ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

45時間テレビ 末ズは地球を救う

2015年07月20日 23:47

どうもー。
♪じゆうーってすばらしいー じゆうーが好きなのぉさぁ~
そうです、海老原 梓です。

歌はマイナスターズ『自由』より。
マイナスターズ(さまぁーず)の歌は何気に名曲が多い、って
前にも書いた気がするなそういや。
デュエットだと『ふたり』が秀逸です。
コンサートで末ズに歌って欲しい(笑)。
ちなみに歌詞はこちらです。
出会わないふたり(笑)。



今日は仕事だったんですけども、仕事中さて今日はブログに何書こうかと
考えていて、最初は胆汁飲んだ時の宿題くんのことにしようと思っていたんですが
どう書くかと考えているうちになぜか末ズ話になっていました(笑)。
おかしいな、翔潤話で始まったはずなのに。
でもしあれですよね。うちのブログに来る方で末ズ嫌いな方いないですよね?
……ってこの発言は何気に暴力的なんだろうか、と思ったりもしたんですが
でもここに来られる方は潤くんが好きな方だと思うのですね。
ということは、多かれ少なかれニノには感謝していると思いますし
程度の差こそはあれ末ズは好きだと思うんですよねえ。
ニノ推しの方はどうか分からないですけども、潤くん推しの方は多かれ少なかれ
度合いの差こそあれ末ズは好きだと思うんだよなあ。違う?
誰に訊いているのかも分からないですが。
まあとにかく、これからもうちのブログはなにかというと末ズ末ズと言っていますので
末ズ嫌いとか地雷だという方はよそを探された方がきっと幸せだと思います。
その前に地雷だったらここまでも読んではいないと思うんですが(笑)。


さて。
ファンになりたての頃(まー今もド新規ですが)、検索していた中に
末ズを愛でたくなるエピソードまとめ』がありました。
そういや私このまとめでニノと潤くんのコンビが末ズと呼ばれていることを知ったんでしたわ。
すえず? まつず? ……末っ子同士って意味だからすえず、だよな、多分……
友達に訊いてみようか、でもこの時点で結構色々訊きまくっているから
いい加減ググレカスって言われるかなーどうしようかなー多分すえずだよなー
つっても末ズファンの友達が出来るとも思えないから話す機会もないだろうし
間違って覚えててもいいか……、という最終的には悲しい現実に辿り着きましたorz
♪ああー ずっと ともだち ずっと ともだち いない~(byなんかのさなぎ)
なんか書いていてどんどん悲しくなってきたから止めようorz
で、そうだ末ズエピソードだ。それを見つけて軽い気持ちで読んでいたんですね。
忘れもしない。あれは冬。会社の昼休みに15分くらい昼寝すべく
冬の昼寝スポット(日差しが入りつつ死角になる場所があるんです)に行って
携帯弄りつつさあ寝ようかなーと思っていたところ、
末ズエピソードの応酬に一気に目が覚めたんですよね。
で、なんだこれすげえ……!、とか思いながら読んでいたところ、
潤くんがニノの誕生日プレゼントにジグソーパズルを組み立てて渡した、と
いう話が載っていて、そこに書かれていたコメント
『これが世にいう松本潤の天然です。』
ほんっと、この時のことはよく覚えているんですけども、自分でもびっくりしました。
萌えすぎて涙が出るっていう(笑)。
まだほんとファンになりたてだったんで、まだ潤くんが天然入っていることも
知らなかったんですね実は。どちらかというと世の中のイメージである
完璧とか俺様系とかそういうイメージがまだ強かった頃のこと。
そんな時にですよ! そんなん読んでみてくださいよ!
はああああああああああああ何それ何それ何それええええええええええ!!!!!
となるじゃないですか! ねえ!
もはやどこに同意を求めているのかも分かりませんけども。
とにかく天然ということも知らなかったのでなにこのエピソード! と。
昼休みにひとりで泣きましたよ。
ばっかじゃないの(byドS刑事)ですよ。
そりゃ友達も出来ませんよorz

ただもうこのエピソードの破壊力とんでもねえ……!!!

で、私がなんで末ズが好きかといえば、こういう二人だからなのだろうなあ、と
思ったわけです。
潤くんは、ニノが仕事で忙しいから代わりにパズルを組み立ててあげよう、という
優しさからの行動ですし、そしてニノもそんな潤くんに対して、
いやいや俺が作りたいんだからそのままくれよ、とは言わないわけです。
これ、言えない、のではなくて、言わない、のだろうなあ、と。
だって、こういう天然の潤くんも好きでしょ、と。
決してあばたもえくぼ、ではないんですよ。あばたはあばたなんですよ。
欠点は欠点として、でも、そういうところも愛すべき部分として存在するのだろうなあ、
というのがですね、なんかすごくね、いいなあ、と思うんですよ。
まあこれ兄ズみなそうだとは思うんですよね。相葉ちゃんも朝が弱い潤くんに
言及していましたけども、声掛けたくないと言いつつそういうところも含めて
好きなんだろうなあ、と思いますし、大野くんも「松潤の機嫌が悪い時はすぐ分かるけど
それも松潤だから嫌だとは思わない」的なことを言っていますし、翔君にとっても
潤くんはずっと「出来の悪い弟」なのだと思いますし。
まあなので泣き虫も翔潤もじいまごも大好きなんですけども、
でもやっぱり末ズなんだよなあ、と思います。
お互いの気遣いとか優しさがちゃんとお互いに発揮されていて、
それをちゃんとお互いが分かっていて感謝したり好きだなと思っていたりとか、
時にはちょっとずれた優しさもこの人らしいなと受け入れるところとか
また、受け入れてくれる優しさに感謝したりとか
なんかそういう、優しさと幸せのスパイラルみたいなね、感じがあるなあと
思います。末ズって。
見ているだけでなんか幸せな気分になれますし。
色々書きましたけど、とにかく好きなんですよ。
もうね、好きに理由なんてないんですよ(ええー!・笑)。

そのうちねー、居酒屋とかで延々末ズ語りとかしてみたいもんです。
来るのかなーそんな日(遠い目)。
ただここのブログではちょこちょこと末ズ萌え萌え言っていると思いますので
これからもお付き合いいただければ嬉しいです。


さて、ZERO追っかけ再生しよう。
翔君今日もお疲れ様!
.
.

関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 5

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年07月21日 07:51 | | | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年07月21日 13:45 | | | 編集

>えりさん

初めまして。コメントありがとうございます!
ずっと読んでくださっていたそうで、嬉しいです。ありがとうございます!
Jr.時代からのファンの方なのかなと頂いたコメントを読んで思ったのですが
だとするならばこんなド新規のブログにありがとうございます。嬉しいです。
えりさんは翔坦なのですね。多分ですが私がもし翔坦だったならば
一推しコンビは磁石だっただろうなあと思っています。
ただほんと末ズに萌えるんですよね!
本当に、仰られる通り、元々って対極だったと思うのですよ、末ズって。
同い年なのもあって余計にお互いに甘えられないところもあったでしょうし
考え方も全然違いますし。
それでも潤くんは割と最初の頃から普通にニノの事は好きだったと思うんですが
ニノの中で潤くんを理解するのに多少時間がかかったのかなあ、という印象です
(あくまで当時の話を聞いたり雑誌記事等を読んだりした上での推測ですが)。
でもきっとニノにとって最初から潤くんはどうでもいい存在ではなかったんだろうなあ、
というのも感じられて、理解出来ないけど無下には出来ないといいますか
そんな感じだったのかなあ、と勝手に思っています。
ただやはり当時の事は当時を見ていた人でないと分からないと思っていますので
あの頃のお話を聞けて本当に嬉しいです。
すごいなるほどなあ、と思いましたし、ニノが丸くなっていくのと対照的に
潤くんが刺々しくなっていく、というのが、ああーなるほどなあ、となりましたし
時間をかけてお互いの一番心地良い関係を探り合って作り上げた、というのがまた
ああーそう! それそれー!!! となりました。
もうまさに、コメントのひとつひとつに首がもげるほど同意しましたし
読んでいて改めて、末ズって本当にいいコンビだなあ、と再確認出来ました。
ありがとうございます!
そして妄想バラエティも読んでくださってありがとうございました!
自分だけが楽しいのではないかとびくびくしていたのですが、
読み応えあったと言っていただけて安心しましたし嬉しかったです。
気が向かれましたらまたぜひ見に来ていただけると嬉しいです。

2015年07月23日 00:19 | URL | 海老原 梓 | 編集

>まみさん

こんばんは。コメントありがとうございます!
私も末ズ大好きなんですが翔潤も大好きです。
本当に麗しいですよね。JALのCMを見ていても、スーツ姿が
ばしっと決まっていて、あんなビジネスマンがいたら
例え自分が出張でもそっちのけで彼らに着いていきたいです(笑)。
末ズは本当に、お互いの気遣いとか愛情の深さがいいんですよね。
ニノの「うちのJなめんじゃねえよ」は会社の昼休みに読んで(またか・笑)
ひとりで号泣しました。
個人的な話なんですが、ちょうどその頃某所のレビュー等での
潤くんへのバッシングをまともに読んでしまって精神的に相当やられて
いたので、ニノの言葉は本当に嬉しかったです。
そしてハワイでは鉄骨か葉っぱを持って帰ろうとして
潤くんに「鉄骨は要らない」と言われたりとか。
(葉っぱはOKな辺りが潤くんの優しさだよなあ、と思いながら
あの回を観ていました)。
これからもうるさいくらいに末ズを語りまくると思いますので
気が向かれましたらまた見に来ていただけると嬉しいです。

2015年07月23日 00:25 | URL | 海老原 梓 | 編集

>まいらんさん

こんばんは。コメントありがとうございます!
そうですよね。末ズに萌えることでさらに潤くんであるとかニノであるとかを
好きになる、ってありますよね。分かりますー。
酔っぱらったニノの口に手を入れたというエピソードにはびっくりしました。
仲良くてもさすがにそれは躊躇しますし。でも潤くんは躊躇なく
やったんだもんなあ、と思うと本当に優しい人だよなあと思います。
潤くんといえばホテルの部屋でニノを起こさないように廊下でカップラーメンを
食べたというエピソードもありますし、気遣いが溢れていて素敵です。

2015年07月23日 00:57 | URL | 海老原 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。