幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Radioパンサー レポ  

碧の海が先日最終回を迎えましたね。
尾形君お疲れ様でした!
碧の海公式サイトのインタビューでも尾形君が言っていましたが、
私も圭吾が一番カッコいいと思ったよ。私が舞なら圭吾を選ぶよ!(笑)。
それにしても最初から最後までちゃんと昼ドラを見たのって初めてかもです。
私は城ちゃん(子供時代の舞)と尾形君のファンだからずっと見られましたけど
出演者目当てでなく最初から最後まで見た人ってどのくらいいるんだろうなあ、とも。

最終回で尾形君(というか圭吾)が「サンキュー」と言ったのに思わず吹きました。
向井君早くこの最終回見てくれないかなーそして弄ってくれないかなー(笑)。


ラジパンのレポです。
どえらく時間が経っているので忘れている部分も多いかと。なので軽く。
いつも書いていることですが、メモ等取っていないので記憶に頼っております。
そして、あくまで私にはこう見えた、聞こえた、というだけですので
その辺りは差し引いて読んでいただけると幸いです。
とはいえ、あまりにもな間違いに関してはこっそり指摘していただけると嬉しいです。

出演者 パンサー(尾形・菅・向井) 
ゲスト 日本エレキテル連合(中野・橋本)  ※年齢順

レポは追記にて。



今回はWEGOとのコラボTシャツで登場した3人。
向井「僕らデザインでTシャツ作ってもらったんですよ。(客席を見渡して)
   ……見事に誰も着てないですけど」
誰も着ていない、と思いきや、なんと着ている人が!
尾形「あ!いた!俺の(デザイン)!嬉しいなあー」
向井「よりによって一番ダサいのを」
笑いながら言う向井君を叩く尾形君。
尾形「嬉しいなあーこれやるわ」
と持っていたタオルを客席に投げようとする尾形君を慌てて止める向井君。
向井「先に説明しないと」
尾形「そっか」
広げてみると、『碧の海』のロゴが入った青いマフラータオル。
向井「これを説明なしで投げようとして」
なんですが、色々検索してみても売り物としては出て来ないんですよねこれ。
出演者が貰ったとかあと雑誌のプレゼントとかでは引っかかるんですが。
なのできっと記念として作られたものなんだろうなあ。
そしてそんなタオルを何の躊躇もなくお客さんにあげる尾形君でした。

改めて3人のTシャツについて説明。
向井「僕は、サーティーワンのCMに出させていただいてるんですけど
   そこの絵コンテ(撮影前に用意されるイラスト表)に描かれてあった菅さんの絵で
   これ写メに撮ってて、Tシャツのデザインお願いしますって言われた時に
   どうしようって思ってたらそういえばこれあったなって。
   味のある絵ですよね」
菅君のイラスト、そして『LOVE』と書かれている、ということで
尾形「なんで菅だけなんだよ!俺も入れろよこの辺(右端)に小さくとかさあ!」
小さくでいいんだ(笑)。
とはいえ、なんで尾形君の絵が入らなかったかといえば、
向井「味なかったんでしょうね」

尾形君のデザインはMENTALと書かれた胸を叩く手が描かれたもの。
なんですが向井君曰く、「手だけならいいけどこの衝撃のとこがダサい」と。
確かになー。個人的なこと言えばこの衝撃部分がなければ買ってたんだけどなー。

菅君のデザインは
向井「菅さんはなんでしたっけ。えーっと、ニード?」
(どうも雰囲気的にkneadが読めたのは向井君だけっぽかったです)
菅 「これは、練る、です。練るに馬で練馬」
地元である練馬を英語にした、と。


向井「僕、最近特に『サンキュー』に被害受けてるんですよ!」
菅 「分かる!俺も同じ」
尾形「なんでだよ!何も悪いことないだろ!」
向井「同じなのかな。あの僕、コンビニ行くんですよ」
コンビニで買い物をすると、合計金額がちょうど390円になることが多くて、
その時の店員さんの、『(気のせいかもしれないけど)言うの?あれ言うの?』という雰囲気が、と
向井君。
尾形「言えよー!『390円、サンキュー!』って」
向井「いやでも俺のじゃないじゃないですか」
他にも、街で「サンキュー」と言われるとどうしていいか分からない、と。
向井「『サンキュー!』って返せばいいんでしょうけど、でも別に俺のじゃないしなーって」
尾形「なんでだよー言えよー」
菅 「俺は絶対に言わないです」
ということでミニコント。
街で偶然見かけた人の役を向井君がやり、
向井「菅だよ菅!『サンキュー!』」
菅 「あ、それ僕のじゃないんで」(と言いながら早足で去って行く)
いやさすがにそれはひどい、と向井君。

尾形「俺はやるよ。サンキュー!、って」
向井「そりゃ尾形さんはいいでしょうけども」
自分のギャグ(?)口癖(?)ではないということでやり辛いと向井君。
ただ、そういうのが一つあるといいよね、ということになり、
尾形「俺作ってやろうか」
向井「ほんとですか?」
尾形「お前食い物何好き?」
向井「焼肉!(即答)」
尾形「焼肉……好きな女の子のタイプは?」
向井「えーっと、ぽっちゃりした感じの」
尾形「よし出来た」
ということで一旦袖にはけて登場してポーズをつけながら
尾形「ビーフガール!
向井君に結構強めに殴られる尾形君。
菅 「それ訳したらメス牛ってことですからね」


----------------------------------
尾形君は「サンキュー!」返しをするという話から。
これは『にたりよったり』というライブで向井君が話していたことなのですが、
仙台に仕事で行った帰りに駅で待っていたところ、
中高生くらいの男子二人に気付かれ、遠目にこそこそと話されそして盗撮された、と。
向井君は気付いていたけど黙っていたら、尾形君がその男子二人に近付いていって
「盗撮するなよー!」と。
「言えよー撮るからようー悲しくなるだろー」と言って
結果的に5人で写真を撮ったとか。
確かにそれが一番、皆が幸せになる方法なんですけども、
なかなか出来ることじゃないよね、と。
向井君も「俺は出来ない」と言っていました。
にたり~のレポは書けないと思うのでこちらで。
----------------------------------


最近何かありました?、という話から
(ライスのトークライブなら床がぱかっと開いて落ちますよ・笑)
仙台での仕事の後に同窓会に行った話。
尾形「こないだ同窓会に行ったんですよ」
向井「ああ、いいじゃないですか」
尾形「もうかれこれ30年……違うか、40年ぶりくらいの」
向井「40年!?お腹の中にいた頃の知り合いですか!?」
尾形貴弘37歳。
そして
尾形「みんな変わってないの!全然!」
向井「あ、変わってないですか?」
尾形「当時タンクトップに短パンだった奴とか今もそうで!」
菅 「それ、夏だからじゃないですか」
尾形「あ、そうか」

碧の海サイトのインタビュー記事に尾形君の中学時代の話があって
「そのときのみんなとはいい友達です」とあるんですが、話を聞いていると確かになーと。

尾形「同窓会とか行ってる?」
向井「行ってないですねー」
菅 「行かないけど個別に会ってるから」
確かに地元に住んでいると同窓会とかなくても普通に会えますしね。
なんですが尾形君にはそれが引っかかった模様。
尾形「そういうのダメなんだって!派閥作って!」
一部の人としか会わないのは派閥なんだそう。
そして話は学生時代の女子のことに。
尾形「女ってなんでああ派閥作んの!?」
なんでも学生時代、あるグループに所属していた女子がある日突然
今まで話してもいなかった別のグループに入っていた、と。
尾形「ああいうの見てて嫌なんだよ!あれってなんなの?」
菅 「でも大人になったらまた違うんじゃないですか」
向井「僕『ファースト・クラス』っていうドラマ観てたんですけど、あれの女子の派閥も
    すごかったですよ」

女性は基本的に群れの中で生きる生物なんですよね。
その昔、男性が狩りをする中で女性が家を守る、という。
つまり集団の中で助け合い生きていく、というDNAが組み込まれているのであって
DNAというのは性格にも反映されるものだから、もうだからそれは生まれながらに
備わっているものなんですよね。
女は派閥を作りがち、というけどそういうDNAなんだから、と思うんですが、
そういう話になる度にこの話をしても、一向に賛同は得られません(笑)。

その話の流れから、生まれ変わったら男性女性どちらになりたいか、と。
尾形「俺絶対男!男の方がいい!」
向井「俺は一回くらい女子になってみたいですねー。
    女子になって、授業中に手紙回したりしたい。すっごい複雑な折り方した。
    男が一回開いたら二度と元に戻せないような」
ところで今も授業中に手紙回したりとかするんですかね。
いや今ならLINEとかメールとかありますから。
そして菅君も女子になってみたいそうです。



ゲスト登場。日本エレキテル連合のお二人なんですが、あのメイクではなく
完全に素だったので、ゲストが誰だか聞いていたのに一瞬誰?、となりました(笑)。
パンサーとは以前(多分昨日の『333(トリオさん)』)で絡んだことがあるのだけど
その時はコントのキャラのままだったからそりゃあもう絡み辛かった、と。
それを向井君に言われ、「コントキャラのままいって困らせるのが趣味」(笑)。

椅子に座って早々
中野「一発屋への道を順調に駆け上がってましてねえ」
これ!もうちょっと違う言い回しで、なんというかすごい軽やかで素晴らしかったんですよ!
でここ書くにあたって思い出そうと頑張ったんですが忘れましたすみません……orz
一発屋、と言われそんなことないと言うパンサーでしたが、
どこに行っても細貝さんと朱美ちゃん(のコントキャラ)を求められる、と。
確かにそれで売れるとそればかり求められるってありますからね。
で、向井君が
向井「芸歴って何年くらいなんですか?吉本で言うと何期生とか……」
中野「吉本芸人すぐ芸歴訊きたがるー」
結成は2007年ですが別の事務所にもいた(今はタイタン)のでちょっとふわっとしている模様。

コンビ結成のきっかけは、橋本さんが中野さんに最終的に土下座して組むことになった、と。
中野さん曰く、自分は難しい性格だから人と上手くやっていける自信がない、ということで
断っていたけれど、それでもどうしても、というので組むことにしたとか。
組むにあたって、中野さんが全部橋本さんをプロデュースする、といいますか
まずからっぽの状態にしてそこから色々染め上げていく、と。
なので口答えは許さない、と。
中野「当時はオーガニックとかハマってたんで、何言ってんだ、と。
    お前なんか農家が農薬バンバンまいた野菜食っとけ、と」

そんな中野さんに対して橋本さんは不満に思っていないのか訊くと、全然、と。
ネタを全面的に作ってもらっているのでそれ以外でサポートしたい、ということで
中野「モーニングコールからベッドメイクまで全部この人がやってくれます」
驚愕するパンサーでしたが、橋本さんはそれで満足している模様。
話を聞いていて、本当にいい雰囲気でやっている二人なんだなあと思いましたさ。

この辺りまでは中野さんが全面的に喋っていたのでそういうコンビなのかと思いきや、
途中から橋本さんがメインで喋っていました。

橋本「この人がLINEやってないんで、いや、やってるんですけど見てなくて」
向井「見ないんですか!?」
中野「見たら返さなきゃいけないじゃないですか。既読無視になるから」
だから見ない、と。斬新!(笑)。
なので、中野さんへの連絡も全部橋本さんに行くということで、
コンビのやり取りも個人のやり取りも全部橋本さんがやっている、と。
ある時、単独ライブ少し前に一緒に帰っていた時のこと、
帰り道で中野さんが橋本さんに一緒に歌おうと言ったんですが、橋本さんは
メールで仕事のやり取りをしていて、これが終わったらねと返したんですけど
中野さんは今歌いたいということで、いや今歌おう、と。
で橋本さんが仕事のやり取りしてるから、と返したら最終的に中野さんがキレて
橋本「甲州街道(だったかな?)に単独の台本とか全部ばーって投げたんですよ。
    だから私が、車バンバン通る中車の合間縫って散らばった台本かき集めて」
ちなみにこれ、喧嘩したことは?、と訊かれた時の答え。

特技は、3分で細貝さんと朱美ちゃんになろう、というもの。
メイクでかなり朱美ちゃんに近付けることが出来るそうで、最初は向井君で、と言っていたんですが
向井君はMCをやらなきゃいけないから、ということで尾形君がやることに。
ちなみに普段のメイクは20分くらいかかるそうです。
で、エレキテルの二人がかりで尾形君にメイクをして朱美ちゃん完成!
その後、「菅さんならすぐ細貝さんになれる」と中野さんが言い出しまして
急遽菅君も細貝さんメイク。
そうして出来上がったのがこの二人(ツイッターに上がった写真より)。

elektriciteit.jpg

細貝さんはもちろんなんですが朱美ちゃんの似かた!
メイクってすごいよなあ。


今回、やっぱり色々忘れているなあ、と。
こういう言い回しじゃなかった、というのは分かるんですけど正解が思い出せないという。
すみませんです。ぬーん。


関連記事
スポンサーサイト

category: パンサー

thread: 芸人ライブ - janre: お笑い

tb: --   cm: --


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。