ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

Radioパンサー レポ 後編

2014年07月01日 22:55

前回の続きです。出演者や注意事項は前編を参照してください。
レポは追記にて。


ゲストのコーナー、ということで藤本さん登場。
3人とも大好きな先輩ということでテンションの上がる3人。
なんですが、藤本さんは向井君に言いたいことがある、と。
藤本「俺向井のファンに怒られてん!」
何度かテレビでも話したことのある内容なので軽く書きますが、
ファンレターをもらったので読んだら『向井王子をいじめるな』と書かれていた、と。
藤本「お前みたいな奴が、って言われてん!」
ヘキサゴンで共演していた頃ですね。
ただ、向井君が王子だとは知らなかった、と藤本さん。
藤本「貢物とか持って来なあかんかったんやけど」
向井「王子じゃないですから」

にしてもあったなあ、向井君が王子と呼ばれていた頃、というか
番組でそういう設定になっていた頃。
とにかく否定するな、と番組側に言われて
「出待ち列が数時間なんですよね」とか「王子と呼ばれているんですよね」と
言われても否定出来なかったらしいです。

向井君に対してはまだ言いたいことがある、と藤本さん。
藤本「沖縄で、俺と向井とフットの後藤と(あと3人くらい。忘れましたすみません)で
   飲みに行ってん。珍しいメンバーで」
確かにそのメンバーって聞かないなーという面子でした。
ちなみにその中で藤本さんが一番先輩。
で、飲みに行ったところ、酔っぱらった後藤さんが藤本さんにダメ出しを始めて
藤本「恥ずかしかってん。俺一番先輩やし、なのに後輩にめっちゃダメ出しされるし。
   で、(先輩が怒られている時に)向井どんな顔してんやろ、と思ってちらっと見たら」
こんな顔しててん、と、すっっっっごい悪い顔を再現する藤本さん。
「そんな顔してない!」「いやしてた!」としばしの言い争い(笑)。
とはいえ、先輩がダメ出しされているのだから助けろ、と。
向井「いや無理ですって」
藤本「出来るって!」
向井「無理でしょ。出来ます?」
相方に振る向井君。
尾形「出来るでしょ」
向井「どうやってやります?」
尾形「だから……『後藤さん止めてくださいよ。藤本さん面白いですよ。
   後藤さんも面白いですし』……」
ぐだぐだになって終了(笑)。


最初に椅子が用意されるんですが、この辺りまでずっと立って喋っていたような。

藤本さんは色々な人のギャグをするのが大好きで、この日もちょいちょい
「チッキショー!」(コウメ太夫)とかやっていたんですが、
「サンキュー!」だけは絶対にやらない、と。
なぜならつまらないから(笑)。ひどい(笑)。

そして藤本さんは他の芸人さんにギャグをさせるのも好きということで、
特に好きなのが、オールスター感謝祭のマラソンで芸人が走っている時。
折り返し地点がスタジオにあるのでちょうど半分くらい走ったところで
ふらふらになっている芸人にギャグを振る、と。
藤本「毎回、狩野英孝が走んねん。やから折り返し地点に来たところで
   『ラーメンつけ麺』って振ると、(ものっすごい小声で)『僕イケメン』て。
   (安田大サーカス)クロちゃんに『名前なに?』って訊くと、ものっすごい低い声で
   『クロちゃんです』」
向井「あの高い声じゃないんですね」
藤本さんはオールスター感謝祭でもずーーーーーっと喋っているとか。


吉本超合金を見ていた、と向井君。
その昔やっていたバラエティ番組ですね。
とにかくめっっちゃくちゃな激しい罰ゲームも真っ青な企画ばかりだったとか。
ものすごく人気な番組だったそうなんですが、同時にFUJIWARAの人気もすごくて
バレンタインには段ボールに数箱のチョコが来たとか
収録していたビルにファンがめちゃくちゃ詰め掛けたとか。
その模様も番組で流されたので向井君は知っているのですが、ただ
藤本「(奥さんの木下)優樹菜が信じてくれへんねん!」
旦那がその昔モテモテだったということを一切信じてくれない奥さん(笑)。


向井君は以前ディズニーランドで藤本家族に偶然会ったとか。
向井「僕らは、僕と(ジューシーズ)児玉さんと(ライス)関町さんで行ったんですけど、
   たまたま藤本さん一家に会って」
そして藤本さんは向井君を見るなり「抽選に参加しろ」と。
なんでも、ショー(なんかな?)を近くで見るには抽選に当たらないといけないと
いうことで
向井「抽選しろ。当たったら俺によこせ、って。
   どっちにしろ俺見られないじゃん!、って」
結局外れたそうなんですが、それを言いに行ったら舌打ちされたそうです(笑)。


一緒になにかやりたいですね、と向井君が言ったら「やりたい!」と好感触。
で何をやるかとなって
藤本「俺今、『アナと雪の女王』にハマってんねん。やからそれやりたいねん!」
実写版アナと雪の女王を芸人でやりたいそうです。
で、髪の長いエルサというキャラは髪の長い人でないと出来ないからと
菅君がやることに。
ただ、菅君はアナ雪を見ていないということで
菅 「僕、アナと雪の女王も半沢直樹もあまちゃんも見てないんです」
隣で頷く尾形君。
藤本「お前そういうのアカンで」
と言っていたんですが、実は私もそれらを見ていなかったり。
流行ってるから云々ではなく、興味があるかどうかなのだけども。
それはさておき、エルサ役を菅君がやることになりまして
髪をほどくシーンを再現することに。
これがめっちゃくちゃ面白かったんですけど、何せ私もアナ雪見ていないし
あと私の文章力では再現出来ないので割愛。
ただほんとめっちゃくちゃ面白くて客席大爆笑でした。
本当にやって欲しいなーアナ雪芸人版。


今回も本当にめっちゃくちゃ面白いライブでした。
私の文章力で伝えられないのが悔しいところですが。
来月も楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

パンサー

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。