幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バッシングについて思うこと 第二回追記  

どうもー。ラジオネーム:現実逃避
そうです、海老原 梓です。

昨日書いたバッシングについての記事ですが
今日ツイッターでフォロワーさんと話してそういえばそうだったなと
思い出したことがあるのでそれを追記という形で書きたいと思います。
最近ずっと言っていますが時間がないので軽く。

拍手コメントありがとうございます!
レスは次回させていただきますね!


私はお笑いファンでもあるわけですが、コンビの片割れだけが好きな人(の一部)による
上手く行ったらその芸人の功績、失敗したら相方のせい、
という考えをナチュラルに(というかそれが正しいと信じ込んでいる)のを
ちょこちょこと目にしてきました。
わざわざ見る気がなくても目に入るんですよ、そういうのって。
で、注意深く見ていたんですが、別に相方を陥れたいわけではなく、
どうも本気でそう思っているらしい、というのがだんだん分かってきて、
それはそれで怖いことだよなあ、と思った次第です。
そしてよくよく考えたらお笑いだけではなく女性アイドルのファンでもいましたし
漫画でもラブコメにおけるヒロイン論争においてそれに近いような事を
何度も目にしたよなあ、と気付きました。
ほんとナチュラルに、成功は自分のおかげ、失敗は他人のせい、
という考えを持つ人って一定数いるんですよね。
ネットの普及でそれが顕著に見えてきたというだけで
割合としては多分昔からそこまで変わっていないのかもなあ、とも
(あーでも増えているのかもですが。ただ昔からいたとは思います)。

そしてもう一つ。
女性アイドルのファンをやっていた頃にそれはもうそれはもうそれはもう
すっっっっっごい見かけたんですけども!
目当ての子のライバルを下げれば目当ての子が上がると思い込んでいる人
というのがこれまた一定数いるんですよね。
私個人の感想としては、想像していたよりずっと多かったです。
相対評価でしか物事を判断出来ない人というのが世の中には
私が思っているよりずっと多いのだなということが、女性アイドルファン時代に
学んだことのひとつです。


で、ですよ。
失敗すれば他人のせい、で、他人を下げれば自分(の好きな人)が上がると
考えている人が一定数はいるのだから、そりゃあバッシングがなくなるわけは
ないよね、と改めて思った次第です。
ただこう考えると、そのバッシングしている人が仮にB君担当(B君のファン)だとしますと、
B君の現状における活動に満足していないから潤くんを叩くということに
なるんですよね。
金持ち喧嘩せずって言いますけど、B君の活動に満足していたら
他人を叩く暇とかないと思うので。
それってなによりB君に失礼だよなあ、とも思います。


そしてこれは余談中の余談ですけども、潤くんをバッシングしている人がいることを
嵐の皆さんは把握しているわけですが、あくまで私の予想ですけども
バッシングしている人がどういう人か、主に誰のファンかまで
掴んでいる、と思うんですよねえ……。
そう考えると一番心を痛めているのは潤くんではなくてB君だと思うんですが
そこまで想像力が働くならバッシングとかしないでしょうからねえ……。
再度繰り返しますけども、『外野』にならなきゃいいですね。

関連記事
スポンサーサイト

category: バッシングについて

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。