ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「なんだか器用な奴は得だなあ」 その2

2015年06月24日 20:15

どうもー。ゆったり感中村君結婚おめでとーう!
そうです、海老原 梓です。

なかむ結婚と聞いてまず思ったのが、『独身だったんだ!?』でした。
本人もツイッターで書いていましたが、独身なのに妻子持ちだと
よく間違われていたそうな。
確かに見た目とか雰囲気とか妻子持ちな感じなんですよね。

ゆったり感は時たまZIP!の1分動画笑に出ています。
コンビの既婚者っぽい方が中村君です(そんな説明ありか・笑)。
でもそれでほぼ分かると思うんですよね。


さて、まさか続きを書くことになるとは思わなかったんですが
先日のしやがれでの潤くん発言から色々思ったことなど。
以下、追記にて。


拍手いつもありがとうございます! コメント不要の方もありがとうございます!
本当に励みになっています。
.
.


前回も書いた通り私は大笑いしながらあのシーンを観ていたんですが、
あちこち感想を巡ってみたら「自虐っぽい」と言われている人もいて
『?』となったんですが、よくよく考えてみたら私、
潤くんが不器用ということに関して欠点だと全く思っていなかった(今もですが)ので
自虐という発想が出なかったんだなあ、と気付きました。

潤くんの不器用さって彼のキュートさであるとかチャーミングな部分を
引き立てる役割を持っていると思うのですね。
なんでも完璧にこなしそうなのに結構やらかしちゃう、というのは
取っ付きやすさに繋がることだとも思いますし。
例えるならば、スイカに塩をかけた方がより甘さが際立つ感じ。
なんでもすぐに出来てしまうのではなく、最初こそ出来なくても
ひとつひとつきちんと努力をして最終的には完璧に仕上げてくる辺りとか
人間として実に尊敬出来るところでもありますし、
時にやらかしちゃうところは親しみやすさやキュートさの現れと
なっていると思っているので、確かに世間的に考えれば不器用というのは
欠点なのだろうけれど、こと彼に関して言えばチャームポイントくらいの
感じじゃないのかなあ、と私は思っています。

もう何年も前のことですけども、モーニング娘。のインタビューをテレビで見ていたら
「私は○○というコンプレックスがあった。でもある時それを売りにしようと思って
出していったら受け入れられたし個性になった」
的なことを言っていたんですね(うろ覚えですが)。
その時に出ていたテロップが、【コンプレックスが武器になる】
確かに、長所と短所って表裏一体ですから、
例えば元気な人なら、明るいだと長所で、うるさいだと短所になるわけで、
潤くんの真面目さや完璧主義なところも、それを長所として褒めることも出来れば
融通がきかないとか遊びがないと批判することも出来るわけです。
なので、その人がその部分を受け入れて活用出来るか否か、だと思うのですね、全ては。

潤くんの不器用さって今まではなんというか、弄っちゃいけない雰囲気みたいなのも
あったのかなあ、と推測(何せ過去はリアルタイムでは知らないので)。
だってすごい真面目に頑張っているし、そういう人に対して弄るのは
バカにしているようで気が引けるし、それに彼繊細だし一番年下だし、
みたいな風潮がなんとなく嵐内にもあったのかなあ、としつこいようですが推測。
そして潤くん自身も不器用を、というよりは努力の過程を見せたくないタイプだと
思うので(まあこれは嵐五人全員に言えるところですが)、出来上がったものだけ
見せればいいという考えの元、あまりそういう部分を出さなかったのかなあ、と。

ちょっとここで話がそれますけども、潤くんの発言を自虐と言っている人もいましたが、
自虐の笑いって実はめちゃくちゃ難しいんですよね。
というか笑い自体がめっちゃくちゃ難しいわけなんですが。
笑いというのは突き詰めて考えると非常に残酷なんですよ。
一歩間違ったら誰かを傷つけるかもしれないという意味で。
笑いというのは日常であったり常識であったりからのズレから生じるものだと思うのですね。
つまり笑うってことはあなたずれてますよと言っているようなもので
だからお笑い芸人というのはそういう残酷さを自らが一手に引き受けて
受け手側には残酷さを一切感じさせないようにしてただ面白いと思わせる、という
ひっじょーに高度なことをやっているわけです。
一例を挙げますと出川のてっちゃん。
まだ独身時代の話ですがトーク番組で、家に帰ったら家具が全部運び出されていたとか
代わりに砂が敷き詰められ砂浜を作られていたとかいうドッキリに遭った話をしていて、
なんで勝手に家に入れるのかというとマネージャーに鍵を預けているから、と。
で共演者が本気で引いて、鍵預けるの止めたら、と言ったところ、てっちゃんは
「でも、ちょっとオイシイって思っちゃうんですよねー」
この人すげぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!! となった瞬間でした。
だって家なんてそれこそ自分のスイッチをオフにする場所じゃないですか。
カメラなんて絶対に回っていないという安心感のある(多分唯一の)場所。
そこを勝手に荒らされて「オイシイ」と言えるのがね!
だってここで「俺も辛いんですよー」とか言っちゃったら可哀想に見えますし
ドッキリをしかけた側が非難されることにもなりかねないわけです。
なんですが、「オイシイ」という言葉でその辺りの非道さや残酷さを
一瞬にして笑いに変える、っていうね。
これぞ芸人の鑑! という感じでした。

でなんだっけ。そうだ自虐の笑いだ。
笑いというもの自体が残酷なものであるわけなんですが、自虐の笑いというのは
その残酷さが割と表に出ているものなんですよね。
なので、よっぽどキャラが確立されていて受け手側もそれで笑ってOKですよ、という
安心感がないと笑うのは難しいところなんですよ、なにげに。
例えば、見てくれの悪さもキャラとなっている女性芸人が「私ブスだからー」と言ったら
笑いになるかもですが、友達に「私ブスだから」と言われたら笑えるか、って話なんですよ。
元々冗談を言ったり弄られキャラとして仲間内で認知されているような友達ならいざ知らず
普通に言われたら笑えるかっていったら笑えないと思うのですね。
(そもそも「プス」が笑いになるかという根本的な部分は置いておくにして)
そういうキャラであったり、笑っていいよーという雰囲気を存分に出している場合でも
無い限り、人の自虐で笑うというのはなかなかに難しいことだと思うのです。
残酷さが表に出てしまうから。
そして、自虐で笑わせる、というのもかなり難しいことなんですよね。
表に見える残酷さも一手に引き受けて自分が全て飲み込むくらいの覚悟でいないと
いけないわけですから。

で、ようやく潤くんの話に戻るわけなんですけども、
「なんだか器用な奴は得だなあ」という発言は確かにちょっと自虐っぽく聞こえますが
なにより、それを笑いにしたことがすごいんだよ! と言いたいわけです私は。
潤くんって嵐内で考えた場合、笑いについてだけ焦点を当てた時に
ツッコミか天然ボケのどちらかがメインだったと思うのですね。
割とツッコミ多めかなー、と私は思っているんですけども。
そんな中、自虐の笑いというのをぶっ込んできたわけですよ彼は!
そしてそれはしやがれがリニューアルしてまだ数カ月、というこの期間に
出してきたわけなんですよ!
それってすごいことだと思うんですよ私は!!!
なんか書いててこれ伝わんねーなきっと、という予感がひしひしするんですが
でも叫びたいので書きますよ。すごいことだと思うんですよぉぉぉぉぉぉ!!!!!
だって自虐の笑いって本当に難しいんだもの!!!!!


とりあえず、あの発言で笑いを取るというのは相当に高度なことだと
私は思っている、という話でした。
そしてつくづく、(昔を知らないくせに言いますが)強くなったなあ、と。
ニノが数年前に潤くんのことを「強くなった」と言っていたのをどこかで読んだんですが
ふとそれを思い出しました。
さりげなく(?)末ズで〆て今回は終わりたいと思います。
.
.
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

>美也さん

こんばんは。コメントありがとうございます!
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。 
こちらこそ、そんな風に言ってもらえて本当に嬉しいです! 分からないながらも
ちまちま書いてきて良かったなあとしみじみ思いました。ありがとうございます!
ほんと、クララが立った的喜びありましたよね(笑)。新たなステージに
立ったなあ、と思いましたし。
翔君が「松本君のコーナーでやります」と言った時のニノの反応を
見逃していたので録画を確認しました。確かに目が怖いですね(笑)。
あのチラッと見るところがなんとも。なんかツボに入ってコマ送りで見てしまいました。
今回のコメントに対してではないんですが、以前教えていただいた『MORE』が
届いたので読みました。ああなるほど、と。
『両輪』はほんと感動しますよね。翔君発信なのを知らなかったので
余計にじんときました。

2015年06月29日 20:04 | URL | 海老原 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。