幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジャンポケ単独名古屋公演を観ての個人的感想  

時たま、「最近○○(パンサーとかジャンポケとかね)にハマったんで
ブログ最初の方から辿って全部読みました」と言っていただけることがあって、
それ自体は本当に嬉しいんですが、ただ、結構な労力だよね、とも。
お世辞にも読みやすいとは言えない文章(自覚済み)な上に無駄に長いのに
わざわざ辿って読んでもらえるとは、ありがたいやら申し訳ないやら。
もっと上手い文章が書ければいいんですが、そこを目指すと
自分の書きたいものと剥離していくのがどうにもこうにも。
最終的には、趣味なんだからいいよね、と自分に言い聞かせていて
だからこんだけ書いてても全然上手くならないんだよ、と反省したり
ぐるぐる廻る日々です。

で、本編に行く前にこんだけだらだら書いているということは、ということで
もしかしたらピンと来た人もいるかもしれませんが、
これから書く内容は正直あまり読んでて楽しいものではないと思います。
実際のところ書くのも迷ったんですが、東京公演の前に書きとめておこう、と。
なので、批判的であったりテンションの低い文章は読みたくないという方は
ここでブラウザバックしていただければ幸いです。
あと結構なネタバレも含まれますので、これから単独をご覧になられる方も
読まない方が賢明かとは思われます。

コメントレスが遅れまくっていてすみません。
ありがたく読ませていただいてます。
レスは数日中に書きますね。

感想は追記にて。



今回の単独感想の前に。
私は今まで本当に色々なライブに行ってきました。お笑いライブ以外にも
色々行っていますし。
でその中で今まで行ったお笑いライブでマイベストを決めろと言われたら
迷うことなく、2011年7月に行われたジャングルポケット単独ライブ『金杯』、と答えます。
この単独ライブなのですが、本当は3月に行われる予定だったのですが、
東日本大震災の影響で7月に延びたんですね。
で、当初の3月だったら都合がつかなくて行けないなーと思っていたんですが
7月だったら行けるな、と思って追加販売になったチケットを取ったんですね。
つまりは、その時はそのくらいの熱量だった、と。
なんですが、キャンセル分のチケットが偶然取れてしまったのか最前列の
しかも結構センター寄りの席が取れてしまい、別にそんな前で観たいわけでも
ないんだけど、とは思いつつもその席に座って開演を待ちました。
そして舞台中央にサンパチマイクが置かれて照明がついていよいよスタート。
ジャンポケの単独に行ったことのある方はご存じと思いますが、ジャンポケの単独は
最初に漫才からスタートするんですね。
で3人が出て来たんですけども、ほんっとに、今でも鮮明に覚えていますが
登場時のオーラが本当に凄かったんですよ。
もうまさに、3人とも輝いていました。
なんというか、延期になった単独ライブがようやく今日出来る!という
喜びに満ちていて、もう出てきた瞬間うわあああああ!、となったんですよ。
前述の通り私は当時ジャンポケに対してはそこまでハマっていたわけではなく、
延期前の日程なら行けなかったけど今回は行けるなー良かったーくらいの
テンションでしたし、最前列という席もいや別にそこまで、という感じでした。
なんですが、出てきた瞬間の3人のオーラにほんとやられたんですよ。
この日のためにあつらえたお揃いの黒のスーツがまた素敵でして。
今ではジャンポケの漫才でお馴染みとなっている黒のスーツに水玉のネクタイですが
この日が初だったんですね(と本人が最後のフリートークで言っていました)。
またそれがほんと3人とも似合っていてカッコ良くて、
今思えばあの時がジャンポケに対してハマったきっかけだったんだろうなと思います。

って前置き長いな相変わらず。すみませんほんと。こういうとこなんだよっていうのは
分かっているんですよええorz

で、今回の名古屋単独。
いつもの単独と同様に最初が漫才だったんですけども、太田君の衣裳だけが
2人と違っていたんですね。
でこれは何か意味があるんだろうかとかネタの一環なんだろうかとか思いながら
観ていたんですが、結果から言いますと新幹線に置き忘れてきた、と。
いや別に忘れるなんてとんでもない!、とか、単独にかける気持ちが薄いんじゃないの、とか
そういうことを言うつもりは全然ないんですが、それを聞いた瞬間、自分の中の
スイッチが切れてしまったんですね。
で、最後までそのスイッチがつくことはなかった、というのが名古屋単独における
私の正直なところです。

面白かったか面白くなかったか、でいえば面白かったんですよ、すっごく。
ネタにしても前にやった時とはちょっと改良していたりとかあって
分かり易くなっていましたし。
なので、つまんなかったーとかでは全然ないんですけど、ただ何というか
伝わってくるものが薄かったんですよね。個人的には。
ジャンポケって単独に関してはすごい思い入れを持って毎回やっているなと
感じるんですが、今回それが一番薄く感じられました。
なんというか、あくまでこれ私がそう感じたというだけなんですけども
今の自分らが必死にならなくても出来る範囲のことをやっている感じといいますか。
気概とかそういうものが伝わって来なかったんですよね、正直なところ。

ジャンポケといえば最近は特に忙しくて毎日収録だなんだとツイッターで
言っていますし、夜遅くまで仕事をしていたのに翌朝6時の新幹線に乗るとか
呟いていたりするので、まさに寝る間もないくらいの忙しさだと思うのですね。
そんな中での全国ツアー。5月に単独をやったばかりですし、変な言い方をしてしまえば
別にそんなすぐ単独ライブをやる必要はないわけです。
なのにこの時期にやるということはもちろんキングオブコントを見据えてのことでしょうし
ジャンポケとしてのさらなるステップアップの意味もあったでしょうし。
もちろん、普段来られない地域の人にも観てもらいたいという気持ちもあったとは
思いますけども。
なので個人的にものっすごく期待をして行ったんですね。
そりゃあもうすっごい気合の入った単独が観られるんだろうなあ!、と。
個人的にはそれこそ2011年7月単独の再来くらいに思っていたんですよ。
そうしたら、あれ?、なんか普通……?、と。

期待値が高すぎたんじゃないかという気もしますが、でも同時に、
今の力で無理なく出来る程度の単独ならわざわざやらなくても良かったんじゃないの、
という気がしてしまったのも事実です。
え?これ見せるためにわざわざこの時期に全国ツアーやったの?、と。
きつい言い方かもしれませんがそう思ってしまったんですよね……。

今回の名古屋単独、ツイッターなどで見る限りではおおむね好評で、
面白かったという意見が多かったのでこれ書くのは本当に迷ったんですが
(なのでこんな一週間も経ってからの記事になりました)、ただでも
これだけはどうしても声を大にして言いたいんですけども、
ジャンポケはあんなもんじゃないから!
いやもっとすごいもん。もっとこっちに響いてくる単独やれる人達だもの。
買い被りでもなんでもなくて本当にそう思うもの。
だからこそ、個人的にはなんか、ああ……、となってしまったんですが、
今後の東京大阪でどう変わってくるか、というのはあったりします。
正直なところ期待半分不安半分ではありますが。

超個人的な感想になってしまいました。不快に思われた方がいましたらすみません。
でもほんと思ったんだよなー。ジャンポケはあんなもんじゃないから!、と。
正直、いつまでも2011年のライブをベストだと言いたくはないんですよ。
だって彼らもすごい勢いで成長しているわけですし。
とにもかくにも東京と大阪だなー。
マイベストを超える単独をやってくれることを密かに願っています。
関連記事
スポンサーサイト

category: ジャングルポケット

thread: 芸人ライブ - janre: お笑い

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。