幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

愛を叫べを聴いて曲への愛を語る  

どうもー。ジャニショの末ズが超可愛いぃぃぃぃぃ!!!!!
そうです、海老原 梓です。

愛を叫べが発売されたということで新しい写真が出たわけなんですけども、
ニノと潤くんのツーショット写真がですね! 素晴らしく素敵だったんですよ!
これは人生初ジャニーズショップに行くしか! しか!
ところでジャニショの購入システムってハロショと一緒ですよね?、って
これ訊いて誰が分かるんだ(笑)。

あとすみません、ヤクルトが今日も勝ちましてね。
同率首位になりましたぁぁぁぁぁぁ!!!!!
毎回野球話から始まるのもどうかと思って今回止めたんですが
結局我慢出来なくなって書くっていう。


さて本日は『愛を叫べ』の曲について、感想をちょろっと書きたいと思います。
ちなみに、PVやメイキングではなく、曲自体の感想+αです。
しやがれの感想を先に書こうと思っていたんですが、
まああれですよ、
NO PLANなのは今に始まったことじゃないですよ!(笑)
感想は追記にて。







感想を書くにあたって歌詞をもう一度確認しようということで
歌詞カードを開いたんですけども、相葉ちゃん超カッコええ……(うっとり)。
もちろん前からカッコ良かったんですけども、最近とみにそのカッコ良さに
拍車がかかっていますよね。
もう相葉ちゃんとか気軽に呼べない雰囲気。
ただ個人的には、私は明確な意図を持って相葉ちゃんのことを「相葉ちゃん」と
呼んでいるので(理由は12月の誕生日の時にでも書きます。覚えていたら)
これからも「相葉ちゃん」なんですけども。
それはさておき。

この曲ってなんとも幸せに溢れていると思うんですが、その理由はなんなんだろうと
考えまして、私なりの結論に至りました。
とはいえ作り手がどう考えているかは分からないので完全な妄想です。
あくまで私はこう思った、というだけですのでひとつ。

この曲が最初にCMソングで流れ、コンセプトが説明された時、
「嵐を振って他の人と結婚するとか乙女ゲームならバットエンドだよ」といった意味合いの
書き込みをいくつか見まして、まあ確かにそうだよなと思ったんですが(笑)
でもこの曲の多幸感(のひとつ)ってそこなんだよなあ、と思ったりもしました。

さて、この曲の歌詞なんですが、ここに出てくる新婦さんは
「俺たちのマドンナ」「スーパーレディー」「高嶺の花」「今でもアイドル」
なわけです。
「スティル・セブンティーン」とあるので高校時代だと思うのですが、
まず現実問題として、高校でそれだけのことを(複数の)男子に言われる女子が
一体どれだけいるかっつー話なんですよ。
多分ですが学年にひとりレベルだと思うのですね。
それこそ他のクラスでも有名な、他校にまで噂が広がるようなものすごい美少女とか
そんな感じ。
で、今の高校が一学年何人くらいかちょっと分からないんですが、
計算が面倒なので5クラス×40人=200人、として、
で男女半々と考えて一学年に女子は100人とすると、
愛を叫べの歌詞に出てくる新婦さんに当たる人は100人に1人、
つまり確率で言えば1パーセントなわけです。
下手すると1%もいない可能性もあるのではないかと思うんですね。

なんですが、この曲って決してその1%にだけ向けた歌ではないと思うのです。
というかむしろ99%に向けられた歌だと思うのですね。
学生時代アイドルでも高嶺の花でもなんでもなかったけど、でも、
結婚式というこの日はあなたが一番の主役ですよ、
実はみんなあなたが大好きでしたよ、という、はなむけの歌。
いいじゃないの人生で一度くらい、アイドルだのマドンナだの高嶺の花だの
言って貰いたいじゃないの、と俗に言うスクールカースト最下層だった人間(=私)は
思う訳ですよ!
そしてそれが許されるのが結婚式の二次会という場所だと思うんですよ。

だから、すごく夢を見せてくれる歌だなあ、と思うんですね。
実はみんな新婦のことが好きだったよ、でも新婦が選んだのは新郎だよ、となれば
新郎の立場も上がるわけで、結果的にみんなが幸せになるっていう
実によく考えられた歌詞だなあ、と思います。
そして明るい曲調と一見真似しやすそうな(でも実際やってみると結構難易度高い)振りとか
きっとすごく盛り上がるだろうなあ、と思うんですね。



そして。
この多幸感溢れた曲ですが、つくづく、今だから歌えるのかもなあ、と
思ったりしました。
過去をリアルタイムで見ていない癖にガンガン書きますが(いつものこと)、
数年前、翔君がインタビューで何度も「仲いいだけじゃない武器が欲しかった」と
言っていましたけども、仲が良くてちょっと肩を組んだりしたら「可愛いー」と
言われることから脱却したいと思っていたという当時だったら
例えこの曲を渡されてもここまで多幸感は出なかったんじゃないかと思っています。

多分ですがこの曲ってゼクシィ側からCMソングで嵐を起用したいという話があって
そのために作られたものだと思うのですね。
嵐側からではなくゼクシィ側からの働きかけだと思うのですよ。
そういうことにして話を進めますが、なんでこのタイミングでゼクシィが嵐の曲を
使おうと思ったか、といえば、多分、というかもう完全に私の思いこみですけども
15周年のハワイ10日間で彼らの関係性がいい方向に変化したことが
理由のひとつだったのではないのかなあと思っています。勝手に。ええ勝手に。
翔君が日経エンタのインタビューで、ハワイ10日間でメンバーの関係性が変わったけど
それは俺らにしか分からない、的なことを言っていたんですが、
いやいや結構分かるよ、少なくとも私はその変わったことが理由で嵐にハマったよ、と
思ったんですけども、ゼクシィのCMを作る人もそこを感じ取ったんじゃないのかなあ、と
勝手に思っています。
彼らの中から広がっていく多幸感。
結婚式に尤もふさわしいものだと思うんですね、これって。
とか考えると、本当に色々な意味で、良かったなあ、と思います。


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。