幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

THE MANZAI を見て思ったことをちょこっと  

昨日は予定を入れず、THE MANZAI を見るためにテレビの前で
スタンバイでした。
優勝はウーマンラッシュアワーでしたけど、実際のところ
誰が優勝してもおかしくはなかったなと思います。
と言いつつも、ウーマンの優勝は必然だったのだろうなとも思ったり。

決勝に出た人全員のことを詳しく知っているわけではないので
断言は出来ませんが、ウーマン村本さんくらい今回のTHE MANZAI に
賭けていた人はいなかったんじゃないかなあ、と思います。
私もそんなに詳しくは知らないですけども、彼のツイッターを見る限り
すべての行動がTHE MANZAI で優勝することを目的としていたような
気がします。ネタを作ってツアーをしたりはもちろんですが
ファンに手を出すこともネタにしてそれで自らのキャラを作り上げていく、と。
まあ、ファンに手を出す云々に関しては、趣味と実益を兼ねているとは
思いますけども(笑)。ただ、全てをネタにして自分を追い込んで
結果を出す、というのはなかなか出来ることではないですからね。

そして相方の中川パラダイスさんですが、彼もまた本当にすごいなと。
昨日のネタで「あやつり人形」と言われていましたけども、いやいや
村本さんの思う通りに完璧に動けるのは彼くらいなのだろうなあ、と。
以前も書いた気がしますが、バイトリーダーのネタ、村本さんの早口が
目立ちますけども、何気にパラ兄のアルバイト女子の演技が見事なんですよね。
ちゃんと女の子ですし、しかも出来ない感じも出ていますし。

でもって。
ツイッターなどを見ていると、「ウーマンより○○の方が面白かったのに」と
いう意見も結構目にするのですが、それはそうだろうな、と。
だって決勝ですよ決勝。そもそも面白くない人がいるわけがないんですよ。
みんな面白いんですよ。どう考えたって。
で、ものっすごく面白いところでしのぎを削っているわけで、
それこそ紙一重の差だと思うのですね。今回は特に。
今回、1票も入らなかったコンビもいくつかありましたけども、別に
彼らが面白くないとかでは全然なく、むしろ面白かったと思うのですよ。
実際、私はすごい好きでしたし。
なんですが、もう決勝とかいうレベルまで行くと、こんなことを言ったら
賞レースを否定することにもなりかねませんが、比べようがないと思うのですね。
それこそ、ラーメンとカレーとケーキのどれが一番美味しい?、と
訊くようなもので。そこまでいくと好みの問題だよね、という。

面白さなんてものは数値化出来ないわけで、しかも決勝まできた面白い人たちの
面白い漫才を見比べてどっちがより、なんて言われても、となるわけです。
で、そういう時に一歩、本当に紙一重で上に行けるかどうかというのは
どれだけ審査員に届くかどうかなんだろうなという気がします。
そういう意味で、今回のウーマンが一番熱いものを持って
この大会に挑んだと思うのですね。
そういう気持ちが審査員であるとか大会の流れであるとかを
引き寄せたんじゃないのかなあという気がしました。今回見ていて。


今年のキングオブコントは予選を見ることが出来なかったのですが
去年は二回戦を見ることが出来まして、でちょうどバイきんぐが
出ていたんですね。
彼らはもうその時から勢いが全然違っていまして、あーこれは決勝行くなーと
その時に思いました。
決勝行ったらたとえ何位でも売れるなーとか思っていたら
ぶっちぎりの優勝。
もちろん元々の面白さもありますけども(そもそも面白くなかったら
決勝に行けないですし)、ただやっぱり、そういう勢いとか熱さとかって
いうのは、紙一重の戦いにおいてほんの少し周囲を上回れるものに
なるのだろうなあと今回見て改めて思ったんでした。
関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

thread: 芸人ライブ - janre: お笑い

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。