幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今更強化合宿を観たよというそれだけの話  

どうもー。きのこたけのこではたけのこ派ですが
新商品のいちご味のはきのこの方が好きです。
そうです、海老原 梓です。
毎日のようにきのたけ買っているなあ。
全力で踊る所存ですよ!
だからたくさんCMに起用してね各メーカーさん!


学生時代のわたくしは、問題集を買って満足してやらないという
子供でした。
三つ子の魂百まで、とはよく言ったものだなあと思うのですが、
それが今も脈々と受け継がれていまして、
なにかといえば買ったDVDを買ったまま積んである、っていう。
いつでも観れるしと思うといつまでも観ないというダメパターン。
その割にアラフェス2012は何度も観ていたりするんですけどね
なんでかといえば末ズいっぱいだから(笑)。
という欲望に忠実な感じで生きている我が人生なんですけども
さすがに観なきゃ勿体ないよなーというか普通に気になるしなー
ということで、Beautiful worldの初回版についている強化合宿視聴。
本編じゃねーのかよ、という感じですが(笑)。
いやあの、これなんで買ったのに積んでおくか、ということにも繋がるんですが
観るからには最初から最後まで一気に観たいんですね。
となるとライブ本編は2時間3時間あるからそこまでの時間はないなーと
なってしまってずるずると、という感じになるという。
とはいえ来月にはハワイDVDも届きますし、デジタリアンも出るでしょうし
時間を作って観ていきたいところです。

で、強化合宿ですよ。
大した予備知識もないままに観たら思いのほか翔潤でびっくりしました、って
感想そこかよ、って感じなんですが(笑)。
でもなんという翔潤!とテンション上がったのは事実なので。
いたずらっこの弟と普段はしっかりしているのにちょっとヘタレた兄とか
もうなんかもう素晴らしかったです。
なんでもっと早く観なかったんだと後悔したくらいに(笑)。

これ観て改めて思い出したんですけども、
そういや嵐ファンになって一番底上げされたのって翔君の印象だなあ、と。
ファンになる前のイメージとしては頭が良くてしっかりしていて、
でもそれだけ、というか、あまり面白みはないという印象だったのですね。
なんですが、全然そんなことなかったわー、と。
頭が良くてしっかりしているのはもちろんのこと、その上でバカなことも出来る、
しかも付き合いではなく自分から楽しんでいける人ですし、
基本的に人を否定しない人なんだよなーと。
これは嵐全員に言えるとは思うんですけどね。人を否定しないっていう。
だからすごく人当たりはいいんですけども、ただ、否定しないイコール肯定する、
でもなかったりするからその辺りは難しいんですが、とはいえ翔君はその中では
否定しない上で肯定してくる人な気がします。
だから周りに慕われるんだろうなあ。
そして高所恐怖症に代表される、時たま見せるヘタレっぷりが個人的には
すごくツボでして。
以前、VS嵐のBet de 嵐で鉄骨の上を渡るという競技をやった時に
翔君が2回目をパスしましたけども、あの一連の流れがもーう翔君の魅力を
存分に引き出しているよなと個人的には思いましたしあれ見てかなり私
翔君のことが好きになりましたから。
「怖い」って言っちゃう潔さとか、それでも仕事だからと頑張ってトライする姿とか
頑張っているのだけど腰が引けていたりとか、なんというかすごいもう
愛しくなりますね。
そして強化合宿の時はそんな翔君を後ろから押したり橋を揺らす潤くんがね!
末っ子出しまくっていてそりゃあもう可愛かったんですよね!

翔君って元々櫻井家の長男なわけですけども、嵐内で兄感を出すのって
潤くん相手だけだよなあ、というのが個人的翔潤萌えポイントです。
以前リクエスト頂いたこともあって翔潤についても書きたいなと
思っているのですが、いかんせん纏まらなくてですね。
でもそのうち書きたいなあとは思っています。


本当はこれ、『つれづれこまごま』というタイトルで
ツイッターで書くにはちょっと字数オーバーするようなことでも書くか、
くらいの気持ちだったんですが、強化合宿だけで結構な字数になっていたので
タイトル変更。
そりゃツイッターだったら字数オーバーしまくりだよこれ。
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。