幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

WINNING  

今週末は甲子園に高校野球を観に行きます。
私は山形出身なのですが、山形はあまり野球の強い高校がないので春の選抜は
まず大抵出れないのですが、今年は21世紀枠で山形の高校が出れる事になりました。
……まあ、一回戦敗退だろうなー、と聞いた時に思ったんですが、
予想通りに敗退してました。
いやでも頑張ったよ!きっと!(見れてないけど)。


先日のGAKU-Shockはせっかくなのでradikoで聴いてみました。おおー綺麗に聴ける。
いちいちラジオ準備しなくていいから便利だなーと思っていたら、途中いきなり10秒程
止まりました。なわー!(byリリエンタール)。
まあ、ゲストの話のとこだったんで、後でサイトに上がるからいいか、と。
オープニングだったら結構ショックでしたけど。

でもってそのゲストはシンデレラ畠山君だったわけなんですが、話の中で
畠山君ばかりがテレビに出ている現状に相方が不満を感じていて拗ねている
ようなことを言ってました。
いやまあ、うん、気持ちは分かりますよ。芸能人なんて皆自分が一番かわいいと
思っている人達の集団ですから(それが悪いわけではなくて)。
コンビなのに相方ばかりテレビに出て自分は出れないとなれば、テレビ見ててもですけど
周囲(特に親)に何やかんや言われるのも辛いだろうなとは思います。それはよく分かります。
ですが、何勿体ない事してんだー、と思ったのもまた事実。
だってあんなに相方が、自分らのコンビ名を宣伝してくれてるわけなんですから。
コンビの片方が売れた場合って、まず必ずといっていい程どこかで、”コンビとしての”仕事が
来るんですよね。テレビ見てるとほんとそれは思います。最近よく出てくるなーと思ってたら
コンビで出てきて、ああこの人コンビ組んでたんだ、そういえば名前の前のあれはコンビ名だよ、と
思ったりする事がよくあるので。
なので、片方が売れてコンビ名が浸透してくると、必ずと言っていいと思うんですが
コンビで呼ばれるんですよ。それが数回くらいあるんですよ。
で、その時にいかにいい仕事をして次に繋げるか、が非常に重要になってくるわけです。
というのも、片方の恩恵によってコンビで出れる期間というのは予想以上に短いんですよね。
そしてコンビでの仕事で爪跡を残せなかった場合、最悪、コンビ両方とも干されるという
可能性も出てくるわけです。
もうほんと、何度見て来たかそのパターン。
片方売れる→コンビで出る→いつの間にか二人とも見なくなる、っていう。
ただそこで、きちんと仕事をして次に繋げる事が出来たら、コンビとして売れたりとか
気がつけば相方より自分の方が仕事が増えてた、とかいうことになったりするわけです。
実際全てのパターンをテレビで見てきましたから。
なのでシンデレラ茂木君(畠山君の相方)は、腐ってる暇があったら今のうちに芸を磨くなり
なんなりしてやれることをやっておけと言いたいです。
そのうち必ずチャンスが来るから、その時になってから、しまったと思っても遅いんです。
ぶっちゃけ茂木君を私は一切知りませんが(これを書くにあたってぐぐった)、きっとそのうち
テレビに出れる機会が訪れるはずなので、その時にどういう人なのかきちんと見ておこうと
思います。
つかシンデレラのネタも見た事がないことに今更ながら気付きました。
多分ネタもどこかで披露する機会がそのうち訪れると思うので、その時にばしっとネタを決めて
ああ、漢字だけじゃないんだ、と思ってもらえるか、所詮漢字だけだね、と思われるか
そこはもう本人らの頑張りしかないと思うので、チャンスは全て生かす方向で
いってくれたらいいなあ、と思います。
本人がここを見る事はないでしょうけど、巡り巡ってちゃんと伝わったらいいなあ。


さてロザンについて。
上で、コンビ名が浸透してくるとコンビで呼ばれる事が出てくるけど、その期間は予想以上に
短いという旨を書きましたが、それを今一番頭に置いているのは菅ちゃんではないかと
私は勝手に思っています。
大阪の芸人は2度売れなければならない、というのは昔から言われている事ですし、
実際大阪(関西ローカル)と東京(全国ネット)では色々文化であるとか求められているものの
違いとか色々あるわけでして、迷った部分も多かったのではないかと思うんですね。
でそんな中で、しかもお笑いブームとはいえ純粋にネタを見せる番組というのが
東京はほんと少なくて、じゃあどうやってロザンという名前を認知させていくかということに
なった時に、まず宇治原さんを先発隊で行かせて、そして宇治原さんがまた予想以上の
活躍をして、でロザンというコンビ名がじわじわと浸透してきて、それで今コンビでちょこちょこ
出られるようになってるわけなんですけども、いつまでもこの宇治原バブル(と言ってしまいますが)
が続くことはないというのも菅ちゃんが一番よく分かっているんだろうなと思います。
もうほんっとに今年が勝負だよなーとか今年からファンになった人間が偉そうに書いてますが
でもほんと、ここで漫然とやってたら来年はないんじゃないかとも思っています。
なので、ちょっと前の話になりますが広島のイベントで新ネタを披露した、という話を
聞いた時、ほんっとに嬉しかったんですね。
あああー菅ちゃんが宇治原さんが、ロザンが『本業で』勝負をかけてきたよー!と。
実際、その新ネタをテレビで披露できる機会があるのかは分かりませんが(ほんとに
ネタ番組少なすぎ……。エンタが終わったのって地味に痛い)、ただ、あの二人が
このタイミングで本業で勝負をかけてきたことに、ああやっぱさすが菅ちゃんだわ、と。
しかも新ネタを披露してきた所が、宇治原さん第二の故郷である広島、っていうのがまた
いいじゃないですか。
多分東京や大阪の方が、”新ネタ”に対する反応は高かったと思うんですけど
(リピーターも多いでしょうし)、広島でぶつけるかーと。
あ、今更な話なのは今に始まった事じゃないですので(笑)。このブログに関しては。

長々書きましたが結論としては、ロザンは菅ちゃんに任せとけば安心、ということでした。
今更な話なのは以下略。
関連記事
スポンサーサイト

category: ロザン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/82-c03fa77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。