幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「なんだか器用な奴は得だなあ」 (みじかめ)  

どうもー。ベイストってある程度気力が充実していないと
聴けないよなあと思うけどきっと私だけだと思います。
そうです、海老原 梓です。

たまに、これきっと私だけなんだろうなあと思うことを書いて
反応がなくてやっぱりそうだったなあ、と納得するという
一人遊び(?)をすることがあります。

それはさておき、リニューアル後のしやがれが毎回面白くてですね。
本当に楽しみなんですよね。
二週間もお休みとか悲しいなと思いましたけど
翔君に関しては11時間の生放送もあるわけですし
その上でレギュラーの収録もあったらさすがにきつすぎるよなあそりゃ。
で今回のしやがれもすっごい面白かったんで色々書こうと思ったんですが
どう書くかと考えていたら結果的に潤くんのことになったので
今回はその部分について。
以降は追記からどうぞ。


拍手いつもありがとうございます! コメント不要の方もありがとうございます!
本当に励みになっています。
.

リアルタイムでは大笑いしていたんですが、よくよく考えたら
これなんかすごいことなんだなあ、とふと思ったことについて。
大野くんが自作のフライパンでオムライスを作るくだり。
ドレスのひだを一発で綺麗に作る大野くんに対して潤くんが
「なんだか器用な奴は得だなあ」と言ったところ。
観ていた時は『潤くんwww』となったんですけども、
よくよく考えたらこれが笑いになるのはMJ企画ゆえなんだよなあ、とも。

潤くんが不器用というのはご本人は自覚済みでしょうし
メンバーも知っているしなんならファンも知っているところですけども
世間にはまだほとんど知られていないところだとも思うのですね。
私もファンになってから知りましたし。
なので、当たり前といってしまえば当たり前なんですけども、
(リニューアル後の)しやがれでなかったら潤くんがああ言うことは
なかったんだろうなあ、と。
それこそ例えばどこかの番組に一人でゲストに呼ばれていたら絶対言わないでしょうし
ファンが集まるようなところである自分らのレギュラー番組でも
多分言わなかったと思うんですね。
しやがれのMJ企画であれだけナレーションで「不器用」「不器用」と言われて
AD田中君の方が出来てしまったりとかして(笑)、そういう部分を見せているし
こっちも見ているので潤くんもああ言えるしそれが笑いになるんだよなあ、と。
少なくとも数か月前までは成立しなかったことであって
そう考えるとこの短期間での浸透ぶりってすごくねえ!?、と思うわけです。

前にも書きましたけども、リニューアル後のしやがれで一番パブリックイメージが
変わったのってやっぱり潤くんだと思うのですね。
世間に知られていなかった不器用さであるとか、だからこそ一生懸命やる姿で
あるとか、それらのひとつひとつがキュートであるとか、そしてなんだかんだ
ありつつも最後はびしっと決めるカッコ良さであるとか、
なんかね、MJ企画考えたスタッフさんにお中元でも送りたい気分ですよ。
一番搾り24缶セットとか送りたいですよ。あ、缶は送るからシール貰っていいかな(ダメです)。

大野くんの企画は大野くんが器用にものを作れるから成り立つ企画であって
潤くんの企画は不器用だけど最終的にはきちんと形に出来る(する)から成り立つ
企画であって、本当にひとりひとりよく考えられているよなあ、と改めて思います。
潤くんが器用に何でも出来てしまったらVTRすっごい短くなるだろうしなあ(笑)。
.
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/06/22 01:17 | edit

>シャーロットさん

はじめまして。コメントありがとうございます!
お気を遣わせてしまったようですみません。でも嬉しかったです。
私がうっすらとしか知らない、過去記事を辿って想像するしか出来ない
過去の辺りを語っていただけてありがたいです。
昔の番組なども発掘して時に観たりするのですが、確かに
どこか危なっかしいといいますか、なんとなく安心して観ていられない雰囲気は
感じていまして、なんというかひとり纏う空気が違うなというのは感じていました。
まだ、皆それぞれが自分のことでいっぱいいっぱいだったでしょうし、
その必死さも若さという感じでいいんですけども、個人的には
あの頃をリアルタイムで見ていてもハマることはなかったかなあとは思います。
正直、潤くんに対するとっつきにくさみたいなのは私も感じていました。
ファンになる前ですけども。
うっすらとしか知らない(そして花男すら見ていない)くせに
松本潤イコール道明寺(というか俺様キャラといいますか)なイメージがありまして
そういうキャラがあまり得意ではないのもあって
なんとなく苦手意識みたいなのは感じていました。
ただ、そうであったからこそ本当は違うと分かった時に
そのギャップにやられる、みたいなところはあったとも思います。

『陽だまり』からって相当最近ですよね。
私は個人的に彼の30手前ぐらいからの顔つきがすごい好きなんですけども
やはり30歳になるということで色々考え方も変わって来たのかなあとも思います。

「器用な奴は得だなあ」発言に関しては、自分を卑下するわけでもなく
でもキャラとして受け入れてこれが笑いになると判断して
あのタイミングで言った、という辺りが、よくよく考えたら
本当にすごいことだなと思いました。
個人的には彼の新たな武器が出来たと思っています。
不器用というのは、親しみやすさであるとか取っ付きやすさに繋がると
思いますし、ギャップ萌えにも繋がると思いますし
何よりあちこち見た限りでは、不器用だからこそ魅力的だよね、という
感想が多かったように思います。
これからこの武器をどのように使っていくのかも楽しみです。
コメントありがとうございました!

海老原 梓 #O5sb3PEA | URL
2015/06/23 23:29 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。