幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バッシングについて思うこと  

どうもー。スマホのロック画面を泣き虫さんにしたので
見る度にテンションが上がります。
そうです、海老原 梓です。

ただ前にツイッターかなにかで見たんですけども、
お店にスマホを忘れて取りに行ったら店員さんに
「確認のためカバーの模様と待ち受け画像教えてもらっていいですか」
と言われた人がいた、とか。
「あ……相葉さんと松本さんです」とか言うのを想像したら
なかなかの羞恥プレイだったので忘れないようにしようと強く思いました。
だからといって無難なものに替える気はないです(笑)。

さて今回は、潤くん編の最後(対メンバー編)でもちらっと触れた
コンサートの演出担当である潤くんへ一部の人がバッシングしている件。
ただ最初に書いておきますが私は相当冷たい人間です。
これまでの文章で伝わっている人には伝わっていると思いますが。

以降は追記にて。




潤くんについて書く前に自分の経験談を少しばかり。
このブログは6年目に突入しますし、以前も違うところで書いていたり
しました。それはもうサービス自体が終了した上データも残ってないん
ですが。ただ文章を書くこと自体は子供のころから好きで、小さい頃から
ノートにあれこれ書いていたりとかはしていました。
でもって、うちみたいな辺境のブログにもありがたいことに読んでくださる方が
いらして、コメントなどもいただけて楽しくやっていた(いる)んですね。
なんですが一時期特に、よく分からない絡み方をされました。
え? 何をどうしたらそういう解釈になるの!? ねえ!?、というコメントが
やって来るようになりましてね。
そもそも自分の文章が下手なことは大いに自覚しているのですが、
それでも、私そんなに伝わらない文章書いてるんだ……、と一時期は
大いに凹みましたし何も書けなくなった時期もありました。

書けなくなった分時間が空いたのもありまして、その頃はとにかく
他の方のブログや文章を読みまくっていました。
でその中にひとり、めっちゃくちゃ分かりやすい文章を書く人がいたんですね。
初めて読んだ時、うわープロっぽい文章書くなー、と思ったら本当に
プロのライターさんでした。しかも、私は申し訳なくも知らなかったんですが、
その分野では結構有名なライターさんでした。
ブログはお仕事で書かれている分野とは別の分野で書かれていましたけども
すっごい分かりやすいし読みやすいし一読してスーッと入ってくるんですよ。
なので当然ながらファンも多く、コメント欄もにぎわっていました。
ああいいなあ、こういう文章書きたいよなー、と思いながら読んでいたんですが、
驚くことに、ほんっとうにびっっっっくりしたんですけども、
一読すればすぐに理解出来るような分かりやすい文章を書く人のところにも
なにをどうしたらそういう解釈になったのか聞かせてくれと言いたくなるような
斜め上どころか何の話してんの?、と訊きたくなるようなコメントも割とあって
最初は全く理解出来なかったんですが、次第に、ああそうか、となりました。
どれだけ分かりやすい文章を書いたところで理解出来ない人は出来ないのだ、と。

これ言葉にしてしまえば当たり前に思えるかもしれないんですが、
初めてそれを目の当たりにした時は、なんかもう、びっくりとしか言いようがなかったです。
言葉悪いですが、普段の生活とかどうしてんの?、と心配になるレベルだったので。
そしてその一件で私も色々と吹っ切ることが出来ました。
伝わらない人には何をやろうが何を言おうが伝わらないのだと。


ところで。
割合の話ですが、自分の周りに10人いたとしたら、
2人は何をやっても自分のことが好き
2人は何をやっても自分のことが嫌い
6人はその時の状況による
のだそうです。
あくまで割合の話なので母数が少ない場合はまた違うでしょうけども
母数が増えれば増えるほどこの割合に沿う形となるのだと思います。
(だから完全な余談ですが学校や職場といった狭いコミュニティの中では
不幸にも、”何をやっても自分のことが嫌い” な人の割合がすごく多くなる確率も
あるわけでして、そうなった場合はどうしようもないからさっさとその場から
逃げるべきだとも思っています。特に学校の場合。見極めは難しいですが)

で、ですよ。嵐さん程の人気者となればとんでもない母数になるわけで
そうなれば、”何をやっても潤くんのことが嫌い” な人も割合として2割はいるのだから
母数が多ければ多いほどその2割も多くなるだろうなと。

そして説得力って、何を言うか、よりも、誰が言うか、の方が大きかったりするわけで
連載途中でがっつり休んで(ゲームやって)いる某漫画家が
「読者の予想は裏切っても期待は裏切ってはいけない」
とか言っても、お前が言うなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!、となるわけです。
(ハンターハンター早く再開しないかな)
だから、何を言ってもやっても嫌いなままで変わらない2割の人にとっては
潤くんの言葉も行動も全く理解出来ないでしょうし響くことはないのだろうなと思います。

読解力って最終的には能力ではなく、"理解しようとする気持ち” なんですよね。
前に何かで、馬を無理矢理に川まで引っ張っていったところで
馬に水を飲む気がなかったら水を飲ませることは出来ない、というのを読んで
そうなんだよなあ、と強く思ったんですけど、結局はそこなんだろうなと。
理解 ”する気のない” 人に理解 ”出来る” わけがないのです。
だって見ていないのだもの。聞いていないのだもの。
いやいや私は見ている聞いている、と言う人もいるかもしれませんが、
実際見ているようで何も見ていないということはよくあることですから。

かく言う私も、全然見てなかったんだなーと思ったことがありました。
割とVS嵐は見ていたんですよハマる前からずっと。
ちょうど夕飯の時間だったんでそれ見ながらご飯食べる、という感じでした。
家にいたらまず確実に見ていましたし。
なんですが、
あのそりゃあもうキュートで笑顔が可愛くて決める時は決めるけど
時には大きなミスもしてそんな時はぺろっと舌を出したり頭抱えちゃったりする
全身から可愛さが溢れ出ている嵐の末っ子に対してずーっと
クールな俺様キャラだと思い込んでいました。ファンになるまで。
好意的には見ていたんですよずっと。嵐で誰が好き?、と訊かれたら
うーん松潤かなあ、とは答えるくらいには。
なんですが、ハマってから改めて観返したVSに驚愕。
なんだこの可愛いとしか言えない31歳男子はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
昔のも掘り返したけど確実に最近の方が可愛いよね!30くらいから
なんかもうフルスロットルだよね!なんだこの人ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
……で、ああ私ほんと何も見てなかったんだわ、と気付きました。
実際、これ誰でもそうでしょうけども、見えるもの聞こえるもの触れるもの全てを
脳で認識してひとつひとつきちんと理解して処理しているわけではないんですよね。
そんなことをしていたら脳がパンクしますから。
これは大事、これはどうでもいい、というものを無意識のうちに振り分けて
大事なものだけをきちんとストックしてそうでないものはバンバン捨てている
ようなもので、そりゃ見ているようで全然見ていなかったよね、と。
以前友人と、興味を持った途端にそのことに対する情報がやってくるよね、と
いう話をしたことがあったんですね。友人は留学経験があるのですが
留学をしよう、と決めた途端に留学についての色々な情報が舞い込んできた、と。
誰しもそういうことってあると思うんですけども、それって別にそれまでは
情報がなかったわけではなく素通りしていただけなんだよなあ、と。
アンテナを張ったからこそ受信出来るものがあるんですよね。
どれだけ強い電波を送ったところで受信機器がなければ受信出来ないのです。
読解力とか理解力って最終的にはそういうことだと思っています。


嵐ファンの方のブログをあちこち読ませて頂いているんですが、
潤くんへのバッシングについて、「ニノや翔君があれだけ言葉を尽くして説明して
くれているのになんで全然伝わらないんだろう」的なことを書かれていた方がいました。
ツイッターでも時々そう言われる方を見かけますし私も当然ながらそう思います。
ただでも、
そりゃ伝わんないよ理解する気がないんだもん
とも思うわけです。
もうね、仕方ないんですよ。だって理解する気がないのだから。
そもそも人と人が完全に理解し合えることなんて絶対にないですからね
他人なんだから。
分かるわけないしどんなに好きでも相手の100%を受け入れられるかといったら
どだい無理な話なんです。
本来はその中でどうやって折り合いをつけていくか、というのが
コミュニケーションですしファン活動なんだと思うんですけども、
まあそこは色々な考え方の人がいますから。

ただ、
”何をやっても嫌い” で、”初めから理解する気のない” 人達に関しては
何らかの労力を使うのは無駄でしかないよ、とも。
いやいやこちらが熱を持って頑張って伝えていけば変わるかもしれないじゃない、
と言うかもしれませんが、それで変わるのは上に書いた状況に応じて変わる6割の人。
その人達だったら、例え今は嫌いと言ってバッシングしていたとしても
誠実な仕事やそれに応じた成果を見たらまた変わるかもしれないです。
が、ぜったいに! なにがあっても! 変わらない人もいるんです。
如何せんそういう人の方が声が大きかったりするのが厄介なところなんですけども、
そもそも全員と分かり合うなんて無理です他人なんだから。
私も正直、最初に書いた件以降に関しては、分かる気がない人達に関しては
書いていないですから。
分かろうとする気があって読んでくださった上で伝わらないのは私の責任ですが
そもそも分かる気がない人に対してこっちが労力を使う気は一切ないです。
ただ、私なんかはただの趣味なんで気楽なものですけども、
作品を作ることを生業にしている人にとっては、分かる気のない2割を切るのは
なかなかに勇気がいることだろうなとは思います。
特に潤くんは繊細な人ですし、常にこれが正しいのか、どうやったらもっと大勢の人に
楽しんでもらえるのか、を考えているような人ですから、なにをどうしても理解されないと
いうのは本当に精神的にものっすごいくるものだとは思います。
ただでもね、しょうがないの分かり合えないの。もうどうしようもないの。
もうね、労力とか熱量とかではなくて、何をやっても伝わらない人っていうのは
一定数いるの。そういうものなの。
だからもうそういう人達は切るしかないの。
と冷酷な自分は思うわけなんですが、潤くん優しい人だからなあ……。
どうしても心配になってしまうんですけども、そういう時に何度も何度も
「コンサートの演出は松潤がやっているけどあれは皆の総意だから」とか
「うちのJなめんじゃねえよ」とか言ってくれるメンバーがいるわけです。
大野くんも自分のソロが短かったのは自分の希望だとさりげなく話してくれましたし。
このネット社会、どうしたって良くも悪くも色々な情報が入って来てしまいますし
いいことばかりではなく悪いことも目にする機会は多いんですよね。
それはもう今の時代仕方のないことなんですが、そんな中で
一番矢面に立って批判を受ける潤くんに対して、それは違うんだよそうじゃないんだよと
言ってくれるメンバーの存在というのが、もう本当に泣きそうになるくらい
ありがたいなと思いますし、潤くんもきっとそういうメンバーと一緒だから
言われなき批判を受けてもここまで頑張って来れたというところはあると思います。
それに私も、もし嵐の他のメンバーが潤くんへの批判に対して
俺は関係ないしみたいな顔をして知らんぷりしていたら、きっとこんなに
嵐のファンにはなっていなかっただろうなとも思います。

潤くん回でも書きましたが、ファンなりたての頃はうっかりあちこち見てしまって
言われなきバッシングに結構本気で凹んだりもしたんですよ。
未だにそれを引きずっていて潤くんファン以外の方のブログやツイッターを
見る時はちょっと身構えますし(もちろん多数の人は5人の嵐が好きなのだと
理解はしていますけども)。
なんですが、徐々に嵐を知っていくにつれて、ああ大丈夫だ、と。
潤くんの一番近くにいる人達がこれだけきちんと理解をして常に言葉や形にして
外に(そして外を通じて潤くん自身に)伝えてくれるのだから。
嵐がこの5人だったら大丈夫だわ、となりました。
きっとひどいバッシングは彼らが今の仕事を続ける限り止まることはないのでしょうけども、
嵐が嵐でいる限りはきっと大丈夫ですし、私も辺境の地で微々たる力ながら
8割の人に向けてブログを書いていけたらいいなあ、と思う次第です。


すっごい単純なことを最後に書きますが、好きなものが多い方が人間幸せですよ。
最近はバッシングを読んでも、潤くんの(そして嵐の)魅力が分かんないとか
可哀想だなあ……、と思うようになりました。
それも、可哀想(嘲笑)、ではなく、しみじみと。
それはそれで失礼な気もするんですけどね。というかやっぱ私冷たいなと
思うわけなんですが、まーでも好きなもの(人)多い方が人生楽しいよ!
実際嵐ファンになって今めっちゃくちゃ楽しいですし。
ただお金はものっっっっっっすごい勢いでなくなっていきますがorz
いやいやお金は稼げるけど今の嵐は今しか見られないんだよとも。
これ別に嵐に限らずですけども、なにか(誰か)の魅力に気付いて好きになるって
それだけで本当に幸せなことなんですよね。
魅力に気付けて良かった! 知らないまま生きる人生だってあったはずなので。

これからも、すきなものを全力で好きと言える人間でありたいです。
と、やたら長い上に纏まらないまま終わります。いつものことか。
関連記事
スポンサーサイト

category: バッシングについて

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 4

コメント

すっきりしました

はじめまして。
ぷらぷらいろんな方のブログを読ませていただく中で、偶然見つけました。
今まで読ませていただいたブログの中で一番わかりやすい文だと思いましたし、あたたかくて、やさしくて、冷静で、説得力のある内容に、もやもやは全部吹っ飛び、ほんっとにほんっとにすっきりしました。全く同感です!こんなにきちんとまとめてくださって、ありがとうございました。これからも更新楽しみにしています!

choco #BmRUwJa. | URL
2015/03/22 12:22 | edit

>chocoさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
正直、これを書いた時は冷たいとか非情とか言われるのではないかと
密かにびくびくしていたので、頂いたコメントが本当にもう
泣きそうになるくらい嬉しかったです。
あまりにも嬉しくて何度も何度も読み返しました。
自分の思うことを好き勝手書いただけなんですが、そう言っていただけて
本当に嬉しかったですし書いて良かったと改めて思いました。
こちらこそありがとうございます!
何度言うんだという感じですが本当に嬉しかったです!

きっとまともなファンの方は多かれ少なかれバッシングには
心を痛めていると思うのですね(潤担でなくても)。
早くこんな馬鹿げたバッシングがなくなればいいと切に思います。

海老原 梓 #- | URL
2015/03/22 23:00 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/10/01 13:45 | edit

>kanatameiさん

初めまして。コメントありがとうございます。
LOVEコンのセトリに関しましては、どういう経緯でああなったのかは私には
分かりませんが、少なくとも全員の総意であるとは思っています。
コンサートの演出は主に潤くんがやっていますが、とはいえ潤くんのワンマン
ではなく皆で意見を出し合い決めているという話ですし、潤くんもまた
皆が納得する形でないとやりたくない的なことを以前雑誌で言っていましたし
何より、嵐がそんな風通しの悪いグループにはとても思えません。
どういう経緯であの流れになったのかは分かりませんが、少なくとも
相葉ちゃんの同意はあったはずですし、もし相葉ちゃんの同意なく
勝手に決められたとしたらまず磁石の二人がそれを許すはずがないですし
大野くんもリーダーとして言うべきところは言う人だと思うのですね。
そして相葉ちゃんもまた、嵐というグループをものすごく大事にしている人ですから
嵐が悪い方向へ行く(かもしれない)となったら何らかの意見は言うと思うのです。
もし言わないのであれば優しさではなく怠慢ですし、私は相葉ちゃんが
そんな人だとは思っていません。他の四人に対しても同様です。
なので、あのセトリは五人の総意で決められたものであると私は思っていて、
そうなれば不満があっても五人が決めたものだからなあ、と思います。
実際ソロのタイミングで途中でいなくなるのはいつものことですし、
先日の宮城でもああここでいなくなっちゃうんだとか思いましたし
それはもうある種仕方のないことだと思うのですよ。じゃあソロ止めるかとか
着替えの時間をVTR流しまくって埋めるかって考えた時に、ひとり途中で
いなくなっても流れを途切れさせずに続けるという方法を彼らは選んでいる
わけで、それならばこちらはそれを享受するだけだと思っています。
コンサートは皆の総意だと翔君がはっきり言っていますし、
私にとってはその言葉が全てです。

海老原 梓 #- | URL
2015/10/02 00:25 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。