幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『333(トリオさん)』 第112回感想  

まだ次の回放映されてないもんね!だからOKだよね!
と誰に言っているのかすら分からない感想です。
テレビ番組の感想って、書く時に改めて観返す必要があるので、
何かを観ていると書けないんですよね。
特にほらここ最近はWBCを観るのに忙しかったから(笑)。


【出演者】

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)


芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。
多少は注釈もつけますが、詳細はテレ朝動画でお願いします。


感想は追記にて。


すごろく後編。
前編については111回感想を参照してください。

まずはジャンポケのパリパリTシャツ。既に出ているマスということで
行くまでは嫌だ嫌だと言っていましたが、マスに着いた途端着替えの体勢に
入る3人が潔いというかなんというか。
パリパリ(というよりガチガチ)Tシャツのジャンポケに対し、
「体温で解けていきますから」という大西アナの言葉通り、多少普通のTシャツっぽく
なっているパンサーとの対比ね。
それにしても太田君はもちろんですが、武山君も何気にいい体しているんだよなー。
あんまり普段そこを意識しないですが、言われてみればスポーツ万能だし
そりゃそうかー、と。
で、そんな二人に対し相方のさ(以下略)。

それにしても太田君、前回さんざんバカにしていた尾形君の着方と一緒だった
気がするのはわたしだけでしょうか(笑)。
そしてここまで唯一パリパリTシャツを免れているジューシーズが
腕を組んで寄り添ってあったかそうな雰囲気を出しているのがまたね。
しかも真ん中が一番あったかそうな(赤羽)健ちゃんだし。
ここの対比上手いなー、と思ったんですけど、実際どのくらい計算していたんだろう。

で、ようやくパリパリ地獄から抜け出せたパンサー。
でも次に止まったマスがまたパリパリTシャツ、というある種のミラクル。
この、持ち上げておいて落とす様にうわあああああああ、となりましたよ。
誰だよこれ考えたの!ドSか!(笑)。
そして何枚パリパリTシャツ用意していたんだよ、っていう。
多分ですが3マスくらいはあった気がするんだよなー。そして戻ることも考えると、
一人あたり3枚くらいは用意していたと思うんですね。
全く使わない可能性もあるにも関わらず。
いや確かに、あの場所だったら水に濡らして多少放置しておけば出来そうでは
ありますけど、ただでも前回の時「前日から凍らせておいた」とナレーションで
言っていたんですよねー。
何をそんなに労力かけているのかと。いやはや。すごいわこの番組。

6人で固まるのがなんとも可愛かったですしほのぼのしました。
いや本人らにとってはほのぼのとか言っていられる場合ではなかったんでしょうけど。
ただ、パンサーだけの時はくっついて温めるということをしなかったんですよね。
この辺りってやっぱりパンサーは大人同士の付き合いといいますか、
関係性が大人になってからのそれなんだよなーと。
仲が悪いとかではなくてね。
ただちょっと書き出すと長くなりそうなのでまた後日。
とか言っていると結局忘れそうなんで、もし万が一気になるという方がいましたら
そのうち催促して頂ければ。

ジューシーズとジャンポケのストラックアウトは前にもやりましたし
特に盛り上がらなかったので飛ばして、次のパンサー。
「パリパリ2回着ると服着てもあったまらないですから!」と言う菅君に
笑いつつ、いやでもほんとにきついよなあ、とか。
テレビであんまキレまくる向井君そう見れないよ、だって。

出た目が2で、尾形君が行く方向間違って(でも特に突っ込まれず)、
そして出たマスが1つ戻る、って、なんとも地味。太田君も言っていたけれど地味。
ただその地味さが個人的にはなんともツボでした。

ジューシーズの、マス入れ替わりってこれパンサーと入れ替わって1位に
なったのももちろん嬉しいでしょうけども、パリパリTシャツを抜けられたことが
何より嬉しかったんじゃないのかなあ、という気も。
そしてキレまくる向井君にまたまた大笑い。
まあね、そりゃ3度目のパリパリがあるかもしれないとか思ったらね、
一人二人くらい殺したくなるよね(笑)。
バラエティだから血を流しちゃダメだけどね(いやそこじゃない)。

続いてジャンポケのキムチ鍋50倍。
正直もうこの辺り、完全に向井君が全部持って行ってるんですよね。
とはいえ食べ物を ”面白く” 食べるのって相当難しいとは思いますし
変に吐いたりすれば汚いとか食べ物を粗末にしてとか言われてしまいますし
難しいところなんだよなあ、とか。
そんな時にキレ芸でその場をがっつりかっさらっていく向井君。
あの目の感じから計算ではなかったんだろうなとも思うんですけども
(全くなかったとは思いませんが)、ただもうほんと、すげえな、とか。
普段テレビでああいう部分を見せないだけに腹抱えて笑いました。
ただこれ普段とのギャップがあるからこそ笑えるんだよなーとも思います。
ずーっとキレていたらただの頭おかしい人ですし。

続いてはパンサーの、真剣白刃取りが成功すれば3マス進む、というもの。
もはや先に進める云々よりも、パリパリTシャツに当たらないで済むという方が
大きなウエイトを占めている辺りがなんともかんとも。いや気持ちは分かりますけどね。
それにパリパリ3回目とかなったら、さすがに向井君のキレ方もバラエティを
越えそうで怖いので(笑)。
本気で刀を振る児玉君、あっさり失敗する菅君。
個人的にここで一番ツボだったのが、その姿を見て大笑いする大西さんでした。

ジューシーズ。「女の子の好きなパーツを絶叫」
これ太田君も言っていましたけども、地味にきついですよね実際。
相当数のギャラリーもいますし、どこを言っても特に笑いが起きるものでも
ないじゃないですか。
そしてジャンポケもまた同じマス。
こうなると、「リアルにパリパリよりやりたくないわ」と言っていたのが
前フリにすらなっていたような。いや本人にそんな気は1ミリもなかったでしょうが。

そしてキレ芸の延長で斉藤君に突っかかる向井君でしたけど、
斉藤君に逆切れされて笑っちゃうっていうね(笑)。ほんと笑い上戸だよなあ。
それぞれ相方が止めているのがなんともいいなあとか思ったんでした。

パンサーのChoo Choo TRAINですが、最初は面白くやれとかいうヤジが
飛んでいるのに、実際やってみたら面白かった、っていうのがなんというか
ある種の奇跡。
その面白さを作っている菅君自身は特にそこを狙っていたわけでもないで
しょうし(多分)。
「向井さん、見えてないだろうけどめちゃくちゃ面白いよ」と言う
太田君の言葉にちょっとだけ笑う向井君になんというか安心したというか
いやキレ芸も面白いんですけど笑っているのを見るのがホッとするんですよね。
あとどうでもいい上に番組の感想とは関係ないんだけど、太田君が向井君を
「向井さん」呼びするのがなんか分からないけど好きだったり。
体育会系だよねえとか根は真面目だからねえとか感じるからなのか。
相方二人が「むーちゃん」呼びしてもしばらくはかたくなに「向井さん」だったし。
今年に入ってから(?)はそうでもないですが。
一回、何かのライブで「向井君……向井さん」と呼び直した時は、
体育会系にも程があるだろ!、と思ったりしました。

そんなことはさておき、ジューシーズの止まったマスは応援メッセージ。
来たよこれー!毎回密かに楽しみにしているんだよこのマスー!大好き。
応援、といいながら全然応援になっていない辺りが素晴らしすぎる(笑)。
そしてジューシーズが引いて、出て来たのが児玉君のお母さんって辺りが
また素晴らしきミラクル!
児玉母は本当にいいキャラだよなあ、と。児玉君が産まれるのも分かる気がすると
いいますか。だってあのお母さん嫌いな人いないでしょ。
次のジャンポケも同じマスに止まって、またもや児玉母。
「ジャングルポケットの皆さん元気ー?」と、ちゃんと変えて来る辺りが見事すぎ!
こうなるとパンサーもこのマスに止まって欲しかったよなー。
パンサーの分も用意していたんでしょうし。
それにしても、これって2組が止まったから見れましたけど、最悪誰も止まらずに
お蔵入りになる可能性もあったんですよね。
雪山仕様だったから次に使い回すのも難しかったでしょうし。
あれをお蔵入りにさせるのは勿体なさすぎるので、無事に見られて良かったです。

でもってパンサー。女の子の好きなパーツを絶叫。
ここにきて精神的に大ダメージを与えるマスを持って来る辺りが本当になんというか、
そしてまんまと3組ともそこにハマってしまう辺りがなんともかんとも。
Choo Choo TRAIN で身体が温まったのか単に疲れたのかは分かりませんが
向井君の雰囲気が多少柔らかくなっていて、ただでも逆にそのテンションで
このマスはきついだろうなあ、とか。

ジューシーズは2度目の応援メッセージ。
これまた何パターン用意していたんだよ、っていうね!(笑)。
だって最悪ひとつも使われない可能性もあったわけで、それを考慮した上で
幾つも撮ったんだよなあこれ。なんなの、その労力ほんとなんなの!
いや確かに、番組ひとつ作るのにはものすごく色んな労力が必要とされて
用意したのに使わないなんてことも日常茶飯事だとは思うんですけども、でも、
分かるけど!でもこの番組やっぱどっかおかしいって!(褒め言葉ですよ・笑)。

ジャンポケはまた好きなパーツ絶叫。
向井君も振られてよく笑いに持って行けたよなあ。
あれは単純にすごいなとか。

次のパンサー。
「ゴールしてくれ!」って言っていたのって斉藤君ですよね、あれ。
なんかジャンポケもジューシーズも応援体勢に入ってないか?、とか思っていたら
パンサーがゴールした途端皆屋内に走って行ったので大笑いしましたさ。
そして最後にまたキレる向井君、っていう(笑)。
いやー最後まで面白かったです!
関連記事
スポンサーサイト

category: 333

thread: お笑い番組 - janre: お笑い

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。