幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

MJについてつらつらと考えた  

どうもー。昨晩、2本目のビールを飲むかどうか10分くらい考えてから、
そこまで迷うなら時間の無駄だから飲めよ!、と自分に突っ込みました。
そうです、海老原 梓です。

そして今日は迷うことなく2本目いってます。
コードネーム:こないだも書いたけど来月会社の健康診断


嵐にしやがれの1コーナーである、『This is MJ』に関して
つらつらと考えていたので本日はその話について書きたいと思います。
ウラアラの感想や拍手レスはまた後日書かせて頂きますねー。
要らんよと言われても書きますけどねー(笑)。

以下、追記にて。

先日購入したTV LIFEでの連載にて。
MJ第二回の腹話術について、「クオリティーが低かった」と
潤くんが言っていたのを読んで、マジか!?、となりました。
いやだって普通に上手かったと思うんですよ。
実際ツイッターでも腹話術師の方が褒めていましたし。
普通は2時間であれだけ出来ない、と。
ただ、潤くんは以前インタビューで「寝てないとか時間ないとかは
観ているお客さんには関係のないことだから、自分がどんな状況でも
クオリティーの高いものを見せねばならない」的なことを言っていたんですよね。
テレビの企画で、24時間で長台詞を覚えて一字一句間違えずに演じる、と
いうものにチャレンジした時も時間のなさを言い訳にしたくない的なことを
言っていた気がしますし(ふわっとした書き方で申し訳ないです)、
潤くん的には、”2時間で” あれだけ出来るのはすごい、と言われるのは不本意なのかもなあ、と。
たとえ与えられた時間が10分だろうが1年だろうが観ている側には関係ないわけで
納得いくものを見せられない(きっと時間をかけてこつこつやれば到達出来るはずなので)
というのは本人さん的に相当きついのかもなあ、と思ったりしました。
そう考えると、どんだけ真面目なんだよ、と思うんですけども。
個人的にはあんまりストイックとは言いたくないんですよね。
この回でも書いた通り、ストイックとはまた違うと私は思っているので。
ただ、ものっっっすごいプロ意識を持った方なのだなあ、と思います。

にしても、腹話術ですら「クオリティーが低かった」という評価になっているのを
考えると、紐の回は相当納得いってなかったんだろうなあ、潤くん的には。
もやい結びは結局最後まで出来ませんでしたし。
ただ、ああいう姿こそが、ウラアラで大野くんが言っていた
「ちょっとお茶目なところ」ではあったりするんですよね。
完璧、ミスターパーフェクトに見える男が実は、っていう。
ただ正直なことを言えば、スタッフさん的には、潤くんがあそこまで紐に対して(だけ?)
不器用というのは予想外だったんだろうなあ、とも思います。
第一回目の柵ピョンも、「もっと時間がかかると思った」と言っていましたし
腹話術もなんだかんだと2時間でマスターしていますし。
実は結構不器用、というのは知っていたと思うんですよ。
総合演出の方は嵐のファンだということなので。
つかこんだけド新規の私も知っているくらいなので。
ただ、紐に関しては予想以上ではあったのかなあ、という気はしています。
まあなのでね、個人的には紐はいつかもうちょっと時間をかけて
リベンジして欲しいなと思っているんですけどねえ。
潤くんも納得していないでしょうし。
紐に関しては「クオリティーが低かった」と言われても、
ああそう思うだろうねえ、と思ってしまうので。

で、先日のチャーハン作り。
また難しいところ持ってきたなあ、と。
チャーハンって相当難易度高いですよね。あのV観ていても思いますし
美味しんぼでチャーハン作りは難しい的なこと書いてありましたし
(私の知識の大体は漫画で出来ています・笑)。
潤くんが料理出来るのはもちろん知っていますけども
またそんな難易度の高いところを、と思ったんですけども
見事に一発クリア! でしたねー。さすがMJ!


にしてもこの企画ってつくづく、バラエティの一企画だから成立するものだよなあ、と
個人的には思います。
私も潤くんとある種近い考えといいますか、
時間があるないとか観ている側には関係ないんだから、本番となったら
完璧なものを見せるべき、という考え方なんですね。
よく芸能人が企画で、何かの大会に出ます、でも大会まで一ヶ月しかありません、
本当は大会に出るには一年はかかります、でも一ヶ月で頑張りました、
で大会に出ました、みたいなのがありますけども、
個人的にはそういうのを見ると、いやそっちの都合じゃん、と思ってしまうんですよ。
練習期間が一ヶ月しかないのはそっちが勝手に決めたことだよね、と。
なのにすごい頑張りましたみたいに言われてもなあ、と
(いや実際すごい頑張っているとは思うんですけどね)。
ただでも、勝手にヒリヒリモードにしたのはそっちだよねえ、と思ってしまうんですよ。
それを大変大変って言うならじゃあ一年かけりゃいいじゃん、と。
すみませんそういう冷たい人間なんです私。
ただ、じゃあ何でMJの企画は成立するかといえば、
それが笑いになるから、だと私は思っています。
最終目的が、『カッコいいPVを作る』というものですけども、
そのカッコいいというのもまーあ色々ツッコミどころ多数で(笑)、
ただそのツッコミどころが実にバランス良くちりばめられているんだよなあ、と
思います。
何も考えずにげらっげら笑っていましたけど、よくよく考えるとあれ
相当クオリティー高いですよね。
カッコ良さを極めつつ笑いも入れてくる、って。
そしてそれをアイドルにやらせて、なおかつアイドルのイメージを下げることなく
新たな一面も引き出している、ってよくよく考えたらあのPVとんでもねえな!、と
なりました。
なにがすごいって、実はめちゃくちゃクオリティー高いのに
やっていることは結構くだらない、と(笑)。
そのさじ加減がねえ、いやもうほんとねえ、
褒め言葉のボキャブラリーが「すごい」しかないことに気付いたので
他の言葉で言おうと思ったら5分くらいフリーズしたのでさっさと諦めて書きますが
すごいと思うんですよ!!!!!(結局そこ)。
で、また、そういうクオリティーの高いものを作ろうとスタッフさんに思わせるのは
潤くんのポテンシャルであったり努力であったりするのだろうなあ、と思います。
あ、もちろん潤くんだけではなくて嵐皆に言えることですけどね。


それにしても潤くんは、実は不器用なところがあるわけなんですけども、
だからこその魅力がある人なんだよなあ、とも思います。
上のリンクにも張ったストイックについて考える回でもちらっと書きましたが、
例えばもし瞬間移動が使える人だったら迷わず使ったと思うのですよ。
でもその能力がないからこそ、ひとつひとつコツコツと一歩一歩進んで
行っているのだろうなと思いますし、それこそが、なんというか宝石が磨かれて
輝きが増すように、潤くんの魅力も増していく結果になったのだろうなと思います。
あと多分、完全に個人の見解ですが (※いつもです)
潤くんって、瞬間移動出来るような場所にはあまり魅力を感じなさそうだよね、とも。
簡単に手が届く場所なら別にいいかなあ、と思うタイプといいますか。
なので、もしも彼が器用に何でも出来るような人だったとしたら、
それこそ、「全てを手に入れたら辞める」かもしれないなあ、と。
努力のための努力はしない人だと思うので、目標に全て辿り着いてしまったら
じゃあもういいか、になりそうな気がするんですよね。なんとなく。
でも彼には高い目標があって、それはそう簡単には辿り着けない場所で、
だからこそ必死にもがいて頑張るから、その日々がより彼を磨いていくんだろうな、と
そんなことを、3本目のビールを飲むかどうか迷いながら書いているお前は
なんなんだよと自分を罵倒したくなるわけなんですが(笑)、
つくづく、潤くんのことを突き詰めて考えていくと、この人とんでもねえなあとか
私生きててすみませんとかそういう気分になるんですが(笑)
でも宮城ブラストまでは頑張って生きます(そこかよ!)
そんなことはさておき、出会えて良かったなあ、好きになれて良かったなあ、と
しみじみしたりもするんでした。


……しっかし、びっくりするくらい纏まりのない文章だなこれ。すみません本当に。
コードネーム:もういっそブログタイトルをNO PLANにすべきだろうか
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。