ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

妄想バラエティ 『ゴッドタン』バカヤロウ徒競争にジャンポケ武山君が出たら

2013年09月11日 00:07

ひっさびさの妄想バラエティです。
いつ以来だろうと確認したら昨年末でした。
なのでちょっと説明。
妄想バラエティは、この番組にこの人が出てくれたらいいのに、
そしたらこんな感じになって盛り上がると思うのに、という妄想を
好き勝手に書くという、ぶっちゃけ私だけが楽しい企画です。
繰り返します。私だけが楽しい企画です。
分かっているからそこは突っ込まないでください!(笑)。

でもって今回は『ゴッドタン』の一企画から。
今回は武山君にスポットを当てていますが、『ゴッドタン』はジャンポケの
誰が出てもハマると思うんだよなー。
斉藤君はファンタジー芸人かストイック暗記王、太田君はイチャまんグランプリ
辺りがいいんじゃないかと思うんですけど、どうですかね(誰に訊いているの)。
ちなみに、ファンタジー芸人は説明がちょっと難しいんですが
ものっすごいおおざっぱに言うとファンタジーな即興芝居をするというもので
イチャまんグランプリは、松丸アナの説明を思い出してそのまま書きますが、
「今からあなたは、とある女性と漫才をしていただきます。
女性は漫才中いちゃいちゃしてきますので、いい感じにいちゃいちゃし返し
ながら漫才を続けてください」
こういう企画(笑)。

本編は追記からどうぞ。
ほんとにただの妄想なのでその辺りが許せる方のみお願いします。



まずは、バカヤロウ徒競争の説明。
人は怒りを感じるとエネルギーを発する、ということで、怒っている時の方が
力を発揮出来るのではないか、ということを実証する企画。
具体的には、まず最初に普通の精神状態で走ってタイムを計測。
その後、わざと怒らせてから走ってタイムを計測。
怒りながら走った方がタイムが速くなるはず、というね。

怒らせ方は、芸人がスタートの準備をした状態で
本人が怒るであろう寸劇を披露する、というもの。
わざと怒らせることが目的の企画ですので、結構きついことも書いています。
あくまでひとつのネタとして読んでいただけると幸いです。
そして寸劇がメインですので、タケの台詞はほぼありません。


寸劇出演者……チーフプロデューサー川島(劇団ひとり)
       プロデューサー月島(架空の人物)
        名前があった方が書きやすいってだけです。


舞台は生放送の特番。番組は滞りなく進み、そろそろ終わるという頃。
だったのだが、最後のシメとなるコメントを誰に振るかで揉めていた。

川島「もう番組終わるぞ!最後のコメントどうすんだ!」
月島「チーフ。ここはジャンポケ武山に任せてみるのはどうでしょう」
川島「たけやまぁ!? 無理だ。あいつに出来るわけないだろ!」
月島「いえ、出来ます。あいつならきっと」
川島「ダメだダメだ。大体ジャンポケなら斉藤がいるだろ!
   そうだ斉藤にやらせよう」
月島「斉藤は最初のCM前でコメント振ってます」
川島「あーそうだったか。じゃあ……太田、太田がいるだろ。
   あいつならまだ武山よりマシだろ」
月島「太田もさっきのCM前でコメント振ったんで」
川島「あー! じゃあ……誰か、誰かいないのか武山以外で!」
月島「いません!武山しか!」
川島「あいつはダメだ! 何でジャンポケにいるのか分かんないような奴だぞ。
   いいか、あいつは斉藤がテレビで頑張って太田はネタを書いてくれるから
   自分も何かしなきゃって思ってやったことが整形だぞ!
   しかも目を二重にして顎ちょっと削ったって言われなきゃ分かんないような
   地味なやつをだぞ!
   しかもそれに味をしめて今度は鼻直したいとか言ってんだぞ!
   そんな奴に最後のコメントなんか任せられるか」
月島「いえチーフ。武山なら絶対やってくれます。
   普段は確かに斉藤や太田の陰に隠れているかもしれませんが
   あいつはやる時はやる男です。
   必ず、天地がひっくりかえるような大爆笑を取ってくれます!」
川島「そうか、そこまで言うなら武山に任せてみるか。最後のコメントを。
   (武山を見る)これ、ほんとに振る流れだからな」
武山「……えっ!?」

月島「(カメラを構えぐるぐる回るジェスチャーをしながら)
   さーあ最後はこの男が爆笑を取ってくれるぞ! ジャンポケ武山!」
武山、ネタをやるも盛大に滑る。

武山「バカヤローーーーーーーーーーーーーー!!!!!」(と叫びながら走る)


---------------------------------


元ネタ知らないと雰囲気分かりにくいかもなーと書いてから反省。
ただでもほんと出て欲しいんだよなー!
関連記事
スポンサーサイト

妄想バラエティ コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。