幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

潤くんは本当に、楽しい雰囲気を大事にしたい人なんだなあ、と思ったという話  

どうもー。おーきな声で 6連勝ー!
そうです、海老原 梓です。

ヤクルトスワローズはこれを書いている今試合中なので、
書き終わる頃には7連勝になっているか6連勝ストップか決まるかもですが
とにもかくにも6連勝だよ!!! と浮かれております。
この先の試合が色々とアレだから今のうちに勝っておかないと!


さて、本日は2012年3月10日放映の『嵐にしやがれ』を観まして、
そこから色々と思った話なんぞをちょろっと。
主に潤くんごとと末ズごとなんですが(いつものごとくね)
感想は追記にて。


拍手いつも本当にありがとうございます! 励みになっています。
レス不要の方も本当にありがとうございます! 読ませて頂いております。




この回はゲストが生田斗真君ということで、アニキゲストのはずなのに一番年下だし
ゲストという扱いでもないし、Jr.時代の話とか山程出てくるしで
番組自体もすっごい楽しかったんですよね。
オープニングも、卒業式の話になって、ブレザーの人は第二ボタンどうするのか、
という流れになって
二宮「人気ある人は袖とか持ってかれてましたよ」
櫻井「え? じゃあノースリーブで帰るってこと!?」
のくだりが面白すぎて吹きましたよ。
この日の翔君はなんか色々とボケていたようで(笑)
アニキゲストを予測するくだりでも
櫻井「土曜9時にやってる(ドラマ)、なんだっけ……『ウチの母ちゃん』?」
松本「……『理想の息子』w」
二宮「山田(涼介)君になりきっちゃってる」
ここ笑ったなあ。苦笑する潤くんとなんとも言えない顔で潤くんを見る翔君ね。

そしてセット回転して709リハーサル室の話。
潤くんとニノがそのリハ室に行ったら自分達より小さい子達がバレーをやっていて、
ジャニーさんに「YOU達もやりなよ」と言われてやったら上手かったらしく、
「嵐がワールドカップバレーのイメージキャラクターだから」と言われた、という話をしていて
あああああもしそれがなかったら嵐って違う人で結成されていたかもしれないんだよなあ
とか思ったりとか、もしそこでニノが選ばれていなかったらきっと事務所を辞めていただろうし
大野くんも翔君もあの時点でデビューが決まっていなかったら辞めていただろうし、と
考えると全然違う世界があったのだろうなあ、と思います。
潤くんはきっとなんらかの形でデビュー出来たんじゃないかとは思うんですけども、
グループとしては一番年下だったということもあってメンバーがキャラ変期にも
対応出来たと思っていますし、何よりあの四人でなかったら演出にしても
ここまでやりたいことが出来ていたかどうかは分からないと思っているので、
つくづく本当に、嵐があの五人で良かったなあ、と思います。
そして私もあの五人でなかったとしたらファンにはなっていなかったでしょうし。
潤くん推しですけど、潤くんが一人で何らかの仕事(ドラマにしても歌にしてもバラエティにしても)
に出ていたとしても多分そこまでファンにはなっていなかっただろうなと思うんですよね。
嵐でいる時の潤くんが一番好きなので。
なので正直言ってしまうと私は他の潤くん推しの方が言うような
個人仕事をそこまで求めてはいなくて(もちろんあったら嬉しいですけど!)
たまーに、ああそうかー、と思うことはあります、実は。
ただの余談。

で、ですよ。ちょっと飛ばして次に行きますけども、
斗真君が潤くんとご飯に行くといつも奢ってくれる、という話をしていて、
メンバー内ではどうなんですか、という話になった時に、
二宮「俺も、潤くんと行く時はいつも奢られてますよ」
ニノの潤くん呼び!!!
最初に書きましたがこれ2012年の回なので、てっきりJ呼びなのかと
思っていたんですね。そうしたらまさかの「潤くん」ですよ!
「潤くん」って呼んでるよ! しかも一度だけじゃなくて複数回呼んでるよ!!!
まーあこのシーンでテンション上がりまくりですよそりゃあもう。
アホみたいに繰り返して観ましたよ!
ニノの「潤くん」呼びで世界中の末ズスキーが狂喜乱舞するので
二宮さんにはたまにでいいのでテレビで呼んで欲しいところです。
届けー届けーなんとかニノに届けぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!! (念を送る)
分かった、幾ら払えば言ってくれる? (そこまでかよ!・笑)

……さすがにドン引きされそうなのでさくっと次に行きます。

で、なんで自分が出すかという話になって
松本「お金どうする?、みたいなやりとりを延々してるのが好きじゃない」
これを聞いた時に、あーほんとに潤くんは ”楽しむこと” を大事にしているのだなあ、と
思いました。
ニノだったかな、潤くんが飲んでいる時に電話をしてくるけど何で、と訊いた時に潤くんが
飲んでいて楽しいからその楽しさを共有したい、的なことを返していたんですが
(うろ覚えなんですけども)、この人は本当に楽しいことが好きで、皆と楽しいことを共有したくて
そして他の人も楽しんでいるのを見るのが楽しいんだろうなあ、と。
潤くんにとって、仲のいい人とご飯を食べたりお酒を飲んだりする、ということは
本当に楽しいことのひとつなんでしょうし、もっといえば人といるということ自体が
楽しいのだろうなあ、と。
自分と違う人と触れ合って違う考え方や価値観を聞いてそれを自分に
フィードバックさせていくことであったりとか、そういうことが本当に好きなのだろうなあ、と。
私は割と一人であちこち出掛けるタイプですし、
どんなに好きな相手でも24時間一緒に居たくない、と思う人間なのですが
(だからいい歳して独身なんですけどねー)、なんでかといえば、人といるのって
もちろん楽しいし新たな発見もあるんですけど、同時にものすごく気を遣いますし
単純にすごく疲れるんですよね。
とはいえそれが悪いとかではなくて、全く一切疲れない、気を遣わない関係性なら
逆に一緒にいる必要はないと(私は)思っているので。
だって家族であっても多少の気は遣いますから。
なので、疲れることはイコール悪いことなのか、といったら全然そんなことはなく、
趣味ごとでも楽しいことをやるのでも何か行動を起こせば多かれ少なかれ疲れるんですよ。
それこそコンサートに行ったらめっちゃくちゃ楽しいですけど身体は疲れますし
肉体的にも精神的にも絶対に疲れたくない、となったら何も行動を起こさないしか
ないと思うのですね。でもそれって全然楽しくないですけどね。
なので、疲れることが悪いことでは全くないですし、それが嫌ということでもなくて、
ただ単純に、人といるというのは疲れることであって、
あとはもうそれぞれのキャパの問題といいますか。
いや私の話はどうでもいいんですよ、潤くんですよ。
もちろん潤くんも、というか潤くんは私なんかよりずっと気遣いの人ですから
人と一緒にいるというのは絶対に疲れることだと思うのですね。
でも潤くんはきっと、あくまで私の想像でしかないですが、
人といて疲れることも含めて楽しんでいるのだろうな、という気がしました。
楽しく喋っていても議論を戦わせても時には喧嘩をしてもそれで精神的に疲弊しても
きっとそれも含めて ”楽しい” と言える人なのだろうなあ、と。
なんですが、じゃあお金を誰が払うかとかそういう話はきっと単純に潤くんにとっては
”楽しくない” ことなんだろうな、と思ったんですね。
潤くんにとってそのやり取りは楽しくないし価値がないことなのだろうなあ、と。
だからこそ、せっかくの楽しい雰囲気を誰がお金を払うかという話で
盛り下げたくないんだろうなあ。盛り下げるくらいならその楽しさの対価は
自分が払いますよ、という感じなのかなあ、と思ったりしました。
そう考えるとつくづくね、enjoyの人なんだなあ、と思うんですね。
楽しいことが大好きで、自分だけでなく周囲が楽しんでいるのを見て
それで自分も楽しくなる、っていうね。
そういう人だからこそ今の仕事は本当に向いていると思いますし
演出という大変な仕事もずっと続けていけるのだろうなあ、と思います。


でもって。
潤くんがニノと大野くんと一緒に飲んだ時は「一番年下だけどなぜか俺が払った」
そうなんですけども(笑)、そこの話をした時のニノの説明がね!
大体こんな感じ、ということでひとつ。
二宮「潤くんの考え方として、後から来た人はまあいいよ、と。俺らさんざん飲み食いしたから
    いいよ、って。そういう考え方の人だと思うのね。
    俺は後から来たから、その時はまあそんな感じだったの。
    でも、最初からいたの、この人(大野)なの」
この時のニノの説明が、なんとも個人的にツボだったといいますか
流れるような説明が素敵だったし、なにより、末ズっていいなあ、と思わせたんですね。
ニノって基本的に相手に合わせられる人だと思うのですが、その中でも
潤くんに対してはすごく合わせて尊重していると思うのですね。
合わせている、というとなんか一方的に無理しているような感じもするかもですが
もちろんそんなことはなくて、潤くんはこうしたい、という強い意志や信念が多くある
人だと思うので、特にこだわりのない部分が多いニノだと思うんですが
そういう強い意志のある人を絶対にバカにすることもなく、きちんと尊重し尊敬した上で
合わせ寄り添っていける人なんだよなあ、と。
で、一緒にご飯を食べて誰が払うかという話になった時に、
ニノはケチだと言われますが(笑)、別に自分が絶対払いたくないとかそういうことではなくて
特に同期とか歳が近いとかの場合、相手がワリカンにしようというなら普通に支払いますよ、
という考え方だと思うのですね。それこそニノも、誰が払うかの話を長々するのは面倒、と
いう考え方だと思いますし。
なんですが、潤くんはそういう考え方を持っている人だから、じゃあ俺は特に要望もないし
潤くんに合わせますよー、という感じが、なんとも、あああ末ズぅぅぅぅぅぅ、となったんでした。
自然に無理なく合わせられる感じが素敵だなあ、と。
そしてニノの説明をうんうん頷きながら聞いている潤くんがね、またいいんですよね。
自分の考えを理解して尊重してくれる人が近くにいるって幸せなことだよねえ。


書き終えて野球どうなったよと思って確認したら勝ってたぁぁぁぁぁ!!!!!
7連勝! 7連勝! 7連勝ぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!
( ^ω^)个( ^ω^)个( ^ω^)个( ^ω^)个( ^ω^)个( ^ω^)个( ^ω^)个

……ここに来られている大半の方には全く興味のない話で
ひとりはしゃぎまくっていることを反省いたします。
いやだって明後日からはさ(以下、事実になったら怖いので省略)


.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 1

コメント

>クマうさこさん

おはようございます。コメントありがとうございます!
わざわざうちにまで来てくださって嬉しいです。ありがとうございます。
好き勝手書いているだけのブログなのですが、末ズ愛は叫びまくって
おります。どのコンビも好きなんですが、やっぱり末ズが一番! なので。
高尾山も、全然予備知識なく観たので最初こそあー私もここ行ったーとか
気楽な感じだったんですけども、まさかあんな大きな末ズ萌えがあるとは!
という感じでした。教えてくれた友達は大野くんファンお山スキーなので
末ズは完全にスルーされていたんですが(笑)、その分不意打ちを
食らいまして、尋常じゃないくらい繰り返し観ました。
末ズは本当にいいですよね!
またクマうさこさんのブログにも遊びに行かせていただきますね(というか
毎日お邪魔しています)。こちらこそ仲良くしていただけると嬉しいです!

海老原 梓 #O5sb3PEA | URL
2015/07/28 07:37 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。