ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

さあ松本潤くんについて書くよ!~ハッピー マツジュン バレンタイン編~

2015年02月14日 21:33

どうもー。今回から潤くんについて書くということで
ブログテンプレートもほんのり紫にしてみました。
俺の生き様見とけ!(笑)
そうです、海老原 梓です。

拍手やコメントいつも本当にありがとうございます!
嵐に関しては特にまだまだど新参ということで
これ合ってんの? 大丈夫なの? ねえ?、と思いながら書いているので
拍手やコメントを頂けるのが本当に嬉しいです。ほんっとに嬉しいです!
大事なことなのでもう一度言いますがほんっっっとに嬉しいです!
そしてうちのブログの通例なのですが、こういうことを書くとなぜか減ります(笑)。
別に振りじゃないんだけどなあ。

そして本日より潤くんについて書きたいと思います。
サブタイトルですがノリでつけたのでバレンタイン関係ないですすみません。
以降は追記にて。



まず最初に書いておきたいんですが、私はドラマをほとんど観ません。
最初から最後までちゃんと観たドラマを全て挙げろ、と言われたら
もしかしたら全部言えるんじゃないか、というくらい観ません。
それから歌番組もほとんど観ません。
観るのはバラエティとか情報番組とか地上波でやっていれば野球とか。
そして、ジャニーズに関しては興味はありませんでした。
別に嫌いではないけれど好きでもない、どちらでもないという状況。
なので、ニノの話でもちょろっと書いたのですが、もしも『硫黄島からの手紙』を
あの時映画館で観ていなかったなら、今も私は嵐ファンではなかったかもしれないと
すら思います。
あの映画でニノをきちんと認識しましたし、ニノってすごいなと思ったんですが、
同時に、嵐ってすごいんだ、とも思いましたし、もっと言うならば
ジャニーズってすごいんだなあ!
と思ったのがあの映画だったんですね。
そう考えるとニノの影響とんでもねえ!
となんで潤くんのところで書くのかっていう話なんですけども(笑)。

で、私はこういう状況だったので、潤くん出演のドラマをほっとんど観ていません。
というかこの際はっきり書いてしまいますが、リアルタイムで見ていたのって
『失恋ショコラティエ』くらいでした。
正直、失ショコもといショコ潤(笑)もなんで見ていたのか未だに謎なんですが
その話はまたおいおい。
そんな感じで役者仕事の潤くんを見ていなかったし歌番組も見ないから
歌っている潤くんも見ていなかった状況の中、一番最初に彼に対して思ったのって
何だったかなと辿っていったところ、多分ですがあれだな、と。
ということで今回はその話について。
……って毎度毎度前置きが長くて本当に申し訳ないです。


私が一番最初に松本潤くんについて思ったこと。
【松潤って松潤でいいんだ】
でした。
これはどういうことかと言いますと、私の中では、
名前の略称って嫌がる人の方が多い
というイメージが根強くあったんですね。
私はモーニング娘。のファンだったんですが、特に後藤真希ちゃん加入以降は
結構がっつり追いかけていてコンサートにも行ったりしていました。
で、後藤真希ちゃんは通称「ゴマキ」ですが、彼女はその言い方を嫌っていたので
ファンもメンバーもそうは呼ばなかったんですね。
なので大抵「ごっちん」か「ごっつぁん」
SMAP木村拓哉君も「キムタク」が嫌ということでメンバーは「木村君」と
呼びますし、他にも嫌だという人の話は幾つか聞いていたので
基本的に嫌な人の方が多いんだろうなあ、という印象があったんですが、
潤くんに関しては、メンバーが「松潤」と呼んでいるということで
嵐って仲いいという話なのにメンバーがそう呼ぶということは
松潤は松潤でいいんだなー、とぼんやり思った、のが彼に対して思った
最初の印象だった気がします。
カッコいいとかそういうのはジャニーズだから当然でしょ、という考えなので
外見どうこうはスルーでしたし当時は内面に興味は無かったのでそんな感じでした。

で、それからしばらくしての頃。
ロザンファンとして知り合った友達(大野くんの話の時に出た10年来の嵐ファン)が
嵐のコンサートに行った時の話をしてくれたんですけども、
友達は大野くんファンということで、『智』と書かれたうちわを持って行った
そうなんですね。反対面は『嵐サイコー!』で、大野くんが来たら『智』面を見せて
他のメンバーには『嵐サイコー!』面を向けていたそうなんですが、
潤くんが来た時にうっかり『智』面を向けてしまい、
「それ松潤に見られて、『あ、俺のファンじゃないんだ』って顔された」と。
この時の私なんですが、世間における【松潤=クール】というまんまで思っていて、
なんというか、勝手なイメージですけども、俺様サイコー! ファンとかどうでもいいよ、
みたいな感じだと勝手に思っていたのですね。ほんっとに勝手なんですけども。
なんですが、その友達の話を聞いて、えっそんな顔するんだ!?、とまず思いましたし
反応するんだ!?、それをファンにバレるくらい顔に出しちゃうんだ松潤って!?、と。
今でしたら、ああ絶対反応するわ、顔に出すわ、と思うんですけども、
当時はクールなイメージしかなかったのでほんっっっとにびっくりしたんですよね。
で、それ以来なんとなく気になりだして色々ありまして(それは次回以降に詳しく)
今に至るわけなんですけども。

で、ファンになって色々過去のインタビューとかあれこれ漁っていたところ、
「松潤って呼び方はあまり好きじゃない。メンバーはもう慣れたけど」
という一文を見つけたんですよ。
これ見た瞬間、あああああああああやっぱりそうだったんだぁぁぁぁぁぁ!!!!!
となりました。
ただあまりにテンション上がりすぎてうっかり保存し忘れたので詳細は不明なんですが
確か2002年くらいの何かのインタビュー記事だったかと思います。多分。
2002年といえば嵐結成3年後くらいなわけなんですけども、
やっぱり好きじゃないけど言えなかったんだなあ、と。
そもそも養成所時代から「松潤」だったそうですし、1ヶ月遅れで入ったニノによると
ニノが入った時は既に「松潤」呼びが定着していたようですし、そりゃ内心嫌だと
思っていても言えないよなあ、とも。

その後も色々漁っていたら、2007年かその辺りの発言で
「松潤というあだ名は気に入ってる」と言っていたので、慣れるなりなんなり
したのだろうなとは思います。
あとやっぱり、「松潤」といえば彼しか思い浮かばないですからね。
「松本」や「潤」だと色々な人がいますけども、「松潤」だとまず彼だけですし。
そして個人的には、メンバーからの「松潤」呼びが大きかったんじゃないのかなと
思っています。
あれだけ愛情込めて呼ばれたらそりゃあ嫌いだったとしても好きになるよね、と。
特に相葉ちゃんね。潤くんに対してだけではなくメンバーそれぞれに対してですけども
相葉ちゃんのメンバーに対する呼び方ってどれも優しいし愛情こもっているんですよ。
皆もちろん潤くんのことは大好きだと思うんですが、最も分かりやすいのが
相葉ちゃんの呼び方という気がします。
そりゃねえ、あれだけ愛情こもった呼び方で「まつじゅん」(相葉ちゃんの呼び方は基本ひらがな。
時々たまーに「まつぢゅん」呼びにもなるけども)と呼ばれたら、これはこれでいいか、と
なるだろうなあ、と。
先日のVS嵐で潤くんが流れで「松潤もそう思います」と言っていましたけども
自分で松潤って言っちゃうんだー、となんかすごい色々な感情が(いい意味でのね)
湧き起こりました。

でもって。これは完全に余談ですけども。
ニノが潤くんを裏では一切「松潤」呼びしなかった、という理由のひとつって
潤くんが松潤と呼ばれるのが好きではなかったことに気付いていたんじゃ
ないのかなあ、と密かに思っています。
もし仮にそうだったとしてもメンバーの手前言うことはないでしょうけども。
ニノくらい周りの空気読める人なら何となくでも察知していたんじゃないのかなあ、とか。
これに関してはただの末ズスキーのたわごとと聞き流してくださっても構いませんが
私の中ではそういうことになっています(笑)。


潤くんについては実際ちょっと色々ありすぎてどこからどう語っていいのか
未だに迷いつつ書いているところなので、まだまだ続きますが(笑)
今回はこの辺で。

関連記事
スポンサーサイト

嵐ごと コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。