幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Radioパンサー レポ  

ラジパンに行って来たのでレポです。
ただ今回、近くの席の私語がうるさすぎてイライラしたので
結構飛んでいるところがあるかもです。
にしてもライブ来て喋っている奴ってなんなんだろう。
ひとがはなしているときはしずかにききましょう、とか
幼稚園で教わることだと思うんだけどね。
喋るくらいなら来なきゃいいのに。

と思い出すとまたイライラするのでレポいきます。


パンサー(尾形・菅・向井)
ゲスト;尾形軍団
    (こりゃめでてーな 伊藤/囲碁将棋 根建/ジューシーズ 赤羽/
    ぺぺ 岡部/ハンマミーヤ 一木/ガリバートンネル 佐助/トンファーりゅーじ/
    井上虫歯二本/トレンディエンジェル たかし) ※無限大HPからコピペ

レポは追記にて。


まずはパンサー3人のトーク。
この日は仙台でロケの後に無限大でのトークということで
尾形君出演の昼ドラ(『碧(あお)の海』)が観られなかった、と。
まさにこの日から尾形君がそのドラマに出演!だったんですが
観られなかったということで、客席に「どうでしたか?」と訊く向井君。
で、文字では全く伝わらないんですが、向井君のイントネーションがずっと
舞の海、の感じで「碧の海」と。
向井「碧の海(舞の海の口調で)が……」
尾形「碧の海(あにアクセントかかる感じで)な!」
そんなやり取りがしばらくあった後、
実際演技はどうだったのか、という話に。
向井「(客席に)今日ドラマ観た方ってどのくらいいます?」
結構手の上がる客席。
向井「じゃあ、これ弄りとかじゃなくてほんとに、笑わず……っていうのは無理か、でも、
    案外普通に観れたなーっていう方」
全く手の上がらない客席。
尾形「いやいやいや!弄ってんじゃんほら!」
とはいえパンサーは3人ともドラマを観ていないので分からず。
向井「実際どんな感じだったんですか?最初のシーンとか。
    ちょっとやってみてくださいよ」
そう言われ最初のシーンを実演する尾形君、だったんですが完全にコント(笑)。
向井「ダメじゃん!」
尾形「最初はこうだけど!だんだん上手くなってくから!役者になってくから!」
ということなので今後を期待しましょう(笑)。

ドラマはストーリーの流れのままには撮らず、同じ場所でのシーンをまとめて撮ると
いうことで、笑っていたシーンの直後に泣くシーンを撮る場合もあるわけです。
そういう時はどうやって気持ち作るんですか?、と尾形君に訊く向井君。
向井「泣くシーンとかどうするんですか?」
尾形「泣く……」
ここで向井君はさりげなく尾形君から離れます。
なので舞台上は、尾形君ひとりと向井君菅君、という二手に分かれまして、
尾形君は一生懸命涙を流そうとしています。
というところでの向井君と菅君の会話。
向井「泣けって言われたらどうします?仕事で、泣かなきゃいけないって言われたら」
菅 「俺泣けないわ」
そういえば菅君はテレビの企画でお父さんと7年ぶり(でしたっけ?)に再会した時
「……涙が出ないー」と言ってましたもんね(笑)。
向井「なにか思い出して泣くわけじゃないですか。なに思い出します?」
菅 「俺は、世界中からビールがなくなったら、って想像する」
ああ、それは泣ける。ものすごい泣ける。
だって野球場行ってビール飲めないとか考えたらさあ!
話がずれた。
一生懸命泣こうとしている中でそんな話をする相方に対し
尾形「俺泣こうとしてんだから!」
向井「何想像してんですか?」
尾形「タンタン」
実家で飼っていて亡くなった犬の事を考えていたそうです。
とはいえ結局涙は出ず。

家に帰ってから録画でドラマ観たんですが、個人的には尾形君思っていたより
良かったような。
頑張っているなあ、と(この感想が合っているのかは分かりませんが)。
主人公の婚約者役ですが主人公の気持ちは他にあって、という設定なので
多分今後裏切られたり辛い思いをしたりするような役だと思うんですけど
いい人感が出ているので、裏切られたら可哀想だなと思う雰囲気があるなと思います。
個人的には尾形君って演技上手い方だと思っているんですね。
どんな台詞も自分のものにしてしまう、といいますか。
なので自分の中にない単語は言えなかったりとか(以前菅君がネタで
「猥褻物陳列罪」という言葉を尾形君に言わせようとしたらどうしても言えなくて
そのネタ自体を没にしたという話をしていましたが、元々本人の中にないから
言えなかったんだろうなあ、と)、どんな役をやっても結局尾形貴弘になるとか
そういうところがあったと思うんですけども、ロンハーのミュージカルドッキリ以降
自分の中にない単語も演技で言えるようになったのかなあ、と思います。


この日は昼間仙台でロケをやっていたパンサーなのですが、
そのロケバスの中でクイズをやっていた、と。
ちなみにそのクイズの内容。向井君出題。
「さんかくだけどしかくなものなーんだ?」
これ、菅君は割とすぐ分かったということで向井君に耳打ちして正解をもらって
菅 「あとはもう高みの見物ですよ」
これ先に答えを書いてしまいますけども、
正解は『口(漢字の、くち)』
さんかく(画数三)だけど四角、という。
で菅君が尾形君を見ていたところ、手のひらに口の字を書き始めたんですね。
あーこれ分かったなーと菅君が思っていたところ
尾形「向井!分かった!四国!」
意味が分からないよ尾形君(笑)。
そのクイズが出された時も最初「おでん」と言っていたそうで
尾形「おでんって丸で三角で四角じゃん!」と。
多分こういう感じなんだろうなーという画像【食品サンプル おでん串B


今回はゲストが多いということで、ゲストコーナーを長めにするので
3人のトークは終了。
時計を見たところ開始20分くらいでした。
いつもは30分くらい話すので、やっぱり短いなーと感じましたね。

そしてゲスト登場。
いつもは結構豪華なゲストが来ているのに大丈夫か、と向井君。
向井「今まで来た人だと、FUJIWARA藤本さんとか、オアシズ大久保さんとか」
ざわざわする尾形軍団。
向井「他も結構豪華な人が」
菅 「あばれる(君)!あばれる!」
あばれる君の名前が出た途端、じゃあ大丈夫か、になる尾形軍団(笑)。
それぞれ自己紹介&尾形君との関係性を話していました。
印象に残った人だけ軽く。
根健君。向井君に「囲碁将棋さんはTHE MANZAI の認定漫才師にも
選ばれたくらいなのに尾形軍団でいいんですか」と訊かれ
「囲碁将棋のネタ作ってるの尾形さん」と(笑)。
「8割くらいは尾形君さんが作ってる」と。衝撃の事実!(笑)
りゅーじ君。「ボクシングのプロテストに受かってプロになったんで
ボクシング中心でやっていきます!」と。
お笑いは二の次らしいです(笑)。
向井「僕は同期で……」
尾形「元相方だよな」
ここで結構客席がざわついたことにびっくりしたんですが、
よく考えたらブルースタンダード(向井君、りゅーじ君、パース近藤君のトリオ)が
活動していたのってもう7年前とかそんなくらいですもんねーって別に私も
リアルタイムでは見ていないですが。
私がパンサーのファンになった頃ってまだ、上手く言えないですが
前のコンビトリオを解散してパンサーがある、みたいな感じで、どこか以前のコンビが
透けて見えていた雰囲気があったんですけども(あくまで私が見た限り)、
今はすっかり3人ともパンサーという色になったよなーと思います。
話がそれた。

そもそもなんで尾形軍団に入ったのか、という問いには
尾形軍団というライブがあって知らない間にブッキングされていた、とか。
最初パンサーに入りたかった、って言ったのってりゅーじ君だったかな。
そして向井君がうっかり(?)「どうやって入るんですか」と訊いたところ
え?入りたいの?、と色めく軍団。
ちなみに入会方法は
根健「サイトに入会ページあるから。同意ってボタン押すと入れる」
そんなページが(笑)。


アンケートトークで話を進めることに。
(回答内容は、だいたいこんな感じだったということでお願いします。
あともしかしたら違う設問での回答だったかもしれないです)

【尾形さんの好きなところ】
『気を遣わなくていい。敬語を使わなくていい』
これはりゅーじ君。
なんでも、尾形君の誕生パーティーの時にプレゼントを皆で買ったそうなんですが
一人2000円で虫歯君が集金して買ってきたそうなんですね。
で虫歯君から2000円請求されたそうなんですが、持ち合わせがなくて、
でも後輩に貸しといてというのもなんだかな、となって
「尾形さんに、2000円貸してください、って」
いいけど何に使うの、と訊かれ
「尾形さんの誕生日プレゼント代」
俺のプレゼント俺が払うのかよ、と言いつつも貸してくれたそうです。

その話を聞いた向井君も思い出したということで、
向井「僕らも、誕生日にはプレゼントを贈りあってるんですよ。だいたい一人1万円で。
    でも、ちょうど尾形さんの誕生日辺りが忙しくてプレゼント買えなかったんですよ」
尾形「そんなことねーだろ!」
向井「いやほんと忙しかったんですよ。でプレゼントあげられずにいたら
    ある日突然領収書渡されて。
    『買って来たから』って」
プレゼントを自分で買ってきた尾形君。
だったんですが
向井「領収書見たら、2万3千円なの。いやこれは予算オーバーしてるって言ったら、
    『3千円は俺が出すから』って。自分で出してた」

基本的に敬語は使わなくていいそうなんですが、尾形君曰く
尾形「他の奴はいいけど、虫歯はまだ早い」
虫歯君だけはまだ敬語で喋れ、と。
最近まではちゃんと敬語で喋っていたそうなんですが、最近ため口が目立つそうで
それが気になるらしいです。

『同期なのに奢ってくれる』
(伊藤)広大さん。
尾形君、広大さん、若月徹君、虫歯君でコンパをした時の事。
途中で尾形君が用事があるから帰る、と。
広大「でも用事があるって言ってたけどほんとは好みの娘がいなかっただけ」
とバラされる尾形君(笑)。
で、芸人ノリで、「お前先帰るなら少し多めに払ってけよー」となりまして
尾形君は2万円置いて帰ったそうなんですが
広大「最後に会計したら2万2千円で、じゃあ俺と徹で千円ずつ払うか、って」
結果的にものすごい奢っていた尾形君(笑)。


【尾形さんに言われて感動した台詞】
『俺、奥菜恵さんイケると思うんだよね』
これ誰だっけ……佐助さんだっけか。違ったらすみません。
尾形君とドラマの話になった時に言われた、と。
「行く、じゃなくて行けるんだ」と感動したと。
尾形君曰く、キスシーンの直後だったから気持ちが高ぶっていたとか。
その話を聞いて広大さん。
「奥菜恵さんって背の高い男性が好きだっていうのを聞いてたんで、それ尾形に言ったの。
そしたら、『マジで?』(と言いながらつま先立ちになる)。
ここに奥菜恵さんいないのに」

『なんでも好きなもの頼んでいいから』
これは赤羽健ちゃん。
4年前くらいは尾形君もお金がなかったということで、チェーン店のカレー屋に行った時も
健ちゃんは高いメニューを頼みたかったのだけど無言の圧力で一番安いやつにした、と。
その頃は尾形君が奢ってくれること自体が珍しかったそうなんですが、
今はちゃんと奢ってくれる、と。
先日も焼肉屋に連れて行ってもらって
赤羽「高いメニューを指で隠しながら、『なんでも好きなもの頼んでいい』って」


【尾形さんに言われて耳を疑った台詞】
『俺、大喜利得意だから』
これも健ちゃん。
『333(トリオさん)』で大喜利企画があり、それは誰が答えたか伏せた上で
先輩芸人の人が面白かった答えを発表する、というもの。
その回は尾形君の回答が割とチョイスされていたので
収録後、尾形君が健ちゃんにそう言ったとか。
その時の表情も再現してくれたのですが、見事なまでのドヤ顔(笑)。


【尾形軍団で良かったこと】
『333(トリオさん)』に出られた
これは虫歯君以外の全員。
虫歯は?、と訊かれ「ゲームパンサーに出られたこと」と。
もっと他にあんだろ!と尾形君は言うんですが皆口を揃えて「これしかない!」と。
ところでこの、『333(トリオさん)』に出られた、ですけども
なぜか健ちゃんも手を上げていました(笑)。


【相方である向井と菅に一言】
菅と向井、ではなく、向井と菅、なんだなあ、と、ちょっとびっくりしたんでした。
年齢や芸歴を考えると。
『尾形さんの足を引っ張らないように頑張ってください』
これは根健君。
なんでも、尾形君の給料が尾形軍団に流れるので、尾形君は売れてくれないと困る、と。
なので尾形君のギャラが減らないように頑張ってくれと(笑)。

『尾形さんは菅と向井と一緒じゃなかったら絶対に売れてないから
これからも3人でずっと頑張ってください』

これは健ちゃん。
尾形君はこの2人と一緒じゃなかったら売れない、とにかくひとりじゃ無理、と
力説して客席にも拍手を求める健ちゃん。
尾形軍団も拍手。
尾形君も拍手。
向井「普通こういう時は、『バカにすんなよ!』って怒るとこなんですけどね」


最後に、尾形軍団でやっているという乾杯コールを披露。
尾形君は後から来る、という設定だったのですが、
店に入った時点でなぜかジョッキを持っている尾形君(笑)。
軍団全員に突っ込まれてやり直してました。


書いていて改めて思いましたが、やっぱり色々抜けているなーと。
特にアンケートはもっと回答あったんですけどね。
メモを取っていないのでこれが限界です。

拍手&コメントいつもありがとうございます!
前回のラジパンの拍手コメントで、ここのライブレポを読んで行きたくなったので
次回のラジパンに行きます、という内容のものがあって嬉しかったです。
宣伝の意味も兼ねてライブレポは書いているので。
この回のに行かれたんだと思うのですが、楽しんでいたらいいなと思います。
関連記事
スポンサーサイト

category: パンサー

tb: --   cm: --


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。