幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

突然ですが翔潤について書いてみようと思った5月最終日  

どうもー。『賢い犬リリエンタール』がもし実写化されたら
潤くんには紳士ウィルバー役をやって欲しいです。欲しいです!
そうです、海老原 梓です。

「わたくしこういう者です」と言いながら【紳士】とだけ書かれた
名刺を出してきたりとか、あと
これ↓
rr01.jpeg
潤くんで観たいんですが間違ってますか?(笑)。

まあね、リリエンタールって打ち切りになった漫画なんですけどね……。
でも面白かったんだよー私めっちゃ好きだったんだよー!
描きおろしがめっちゃ泣けるので皆読んだらいいよ。いいよ!


色々途中になっていたりとかの中、アレなんですが
突然に翔潤について書きたくなったので書きます。
♪じゆうーってすばらしい~(byマイナスターズ)
結構前に、翔潤について書いて欲しいと言っていただいていたんですが
全然書けずにいまして、ようやく書けることとなったんですが
その方今もここ見ているのかな。見てないかな。
とにもかくにも書きますわ。書きたいから(笑)。
ただまあ、うっすい感じにはなると思います。
(で書いてみたんですが、予想以上に薄くなりました……。
自分でも、マジか……、って感じだったんですが、
ああほんとはもっと濃く書く予定だったけどこの程度になったんだなと
思いながら読んでいただければ、ってその設定なに!?・笑
なんかもう色々すみませんいつものごとくNO PLANで)。

そんなこんなは追記にて。


前にもちらっと書いたことがあるんですが、個人的には翔君と潤くんの関係性は
嵐のコンビの中でも一番兄弟感があるなーと思っています。
翔君は元々櫻井家の長男なわけですけども、
嵐メンバーで唯一、兄感を出すのが潤くん相手な気がします。
大野くんは年上ですし相葉ちゃんは(学年は違うけれど)同い年だから
分かるんですけども、潤くんと同い年のニノに対しては
特に兄感出さないのに潤くんには出して来る辺りが個人的にはツボです。
まあそれを言うと、相葉ちゃんも時たま潤くんに対してはお兄ちゃん感
出してきますし、なんだったらニノも時たまーに出してきますし
なんだろう、嵐の末っ子に対しては皆お兄ちゃん感出したくなるんでしょうか(笑)。
大野くんは兄というよりやっぱりじいちゃんなので(笑)。

今、強化合宿のDVDを観ながら書いているんですけども、
個人的にはこれが一番兄弟感出ているなーと思っています。
アスレチックで高いところが苦手な兄に対して綱を揺らしてみたり
カウントダウンの途中で背中押す弟に対して
文句言いつつも笑顔の兄とか、なんともほのぼのするんですよね。
この強化合宿って場所とかシチュエーション(?)がイレギュラーなせいか
普段より甘えが見えてなんともいいなあと思います。

何度も書いている通り私はここ半年くらいのファンですので
あの二人の蜜月もその後の氷河期もリアルタイムでは知らないのですが
話を聞く限りではほんとに兄弟感あるよなあ、と。
なんか、小さい頃はお兄ちゃんお兄ちゃんと言ってべたべたしてきて
兄側もそんな弟に対してしょうがないなあという感じで可愛がっていたのに
弟の反抗期が始まって急に兄離れが起こって
反抗期が終わった後もなんかどうしていいか分からないままに
色んな照れ臭さもあって距離感がつかめないという感じといいますか。
でも決して嫌いとか仲が悪いとかではなくて、大好きだし仲は良いんだけど
なんか照れ臭くて微妙な距離になってしまう感じ。
目も合わせないハイタッチとかね。
でも兄弟ってそんな感じだよなーと思うんですよね。
気恥ずかしいからべたべたすることもないし何となく距離も置いちゃうけど
でも嫌いとか仲が悪いとかではないんだよなーと。

コンサートの演出は潤くんがやっているわけなんですけども、
そのせいで潤くんがひとり打ち合わせで遅くまで残ったりしているのを見て
翔君も一緒に残ってくれた、という話を聞いて、あああお兄ちゃーん!、と
なりました。
潤くん的にも、ひとり残ることに対して不満はなかったと思うのですね。
そういうもんだから別に、という感じだったと思うのですが、でも
翔君も残ってくれて、というか残ろうと思ってくれた気持ちが嬉しかったんだろうなあ、と。

(ちなみにこの辺で強化合宿のDVDが終わりました。
どうでもいいわ! という感じの報告)。

翔君は以前(相当昔。潤くんが高校生くらいの時)に潤くんのことを
「出来の悪い弟」と称したことがあったんですけども、
きっとそれは今もずっとそうなんだろうな、と思ったりしています。
出来が悪いかどうかは置いておくにしても、歳を重ねて
大人になって見違えるほど成長したといっても、
やっぱりどこかで翔君にとっての潤くんというのは
出来の悪い弟なのかなーと思ったりしています。
そしてきっとそれは一生そうなのかなとも思ったりしています。
成長して色々出来ることが増えて一人立ちしても
どこかでほっとけない弟なのが翔君の中の潤くんであり
ヘタレな面や弄りたくなる面を見つけて実際弄ったりしても
それはそれとして頼りになるお兄さんなのが潤くんの中の翔君なのかなとか
勝手に思ったりしています。

もうねえとにかくねえ、再度繰り返しますけども
櫻井家の長男である翔君が唯一嵐内で兄感を出すのが潤くん相手、というのが
個人的にすっごいツボだしほのぼのするんですよ。
弟妹に対してはこんな感じなのかなーって勝手に想像出来る感じが
なんともいいなあ、と自然に顔がほころぶといいますか。
そして潤くんに関しても、どれだけ高所恐怖症でも変顔しても
たまにそれ出来ないの!?、ということが出来なかったとしても
頼りになるお兄ちゃんなのは揺るがない感じがね、いいなあと思います。
また何やっても最終的には許してくれる感じがお兄ちゃんっぽいですよね。
それこそ強化合宿で綱揺らして怖がらせても笑って許してくれる感じが。
私は姉と二人姉妹なんですが、翔君みたいなお兄ちゃん欲しかったですよ。
いやまあ、翔君より年上ですけどね(笑)。

そういえば潤くんが前に何かで言っていましたけども
「コンサートで何かアクシデントがあった時に目が合うのが二宮か櫻井」
というのがね、またなんともいいなあと思うわけです。
アクシデントがあった時に潤くんがまず目が行くのがこの二人、というのもですし
この二人が真っ先に見るのが潤くん、というのも素敵。
そして何かのコンサートの時にアクシデントがあって
潤くんが翔君と二人で打ち合わせをしていた時に
(うろ覚えですが)
二宮「そこの首脳会談は何やってるんですか」
松本「首脳会談じゃないけど」
相葉「僕ら下々はどうしたらいいんですかね」
のやり取りが好きすぎてですね!
首脳会談、と称したニノもですけども、下々、という相葉ちゃんね!
相葉ちゃんの時たま言う鋭いツッコミが大好きなんですよ私。
って翔潤の話のはずがなぜ相葉ちゃん話で終わるのかと(笑)。


結構書いたつもりだったんですけど、読み返したら短いなこれ。
まあとりあえずこんな感じです。また思い付いたら書くかもですが。

関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/05/31 11:35 | edit

こんばんは。コメントありがとうございます!
私も末ズ担なんですが(笑)、翔君のお兄さん感はツボなんですよね。
繰り返しになってしまいますが、潤くんにしか出さないところが。
嵐は3人が実際は末っ子なわけなんですけども、嵐内で末っ子感を
出すのは潤くんだけなんですよね。確かに年齢は一番下なんですが
ニノとは二ヶ月違いですし、多分ですがもしもニノより誕生日が
早かったとしても末っ子感を出すのは潤くんだったような
気がします(笑)。
バッシングの件は本当に難しいなあと思います。
私は醒めた人間なので分かり合えないとなった途端終了となるんですが
そうならないのは優しさゆえだと思いますので
純粋に立派だなあと思いますし、届いている人には届いていると思います。

ひみあら末ズ回はお宝多いですよねー確かに!
perfume回(というかゆるキャラ回といいますか)はもーうツボすぎてツボすぎて
大好きですあの回。
ゲストそっちのけでゆるキャラに夢中になる潤くんと
「すみませんねえ」とperfumeに謝るニノの対比が最高でした!

海老原 梓 #- | URL
2015/05/31 22:42 | edit

ありがとうございます

以前、海老原さんにお時間があれば翔潤についても考察していただきたいです~、とお願いした花です。
今回は翔潤の記事をありがとうございます!
ブログ記事はいつも拝読していましたが忙しくてついつい拍手ボタンをポチるだけで申し訳ありませんでしたm(__)m

翔潤って、分かりやすい肉体的接触(他意はないですwww)や視線の交錯など嵐の誰もが平気で出来ることがいまだにぎこちなかったり、昔ほどプライベートでの交流がなくなったようだったり、一見関係性が変わってしまったようでいながら実は変わってないところ、それが不意打ちで露見するところに萌えというか、喜びというか、そういうのがありますよねえ。
多分、三つ子の魂百まで、的な?
潤くんはどんなに成長して、自立した大人の男になろうとも翔さんを前にすると、構ってほしくなったり甘えたくなったりというのが無意識に出て、そのちょっとした末っ子要素をザ・長男な翔さんは相変わらず見逃さないっていう。

潤くんって追いつきたい、認められたいって感覚が他の3人に対してより翔さんに対してのほうが大きいんじゃないかなと思ってて。
だから、NHKのハワイ特番で翔さんが潤くんのコンサート演出のレベルはすごいところまでいっていて、今となってはそのレベルまで俺たちは持っていけないとはっきりと言ってくれたことは潤くんからしたら本当に嬉しかったし、励みになったことだったんじゃないかなと思います。

潤くんファンの方は特にバッシングの件でモヤモヤしたり苛々することが多いと思うんですけど、もう私はそういう発言をする人はファンだとは認めずスルーすることにしたんですよね。
Amazonのレビューとかtwitterでの某オンリー担の発言とかは無視、無視。
あの人たちはきっとひとつのことが思い通りになってもまた次から次に重箱の隅をつつくように何かにつけて不満を吐き出すでしょうから。
あの人たちには私たちとは違う嵐が見えてるとしか思えませんし。

私は翔さんファンですが、「ダサい」とか「太った」とか「運動できなくて足引っ張ってる」とか言いたい放題言ってバカにしながら最後は「だけど翔さんのこと愛してるからwwwww」で済ますふざけた"貶し愛"論者の翔さんファンがtwitterとかにはけっこういて。
「翔さんは鋼の心を持ってるから大丈夫www」なんて発言もよく見るんですけどね、そうじゃないだろう、と。
オンリー担とか貶し愛(そもそもこれなんて呼ぶの??)とか私には理解できないファンのあり方です。

最後に氷河期を抜け出してからの翔潤の絡みではひみあらのシェアハウス、ゲストが吹石一恵ちゃんの回が大好きです。
長男気質、亭主関白気質の翔さん&末っ子全開、甘えん坊全開の潤くんっていうのが堪能できますもんね。

久しぶりにコメント書いたら長文でごめんなさい(^_^;)
これからも海老原さんの思うままに嵐について書いてくださいね。
楽しみにしてます♪



花 #- | URL
2015/06/01 00:33 | edit

ありがとうございます

>花さん
こんばんは。コメントありがとうございます!
書いてほしいと言って頂いてから長い時間が経ってしまっていたので
もう忘れたかなあ、というか読んでないよね多分、と思いつつ書いたので
こうやってコメントいただけてほんと嬉しいです。
そして、コメント催促したような形になってしまってすみません。
翔潤はほんと、根っこの部分は変わらないんだろうなと思うんですよね。
蜜月の頃も今も。まさに、三つ子の魂百まで、という感じで。
とくに潤くんに関しては、他の三人との関係は相当変わったと思うのですよ。
それは全くリアルタイムで観ていない自分でもなんとなく感じるところなんですが
対翔君に関しては、きっとずっとどこかで一緒な気がしています。
特に潤くん側から見ると、不器用だなあ、と思うところもあるんですが
潤オタとしてはそこがまた好きなんだよねぇ、となる部分でもあるので。
認められたいという気持ちは確かに翔君に対してが一番大きいでしょうねー。
どんなヘタレな部分を見てもそれは変わらないのだと思います
(余談ですが、翔君に関してはそれこそ高所恐怖症であるとかダンスのあれこれとかを
見ても、ヘタレという印象はないんですよね、私は。潤くんに関しては、
不器用だなとか出来てないなと思ったりすることもあって、それはギャップになるんですが
翔君に関してはなんというか、振り幅なんですよね。
なので、ヘタレという言い方をするのも違うなと思いつつ、ボキャブラリー貧困なので
他に言葉も見つからず、ということで。すみませんです)。

バッシングに関しては、本当に、スルーが一番なんだろうなと思います。
たとえ同じ言語を使っていても言葉が通じない人はいるんだなと。
翔君の貶し愛に関しては、「もともとのスキルが高いから望む部分も高くなって
そこから外れると文句を言いたくなる(こともある)」という意見を聞きまして
ああなるほどなあ、と。そういう部分もあるのだろうなあと思った次第です。
けなしたいだけの人もいるんでしょうけども。

ひみあらの吹石一恵ちゃん回今度探して観てみますねー。楽しみです!
最後にもう一度。ありがとうございます!

海老原 梓 #- | URL
2015/06/02 23:40 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。