幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

はじまりはいつも相葉ちゃん おまけ  

毎年言われて気付くんですけど(ありがとうございます!)
うちのブログ、2010年1月18日にスタートしたので
気がつけは丸5周年でした。
当時はロザンのことが書きたくて始めたんですけども
色々あって(笑)ここんとこは嵐話になっています。
ですが、基本的には好きなものを声高に言うためのブログなので
これからもそんな感じでゆるゆると続けていきたいなと思っています。
こんな無駄に長いブログを読んで下さる皆様に
心からの感謝を。ありがとうございます!


でもって。
始めた頃のブログを読み返してみたところ、
>菅ちゃんが京大少年のインタビューで、芸人になろうと思ってオーディション
>受け始めてからは、宇治原に恥をかかせてはいけないと思って必死だった、
>みたいなことを言っててすっごいジーンときた
と書いていたんですけども、これ読んでつくづく、
あー私やっぱりこういう人たちが好きなんだよなーと思った次第です。
嵐も、5人が5人ともそうだと思うのですよ。
なにより自分の言動が他の4人の活動にも大きく影響するから
おかしなことは出来ない、他のメンバーの足を引っ張ったり
恥をかかせるようなことは出来ない、という考えを、口には出さないにしても
それぞれ心の中では強く持っている気がするんですね。
前回書いた相葉ちゃんの「トップになりたい」発言もまたしかり。
これでトップになれなかったら何より相葉ちゃんに恥ずかしい思いを
させるんじゃないかという気持ちも皆どこかにあったと思うんですよね。
嵐が共演者やスタッフさんに評判いいことの理由の一つって
それぞれが一個人である前に、嵐、という看板を背負っているからなんじゃ
ないかと思っています。
自分がなにかやらかしたら他のメンバーの評判も下げてしまうかもしれない、
嵐というグループの評判を下げてしまう可能性がある、
となったら、あまりおかしなことは出来ないでしょうから。

私が個人的に彼らをすごく信用している理由のひとつがそれなんですね。
つまり、『嵐だから』信用している、と。
5人が5人とも、嵐のことが大好きだから、他の4人のことが大好きだから、
おかしなこと、恥ずかしい思いをさせることはしないだろう、という。
それってすごく幸せなことだなあとしみじみ思ったりしています。
関連記事
スポンサーサイト

category: 嵐ごと

thread:  - janre: アイドル・芸能

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。