幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

ニノは嵐で良かったねえ、と思ったという話  

どうもー。ついつい嵐カラーで買っちゃうよね。
choco5.jpeg
そうです、海老原 梓です。

先日東京駅に行く用事があったので、KITTEの中にあるMary'sに
立ち寄りまして、KITTE限定チョコを買ってきました。
6色あったかな確か。でもここはやっぱり嵐カラーにするじゃないですか。
ということで5色で買ったらラッピングしますかと訊かれたので
自分のなんですけど(笑)せっかくだからとラッピングしてもらいました。
可愛いー。めっちゃ可愛いー。
ちょっとだけ食べたけど美味しかったです。
ただこれさ、何を先に食べるか、というか何を残すかで迷うよね(笑)。


そして本日はニノについてだらだら考えた話。
追記の前にいつものあの合い言葉を大声で叫んでから。
せーの
「今更なのは今に始まったことじゃないからね!」

……まあ、今更なのか思いっきり外しているのかの
どっちかかなーと思いながらこそっと書くわけなんですけども。
(ぶっちゃけ今日なんて福岡初日と夜会ゲストにニノって日だからそもそもこんなと以下略)
以降、追記にて。




以前にもちらっと書いたことがあるんですけども、
ニノって時たま、意図的に詳細な説明を省く言い方をして
それで相手に理解されなかったらそれまで、という態度を取るよなあ、と。
当然ながらニノはきちんとした説明も出来る人なわけで
あれかなー面倒臭いってことなんかなーとかぼんやり思っておりました。

ところで今って年末の嵐雑誌祭りでぃっ! なわけなんですけども、
長いことファンをされている方々にとっては年末の風物詩だと思うのですが
私は去年初めてそれを経験したんですね。
とはいえ去年は多少厳選して買ったからほんとの祭りは今年からでしたが。
で、その昨年の雑誌祭りの中で、ニノへの質問コーナーや相談コーナーがあって
読んでいたら、まーあニノが見事に突き放す突き放す(笑)。
今でこそ、ああニノだね、と思うんですけども、当初はファン成り立ての頃
だったので、なんというかものすごい衝撃でした。
いやこれ大丈夫なの!? これで失望してファン止める子も出て来るかも
しれないよ!? え、これ大丈夫なの!? とひとりでえらく心配になったんですが
一カ月後くらいにはそういうもんだしね、となっていました。
ベイストでも質問を募集しておいてまともに答えないとか(笑)
本当にちゃんとした回答が欲しければベイストよりレコメンだとか(笑)
ああうん、そういう人だよねー、と。
誤解しないで欲しいのは批判しているわけではないです。
私は、というかニノのファンの人って多分ニノのそういう部分も好きだと思うので。

で、先日のしやがれで吉永小百合さんがいらした時にも話していましたが
ニノは全く緊張しない、と。
本人もちょくちょく言っていますし周囲もそう言いますし
見ていても実際そう思いますし。

ということをだらだらと仕事中考えていたんですけども、
ニノって何気に承認欲求の強い人なんだよなあ、とか。
とはいえ、すごいことをして、成果を挙げて他者に認められたい的な
承認欲求とはまた違って、親和性承認の方。
『Direct Communication』のこのページからまるっと引用しますけども、
>家族、恋人、親しい友人など、愛情と信頼の関係にある他者から、
>無条件に受け入れられている実感を伴う承認。
>「無条件」というのがキーワードで、
>どんなことがあっても最後は私を愛してくれているという感覚です。

全くの想像で書いていますけども、多分ニノって小さい頃から
割となんでも出来た子供だったんじゃないかと思うのですね。
何をしても器用に、そこそこ上手く出来てしまう、と。
で、その上手く出来ることを周囲の子供であったり大人であったりに
褒められてきた人なんじゃないかと思うんですけども、
だから余計に、なんというか、”出来ること” について褒められても
ニノにとってはそこまで価値を持たないといいますか。
出来てしまうが故の。
「二宮君は○○が出来てすごいね」「○○が出来てすごいね」と
ばかり言われていると、え、じゃあ○○が出来ない俺に価値はないの?、
となってしまう可能性もあるわけです。
私は一切そんな思いをしたことはありませんが(笑)、美人が「綺麗だね」と
ばかり褒められるから顔以外に長所がないみたいな気分になる、的な。
もちろん褒めるという行為は積極的に行うべきことですし
いいことなんですけども、ただ、同じことでばかり褒められていると、
じゃあ他は?、となってしまうというのもどこかにあるのかなあ、とは思います。

人が緊張する理由は、自分をよく見せたいとか上手くやりたいとか
そういう気持ちからだと思うのですが、そう考えれば確かに緊張しないよなあ
ニノは、と思ったりします。
だって必要以上によく見せてそれで評価されても彼にとっては
そのことに価値は見出せない、ということだと思うのですよ。
「すごいね」と言われることにそこまで興味を見出せないといいますか、
それより、なんていうか、すごく乱暴に言ってしまえば
すごくなかろうがなんだろうがニノだったら好きだと言って貰える方が
彼にとっては嬉しいのかなあ、とか。勝手に。
意図的に説明を省くのも、適当な返しをするのも、
それでも好きでいてくれる相手でなければニノにとっては価値がないと
いうことなのかなと思ったりしています。
面倒臭い性格だなあ、と思うこともあるんですが(笑)
私もそうですけどニノが好きな人ってその面倒臭さも含めて
好きなんですよねきっと。


で、ニノが相葉ちゃんを好きな理由のひとつってそこなんじゃないかなあと
勝手に思っています。
相葉ちゃんって、私が思うにですけども、なんていうか
好きに理由を求めない人な気がするんですね。
例えば誰かに対して、優しいから好き、とか、頭がいいから好き、とか
もちろんそういうのもあるでしょうけども、それ以上に、好きだから好き、とか
この人だから好き、となるのが相葉ちゃんなのかなあ、と。
大野くんもかなりそっち寄り。○○だから、という明確な理由というよりは
感覚とかフィーリング重視といいますか。
そりゃニノもあんだけ懐くわあの2人には。
あくまで理由のひとつとしてね。

で翔君はあれだけ頭がいいからこそ色々なことに理由を求めそうなんですけども
柔軟な姿勢であったり受け入れ体制が整っている人でもあるので
その辺りは臨機応変といいますか、理由が必要なものとそうでないものを
きちんと分けた上で、人間関係においては理由なき好きもありだよね、と
なっている人っぽい、気がします。私の中では。

そして潤くんね。彼が一番、4人の中では様々なことに理由を求める
タイプな気がしています。真面目というのもありますけども、
演出をするにあたって、色々なエンターテイメントを観た時に
これはこういう理由で面白い、というのが分からないと自らの演出に
活かせないと思うんですよね。何かを観た時に、あー面白かった、だけでは
そこで終わりますけども、これこれこういう理由で面白かった、となれば
じゃあここを参考にしつつここは自分達らしさを出していこう、とか
出来るわけですから。
あとまあ単純に色々なことをきちっとしたい性格な気もしますし。
そういう意味では潤くんが一番、4人の中では、ですけども
ニノのことを「ニノだから好き」と言えるまでには時間がかかったかもなあ、と。
もちろん最初から好きだったでしょうけども、「ニノは○○だから好き」
だったのかなあ、と思うわけです。


でもって、ニノの立場から考えてみると、
絶大な信頼を置いている(なんせ、家族とメンバーへの感情を信頼と呼ぶなら
他の人は信頼していないことになる、と以前雑誌で語っていたくらいですし)
4人から、リーダーだから、翔ちゃんだから、相葉さんだから、Jだから好き、と
何の躊躇もなく言える相手から、「ニノだから好き」と言われ認められているわけで、
なんかもうそう考えると、ほんっと嵐で良かったよなあ、と思うわけです。
そりゃお土産を嵐カラーで揃えてもらうよ(後輩談)。
嵐カラーで揃える、って相当な嵐ファンだと思うんですけども、
そうだよね、ニノ嵐大好きだもんね、となんか妙に納得。


そしてただの余談。
ここのところ、映画やドラマの共演者からニノが絶賛されていて、
それは本当に素晴らしいことだしニノの頑張りあってこそだと思いますし
本当にすごくいいことだと思うのですけども、なにかよく分からない
このもやもやはなんなんだろう、とずっと思っていたんですね。
とはいえ別に、ニノばっかり褒められて、とかではないんですよ。
だってニノの個人仕事なわけですから。ここでもし(関わっていない)
他のメンバーの名前を出されていきなり褒められても『何で?』と
なりますし。だからそういうことじゃないんだよなあ、でもなんか
もやもやするのは何でなんだろうなあ、と考えたら
上記のような結論に辿り着きました。
ニノって、「すごいね」と言われるより、「(すごくなくても)好き」と言われる方が
嬉しいんじゃないのかなあ、と。
いや私が勝手に思っているだけですし、褒められてニノも嬉しいでしょうし、
褒められているニノを見るのは私も嬉しいんですけどもね。
ただ、なんとなくそう思ったって話でした。


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 3

コメント

たびたびすみません(>_<)
インタビューのニノの突き放し!にとてもうんうん!と思いながら読みました!
ね!何も答えてくれない!笑
わたし数学的に答え求めちゃうタイプなので少々もんもんしますけど、ニノらしーですよねーでもたまに1冊くらい好きな曲とかね、答えてて、答えてるし!とか思うのも楽しいです^ ^
昔の潤くんはなかなかニノとの距離がうまくとれなかったんだろうなって思ってて。潤くん自体がみんなに愛されキャラだったから、ニノにも同じようにかまわれるのを求めただろうし。翔くん翔くんゆってるし。笑
ニノも構われたい人だから←語弊がありますが(>_<)徐々に近づいて潤くんのニノスキスキ!をたくさん感じるようになって、そりゃあデレデレしながら、Jはおれのこと好きだからしょーがないとかゆうようになっちゃうなって思ってて、本当にかわいい末っ子たちだなあ!とこちらもデレデレしてしまいます♡笑
信頼のくだりとかもう!嵐好きすぎて嬉しいかぎりです♡なんか話が散らかって何言ってるのだかわからなくなってきましたが、5人の好きの説明もナルホドー!とすごく納得がいきました!
雑誌のお値段、本当になんかとんでもないことになりますね 笑
でも年末に表紙にして頂けることが本当に嬉しいから(数年前まではSMAPだったな、とか思ってしまったり)続いていくようにという願いも込めて買ってます☆
来年もたくさん嵐さんみたいです!ね!♡

ちか #- | URL
2015/12/30 19:50 | edit

あ!キッテの!わたしも黄色と紫だけですけど買いました♡おいしかったから今度は5色買いたいです♡

ちか #- | URL
2015/12/30 19:52 | edit

>ちかさん

こんばんは。コメントありがとうございます!
レスが遅くなってしまってすみません。
ニノはもう、そういう人だからなあ、という気持ちです。いい意味で、と
いいますか、そういうところも好きだからなあ、という感じで。
多分ファンの方も、そして嵐のメンバーもそうだと思うのですよね。
ニノはそういう人だから、と受け入れた上で好きだと思う、っていう。
そうですね、たまにちゃんと答えてくれるのが嬉しかったりしますね。
潤くんはもちろん最初からニノのことが好きでしたでしょうし、ニノもまた
潤くんを最初から好きだとは思うんですけども、特に若い頃はやっぱり
同い年ということもあって比較されたりもありましたし、プライドも
あったでしょうし上手いこと出せなかったんだろうなあ、と思うんですが
年齢を重ねることでいい感じになってきているのが、末ズっていいなあ、と
思います。
そうですね、表紙もいつまで採用してもらえるのか分からないですし
雑誌祭りの間は積極的に乗っかっていく所存です。
そしてキッテのですが、やっぱり5色揃うとテンション上がりますよ。
あの大きさでと考えるとなかなかの値段にはなりますけども、
一度はやって損はないと思います。

海老原 梓 #- | URL
2016/01/06 00:24 | edit

コメントの投稿

Secret