ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ウラアラトークの感想をちまちま書いていくよ その1

2015年05月19日 00:22

どうもー。誰にも突っ込まれなかったので自分で言いますが、
「すわほー」って「Swallows wonderful」の略だから日本語じゃなくね?
そうです、海老原 梓です。

まあだからといって英語かと言われるとそういうわけでも、となるんですが。
造語だから日本語でいいのかな。ううむ。


全然関係ない話なんですけど、うちのブログって何が読まれているんだろうという
軽い気持ちでちょろっと調べてみたら、嵐関連では末ズ話が一番読まれている
ようでした。
そうか皆末ズを求めているのか! そうだよねえそうだよねえ!
と思ったんですが、あ、これ別に催促とかそういうわけではないので
気を遣われる必要は全くないんですけども、あくまでも割合として
一番読まれている(らしい)割に拍手をいただけているわけでもないよなーと
なりまして、つまり外したってことかぁぁぁぁぁ、と頭を抱えたんですが、
改めて読み返して、外す外さないの前に元々完全たる妄想だった、と
思い出しました(大体書いたことは書いたことで満足して忘れるタイプ)。
あんな純度100パーセント妄想に拍手ありがとうございますほんともうマジでマジで。
読み返したらよくこんなん書けたなと自分でも思いましたが、
同時に、書いていた時はすっっっごいノリノリだったことも思い出しました。
楽しかったんだよなあ。書いていて。


でもってウラアラトークについての感想などをちょこちょこと。
数回に分けて書いていこうと思っているのでお付き合いいただけると嬉しいです。

私事なんですが、ウラアラトークは毎朝出勤前に聴いていまして、
なので「おやすみなさい」と言われながら会社に行く、っていうね(笑)。
そりゃ寝ていいなら寝るけどね!
おのれのさじ加減ひとつではあるんですけども、
「おやすみなさい」と言われて出勤する、というのがちょっと面白かったので
ここ最近はずっとそうしています。
また、すごいなあ、と思うのが、毎日聴いても飽きないんですよね。
次に誰が何を言うか分かって聴いていても楽しいのが素晴らしい!
「需要ありますよね?」と潤くんが言っていましたけども
めっちゃくちゃ需要ありますよそんなん!
初回版買うし通常版はレンタルでいいかとか思っていたのに
ウラアラトークが入ると聞いて速攻で買うことに決めましたよ!(笑)。
多分そういう人って結構いたんじゃないのかなあ、とも思うんですがどうだろう。
結構な購買意欲の向上には役立ったんじゃないかなーとか。
CDの売り上げが前回越えというのも発表されていますし。

「シークレットじゃないシークレットトーク」でまず吹きまして、
何を決めるにも基本じゃんけんなんだなあ、とほのぼのして
なんだかいい雰囲気だなあとほわほわしていたところに、
時計回り反時計回りで喋ることによってそれぞれの座り位置を明確にして
その上で自己紹介を入れて皆の声も明確にすることによって
声だけなのに姿であるとか喋っている様子が見えるような感じになるのが
まーあとにかく見事だなと思いました。
だってこれを最初の3分ちょいでやっちゃうんですよ。

正直、最初にトークが入ると聞いた時は、声だけかー、と思ったんですね。
ファン歴浅いとはいえ、さすがに声は聞き分けられますけども、でもやっぱり
それぞれがどんな表情をしながら喋ったり聞いたりしているか見たいじゃないですか。
やっぱりテレビ観ていてもワイプの表情とかガン見するじゃないですか!
なので、声だけというのは残念だなーと思ったんですけども、でもこの最初の3分ちょいで
嵐の雰囲気であるとか収録している感じとか並びとかを全部伝えてくれたので
聴きながらすんなり映像が頭に浮かんだんですね。
きっとこの時この人はこんな表情なんだろうなあ、というのも容易に浮かんで
(まあ、妄想ですけども!)、声だけだしと思っていましたがすごい楽しめました。

またこれ、最初に潤くんが自己紹介をしようと提案してくれるのがいいんですよね。
私の体感ですが、彼が一番、いつファンになった人に対しても気持ちを向けてくれる
気がしています。いやもちろん皆さんそうなんですけども。
それにこのトークが入っているのは通常版なので、特に嵐ファンでない人も
手に取る率は結構あるわけです。初回版ならほぼファンしか買わないと思うんですが
ちょっと曲が気になるから買ってみよう、借りてみようかなという人もいるでしょうし、
ドラマを観ていてCDプレゼントになんとなく応募したら当たっちゃったという人も
いるでしょうし。
そういう、特に嵐の人となりには興味はないけれど曲が気に入ったという人は
五人が喋っていても誰が誰やらでしょうし。
国民的アイドルでスターな人達とはいっても、声だけでそれぞれ判別出来るかといったら
また別の話ではあったりしますから。

私が最近ファンになったから、というのもあるんですけども、
長いこと活動している人のファンになった時に、その対象の方々が、
このくらい知ってるでしょ、というテンションで何かを投げかけられると
ものすごく置いてきぼりを食らった気分になるんですよね。
後からハマったというのはそれだけでなんとなくの負い目というか
埋められない溝みたいなものがあるのは自覚していますしそれは
ファンである限り一生付きまとうんですけども、だからこそ、
知ってるよね当たり前だよねというテンションではなく、常に
「はじめまして」という態度で来てもらえると、なんというかすごく嬉しいですし
同時に安心するんですよね。
こんなタイミングでファンになってもいいんだー、という。
いやどの時期にファンになるのもその人の自由だとは思いますけども。
もちろん、ファンクラブの会報とかある程度濃いファンだけが集うような場所なら
知ってるよね、という態度でもいいんですよ。全然気にならないんですよ。
むしろなんか信頼感が見える気がして嬉しくなるんですよ。
でも通常版という、特にファンでない人も多数手に取るであろう方に入れるのなら
自分らのことをあまり知らない人も多数聴くというスタンスでいて欲しいんですね。
というのがあって、潤くんが自己紹介しようと言ったくだりは思わず拍手しかけました。
この人のこういうところが好きー!、となりましたよ。


……で、大野くんが選んだ質問の話について書こうと思ったんですが、
その前までで結構な長さになったのと(出たよNO PLAN)
何気に寝る時間になったので続きはまた後日。
まさか一つ目の質問までいかないとか思わなかったよ!
バカカオレワー!(byピューと吹く!ジャガー)
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年05月19日 01:29 | | | 編集

こんばんはー!

ツイッターでもお世話になっております。
コメントありがとうございます!
ウラアラトーク、本当に良かったですよねー。もちろん多少は期待して
聴きましたけど、期待以上だったなあという感じでした。
おかげさまで感想も長くなるというものです(笑)。
最初の数分できちんとこちらのことを考えて色々発言してくれるのが
ほんと嬉しくて、つくづく、いい人達のファンになったなあ、と思います。

BBQ嵐は観ても面白い番組でしたし自分でも書いていて楽しかったです。
私も改めて読み返しましたが、また映像観たくなりますね確かに。
あの雰囲気が素晴らしいんですよねー。
そして今もあの雰囲気を保ったままというのがすごいことだなと思います。

2015年05月20日 23:41 | URL | 海老原 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。