幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

春の嵐  

最初に私信。メールやメッセージのお返事は水曜以降になると思います。
明日までちょっとバタバタしそうなので。
とはいえお返事したくてたまらない状態です。書きたい!書かせてくれ!という感じで。
ホンマはむーっちゃ書きたいねん せやけど締め切り迫っててん
(宇治原さんラップ調で読んでいただけると)


もう何年も読んでいる、ハロプロテキサイさんとこに書いてあった文。
>やっぱり人は自分以外の人生を背負って初めて個人のキャパシティを
>超えた仕事ができるんだと思うな
ええ、速攻で菅ちゃんが浮かびましたが何か問題でも?(byおぎやはぎ)
以前菅ちゃんが本のインタビューで、
「高校時代は宇治原が主人公だけど、芸人になってからは自分が主人公になった。
自分が宇治原を芸人に誘ったから、宇治原に恥をかかせないようにと必死だった。
その時一番頑張ってる奴が主人公になる」
みたいなことを言ってまして、ほんとになあ、と。

お笑い大好きでずっとお笑い見て来て思うのが、やっぱりネタを作る側の方が
コンビなりなんなりの主導権を握るんだよなあ、と書いてみたらものっすごく
当たり前だった事に気付きました(笑)。でも書く。
どっちが偉いとかじゃないんですが、舵取りをするのってやっぱりネタを作る方なんですよね。
ロザンは菅ちゃんが主導権を握ってるわけですけど、それはやっぱり菅ちゃんが
ネタを作る側だからなんだよなと。
宇治原さんがそうじゃないと言っているわけではなく、二人でロザンなわけですけど
より、"相手の人生を背負っている"のは菅ちゃんなんだと思います。
そして、宇治原さんの人生も背負っている意識があるからこそ頑張れる部分も
あるんだろうなあと。
無論宇治原さんもそうなんだと思います。


……ごめんなさい時間のない時に書く話じゃなかった。
また後日、この話に関してはだらっだら長く書くと思います。
とりあえずこれは備忘録ということで載せときます。


そういえばGAKU-Shock。
曲紹介で、「真野恵里菜の『春の嵐』」と言われた時は思わず吹きました。
まさかあの番組でまのえりが聴けるとは思わなんだ。
高校一年とかのフリしてスマイレージとかリクエストしたらかけてくれるのかな。
(まのえりもスマイレージもハロプロのアイドルです)
関連記事
スポンサーサイト

category: ロザン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/72-edfe8ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)