幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『333(トリオさん)』 第113回感想  

次の回が放映されていますが、それはそれとして113回感想です。
そういや先週はこんな感じだったよねーとか思い出しながら
読んで頂ければ幸いです。





【出演者】

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)


芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。
多少は注釈もつけますが、詳細はテレ朝動画でお願いします。


感想は追記にて。

今回はジャンケンで脱落トリオ決定、というところからスタートだった
わけなんですけども、なんかジャンケンも久々な気がするわー。
と思っていつ以来だっけ、と自分のブログを見返したら108回の時に
脱落トリオが出ていて、それから今回まではずっと3組で出ているんですよね。
ちなみに108回の時もドキドキグルメでした。
好評なのかなーこれ。確かにグルメ企画というのは鉄板ですし、
実際見ていてドキドキしますし分かりやすいというところはあるなと思います。

脱落したジャンポケへのあしらい方がまた見事なんですよね、大西さん。
さすがに、だてに長く彼らと仕事していないなーと思います。

それにしても、ドキドキグルメって今回で3回目なわけなんですが、
1回目がジューシーズとジャンポケ、2回目がパンサーとジャンポケ、
そして今回がジューシーズとパンサー、という、ちゃんとそれぞれ違う組み合わせに
なっているのがすごいなと思います。あの番組のことだからガチなんでしょうし。
で、3回やって組み合わせは一通り終わっているので、次回があるのなら
今度は脱落トリオなしでやって欲しいところだなーと思います。
人数が多い方がドキドキ感は増しますから。
ただ、自腹の人が大変にはなるんですけどね。

今回のお店はフレンチで西麻布の『cogito』
ググってみるとお店のブログが出てくるんですけども、辿っていくと、
ムッシュ、仕留めてます(笑)。
大西さんがメニュー名を言った時全員が突っ込んでいましたけども、
ちゃんと仕留めてますよ、ということで。

1人目は向井君。
前回の菅君もそうだったんですけども、1人目って何気に難しいよなーと。
高いも安いも相場が分からないし、情報が無さすぎるし。
そう考えると3人目辺りが一番いいのかもしれないなーと。ある程度選べますし。
選んだメニューを発表する向井君でしたが、普段MCの時とか割とすらすら
喋るのもあって、たどたどしい言い方がなんだか新鮮ですらあったりしました。
あれが本気なのか計算なのかは分からないので置いておくにして
(こういう書き方するとアレですけど、個人的には本気の言い方じゃないかと思ってます)
普段こんなの食べることないよね、という感じを存分に出せているのが見事だなと。
番組側として欲しい画というのはそれこそ、「普段一食500円にも満たない食生活」な
若手芸人なわけですし。
「ショソン添え」を「シャンソン添え」と言い間違えるとかも含めて。

どういう風に美味しいか、という情報をほとんど発していないにも関わらず、
めっっっっちゃくちゃ美味しいんだろうなというのがすごい伝わって来る辺りが
やっぱり上手いなーと思ったり。
向井君に対しては最近特にまた、この人やっぱり凄いんだよね、というのを
実感する事が多いのですが、今回もまた感じたりしました。
だってめっちゃ美味しそうだもん!食べてみたいもん!
8万は払いたくないですが(笑)。

2人目の尾形君。ムッシュ山田が仕留めたエゾ鹿をここで行くかー、
ちょっと早くない?(個人的には4人目くらいじゃない?)と思ったんですが、
でもムッシュ山田が既に出てきていることを考えると、ありなのかなー
いや私には正解は分かりませんが。
選んだ理由を訊かれて、他は外国産だから空輸代がかかっている、と言ったら
速攻でムッシュ山田の移動費がかかっているとかフランス産の材料が使われているとか
突っ込まれていたのに笑いましたさ。
予想金額が「1300円」というのにも。
いや1300円だったら行くわ私も!食べに行くっちゅーねーん。
そして、料理が運ばれてしばらくは固い表情だった向井君だったんですけども、
菅君が「前回蝦夷鹿を食べてもっと小さかったので4000円した」と言った途端
テンションが上がる辺りが個人的にツボでした。
ほんとに払いたくないんだろうなあー、と。
あの番組だとガチで払わせるだろうからね。

3人目は(松橋)しゅうた。
この辺りになると情報がそれなりに出てきているので、そういう意味でも
予想がつけやすいというか、観ている側もああじゃないかこうじゃないかと
考えながら視聴出来るのが面白かったり。
向井君が言った「この店はちょっとのトリュフなら書かない」から
「トリュフと(メニュー名に)あるってことはがっつり入れてる」とか確かになーと。
そして料理が運ばれてくるんですが、ここのくだりのしゅうたが見事すぎ!
ちゃんとカメラ側に切った断面を見せたりとか、トリュフ丸ごとなのを見て
「接続詞が違うじゃん!フレッシュトリュフ ”と”、じゃなくて、”が” じゃん!」
よくとっさにこんな言葉が出るよな、と。うっわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、と。
料理見て、「接続詞」とか普通出ないよねと思うんですけども。
多分ですけど今回いなかったジャンポケも含め、他8人だったら誰もこれは言えなかったと
思うんで、やっぱすげえわしゅうた、と思ったんでした。
断面を見せる時も、最初カメラに見せて、それから自分でチェックして、という
順番を経ているんですよね。
本当にこの人考えているんだよなあ、と。

丸ごとトリュフ!が入った料理が12000円というくだり。
しゅうた以外の5人が大喜びして肩を組むとか、これも偶然なんでしょうけど
一番端がしゅうただったから出来たことではあるよなー、と。
そして白いタオルを広げて振るしゅうたね!
見事な白旗。
ただせっかく白旗揚げているのだからカメラさんもっとちゃんと撮ったげてー。
「いかがでしたですか?」「うめぇけどさ!」の流れも素晴らしかったです。
いやもう、しゅうたが素晴らしすぎた!ほんっとに。

4人目は菅君。
とはいえ12000円が出てしまったのでねー。さすがにこれ以上の料理は
ないだろうという見方が出来てしまうよなあ、残りの面子からしたら。
なので出来れば途中経過として、一番高い料理がまだ選ばれていない場合は
それを言って欲しいところなんですけど、ただでも既に出ている場合に
どうするか、という問題も出てきてしまうので難しいところではあるよなーとか。
そして私もウズラというと卵が思い浮かびました。美味しいよね、ウズラの卵。
確かに鳥は鳥なんですけども、普段ウズラの肉とか食べる機会そうないですし。
それにしてもこれ皆さんに対して思うんですけども、最初の一口は
少なめに口に入れた方がいいと思うんだよなー。
いや、食べ物を口に入れたまま手で口を隠して喋るくらいなら
最初は少なめに食べて感想言って、それからがっつり食べた方が、と
思うんですけどね。
食レポで最初からがっつり行く人ってあんまり見ないですし。
喋らなきゃいけないから。

5人目は(赤羽)健ちゃん。
またここでいいメニュー選びましたよねー健ちゃんは。
野鳥って値段の予想が付け辛いじゃないですか。どのくらい貴重なのかも
全然ピンと来ないですし、ものすごい希少価値があるのかも、という気に
なりますし。
しゅうたもすごい喜んでいましたけども、ドキドキグルメなので
やっぱり観ている方もドキドキしたいんですよね。
そういう意味でほんといいメニュー選んだなあ、とか。

料理を食べて、「何かに似てる……鳥だ!」に大笑い。
いや鳥なのは分かってるから皆!(笑)。
そして値段(9000円)と聞いて、「パン取っといたんだ♪」と言うくだりが
なんともツボでした。可愛かったですし。

そして最後は児玉君。
頼んだのは白子のムニエル。あーこれ私も食べてみたかったのよね
メニュー見てて思ったんだわ、とか。いやそんなことはどうでもいいですが。
「何これ」と言われ、「泡だよ」と答えるくだりとかなんか好きでした。
そしてこれもずっとなんですけども、この山田シェフがまたいい味出しているんですよね。
「貴重な白子ですよね?」と訊かれて「普通の白子です」と答えていたりとか。
卵も、「普通のです」と見事すぎる天丼。
すごいわー笑い分かってるわー山田シェフ。

そして料理の値段が「3000円」って。最後に安いなおい、っていう(笑)。
だってしゅうたの料理の1/4の値段ですよ。
ただそのおかげ(?)で、合計金額が4万ぴったりになったということで
これまたある意味ミラクルだったよなあ、とか。


それにしてもこうやって改めて観て書いてみると、今回に関しては
ジューシーズ大活躍だったなあ、と思ったりします。
いやパンサーが悪いわけではないんですが、ジューシーズが素晴らしすぎたですよ。
オチまできっちりつけていましたし。
関連記事
スポンサーサイト

category: 333

thread: お笑い番組 - janre: お笑い

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。