幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

これからの「スッピンデジタリアン」の話をしよう その3  

どうもー。結局花より男子のドラマを全く観ないまま
映画を観ることになりそうです。
そうです、海老原 梓です。

映画は8月2日なんですけども、え? もう今日で7月終わり!?
という感じですよ。
そういや映画といえば、「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」と
「僕は妹に恋をする」が東京はお台場で復活上映する(かも)ということです。
詳細はこちらこちらで。
私も行きたかったんですが、この日は神宮で野球があるのですよ。
何もない時は本当に何もないのに重なる時はどうしてこう重なるのかと。


さて、スッピン感想続きです。
相変わらずがっつりネタバレしていますので、ネタバレしたくないという方は
ブラウザバックしてくださいね。
感想は追記にて。



今回は名古屋編なわけなんですけども、
松本「(ファンライトの色を決めるのに)1日半かかってますからね」
櫻井「松潤は大変なんだよ」
相葉「大変なんだよね」
二宮「舐めんじゃないよ」
ここね!!!!! ここ!!!!!
人がいたら引くくらい繰り返し観たからねここ!!!!!
リラックスした体勢で言う翔君、カメラを回しながら同意する相葉ちゃん、
そしてちょっと照れた顔で飲み物を飲むニノがね! 何かもうね!!!!!
ここのシーンの末ズっぷりが半端なくて素晴らしいんですけども
舐めんじゃないよと言った後に紙コップに口を付けるニノがまーあ
末ズ!!!!! という感じで素晴らしいんですけども
なんかもう、それ以上になんかもう、泣きそうになるんですよね。
泣きそうに、というか実際ちょっと泣きましたからね。
その1でもちらっと書きましたけども、潤くんが一部の人にどういう言われ方を
しているかを知っていて、自分達がどんなに説明しても分かってもらえないという
ある種の絶望も感じていて、そして言われているのが自分だったらまだ
何というか逆に諦めもつくのかもしれないですけど自分ではない状況で
一番負荷がかかっている人が一番攻撃されるということに対して、
「大変なんだよ」「舐めんじゃないよ」と言う、っていうのがね!
なんというかもう、深い愛情であるとか気遣いであるとかを感じて
泣きそうになるんですよ。というかこれ書きながら泣いていますよ。
昨年12月のオリスタwebでニノが「うちのJ舐めんじゃねえよ」と言いましたけども
それ会社で昼休みに読んで本気の号泣しましたからね。
ファンなりたて(今もですが)で何も分かっていなくて某所のレビューを予備知識なく読んで
打ちのめされた自分には、その言葉が本当にもう嬉しくて救いでした。

……と、このペースで書いていると終わらないので以降さくさくいきます。

潤くんが「新しいことをやってると思う」と言うのは本当にその通りでして、
そしてすごく素敵だなあと思うのが、「面白そうだなと思った」で実行に移している
ところなんですよね。
これ面白そう、こういうのやってみたい、で実際にやるっていう。
前にもちらっと書きましたけど、それってジャニーズのような大きい事務所でなかったら、
そして嵐がここまで売れてなかったら出来なかったことも多かったんだろうなあと思います。
それこそチケットが売れなければコンサート自体出来ないですし
ドームのような広い場所でなければ出来ないことも多いですし
ムービングステージやりたい、気球に乗りたい、って言ったところで
そんな予算ないと言われればそれまでなわけですし。
だから、潤くんがやりたいことをやるためには潤沢な資金と
広い会場のチケットを売りさばけるだけの人気が必要だと思うのですね。
もちろん小さい会場だったら小さい会場なりの演出もするのでしょうし、
制約があればある程燃える人だとも思うのですが、
やりたいことを(実際どこまで出来ているのかは私には分かりませんが)やれているという
今の環境は、本当に良かったなあとただの一ファンながら思います。

だーかーらー、このペースで書いていたらいつまで経っても終わらないんだってば私!

ということでさくっと進みますが、まさか相葉ちゃんの舞台挨拶まで
入っているとは! 観られるとか全く思っていなかったので嬉しいサプライズでしたよ。
にしても相葉ちゃん、舞台挨拶行ってコンサートとか大変だなあ。
いやコンサートがあったから名古屋の舞台挨拶も行けたんだとは思うんですけども。

潤くんの固定カメラのくだりで、潤くんが「中日も過ぎましたね」と言った時に
「後半戦です」と返したのってニノで合ってます?
多分そうだと思うんですけども。
いや、全くゲームから目を逸らしていないのに答えられるんだなあ、と。
よく、ニノはゲームしながら会話が出来ると言われていますけども
当然ながら実際に見たことはなかったんで、ああこういうことか!、となったんでした。
とか書いて違う人だったらすげー恥ずかしい(笑)。

あれですね、相葉ちゃんは結構割とジュニアの皆さんも撮ってくれているから
ジュニア好きな方にとったら嬉しいんだろうなあと思ったりしました。
私は全く分からないのですが。

そして前後しますが潤くんの「各セクションのチーフの皆様」という言い方ね。
皆様、というのがなんとも潤くんだなあ、と思ったんでした。


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/08/01 02:45 | edit

>ゆうさん

おはようございます。コメントありがとうございます!
本当に磁石の二人には感謝しかないといいますか、その時々にちゃんと言葉にして
潤くんの仕事は大変なんだよ、頑張っているんだよ、そして演出は皆の総意なんだよ
と言ってくれるのがもう本当に嬉しくてその度泣きます。
バッシングは2011年辺りから始まったと前に教えてもらったのですが
震災もあって色々精神的に不安定になる中で一気に噴き出したものが
あったのかもなあ、と思います。潤くんが悪いわけではなく、誰かを叩かねば
やっていけないんだろうなあ、と。全く認めてはいませんが。
私も実際、なんでその渦中にいる某くんはそれについて何も言わないのだろうと
思ったのですが(とはいえもう今更言ったら逆に火に油を注ぐことになるので
もうここまで来たら彼には黙っていて欲しいですが)、磁石の二人がこうやって
いつも潤くんを気遣う言葉を(潤くんとファンの人に向けて)かけてくれたり、
相葉ちゃんも大野くんもそれぞれのやり方で潤くんを気遣ってくれていて
本当に嵐っていいグループだなあ、と思います。
だからこそこんなに好きになったんだと思いますし、前にも書きましたが
他の人達が俺には関係ないしとスルーしていたら嵐自体ハマってはいなかった
だろうなあ、と思います。

海老原 梓 #- | URL
2015/08/01 10:35 | edit

>クマうさこさん

おはようございます。コメントありがとうございます!
「後半戦です」ってニノで合っていたんですねー。良かったです。安心しました(笑)。
教えてくださってありがとうございます!
「舐めんじゃないよ」は本当に泣けますよねー。そして言ってからちょっと
照れるニノが最高に末ズという感じで素敵でした。そうなんですよね、
あまり守りすぎるのも潤くんのプライドが傷つくでしょうし、同い年なのも
ありますしニノは誰に対しても上下関係を作りたくないというのがあるで
しょうし、難しいところだとは思うんですけど、でも、潤くんを傷つける奴は
許さない、というのがもうほんと伝わって来て、泣けるんですよねー。
本当に嵐っていいグループだなあ、と思います。

海老原 梓 #O5sb3PEA | URL
2015/08/01 11:32 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。