幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

唐突ですが末ズ(ニノと潤くん)について語ります  

どうもー。いつから更新していたと錯覚していた?
そうです、藍染惣右介海老原 梓です。

『BLEACH』読んでいないと何が何やらだと思うんですが、
大丈夫、私もうっすらとしか知らないから! (おいこら……)
ジャンプ自体買わなくなって数年なので全然分からないんですが
藍染はもう眼鏡をかけることはないんでしょうか。


いつから更新してないんだったっけ、と思って確認したら
翔君の誕生日が最後でおおうとなりました。
1月は忙しかったんでブログが書けなかったんですけども
忙しいのがひと段落したら今度は気力がなくなるというね。
そんなこんなでぐだぐだしていたんですが、
末ズを語りたくなったので唐突に戻ってまいりました。


あくまで私が読んでいて感じている、というだけですが、と前置きしつつ。
『MORE』のニノの連載を読んでいると、時たま、
ニノってこういう生き方がしたいんだろうなあ、
と思うことがあります。
飄々として、何があっても気持ちがものすごく揺れ動くことはなくて、
何に対してもそのままありのまま穏やかに受け止める、みたいな。
実際ニノってそういうところあると思うのですね。あるというか結構はっきり
持っていると思うのですね。何があっても何を言われても
ものすごく腹を立てることもなく、ものすごく他人を嫌うこともなく
淡々としているところは人より多く持っている部分だと思うので。
ただ、MOREの連載を読む限りでは、いやあなた自分で言っている程
淡々とはしてないよねえ、と思うんですよね。私は、ですが。
なんというか、良くも悪くもそこまで針振り切ってないよね、と
読んでいて思うことがあります。
さっきからずっとMOREの連載が、と言っているんですが
私はこの連載の時だけすごくそれを感じるんですよね、なぜか。
まあラジオに関しては最初から嘘だろと思っている部分もあるっちゃあるん
ですけども(笑)。だって一畳の部屋に住んでるとかギャラはおにぎりとか
言われたらさあ(笑)。信じる方があれでしょ(笑)。

で、ニノという人は本人の理想的には飄々と生きてきたい人なのかなと
私は思っていますし、実際器用に何でも出来る人ですから
陰で実はすっごい努力をしていてもあんまりそういうのを見せたくない人
だとも思うのですね。
テスト前日、めちゃくちゃ勉強していたのに、「昨日寝ちゃって全然勉強してないわー」
と言うタイプ(笑)。
何て言うんだろう、感情の起伏が大きくなかったり、普段と違うことをしないんだけど
結果はちゃんと出しますよ、みたいなのが理想なのかなあ、と。
上手く言えないんですけども。
実際器用だからそういうことが出来てしまうんですよね、ニノって。


なんですが。
ニノにとってそれが通用しない相手が潤くんなんだと思うんですよ。
真面目で何に対しても真剣に一生懸命やる潤くんに対しては
ニノもいつものように飄々としてはいられないんですよね。
最近の例だけでも、しやがれのインプロであるとか、
VSのBUMP相撲であるとか、真面目な潤くんに対しては
ニノも普段は見せない(やらないのではなくあくまで表に出さない)
真面目で真剣な部分というのが出てくるんですよね。
個人的に私、ニノのそういうところがほんと好きで好きで!
私の中の末ズスキーの大きな一端を占めているのがそこなんですよね。

で、ニノなんですけども、飄々と生きて行きたいのではないかと書いたんですが、
同時に、潤くんによって普段表に出さない真面目で真剣な部分が出てくることに
関しては、結構楽しんでいるところもあるんじゃないかと思っています。
なんか矛盾しているようにも聞こえるかもなんですが、
いやでもですよ、例えば毎日朝昼晩365日ハンバーグばかり食べていたら
さすがのニノでも飽きると思うんですよ。あんな、毎日同じものでも構わないと
言っている人ですら。
飄々と生きて行きたいという理想はあると思いますし、実際出来ているとも
思うんですが、やっぱりそれだけじゃつまらないんだろうなとも思うんですよ。
全てが予定調和だったら楽ですけどあまり楽しくないだろうなと思うのですよ。
けどだからといって自分から大きく感情の揺れ動くことはあんましない人なんだろうなと
思うんですけども、潤くんが以前言ったようにニノは受け身ですから
何か大きなパワーであるとか波であるとかが来れば全力で乗っかる人だとも
思うのですね。
そしてそういうパワーをくれるのが潤くんなのでしょうし、
それを楽しんでいるのだろうなあとも(勝手に)思っています。


そしてついでに。
潤くんから見たニノはきっと今も昔も変わらず、
器用に何でも出来てすごいな、だと思うのですが
そういう風にずっと思ってもらえるのも嬉しいんだろうなあ、と勝手に。
あれだけ長いこと一緒にいればそりゃあもう色々な部分を見ているでしょうし
当然ながら器用に出来なかったところもたくさん目にしているはずなんですが
それでもきっと、潤くんの中でのニノの印象って変わらないのだろうなあと
思いますし、変わらないことが嬉しいのだろうなあとも思います。
勝手な妄想ですけどね!


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 1

コメント

>えりさん

こんばんは。コメントありがとうございます!
ツイッターでもお世話になってます。
なんでこんなに末ズに惹かれるのかということを考えていて
ああこういうことなのかなもあ、と思ったことをたらたら書いた
だけなんですが、同意していただけて本当に嬉しいです!
ニノの生き方って憧れますよね。私もああいう風に生きていけたら
いいなと思う反面、嵐では一番考え方や物の見方が似ているのが
ニノだと思っているので(あくまで五人の中だったら、ということで)
時々、うん分かるんだけどねえ、と思ったりすることもあります。
そういう生き方を理想にして演じながらもそうではない自分でも
ありたいような。上手く言えないんですけども。そして完全に
私の妄想ではあるんですけども。
そしてそうなんですよね。末ズって一見正反対なんですけど、実は
結構似ている部分があるんですよね。潤くんの持つ熱さや真面目さは
ニノも持っていて、でも普段はあまり表に出さないんですけど
潤くんといると引き出されるような、そんな感じがしています。

海老原 梓 #O5sb3PEA | URL
2016/02/10 22:34 | edit

コメントの投稿

Secret