ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

神保町花月『斜本』を観に行くか迷っている人の背中を押してみようの回

2014年11月02日 15:03

どうもー。寝ても寝ても眠いと
じゃあ何時間寝ればいいんだよ!という気分になりますね。
そうです、海老原 梓です。

11月5日まで神保町でやっているお芝居『斜本』を昨日観に行ってきました。
すごい良かったんでもう一度行きたいところだったんですが
スケジュールがどうしても合わず断念。
なんですが、ほんと良かったので迷っている方はぜひぜひ、ということで
一度観た限りのうっすい記憶であれこれ書きたいと思います。

ネタバレ等は避けますが、設定や少しの配役などは書きますので
これから行かれる方で全く内容は知りたくないという方は以降読まないでください。
こんな感じの話ですよーということに触れないと感想も書けないので
よろしくお願いします。

出演者は神保町のHPからコピペ
シューレスジョー/囲碁将棋/ボーイフレンド/ランパンプス/
伊藤真奈美(THEフォービーズ)/児玉絹世/ピクニック

感想は追記にて。



※配役一部間違って書いていました。直しました。
教えてくださった方ありがとうございました!


舞台は商店街の本屋。
シューレスさん(本屋の主人)、伊藤さん(奥さん)、中学生の息子(ランパンよっちゃん)
という家族構成。
息子は学校で友達(ピクニックさん)と共にイジメを受けている状態。
そんな中、街に大型ショッピングモールが出来るということで
担当者(ランパンプス寺内君)が本屋に来るのだが……、という話。
さわり部分をざっくりと書いた上で出て来ていないメンバーもいますけども、
全体的には皆それぞれきちんと出番があったという印象でした。
シューさんの名前が一番最初ということでシューさんが主役と思って観ていたんですが、
チラシにあったようによっちゃんが割とフィーチャーされていました。
が、やっぱりシューさんが主人公なのだと最終的には納得させられましたよ。

私の好きな言葉に、
『どんなに理解出来ない言動の人でも、その人にはその人の正義がある』
というものがあるのですが、いい作品というのはこれが描かれていると思っています。
どんなに悪役でも、それこそ凶悪犯罪者でもナントカ組の組長でも
その人はその人の正義といいますか、それが正しいと思って行動しているんですよね。
そんなことないでしょ間違ってると分かっていてもそれを選ばざるを得ない場合だって
あるでしょ、と言われるかもしれませんが、間違っていると分かっていても
それを ”選んだ” 時点でその人にとってはそれが正しい選択になるのだと思っています。
学校でイジメを受ける存在が描かれているということで、当然いじめる側もいるんですが
(もちろんイジメは絶対に肯定されるものではありませんが)各自の信念と選択が
ちゃんと描かれているんですよね。

ショッピングモール建設に当たって、商店街も賛成派と反対派に分かれるのですが
それがまた子供の学校内での立ち位置にも影響してきて、というくだりは
リアルでなんともうわああああ、となりましたし、
親は子供の事を考えて選択したことが子供にとっては……、ということもあって
なんとも、色々と考えさせられる内容でした。

何が正しいのか間違っているのか分からないままに各自がそれぞれの信念で行動して、
そして最後までこれが正しい、これが間違っている、とは提示しないんですよね。
もちろん道徳や法律という概念で照らし合わせればこっちが正しい、間違っている、というのは
明白なんですけども、でも、それだけでは片付けられないことがあって
本当にもう、なんとも色々考えさせられました。

タイトルの『斜本』なんですけども、最後の最後にそういうことだったのかー!というのが
分かって、それが分かることによってすっっっごい重みが出るセリフがあって
確かにあのセリフはあの人にしか言えないわーと。
さらっと流してしまえば流せてしまうセリフなんですけども、
色々考えるとすっっっごい重みがあって、今思い出しても泣きそうになります。
ちょっとここ書いちゃうと完全にネタバレになるので伏せますが
観た人と語りたい。あのセリフがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!、と。

皆さんそれぞれ見せ場がありましたし途中に笑いもふんだんにありましたし
ほんと、すごい楽しいし面白いんですけど最後の最後に、っていう。
もうね、ほんといいお芝居だったんで迷っている方はぜひに。

個人的には、シューさんと伊藤真奈美さんの夫婦役がすっごい良かったです。
ああいう家庭いいなあ、と思わせる感じで。
そしてまたそれが救いになるんですよね。
関連記事
スポンサーサイト

お笑い

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。