ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

VS嵐の感想などちょこちょこと

2015年05月09日 23:14

どうもー。乃木坂46の曲『失いたくないから』のMVを
25歳くらいの二宮くんで作って欲しいです。
そうです、海老原 梓です。

ニノってなんか片想いの表情とか似合うと思いませんか。
そう思うの私だけですかね。


でもってNEXT STAGEに突入したVS嵐についてちょろっと。
以降は追記にて。



しやがれ、VSと偶然なのかなんなのかは分かりませんが
嵐のレギュラーが同時期にリニューアルしたわけなんですけども、
がらっと変わってコンセプトもはっきりしているしやがれに対して
VSに関しては、そう、変わったなあ、という感じもなかったなあ、というのが本音。
とはいえVSはそこまで手を入れなくてもいいかなとも思っていたので
あと今後新たなゲームが始まればまた印象も変わるのかな。

個人的なツボはやっぱり、
「どうする、いきなりHey! Say! JUMPに入れって言われたら」
ですねー。大笑いしましたよ。
「昭和なのに」っていうダメ押しが最高でしたよ(笑)。
実際、ここでどのグループを出すかっていうのは何気に難しいところだと
思うのですよ。
お茶の間に分かるようなはっきりとしたキャラやイメージがあって
なおかつトレードすることに対して笑いが起きる、っていうグループ、となると。
そういう意味では先輩グループの名前を上げるのはちょっと、でしょうし
(もしTOKIOのリーダーがプラスワンゲストで出ていた回だったら
TOKIOと、という話にもなったのかもですが)
後輩でトレードに対して笑いが起きるようなグループとなると、となった時に
とっさに「Hey! Say! JUMP」で「(大野くんは)昭和なのに」と言っちゃう
潤くんすげえなあ、となったんでした。
また潤くんと(嵐で一番年上の)大野くんが隣だった、というのがまた
良かったよねえ、と。
嵐はもちろん全員昭和なわけですけども、その中でも一番年上なリーダーに
話を振るっていうのがね、分かりやすいですし
また大野くんの返しも素晴らしかったですし。
このくだりほんと大笑いしました。

そして最後のキッキングスナイパー。
3番目が末ズということで個人的にものっっっっっすごくテンションが
上がったんですけども! 上がったんですけども!!!
大事なことなので2回言いましたけども!(笑)。
で、「1缶だけ残ったらものすごくオシャレに蹴ります」と
言っていたわけなんですが、これってヒリ潤発動に備えてのことだっんだろうなあ、と。
ゲストチームがもし10ポイント差とかでリードした場合、
1缶だけ流してそれを倒したら勝利、というようなヒリ潤を発動させる予定で
それにあわせてのオシャレな蹴り方だったのかなあ、と。
まあただの妄想でしかないんですけども、でもヒリ潤発動は
当たり前ですが潤くん個人の思い付きではないわけですし
(事前になんらかの打ち合わせであるとかメンバー間の阿吽の呼吸とかは
確実にありますよね。というかなかったらヤバいよ・笑)
そしてそういうことを相談する相手ってやっぱりニノなのかなあ、とか。
コンサートのリハーサルも自分が演出で出来ない部分をニノに任せている
ところが見受けられますし、コンサート本番でアクシデントが起こった時も
ニノと目配せしてその場をうまく切り抜けるといいますし。
なんだかそういうのが垣間見えて(勝手に思っただけですが)、
あのキッキングはすごく、ふおおー!、となったのでした。


さて、4代目天野……じゃなくて天の声ですけども、
やっぱりつくづく実況って難しいのだなあ、と思いました。
そりゃそうだよねえ。台本のないところで即座に状況を判断して
適切な言葉を出さないといけないわけですから。
緊張していましたし不慣れでしょうし実況のプロでもないですし
ただこれから回数を重ねることでいい感じになっていくんじゃないかなと思います。

ただやっぱり今回皆が饒舌だったな、とは思いました。
不慣れな天の声に負担をかけないように、ということだったのかもですが
皆いつもよりよく喋るなあ、と個人的には思いました。
面白かったんでいいんですけども、今後はもう少しいい感じで
天の声との掛け合いも出来たらいいよなあ、と思います。


それにしても初代であり3代目でもある伊藤さんってほんとすごかったんだな、と
改めて。
簡単そうにやっていましたけどもめちゃくちゃ高度なことをしていたのだなあ、と
今更かよ、という感じですが。
個人的にものすごく好きだった回が、アオハライドチームがゲストの時、というか
ニノがキツネの格好をした回(笑)。
最後のキッキングスナイパーで見事嵐チームが勝利するわけなんですけども、
点数の内訳を天の声が説明していて、
「○○君、パーフェクトお見事でした。ゲストの○○さんも得点に大きく絡むキックで~」
と説明した後、
「得点に絡んでないのはキツネ(二宮)と相葉です」
もう!この言い方からなにから! 素晴らしかったんですよね!
上げて落とす、っていう笑いの基本を見事にされていますし
他の皆を君付けさん付けで呼びながら、最後に呼び捨て、というところとか
キツネをオチに持って来ずに相葉ちゃんを持ってくる辺りとか
いやもう、この人すげえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ、となったんですよね。

伊藤さんに関しては言い出したらあれすごかったこれすごかったと色々出て来るんですが
とりあえずものすごく印象的だったのがこの回でした。
こういうことを台本のないところでさらっとやっちゃう辺りがもうね!

そしてみんなのニュースも見ましたけども、つくづく嵐に愛されているなあ伊藤さん、と。
すっごい信頼されているんですよね。改めて思いましたけども。
最後伊藤さんが壁にぶつかった時に即座に潤くんがツッコミを入れるんですが
ある程度心を許した相手でないとしないだろうなーというちょっときつめの
ものだったんで、個人的におお!、となりました。
出来る人だから引っ張りだこなんでしょうけども
またいつか何らかの形でVS嵐、というか嵐の番組に関わってくれたら
いいなと思います。


これを書いている途中でしやがれの時間になったので中断して
観ていたんですが、もうね、もうね、MJが愛おしすぎてですね!
3回目にしてようやく出て来た不器用な潤くんね!
あああもう大好きー!、となりましたよ。
そのうちがっつり感想書けたらいいなあ。
というか書きたいことが色々たまっているんですよね。
時間を見てちょこちょこ書いていけたらいいなと思います。


あといつも拍手本当にありがとうございます!
毎度同じことを言っていますが嬉しいです。励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。