幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

なぜにどーして末ズ(ニノと潤くん)にこんなに萌えるのかを主に二宮君視点から考えてみた・その3  

どうもー。あれ? ニノって文字は右手で書くのね。
そうです、海老原 梓です。

なにがそうですなんだか自分でも分かりませんが。
嵐でネプリーグに出たのを観たんですけども、ニノが右手で文字を書いていて
あれ?、となったんですね。
昔からのファンの方には今更かい、と言われそうですが。
気になって検索したらやっぱり矯正しているのかー。
ただ、これ左利きの人が言っていたんですが、子供の頃に
無理矢理矯正すると左右がどちらか一瞬考えないと分からなくなるそうです。
最近は矯正ってあまり聞かないですが、ただ世の中のものって基本的には
右利き用が多いというのはありますからねー。

今回のを書くにあたってニノが出たしゃべくりを観返したら
「書くのは右」ってそういやちゃんと言ってたわ、と気付きました。

さて、末ズ話の続きです。
初回から妄想炸裂とは言っていますが、考えていったらどんどん
妄想が酷くなっていって、正直これ、どこまで書いていいんだろう、と。
出来ればこれブログでなくて個室の飲み屋とかで語りたい(笑)。
しかし相手がいないのでありました。あー……。
そんなただの妄想は追記にて。


今回の話の前に。
昨日ツイッターを見ていたら、震災後に嵐が福島FMでやったラジオの音源が
流れてきたんですね。で聴いてみたところ、方言を当てるクイズをやっていて
問題は「までい(意味:熱心)」だったんですが、出題者の大野くんが
「嵐の中では松潤」「見た目じゃない」と言ったところ
「可愛い」「素直」「ピュア」と答えるニノ。
あの、確認なんですけど、二宮さんの目には松本さんは
そう映っているということで間違いないでしょうか?(笑)
いや確かに潤くんはそうだと思いますよ私も。なんら間違っては
いないとは思うんですよ。
ただ、「嵐の中では松潤」でその回答が出るのか、というね。
この部分、出題者の大野くんと「嵐の中では松潤」と言われた潤くん以外の
3人が回答しているんですけども、なんつか、なぜか聴いているこちらが
恥ずかしくなってくるという(笑)。
「キレイ」「優しい」「純粋」とか言う兄達の顔とか
それを言われている時の潤くんの顔とか見たかったなあー。
なんでラジオなのかと!
すみませんあまりに衝撃的だったのでつい。


前回纏まっていないからまた今度と書いた話なんですが
いくら考えても一向に纏まらないので諦めて書くことにしました。
ということでいつも以上にきっとぐっちゃぐちゃです。すみません。


個人的に、ですが(今まで書いたことも全部個人的ではあるんですが)
末ズにおけるニノってなんというか一言で言うと『屈折』という感じがするんですね。
最初のにも書きましたが、嫌いだけど価値があるとか構いたい、という感情から
始まって、なんというか、屈折というか相反する感情を常に抱えているような。
そういえばJr.の頃、ニノが潤くんに同期の全く似ていないJr.の子と双子だと
言い張っていたという話がありますが、まさに昨日私のツイッターに
その似ていないJr.だった人の写真が流れてきましてそれで私は初めて
その方の顔を見たんですが、うん、本当に似ていないね!(笑)。
苗字も違うし、それでも双子だと言い張るニノもすごいですが
それを素直に信じる潤くんもすごいよなあ、と。
多分、そんな何の得にもならない嘘はつかないだろうと思ったんでしょうけども
ほんと素直だよなあ潤くんは。

で、そういう潤くんの素直さであるとか先輩にも甘えられるところであるとか
嵐になってからも最初の頃は翔君にべったりだったとかそういう部分に対して
なんというか、潤くんの素直さを好ましく思いながらもそれを素直に受け止められないと
いうか、言い方が難しいんですけども、そんな感じもあったんじゃないのかなあ、と
勝手に妄想。

ちょっと話はずれますけども、ニノと潤くんは嵐で唯一の同い年で同期で
だからこそ色々比較されたりライバル扱いされることもありましたが
でも方向性は全然別で、だからこそ上手くいったんだろうなあ、と思います。
しゃべくり007にニノが出た回を観たんですけども
ごくせんのオーディションを受けたいと言ったらお前は金八先生だと
言われて、自分がジャニーズの王道から外れていると気付いた的なことを
言っていたんですね。で名前こそ出ませんでしたけど、やっぱり
ジャニーズの王道というと嵐では潤くんだと思うのですよ。
世間一般的なジャニーズのイメージに一番近いといいますか。
それがいい悪いとかではなく。
でニノは元々ジャニーズには全く興味はなかったですし、入ってからも
「迷惑をかけたくなかったから続けた」(本人談)な感じだったわけで
それでもやっぱり周囲に感化される形だったのかは分かりませんが
いわゆるジャニーズっぽい仕事にも憧れたとは思うのですよ。
10代の頃とかは特に。
ただそれは自分では出来なくて、でも同じグループの同い年の人は
やっている、となった時に、もしニノがすっごいジャニーズに憧れて入って
俺はジャニーズっぽい仕事がしたいんだ!、とかだったら相当きつかった
だろうなと思うんですよね。
でもニノは違ったわけで、そこに対して潤くんに嫉妬するわけでもなく
自らを卑下するわけでもなく、まあ俺はこうだからなーという感じだったと
思うのですが、ただ、一切何の感情も持たなかったかといったらまた
それはそれで違う気もするしなあ、とも。
その辺りがすごく複雑というか、自分がちょっとやってみたいなと思った仕事を
やっている人に対して、別にそれでその人を嫌いになったり悪感情を抱くことは
ないけれど、全く何も思わずにもいられないような、うーん、なんというのか
すごく複雑な感情があるような。なんとも説明が難しい……。

とはいえその辺りの感情は、それぞれのやれることや武器が
明確になるにつれて薄れてくるというか、本当に素直に
それぞれの武器を尊重して尊敬出来るようになってきたのではないかと
勝手に思っています。


ニノにとって他の嵐メンバーって
大野くんは甘えたい人、翔君は任せたい人、相葉ちゃんはフォローしたい人
という気が勝手にしているんですけども、そういう意味で言うと
潤くんは守りたい人
なんじゃないかと思っています。勝手に。
世間のイメージや見た目に反して実は繊細だからこそ守りたい。
なんですが、でも時には弄りたい。
世間が思う【松本潤=カッコいい】というイメージを大事にしたいけれど
でも不器用で時に色々やらかしちゃう姿も大好きだから見たい。
ザ・ジャニーズという感じとかさりげなくカッコ良くスマートに色々やる姿も
大好きだし大好物なんだけどでも可愛い姿も見たい、というような。
しやがれのハワイ編で潤くんがドン引き価格のアクセサリーを買うか
迷っていたくだりで結局買うことにした時、ニノがワイプで
「夢をありがとーう!」と叫んでいたのがすごく印象的だったんですけども
そういうことが出来る(自分には出来ない)潤くん、というのを
すごく尊重していてカッコいいなーと思っていて素直に認めていると
いうのがね、なんとも素敵だなと思うわけなんですよ。
でもそれだけじゃない姿も見たいんだろうなあ、というのが
色々統合して一言で言うと「屈折」になるわけです私の中では。
ただ書いていて、屈折、とはまたちょっと違うなあとも思うんですが
しっくりくる言葉が思いつかないんですよね。
前にも書きましたけど、一度価値があると認めて自分の中に入れた人だから
もう結局もう、どんな松本潤も好き、なんだろうなあ、と。
だから色々な顔が見たいのだろうしどんな姿を見ても気持ちがぶれることは
ないのだろうなあ、とか。
でもどんな姿を見ても、「松本潤といえば?」と訊かれたら
「可愛い」「ピュア」となるんだろうなあニノは。
とか思ったら、やっぱ末ズ好きだわーとなりました。


びっくりするくらい纏まっていないですがとりあえず書きたいことは書けたので
満足です。キングオブ自己満足。
ただやっぱりブログでは限界があるなー。
あー飲み屋の個室で語りたい(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret