幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Radioパンサー レポ 前編  

全然関係ない話なので読み飛ばしていただいて構わないんですが
最近、乃木坂46が好きです。
みんな可愛いよー可愛い子らが可愛い歌を歌っているよ-。
個人的にはアイドルはそれだけでいいと思っています。
可愛い子が可愛い格好で可愛い歌を歌う、っていう。
でも、「それだけ」と書きましたけどなかなか難しいんですよね。
直球も直球、ド直球ですし。
不安になって変化球を投げたくなったりすることもありますし、
直球に力が無ければあっさり打たれて(失敗して)しまいますから。


メモとか取らないのであくまで記憶に頼ったものな上、
私にはこう見えた、こう思った、というだけですのでその辺りは
差し引いて読んで頂ければ幸いです。
ただ、あまりにもな間違いに関しては指摘して頂けると
ありがたいです。

出演者 パンサー(尾形・菅・向井) ※年齢順
ゲスト 綾部祐二(ピース) ※今回はゲスト登場までです

レポは追記にて。


まずはパンサー3人が登場。
向井「たくさんの人に入っていただいて、ねえ」
毎回のことですが立ち見もでる盛況ぶり。
向井「もちろん僕らを見に来たわけじゃなくてゲストの人を
   見に来た人もたくさんいるでしょうし」
と言いながらチラッと舞台袖を見る。
尾形「見てるからな(チラッ)」
向井「もうね、ゲストが発表される前なんて、ここら辺(前のクッション席)
   しか埋まってなかったですから。
   でもゲストが発表された途端こんなに(チラッ)」
というかもうがっつり舞台袖を見る3人(笑)。
向井「このRadioパンサーはいつも前半30分僕らだけで喋って
   後半30分ゲストの人と喋るんですけども、
   今回6分くらいで来るかも、って」
『笑っていいとも!』最終回特番での乱入を見て憧れたとか。

ただ、今回本当は綾部さんを呼ぶ予定ではなかったとのこと。
向井「本当は綾野剛さんを呼ぼうと思って。次誰呼びますかって
   訊かれたからバカの振りして綾野剛さんって言ったんですけど」
それはNGがかかったとか。
向井「なので今回は、吉本の綾野剛を」
菅 「綾被ってるから」
綾部剛を呼んだ、とのこと(笑)。

向井「でも僕ら、綾野剛さんと何度かお話しさせてもらってるんですよ」
何度か話していることなので軽く説明しますが、
一緒の仕事をして「パンサーさん面白いです」と褒めてもらったり
楽屋にいたら差し入れを持ってきてくれたけど、それがどこの楽屋にも
置いてある2リットルのペットボトルだったりとか。綾野ジョーク。
なのでパンサーも「いやこっちにもあるから」と突っ込む、と。
そしてそれから数ヶ月経ったときのこと。
無限大ホールでピース又吉さんのライブ(実験の夜)があり、その後
又吉さんと綾野剛さんで対談があるということで、綾野剛さんが
無限大に来ていたそうなんですね。
で向井君もたまたま無限大にいたので挨拶に。
そうしたら、がっつり両手で握手され、さすがイケメンの握手は違うな-、と。
その後は芸人だけがいる楽屋で、「あっち(の部屋)に綾野剛いるってすごいよなー」
とか話をしていたら、綾野剛さんのマネージャーさんが来て、
「綾野から向井さんにこれ、差し入れを渡してくれと」
と言いながら持ってきたのが紙コップに入ったお茶(笑)。
前回のお茶の差し入れから数ヶ月。まさかの天丼。
「いやあるから!お茶って」とマネージャーさんに突っ込む向井君。
とはいえありがたいなーと思いながらお茶を飲んで捨てようとしたら
底に電話番号が!
男前のやることはとにかくかっこいい!、と向井君。
そして客席も、うわあすごい、と盛り上がっていたんですが
尾形「でもそれよう、インクがお茶で溶けて」
向井「衛生面とかいいから。毒盛ったとかないから」
菅 「底に書いたんだったら器用だよな。こうやって」
と、ペンを立てて筒の底に文字を書く仕草。
向井「確かにすごい器用ですよね」
ただこれ向井君も同意はしていたんですが、書いてあったの裏底じゃ
ないのかなーと聞いていて思ったんでした。
捨てる時に気付いた、と言っていましたし。
で、どうしようどうしよう、と思いつつも連絡。
電話番号があれば送れるショートメールを送ることに。
向井「『向井です』って送ったんですけど、しばらくしたら
   LINEの友達ですか、ってとこに、綾野剛、って!」
アドレス帳に入っていると出るしくみですからね-。にしてもすごいな。
向井「で、しばらくしたら返事が来て。
   『綾野です』って。
   なんて返事しようって考えて、『向井です』って(笑)」
それでまさに昨日ですよ!、とテンション高く向井君が話を続けます。
向井「昨日、夜中の2時くらいに電話かかってきて!綾野剛さんから!」
うおお!すげえ!となる客席。
菅 「2時ってよく起きてたな」
向井「その時、(同居しているジューシーズの)児玉さんと、桃鉄やってたんですよ。
   先に児玉さんが気付いて、『向井電話なってんぞー』って。
   でパッと見て、『綾野剛から来てんぞ!』って」
ドキドキしながら電話に出る向井君。
向井「出たら、『今飲んでんですけど向井さんも来ませんか』って。
   でも、他に誰がいるか分かんないし」
確かに。これが芸人の先輩ならある程度察しはつくんでしょうし
スタッフさんでも知った人だったりもするかもですけど。
向井「それにその時、桃鉄がすっごいいいとこだったんですよ」
なんでも白熱していてどっちが勝つか全く分からない状態だったと。
向井「だから、『すいません今先輩と一緒で、ご飯食べてて。またぜひ誘ってください』って」
菅 「ああ、だから来なかったんだ」
向井「いたんですかあの場に!?」


レポとは関係ないので読み飛ばしていただいて構わないですが、
『大人養成講座』という本にあったなーと思い出したりしていました。
職場において、「今日暇?」と誘うのは大人ではない、と。
他に誰が来るかもどこに行くかも分からないのに返事なんか出来ないから
誘う方は、「○○さんと□□さんとどこどこに行くけど今日暇?」と
訊くべきであり、もし単に「今日暇?」と訊かれたら
多少仕事が忙しい振りをして「これが終わるかどうかにもよるけど……」と
言いつつ、具体的に誰が来てどこに行くのか訊く、と。
でその時は返事を避け、行きたかったら後で「仕事片付いたから行く」と言い、
行きたくなかったら「仕事が終わらないから」と断るのが大人のマナーと
書かれておりました。
面白かったんだよなー『大人養成講座』


先ほどの話でLINEが出てきたということで、LINEといえば、と菅君。
菅 「LINEって表示する名前好きなように出来るんだよな」
向井「あー、出来ますね」
菅 「自分で決めた名前がLINEに出てくるじゃん。
   ある時突然、島倉千代子からLINEが来て!」
ええ!となる客席。
菅 「『島倉千代子です。今度ご飯でも行きましょう』って」
向井「あーそれは島倉千代子ですよ」
菅 「俺いつ会ったっけ、ってなって」
結局は、ジューシーズ松橋しゅうたのイタズラだったわけなんですが。
ジューシーズのトークライブで話していましたね。レポ書いていました。
脳ステも行きたいんですけど平日18時30分からって社会人無視だよなあ。

LINEといえば、と今度は尾形君。
尾形「LINEの友達かも、みたいなのにたまに知らない奴出てくるよな」
あー出ますねーと頷く相方2人。
あれ何で出るの?、と3人とも首を傾げていたんですが、
携帯電話に入っているアドレス帳と連携しているから
連携をONにするとアドレス帳を読み込んで、その中でLINEをやっている人を
表示するようになっているんですよね。
で、情報が古いと携帯を替えたとかで番号が変わったのに古い番号が登録されていると
今その番号を使っている人が表示されるので、知らない人が出てくることもあるとか。
尾形「なんかさ、ライブに来てるお客さんが表示されることがあって」
向井「それはあなたが番号教えたんでしょ」
ただ、教えた記憶の無い人も出てくるそうで、なんでかなーと思っていたところ
菅 「ID検索も出来ますよね」
LINEには表示される名前(島倉千代子とか・笑)とは別にIDがあって
それを知っていれば検索可能なので、尾形さんのIDを知っていれば分かる、と
菅君が言ったところ
尾形「俺のID簡単だよ。○○……」
向井「(速攻で)ダメです言っちゃ」
最初の2文字くらい言っちゃう尾形君。
ああ、そりゃあっさり割られるわ、と聞きながら思う私。
ただIDはともかくパスワードも簡単なものにしていると割られてハッキング
されかねないからそこは本当に気をつけて欲しいです。
実際、ツイッターのパスワード割られて勝手にログインされた芸人さんいましたし。


この日(4月9日)は菅君の誕生日(4月7日)の2日後ということで
おめでとうを言った後
向井「どうですか、32歳になって」
菅 「長かったなー」
向井「長い?」
菅 「0歳から」
向井「そりゃ長いでしょ!」
とはいえそれまで31歳だったので特に何も変わらない、と菅君が言ったところ
尾形「いやでもなんか色気出てきたよな。俺誕生日の時一緒いたけど
   32になった途端、なんか艶っぽくなったっていうか」
私は尾形君の口から「艶っぽい」という言葉が出たことにびっくりしました(笑)。
ただ、31歳から32歳になるのはそんな変わらないですが、
菅 「お前(向井)今28(歳)だろ。29から30がすげー早いから」
向井「あー、30はなー、確かに」
尾形「俺大分昔だから覚えてねーけど(笑)」
そして、「こいつ(向井)は30が似合わない」と尾形君。

菅 「パンサー組んだ時さ」
向井「5年前ですか」
菅 「いや6年前。俺そん時25歳とかだったから」
向井「あー、俺22とかでしたわ」
尾形「……俺30過ぎてた」
当時を思い出す尾形君。
尾形「お前らよく(俺と)組んだなー!」
ただあの時3人で組まなかったら今はなかったと思うので感慨深いです。

向井「やっぱ当時の映像とか見るとみんな若い!」
まーそりゃ確かにな-。
向井「声とかも、俺全然若いんですよ」
そして、声と言えば。
向井「今はまだ大丈夫ですけど、俺、喉の手術しないとなんですよ」
触れていませんでしたが、向井君はこの日も最初からがっさがさの声。
向井「手術しないとずっとこんな(がさがさの)声なんですって。
   俺カラオケとかも好きで昔はよく歌ってたんですけど」
尾形「あー上手いもんなお前」
向井「でも今は1曲も全部歌えないと思いますもん」
なんですが、手術をした場合
向井「手術すると、一週間一言も声出しちゃいけないんですって」
尾形「……やばいじゃんそれ!(仕事的に)」
菅 「いや大丈夫じゃない?」
ここ、すごい各自の性格が出ていたなーと。
少し考えて、『向井がいないと困る!』となった尾形君と
それまでも2人で仕事をしたこともあるから大丈夫でしょ、となる菅君と。
菅 「2人で北海道(に営業)行ったこともあるじゃん」
向井君がインフルエンザで休んだ時ですね。
菅 「ツッコミ不在で営業行って何かやってくださいって言われたの」
その時は、菅君がコンビ時代に作ったネタ(お父さんと子供の)をやったとか。
向井「で、俺手術したら一週間声出せないんで、ちょっとどんな感じか
   やってみていいですか。でここがダメってとこは先に言ってもらった方が」
ということで、スケッチブックを持って向井君は筆談で参加することに。

向井君が喋れない、ということで積極的に話し出す菅君。
菅 「(尾形君に向かって)俺、こないだ誕生日で」
向井「ああ、はい」
スケッチブックを持ったまま速攻で声を出してしまう向井君(笑)。
相方2人に大いに突っ込まれる向井君。
向井「あーこれダメだわ。相槌打たないってすごい気持ち悪いわ」
それでも我慢して喋らないように、ということで再度スタート。
菅君の誕生日プレゼントを、チョコレートプラネット松尾君と
ジャングルポケット武山君の2人で買いに行ったそうなんですが
菅 「靴買いに行ったのね」
尾形「コンバース?」
菅 「じゃなくて、○○(すみません失念しました)」
尾形「あーあの、いいやつなー」
で話が少し進んだところで向井君を見ると、向井君が
『コンバースじゃない』とスケッチブックに書いたのを見せたんですが、
お前遅い、と尾形君。
それは仕方ないにしても、
尾形「もっとこう、『コンバースじゃない!』って(ぐいぐい前に)出すようにしねーと。
   こう(勢いを付けてスケッチブックを出す)」
あー確かに、と納得する向井君。
そして菅君の話の続き。
松尾君と武山君で靴屋に行って試し履きしたんですけど今ひとつピンと来なくて
どうしようと思っていたら、店員さんにそりゃあもう菅君に激似な人がいたと。
で、その人に話し掛けて「パンサーの菅さんってご存じですか?」と訊いたら
「いや知らないですね」と返事。
とはいえ激似なのでその人に履いてもらうことに。
で、その人が似合う靴を買うことにして、写真も撮って見せてもらったそうなんですが
菅 「ほんと俺なの。俺がこう立ってて」
本人が見ても似ていたとか。
で、買う時にパンサーの菅さんへの靴を探していて似ていた店員さんに
履いてもらったんですよーと言ったら、レジの人が
「あいつパンサーの菅さんに似てる似てるって言われまくってる」と。
尾形「え?じゃなんで知らないって」
菅 「分かんない。けど俺のこと嫌いなんじゃないの」
ただこれ、分かる気がするなあ、とか。いや実際の所はどうか分かりませんけども。
それだけ似ているなら本人に間違えられることも多いでしょうし、
例えば道を歩いていて、まだ「パンサーの菅さんですか?」と直接訊かれるならまだしも、
遠目にひそひそと「あれそうじゃね?」とか言われたり
「サンキュー!」とか言われてそうだなあ、と。
「サンキュー!」なんて、二重の意味で俺じゃねえ!、でしょうし。
そして話が終わって2人が向井君を見たら、
(笑)と書かれたスケッチブックを出す向井君(笑)。

ただこれ本当に難しいので、今のうちにやれることはやっておきたい、と。
尾形「録音しといたりとか?」
向井「そう。録音して、尾形さんが何か言ったら、『なんでだよ』とか」
DJ風の機械を持って現れて、何か言う度にボタンを押す、と。
それか筆談ということになり、
向井「コントとかどうしましょうね-」
尾形「そういうネタ作ってもらえばいいんじゃね。筆談で喋る、っていうの」
向井「ああー、ADみたいな」
尾形「これ(尾形君が被っていた帽子)被ったらADっぽくなるし」
とはいえネタを作るとなると
尾形「菅に頑張ってもらわないとだけど」
そうなんだよねー実際。


個人的には、筆談のコントは見てみたいところではあるんですが
やっぱり向井君には手術したらきちっと一週間休んで欲しいところです。
先日のトリオトリオトリオでも、なるべく喋っちゃいけないから
喋らなくていい?とオープニングで本人から言ったにもかかわらず、
その後のトークで喋りまくっていましたから。
仕事で喋らないことは彼には出来ないと思うので
難しいのかもしれないですがきちっと休んで欲しいところです。
それこそインフルエンザとかなったら問答無用で一週間とか休むわけですし。

ただ彼の場合、独り言も多いらしいんですよね。前にライブで言っていましたが。
一人暮らしをしていた頃も一人で喋りまくっていたそうですし、
菅君が「お前寝言とか大丈夫?」と言っていたんですが、確かに寝言もなあ。
菅 「手術したら一週間寝ないとか」
向井「それ別の病気になりそうですよね」
なので、仕事を休んだとしても喋らないでいられるんだろうか、という不安が。
ただやはり出し辛そうな声は気になるので、一度きちんと手術して欲しいなと
個人的には思います。

ゲスト登場以降は次回に。
関連記事
スポンサーサイト

category: パンサー

thread: 芸人ライブ - janre: お笑い

tb: --   cm: --


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。