幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バッシングについて思うこと 最終回(多分)  

どうもー。末ズが好きだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
そうです、海老原 梓です。

たまには主張したくなることもあるんです(笑)。

さて、このブログでも時たま取り上げてきた潤くんへのバッシングについて。
今回が最終回の予定。ですが最終回詐欺になるかもしれません(笑)。
ただまあ出来れば最終回にしたいよねえ、という希望も込めて。
最初に申し上げておきますが、
今まで以上に言葉に気を遣っておりませんので
そこは踏まえた上で読んでいただければ幸いですし
これは無理だと思ったらその時点でブラウザバックしてください。

拍手レスはひとつ前の記事で書いています。ありがとうございます!

以下、追記にて。


最近のマイブームが、
もしもこの人が一推しだったらコンビはどこが一推しになっていたかを考える
なんですね。
私は潤くんが一推しなわけなんですけども、もしも○○君が一推しだったら
好きなコンビはここだっただろうなあとか、□□君だったらここかなあとか
考えてひとりで楽しむ、という(笑)。
そんなことをやっていたある時に気付いたんですが、
某・オンリー坦とよく揶揄されるあの方に関してだけは
どこのコンビにハマるかというのが全く見えなかったんですね。
とはいえあの方のコンビが好きではないわけではなく、他の人が一推しだった場合は
入るんですよ。でもあの人(仮にB君としますが)が一番好き、となった場合
コンビ……あれ?、コンビ……え?、という。
コンビ萌えというのは、この人といる時のこの人の表情だったり態度だったりが
一番好き、というところから発生するものだと思うのですね。
二人の醸し出す雰囲気、というのもありますが、もちろん。
潤くんの場合でも、ニノ、相葉ちゃん、翔君、大野くんではそれぞれ表情であったり
態度であったりが微妙に変わるわけで、それは別に誰がより好きだからとかではなくて
年齢であったり相手の性格の違いであったり踏み込んでいける場所の違いだったり
するわけです。5人の中で一番はっきりしているのはニノかなーと思うんですが、多分。
けどB君に関してはなぜか出て来なくて、それは彼の変わらなさによるんでしょうし
そういうところは私も好きなんですけども、ただ、まあそりゃオンリーにもなりやすいよなあ、
と勝手に納得したんでした。
(別に全てのB君ファンがそうだと言っている訳ではないですよ念の為)


私がいつも心の中に留めておきたいと思っている言葉のひとつに、
『どんなに理解出来ない言動の人にも、その人にはその人の正義があるのだから
頭ごなしに否定するものではない』
というものがあります。
そうなんだよなあ。皆、それぞれの正義の元で動いているのだよなあ。
但し、正義イコール正しいこと、ではないんですよね。
なんか矛盾した言い方になっているかもですが。
ただ、犯罪者も自らの持つ ”正義” で動いているわけです。
この場合の正義とは、
世間一般的に見れば間違っているけれど自分にとっては正しい
という意味だと思っていただければ。

ただ、犯罪者についてとか話し出すと方向性が大きくずれるので
その辺りについては置いておくとして、今回はバッシングする人達について。
バッシングする人は、自分の言っていることが正しいし正義なわけであり、
そして、他人の正義を曲げたり砕いたりすることはとてつもなく難しいことでもあります。
あれだな、正義って言っちゃうから分かり辛くなるのか。
アイデンティティと言い換えてもいいですが。

バッシングする人の必死さを見ると、この人達バッシングしなきゃ死ぬんだろうかと
すら思ってしまうことがあるんですが、多分ね、そうだと思うんです。
肉体的にではなく精神的に。
それが正義だから。アイデンティティだから。
見ていると、潤くんが嫌いだから叩くとか自分の好きな人の活動に不満だから
叩くとかではなく、(誰かを)叩きたいからその相手として潤くんをターゲットに
している感じが否めないんですよね。
潤くんだから叩くのではなく、叩きたい→ちょうどいいのがいた、という感じ。
学校で、今までいじめられていた子が転校したら他の子がいじめられた、とか
ありますけど、まさにそんな感じ。
だからもし嵐に潤くんがいなかったとしたら、他の誰かがターゲットになっていた
でしょうし、それはメンバーなのかスタッフなのかは分かりませんけども。

ということを踏まえた上で私が言いたいのはふたつほど。
まず、潤くんがなにをしたところで何をしなかったところで
あの方たちは叩きます、ということがひとつ。
何かをすればそれについて叩きますし、何もしなければ「何もしない」と言って
叩くでしょうし。
だから潤くんの活動はバッシングとは関係ないんですよ、もう既に。
で、もうひとつ。
なんですが、潤くんをあまり知らない人であったりとかファンなりたての人だったりは
もちろんそんなことは分からないわけですから、潤くんが叩かれているのを見て
この人ってこういう人だったの?、と誤解してしまう可能性もあるわけです。
そういう時に誤解を解くのもやっぱり言葉なんだろうなと私は思っています。
潤くんってあんまり自分のことを語りたがらないですし、すっごく頑張っていても
本人にあまり頑張っているという意識がないせいか頑張ってるアピールもしないですし
(そういうところが私は好きなんですけども)、分かり辛いところはあると思うのですよ。
もちろんよく見ていれば分かりますよ。でも、まだそこまで興味関心がない場合は
バッシングの言葉の方が大きく響いてしまうことも多々あるわけです。
そんな中で、「コンサートは松潤だけではなく皆の総意」と言ってくれる翔君とか
「うちのJ舐めんじゃねえよ」と言ってくれるニノの存在のありがたさね!
特にファンなりたての頃は彼らのそういう言葉がどれだけ嬉しかったし
励みにもなったことか、と思います。

完全たる憶測ですが (※全てそうです)
彼らはもう、バッシングする人達に対しては言葉を投げかけることすら止めたのでは
ないかと私は思っています。
特に大野くんに関しては、完全にもう止めたな、とラジオを聴いて直感しました。
あくまで直感なんで理論的な何かで説明出来るわけではないのですが、
もう大野くんの中では、バッシングをする人達というのは『外野』ですらないのだろうなと
感じています。場外。
ド新規のくせに分かったような口きいてんじゃないと言われるかもですが、
バッシングに対して一番腹を立てているのは大野くんだと思いますし。

人は言葉で傷付きますけど言葉で癒されたり救われたりもするんですよ。
それは「コンサートは皆の総意」であったり「うちのJ舐めんじゃねえよ」だったりも
しますし、そしてまた、ファンの人達によるブログやツイッターや他色々な場所で
発信された言葉であったりもすると思います。
ネットの普及によって心ないバッシングを目にする機会も格段に増えましたけど、
同時に、この人が好きだー!、とか、この人のこんなところがいいんだよ!、とか
そういう言葉を目にする機会も格段に増えたわけです。
私も、色々な方のブログやツイッターで嵐の魅力を語っているのを読んで
自分の好きな気持ちが増幅されたところはあるので、もし全くネットがなかったら
ここまでファンになってはいないかもな、という気持ちもしています。
そしてまたこのブログを書くことによって自分の気持ちを整理したりとか
反応を頂けたことによってまた色々考えたりとかして気持ちを深めていくことが出来て
本当に、ますます好きになることが出来たなあ、と思います。
なので、バッシングの声は大きいですし止むことは絶対にないわけですが、
だったらこっちはそれ以上に大きい声で魅力を語ってやるよ!、と思うわけです。
当然ながらスタッフさんとか関係者さんとかエゴサーチしているでしょうから
だったらバッシング以上に好きだという言葉で埋め尽くしてやればいいじゃん、と。
前回も書きましたがバッシングはなくなりません。
だったら、どうやったらバッシングがなくなるかという答えの出ない考えに悩むより
こちらはこちらの出来ることをした方がよっぽど建設的だと思うのですね。

ファンになりたての頃(今もそうなんですけども)、
嵐ファンって基本的に5人とも好きだと思っていたので(大半はそうでしょうけど)
バッシングの数々に初めて触れた時は本当にびっくりしましたし、
何の準備もしていなかったので結構な打撃を受けたんですね。
なんですが、潤くんファンの方のブログを色々読んでいくうちに
だいぶ気持ちが落ち着きましたし、これはこういうことなんだなというのが
分かって来まして、それは本当にありがたかったんですよ。
特に、コンサートで潤くんのソロだけが長い、ということに関しては
【松本潤SICKの見ている風景】さんのこちらの記事 に
もう本当に、まっじっでっ、救われました。
なので、自分も微力ながら(いや本当に微力なのはよく分かっていますよ!)
潤くんの魅力を伝えたりバッシングに心痛める人の救いになるようなブログが
書けたらいいなあと日々思ってここを更新しています。
なのでこれからもNO PLAN全開で
潤くんだいすっきー!、と言っているだけのことを長文で書き綴ると思いますが
気が向かれましたらまた読んでいただけると嬉しいなと思いますし、
文章を書くのが苦ではない方は、各自の方法で
潤くんってこんな素敵なんだよー! と発信していくことで
かつての私のように誰かの救いになったり誤解を解いたりするのでは
ないかと思っています。


もうね、しょうがないんですよ。光が強ければ出来る闇も深く暗くなるのは。
だからこそ光について書いていきたいです。私は。

関連記事
スポンサーサイト

category: バッシングについて

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 4

コメント

はじめまして☆

海老原 梓さま、はじめまして。
潤くんファンのみえーぬと申します。
Lotusの頃のMステで完全に嵌った私ですが、やはり潤くんへのバッシングはかなりの衝撃でした。
今でもちょいちょい確認に行っては、怒りにこぶしを握っています。
そんなとき、海老原さんはじめ素敵なブロガーさんに本当に元気をもらっています。
同じ人を好きで、応援していることが嬉しくなります。
確かに言葉に救われているんだなと、ありがとうと言いたくて初めて書き込みさせていただきました。
これからも更新楽しみにしています♪

みえーぬ #- | URL
2015/05/28 03:38 | edit

梓さん、おはようございます。今、この記事読みました。いつもなら時間をあけてコメントするのですが今回は今の気持ちを伝えたくて。まず、ありがとうございます。彼を好きになって初めて密林のレビューなどを目にした時、立ち上がれないくらい打ちのめされました。無機質な画面なのに人間の生々しい悪意をダイレクトに受けてかなり疲弊しました。でも私も潤くんファンの方のブログに救われました。それからはもう潤くんの発してくれる言葉、行動だけをみて気にしないようにしてきました。(メンバーの言葉も) でもヒ-トアップした人たちの言動はとどまることを知らず。潤くんとメンバーの言葉、行動だけを信じていればいい!外野は無視!と自分に言い聞かせて気にしないように装ってたんだと思います。知らず自分の中にも闇の部分が拡がっていきつつありました。でも今、梓さんの記事を読んで泣きました。悔しくても悲しくてもずっと我慢してきたけどもう号泣です(笑)でも泣けたのがネガティブな感情じゃなくて良かった。これからも腹がたつだろうけど悲しいだろうけど、もう大丈夫です。この記事よんで何故か大丈夫!という気持ちになれたので本当に感謝です。泣きながらうってるので文がぐちゃぐちゃですが、結局、ありがとうございます、これが言いたかったんです。梓さん、出逢えて良かったです。

ゆう #- | URL
2015/05/28 09:23 | edit

はじめまして!

>みえーぬさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
Lotusいい曲ですよねー。好きなんです私
(嫌いな曲もないですが・笑)。
潤くんのバッシングはいつ始まったものかは分かりませんが
(嵐結成当時はニノが叩かれていたと聞いた時は
度肝を抜かれたんですが、自分が好きな人を脅かす存在が
叩かれるとも書いてあり、ああだったらニノだよなあ、と
納得した次第です。すみません完全に余談です)、
残念ながら止むことはないんですよねえ。
私などは微々たる力しかないのですが、私もまた色々な方の
愛溢れた言葉に何度も救われてきたので、私も誰かの力になれたら
本当に嬉しいです。
初の書き込みありがとうございました!

海老原 梓 #- | URL
2015/05/30 08:56 | edit

>ゆうさん
おはようございます。コメントありがとうございます!
本当にまさに、密林のレビューは衝撃的でした。嵐ファンはゴコイチだと
思っていたのが見事に打ち砕かれましたし、普段あれだけの悪意を目の当たりに
することってそうそうなかったですし。
私も、気にしないようにと思ったり、見ると気にしてしまうので見ないようにしたり
極力惑わされないようにしようと自分に言い聞かせてきたんですが
だんだんそんな自分がバカらしくなってきたのと、どうせ潤くんが何をしたところで
叩くのだろうからだったらこっちはこっちでやれることをやろうと考えたら
大分前向きな気持ちになれました。
そして私がゆうさんのこのコメントで泣きましたよ。ありがとうございます!
こちらこそ出逢えて良かったです。本当に。

海老原 梓 #- | URL
2015/05/30 09:03 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。