ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

『333(トリオさん)』 第111回感想

2013年03月01日 21:01

もはや最近は、次の回までに感想が書ければOK、という感じにすらなっている
『333(トリオさん)』感想です。
とはいえ、今週つまんないなーと思ったら感想自体書きませんが。


【出演者】

ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)


芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。
そして感想ですが、見たことを前提にして書いていますのでご了承ください。
多少は注釈もつけますが、詳細はテレ朝動画でお願いします。


感想は追記にて。


今週(と来週)は雪山ですごろく。
正直すごろくをするのに雪山に行く意味がよく分からないのですが(笑)
「追い込みます」と大西アナも言っていたので、雪山ならではの色々が
見れるんだろうなーと期待しつつの視聴でした。
それにしてもやっぱり3組出られるのは観る側としても嬉しいです。
どの組が抜けていても、ここに○○君がいたらここでこう動いてくれるだろうに、
とか思っちゃうことがあるので。

バスの中で冬ソングで盛り上がる面々。
向井君のチョイス(Kiroro『冬のうた』)に一番反応している(ように見えた)のが
歳の近い太田君な辺りが、やっぱこういうのって世代間ギャップがあるのかしらとか
思ったり。
いや私向井君より○歳上(ファンなりたての頃軽い気持ちで計算してショックを受けた・笑)
ですけど、この歌は好きなんですよね。
他もあの場に出ていた曲は結構好きなものが多かったので、そこまでギャップあるか?、とは
思ったり。
ただ私も一番盛り上がったのは、大西アナが選んだ、牧原敬之『冬がはじまるよ』でしたが。
とはいえ事前に準備しておいてねとか曲名言って出してもらうとかではなくて、
元々自分のプレーヤーに入っている曲と言われたらそりゃ多少はマニアックにも
なるだろうなあ、とか。
もしそういう状況ですぐに出してと言われたら私なら何にするかなと思ったんですが、
あれだな、メロン記念日『かわいい彼』だな。
全員ぽかーんだろうけども。
そんなことはさておき。
まさか一番盛り上がるのが(レギュラーではない)大西アナがチョイスした曲、という辺りが
なんとも素晴らしい流れでしたよ。
その直前に斉藤君がマッキーのちょっとマイナー目の曲を選んでいるのと合わせて。


雪山に着いて皆ではしゃぐ図(スタッフが求めた、というナレーション付き)
なんですけども、これあくまで私が思っただけなので実際のところどうかは
分かりませんよ、という前置きの元書きますが、カメラさんとしては
太田君が尾形君を抱えて投げ飛ばすところを撮りたかったんじゃないのかなあ、と。
その空気があったのか読んだのかは分かりませんが、他の人達は多少横とか後ろに
ずれているんですけど、ねえ、武山君、ねえ(笑)。
自由だよねえ(笑)。
それにしても尾形君への飛び蹴りが綺麗に決まりすぎです菅君。

各トリオ毎のゼッケンが用意されている辺りが親切だなーと思う反面、
だったら上着の色も普段の色に寄せて用意すればいいんじゃないかとも
思ったんですが、レンタルとかだったらその色がない場合もあるだろうしなー。
特に(赤羽)健ちゃんのサイズとか。


で、すごろく。
これ毎回思うんですが、まず並べる向きを揃えておくべきだと思うのですね。
そしてその上で事前に、こっち向きにひっくり返してね、と指示をしておく
べきなんじゃないのかなあ、と。
最初ひっくり返す時、皆どっち?、どっち?、という感じでもたつくので。
観る側としても気になるのはマスの指示であったりそれに対する演者の
リアクションなのに、めくるところでもたつかれると流れが悪くなるよなーと。
この番組は基本的に演者に対して(良くも悪くも)放任主義なところがあると
思っていまして、だからこそあれだけのスピードで皆が成長した部分も
あるので基本的には私も推奨しているのですが、こういうのを見てしまうとなー。
説明すべきところをしないのは放任ではなく怠惰だと思うのです。

パンサーの最初のマスは、次のターンまで他トリオの顔が被さるというものでしたが
被せるならもう少し写真を小さくした方が違和感なくて良かったんじゃないのかと思う反面、
小さくしたら分かり辛くなるのか、とも。
視聴者皆が皆9人を即座に判別出来るわけでもないですし。
個人的には顔を選べるようにしたら「お前の顔は嫌」「なんでだよ」とかの
やりとりも出来て楽しそうだったけどなー。
とはいえ最初のコマからそんな飛ばさなくてもいいか。

ジューシーズは雪のかけあい。いやーきつそうだったですねー。
ただ、本人らの大変さに対して観ている側にはそこまで伝わって来ない辺りが
余計に悲惨といいますか(笑)。
それにしてもほとんど顔の判別など出来ない小さな画にすらちゃんと
ジューシーズの写真を被せてくる辺りがね、見事としか言いようがないです。

ジャンポケ、そして2順目のパンサーが揃って、
『かき氷を30秒以内に食べられなければスタートに戻る』になりましたけども、
ほんと、一気に過酷になりましたよねこれ(笑)。
そしてシロップがブルーハワイなところがまたね!
寒さと共にシロップの色で唇が紫になりますし。
つくづく、ちゃんと考えているよなあと思う次第です。
だからこそマスの向きは揃え以下略。
ただこれ、3人とも完食したら、なのか、1人でも食べ切れればなのかが
不透明だったことが残念だったなあ、と。
1人完食すればOKだったら誰かに任せる姿が見られたのに。
パンサーだったら特に尾形君に任せて応援に回って何もしない相方2人、とか
終わってから「何でお前ら食わねーんだよ!」とかあっただろうになーと。
あ、パンサーといえば全く完食する気もなく終わってからもしれっとしていた
菅君が個人的にちょっとツボでした。

ジューシーズのフリスビーストラックアウトとジャンポケのさっきと同じマス
(2回目はステイ)に関してはさして感想もないので(笑)飛ばして、次のパンサー。
1ばかり出す菅君がようやく出したよ6を!
6の目が出たのを見て、「初めまして!」と言う菅君に大笑いしました。
なんですが、出たマスが『パリパリTシャツ』というね(笑)。
これ下手するといっそ1の方がもしかしたら良かったんじゃないのという気も
(次のジューシーズのマスを考えると特に)。
その辺りの引きがやっぱり菅君だよなーとも思ったりしましたが
見ている分には面白かったんでいいです(鬼か・笑)。

で、パリパリTシャツという名の通り、前日から凍らせておいたTシャツに
着替えるというものでしたが、これって当然3組分あるんですよね。
しかも下手したら3組ともこのマスに止まらなかった可能性もあったわけで
それ言い出したらすごろく全般に関する事になりますけども、どれだけ
色々な労力が無駄になっているんだろうなあこの企画、と思ったり。
まだ物を用意するだけならともかく、専門家が来てどうこうとかいうマスだと
人を呼んでおいて出番なし、という可能性もあるわけで、その辺りのことを考えると
演者だけでなく作り手側も相当身を削っているよね、と思う訳です。
だからこそ面白い番組が出来るのでしょうし、私も敬意を払っているところでは
あるんですけども、いやはや大変だよなーと。
で、着替えるくだりでおお、と思ったこと2つ。
(松橋)しゅうたがTシャツを拳で叩いて固いということを分かり易く示していたことと、
あと太田君がごく普通に脱いだ服を持ってあげていたこと(スタッフさんが慌てて
取りに来ていましたけども)。
太田君に関しては特に、たまたま近くにいたからなのかもしれないですが
ごく当たり前のように受け取っていて、やっぱこの人ちゃんとしているよなーと。
Tシャツを着るくだりはそれぞれめっちゃ面白かったのと同時に、
多分ですが番組が始まった当初だったらここまで面白く盛り上がるように着ることは
出来なかったんじゃないのかなーとも(勝手に)思うので、なんというか、
笑いながらほんと勝手に感慨深くなったのでした。

次のジューシーズ、「誰が投げる?」とわざとのんびりやる辺りが個人的ツボでした。
「ケンが行くか」とか普段テレビなら言わないであろう下の名前で呼んでいたり
ちょっと普段の雰囲気っぽかったのが余計に。
そしてマス入れ替わりでジューシーズvs.パンサーで雪山ビーチフラッグ。
向井君がずーっと、「入れ替わんなくていいから早く!」と言っていたのに
大笑いしましたさ。
尾形君は尾形君で太田君が邪魔するのに付き合うし。
ただ、これ改めて録画を観返しているから笑えるんですけども、最初観た時は
面白いより大丈夫なの?、という気持ちが先にきたのは事実です。
いやこれで体調崩して最悪入院とかなったらシャレにならないですから。
幸いにして倒れたとかそういう話は(今日現在まで)聞かないので
大丈夫だったんだろうとは思うんですけども(だからこそ笑えるんですが)
皆忙しくなっていますし、あまり身体にくるような無理さはなー、というのも
正直なところです。
怪我だなんだとなったら大事ですから。


とか言いつつ来週も楽しみです。向井君のキレ芸(笑)。
最近思うんですけども、向井君ってなんか一皮むけたような気が。
元々のスキルは高かった人ですけども、その上で最近一段上に行っている
ような気がするんですけども。そしてこれは気のせいではない気がするんですが
どうなのかなー。
この辺りの話がっつり出来る人いないかなー。常時募集中。
関連記事
スポンサーサイト

333 コメント: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

トリオさん 雪山すごろく

2度目のコメント失礼致します。ハナコ改めハチコと申します。ブログを拝見しまして「分かる!分かる!」部分が多々ありましたので、またコメントしてしまいました。
すごろく面白かったですよね!
ただすごろくのマスの向き、私も気になりました。あそこはモタモタせずに出さないと、間延びする感じがして勿体無いなと思いました。
パリパリTシャツ、最高でしたね。という私も、その前にお身体が心配になりましたが。みんな今が大事な時期ですし。(でもやっぱり笑ってしまいましたけど。)
あの状況でもガッツリ取りに行くおがちん、さすがだわと思いました。スライディングまでしてバカだなーと(笑)(勿論いい意味です)
そして、特に見せ場もなくフツーに負けるしゅーたにも。
太田さんのさりげない優しさと言うか気遣いにもキュンキュンしちゃいました!
私は、その人がメインではないときの立ち振舞いとか、周りへの気の使い方とか見て、好きの度合いが変わってくるのでトリオさんでは色々見てしまいます。
次回のむーちゃんのキレ芸、楽しみですね。その時に見切れていたジューシーズの表情も、個人的には面白かったですが。
あと余談ですが、メロン記念日の「かわいい彼」懐かしいなと笑ってしまいました。(ちなみに、そんなに詳しいわけではないのですが、私は「Ml DA RA 摩天楼」が好きです。あ、どうでもいいですね。)

最後に、数日前のブログ記事にて先日行われたジューシーズのライブレポの要望が多かったと拝読しましたが、(という私もTwitterで希望してしまったひとりです、図々しくもすみません)読むことができて嬉しかったです。ありがとうございました。
長文失礼致しました。

2013年03月02日 19:21 | URL | ハチコ | 編集

おはようございます。コメントありがとうございます。
色々共感して頂けて嬉しいです。やっぱりマスの向き気になりますよね。
あそこはさくっとめくって、その後でリアクションとか色々やって欲しいので。
パリパリTシャツはあの後身体に影響がなかった(少なくとも仕事に支障が出る
レベルではなかった)ことを分かって見ると単純に楽しめるなーといいますか
大笑い出来ますね。いや本人らにとっては相当きつかったとは思いますが。
あれを着てビーチフラッグ勝てる尾形君がすごすぎます。あれで勝っちゃうと
いう辺りは空気読めていないのかもしれないですが(笑)。
メインでない時の立ち居振る舞いが気になるの、すごい分かります。
テレビでもそうなんですけど、ライブでもつい喋ったり動いていない人の
表情とか動きを見てしまうので、気がつけばひとり違うところを見ていることも
しばしばあったりします(笑)。
そしてメロン記念日分かって頂けて嬉しいですー。
「Ml DA RA 摩天楼」私も好きですよ。

ジューシーズのトークライブは、その後のよしログで大分補完されていた
ところがあったので書く意味あったのかなと思ったところもあったのですが
そう言って頂けて嬉しいです。ありがとうございます。

2013年03月03日 09:18 | URL | 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。