですし、あんまりがさがさするのもなーと
思って止めたんでした。


さて本日は、先日放映された『ゼウス』について。
正直これ書くの止めようと思ってたんですよね。だって全編愚痴になりそうだし。
ただ他のことを書こうと思ってもこれが頭をもたげてくるので
自分の中の整理を付けるためにも書きたいと思います。
ちなみに一度ざっと見ただけです。録画しても観返さないのは分かっていたので
録画していないですし、したとしても消しただろうなあ。
途中からかなり脱落していましたし、観返していないので
ポイントがずれているかもしれないんですが、なんで脱落したかということも
含めて書いていきたいと思います。
そんな感じの内容なので、それでもいいという方のみ
追記からどうぞ。




ゼウスで一番引っかかっているのは最後の土下座なんですけども、
あれって結局、”土下座させたら面白い” と作り手側が思っていると
いうことなんですよね。番組内だけで終わらせずに、前回は
翌日のスポーツ紙、今回は看板で期間中残すという辺り。
正直もうその時点でなんだかなあ、と思っているんですけども。
だって土下座イコール盛り上がる、となっているそのセンスがね……。
これはツイッターでも書いたんですが、土下座で終わらせたいのならば
土下座させるまでの ”物語” が必要となるんですよ。
あの番組においては、その物語が完全欠如しているなというのが
個人的に引っかかっている部分です。
壮大な(現実感のない)セットを作って、「凱歌を上げよ」と
普段の日常であまり使わないと思われる言葉を連呼して
(無知がバレる事を言いますけど、もしこれの収録に行っていたとしたら
ずーっと、『外貨をあげるって何?』と首を傾げていただろうなと思います)
そして何より「下剋上」ね!

もしかして私の認識が間違っているのかもしれないと思って
【下剋上】を辞書で引いてみました。
>下の者が上の者に打ち勝って権力を手中にすること。
>南北朝時代から戦国時代、農民が領主に反抗して一揆として蜂起し、
>また、家臣が主家を滅ぼして守護大名や戦国大名になっていった
>乱世の社会風潮をいう。       (出典:デジタル大辞泉)
さてここで問題です。
ジャニーズ軍と芸人軍、どちらが「下の者」でどちらが「上の者」
なのでしょうか。

時たま入っていた「芸能界の立ち位置は関係ない」とかいうナレーション、
そして謎の点数配分。
あくまで多分ですよ。多分なんですけど私が思うに、作り手側としては
芸能界の立場が下の人達(芸人軍)が上の人達(ジャニーズ軍)に対して
己の力だけで勝ち、上の人間を屈服させる、というストーリーに
したいのかなあ、と。
違うかもしれないんですけど、正直私が見る限りではそうとしか
見えないんですよね、どうしても。

ただ、もしそうしたいのであれば本来は徹底的にそういうストーリーを
台本で敷かなければならないと思うのです。
ジャニーズ軍を完全にヒールにして、芸人側に対して
「お前らなんてどうせ大したことないだろ。芸能界でも下なんだよ」とか
台本で言わせなきゃならないと思うんですけども、
これもし言わせたとしたらバリバリ違和感しかないだろうなあ。
だって言うとしたら翔君の役目だと思うもの。
もし私が嵐ファンでなかったとしても翔君がそんなことを言っていたら
普段のイメージ(真面目でしっかりしている)とかけ離れ過ぎていて
いやいやそれはないわー、となっただろうなあ。
あと単純に、その覚悟は局側にはないんだろうなと見ていて思いました。
ジャニ側をヒールにすれば当然ジャニオタはいい気分はしないわけで
そういう台本となれば余計に気分が悪くなるわけです。
そうなれば気分悪いから見ないという人も増えるでしょうし、
公式ツイッターとか見るにつけ視聴率至上主義な感じが見受けられるので
(それが悪いという訳ではなくね)、そこに舵を切る勇気はないだろうなあ、多分。

どうしても最後土下座に持ち込みたいのなら芸人側をヒール役にして、
有吉さんなら多少失礼なことを言い放ってもキャラとして成立すると思うので
「お前らなんてどうせクズの集まりだろ」みたいなことを言って喧嘩勃発させて
最終的にジャニーズ軍が勝って芸人軍が土下座した上で
「今日はこれくらいにしといてやる」とか言えばまだギリギリ成立するのかなと
素人考えながら思ったりします。
罰ゲームとはいえ、なんで負けた方が土下座するのか、
土下座を見て勝った方や視聴者は楽しいのか、ということを考えると
そこに至るまでの物語をきちっと作らないと、土下座が唐突に思えてしまうんですよね。
個人的には前回のゼウス後に夜会で翔君がオネエの店に行って
チェリー翔子インザスカイになった時はすごい面白かったので
負けた方がそういう店に行くとかバラエティ的な楽しみがある罰ゲームに
して欲しいよなあと思います。
土下座は落とし所が難しいですよ、やっぱり。


壮大なセットを作っているのに内容は演者に丸投げとか
番組側にとってどうでもいいんだろうなと思われる人はガンガンカットされたりとか
不透明にも程がある点数の付け方とか
(最後の得点発表で、「ジャニーズ軍150点」と言われた時の、これ高いの低いの!?、と
翔君始め皆がどういうリアクションを取っていいのか一瞬迷っていたのがもうね)
引き分け多すぎるよねとか、
最後の棒渡りは誰かスタッフで成功した人いるのかよ、とか
色々思うところがあるんですけども、視聴率はそこそこ良かったようですし
第3弾ももしかしたらあるのかもなあ。
あるのであればさすがにTBSにメールしようと思います。
届くかどうかは置いといて。


.
関連記事
スポンサーサイト

ブログ コメント: 3

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

>美也さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
正直なところ、時間つぶしに見ていてもちょっときつかったです。
途中から完全流し見になっていましたから。
引き分け多かったですし(それもどうなんだろうとは思うんですが)
いい勝負っぽかったですよね実際。なんであんな差がつくのか
疑問です。点数の付け方も不透明なのがモヤモヤを倍増させますね。
そうなんですよね。成功しないと点数が入らないというのも
おかしな話だよなあ、と思います。最初の方で脱落した人と
あとちょっとの人が点数一緒って、ガチンコ勝負の割になあ、と
色々ともやもやしました。
怪我人が出たこともなんですが、怪我したことをなかった話のように
されるのもなあ、という気分です。いや殊更に言われてもあれですけども。
推したい人とそうでない人の差がはっきりしていましたよね。
そこはもうちょっと上手くやれよ、と私も思いました。

2016年02月18日 23:59 | URL | 海老原 梓 | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年02月20日 02:21 | | | 編集

>えりさん

こんにちは。コメントありがとうございます!
本当にあの番組に関しては違和感がすごいんですよね。なんとも。
どこに向けているのか、どういう番組にしたいのか、というのが曖昧なまま
とりあえず人気者集めてなんかやっときゃいいだろ、という雑さを感じます。
個人的にはジャニーズも芸人も好きなので楽しいはずの番組なんですが
好きな人達が出ていても見るのきついなーと思うことがしばしばで。
そうなんですよね。土下座が全然面白くないんですよね。
そこまでの流れが唐突過ぎてなんだかなという感じですし、どっちが土下座
したら面白いかと考えるとどっちも面白くないという結論に達しますし。
演者は皆必死で頑張っていると思うんですけども、演者の頑張りが全然
活かされてない感じがじりじりと来るなあ、と個人的には思います。

2016年02月21日 11:10 | URL | 海老原 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。