ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

これからの「スッピンデジタリアン」の話をしよう その4

2015年08月01日 23:30

どうもー。安心してください、お笑いライブ行ってますよ。
そうです、とにかく明るい海老原です。

明日のスケジュール。
午前中用事で池袋→花男ファイナル映画でお台場→グッズ買いに汐留→
ジャングルポケット単独で新宿→家に帰ってベイスト視聴
誰だよ! こんなスケジュール組んだの! (きみだ)
汐留から新宿が時間的に結構タイトなんですよねー。
グッズ購入希望を午後で出していたんですけど、午後ならいつでもいいのかと
思いきや細かく時間が決められていたっていう。
とはいえ時間帯によっては映画とがっつり被っていたから
なにも被らなくて良かったんですけども。
そんな訳で明日のジャンポケ単独はブラストグッズ持って観に行きます。
預ける暇ないわこれ確実に。そこまでかさばらないとは思うけど。


さて、スッピンデジタリアン感想続きです。
これでもかというくらいネタバレしていますので、ネタバレが嫌という方は
さくっとブラウザバックしてくださいね。
感想は追記にて。

拍手いつも本当にありがとうございます! 嬉しいです。
レス不要の方もありがとうございます! ありがたく読ませていただいています。




今回は札幌編。
札幌ドームって一回行ってみたいんですよねー。セリーグのファンなので
パリーグの本拠地に行く機会がなかなかなくて。
札ドと福岡ドームは行ってみたい場所です。嵐でなくても。
グラウンドに降りる機会とか滅多にないからなあ。いやもしチケット当たったとしても
グラウンド(つまりアリーナ)に行けるとは限らないんですけども。


最初、相葉ちゃんと喋っている時に潤くんの声聞こえるなー打ち合わせ中かなーと
思っていたら相葉ちゃんが振ってくれて(相葉ちゃんありがとう!)打ち合わせ風景が
映ったわけなんですけども、はー潤くんカッコいいなあ。
仕事モードな感じが素敵。
その後のリハのシーンもカッコ良かったですし。眼福でした。

翔君が奥から飛びかかって来るシーンは、つくづく翔君だよねえ、と。
彼のこういうところが皆に好かれる一因なのだろうなと思ったりしました。
ちゃんと全力で乗ってくれる、バカバカしいことをやってくれる、っていう。
それも付き合いではなくて自分が楽しんでやっている、というのがね、いいなあと。

リハのシーンでカメラ見つけてにこにこーと近付く潤くんがまーあ可愛いこと可愛いこと!
にしてもやっぱり各自で個性出るなーと思ったんですけども、ニノは
リハのシーンが多いんですよね。リハって基本的に見ることが出来ないので
あーこういう感じなんだーというのが分かって嬉しいです。
それはもちろん楽屋風景もそうですし、彼らが撮ってくれる全部がそうなんですけども、
その中でもどこを撮るか、どこを選ぶか、でやっぱり考え方って出るよなあ、と思ったり。
あとニノが好きだと言っていた振りが映って、ああこれか!、となったりしました
(未だまだ本編観られていません……)。

にしてもつくづくニノって器用だよなあ、と思うのが
あれこれやりながらカメラ撮れるんですよね。しかもぶれないし。

そして開演前の楽屋。相葉ちゃんに「(潤くんは)絶対撮っちゃダメだよ」と
言われていたのに撮るニノと笑顔で応じる潤くんがいいなあ、となりましたよ。
にしても相葉ちゃん、その言い方はダチョウ倶楽部だったぞ(笑)。
「押すなよ! 絶対押すなよ!」の言い方だったよ。
前にも書きましたけどニノは人間関係における地雷回避力がすさまじいので
かなりギリギリまで(精神的に)近付いても決して地雷は踏まないんですよね。
とはいえ潤くんに対しては多少触れてはいけない部分を広げているような
感じはあるんですけども、そんな中でも他のメンバーが気を遣って触れないところも
あえて触れることで潤くんを孤独にしないといいますか。
ううーん上手く言えない。
ただ観ていると潤くんって楽屋でも一人離れてパソコンを見ながら
色々チェックしていますし、もちろんそういう仕事ですし周囲も邪魔しないようにという
配慮があるわけなんですけども、あまりに気を遣われてもそれはそれで寂しいよね、と。
あくまで私だったら、なんですが、気を遣われないと腹立たしいけれどあまりにも
気を遣われたら寂しい、ってどないせいっちゅーねーん!、という感じなんですけども
(自分でも面倒臭い性格だなあと思いますよ。分かってますよええ)
潤くんの周囲には気を遣ってくれる天然ちゃんがいて、
時には入りこんでくれる翔君やニノがいて、と考えるし実にバランスがいいんだろうなと
思います。

レポで、ディスコスター様の時に通路下にニノと大野くんがいた、というレポが
出回っていて、どういうこと?、と思っていたんですが、まさかここで見られるとは!
という感じでしたねー。
そりゃ気付かんわ。というかよく途中で気付いたなディスコスター様。
そして改めて見てディスコスター様が本当にスターで素晴らしかったです。
今年もしアラフェスがあったらリクエスト1位はディスコスター様だっただろうなあ。

そして、頭にタオル巻いて耳を冷やす潤くんが可愛すぎだろうがよう!!!!!
逆に開演前撮り忘れてくれてありがとう! という気分でした。
そして相葉ちゃんの「ろうそく立てる?」にちょっと遅れて笑う潤くんがもう!

札幌最終日、翔君が着ていたファイターズのレプリカユニに
うおおーいいなあー!!!、となりました野球好きです。
ファイターズのユニってカッコ良くていいよなあ。
「中田翔です」に笑ったけど観ている人分かるのかな。
まあ有名な選手だから大丈夫か。
そりゃね、ヤクルトの選手とか名前出してもきっとね、みんなぽかーんだろうからね……。

悲しくなるので話題を変えます(笑)。
車の中で潤くんがカメラを回しているシーンで後ろの相葉ちゃんが
ちょいちょいアピールしているのがなんかたまらなくツボでしたよ。
二人で歩きながら喋っているくだりも良かったなあ。
あーほんと美味しいものいっぱい食べられたんだねえ、という感じの
ゆるーい雰囲気がツボでした。

そしてこの札幌最終日って、確か翔君が東京にとんぼ帰りして
ZEROの選挙特番に出た日でしたよね。
うわあもうなんというかもうお疲れ様です。空気読めよ選挙(笑)。
楽屋風景がもっとあったら翔君が選挙報道の準備をしたりする姿も
見られたりしたのかなと思ったんですけども、逆にだからこそ(邪魔しないように)
あんまり楽屋風景を映さなかったのかなあとも思ったりしました。
これ、自分の面倒臭いところだという自覚はあるんですよ、と前置きしつつ、
楽屋風景を映してもらえると普段見られない分嬉しい反面、
楽屋って本来ならもっとゆっくり出来る場所のはずなのに、カメラが回っていたら
スイッチ入れなきゃいけないよなあと思ってしまうんですね。
リハはやっぱり本番まではいかなくてもある程度スイッチを入れて臨むところだと
思うのですが、楽屋ってもうちょっとスイッチオフになってくつろぐところだと思うのですよ。
だからカメラが回っているというのは見られて嬉しい反面、負担を強いているんだよなあ
とね、心のどこかで引っかかってしまうのですね。
分からないですけども、ニノはその辺り配慮したのかなあ、とか。
楽屋でカメラを回すと本当の意味でリラックス出来ないから、っていう。
ただこういう企画で楽屋風景が全くないのはそれはそれで寂しいので
他のメンバーが楽屋を映してくれたのは本当に嬉しいんですよ。
だからどっちがいいとか間違っているとかいう話ではなくて、
それぞれの考え方とか個性が出るなあ、と思ったんでした。


.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。