ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

『333(トリオさん)』 第110回感想 その2

2013年02月24日 17:32

もう次の回放映されたよねとかそういうことを言ってはいけません(笑)。
書いている本人が一番良く分かっているのでね!

前回の続きなので読んでない方は前回の記事からどうぞ。
出演者等も前回のを参照してください。


感想は追記にて。




感想の前に。ちょっと長いですが。
昨日友達とご飯に行きまして、そこで色々話していたんですけども、
結局大人になっても好きなものは変わらないし、そこを基準に回るよね、
という話になりまして、言われてみればそうだなー、と。
私の好きなことは大きく分けて2つでして、文章の読み書きとお笑いなんですけども
思えば小学生の頃から日記やらなにやら書いていましたし、文通したりとか
(当時はメールとかなかったんですよ、ええ)、小説ともいえないような小話を
書いたりしたり、テレビもバラエティばかり観ていました。
もちろん波はありますしその時その時で興味があることって色々変わるんですが
基準はこの2つなんだよなーと。
ここから色々派生するといいますか、例えば野球にしても私はノムさんこと
野村元楽天イーグルス監督の著書を読んでからその面白さに目覚めたりしたので
文章から入りましたし、女性アイドルにしても、モーニング娘。はASAYANからなので
バラエティ番組発信だったりとか(多分歌番組で最初に見たらピンと来なかったと思います)
するんだよなあ、と。

で、何が言いたいかといいますと、文章を書くのが好きでずっと書いてきて、
その割にはなんでこんな下手なんだよこんちくしょうと思うことも多いんですが、
それでもさすがに積み重ねてきたものがある分、以前よりは多少は自分の思うことを
自分で納得するように書けてきているとは思っています。
上手いか下手かといったら下手なんですけども、それはもう自覚しているので
なるべくならそこはスルーして頂けるとありがたいんですけども、
ただ、以前よりは積み重ねた分の自信というのは出来てきていると思っています。
前回の記事で太田君のハートが弱いというくだりで、でも彼は徐々に自信を
つけていると思うと書きましたけども、最終的に自信ってどうやってつくかといえば
知識と経験だと思うのですね。要するに積み重ね。
もちろんどれだけ積み重ねても絶対大丈夫という自信にはならないとは思うのですが
それでもやっぱり、ひとつひとつの仕事をきちんと真面目にこなして頑張っている
彼だからこそ徐々に自信をつけていけているのではないかと私は思っています。
そして、だからこそ、あえてあの番組のスタッフさんがハートの弱さを指摘したんじゃ
ないかとも私は思っています。
なんというか、
『あなたが頑張っているのはよく知ってますよ、でもあなたならもっと上に行けるよね』
という激励の言葉にも聞こえた、と言ったら言い過ぎなのかもしれませんが。
そういう意味で前回、羨ましいと書いたんでした。
前回は半分寝ながら書いたのでかなり端折ったなーと反省したんですけど
はしょらないとこうなるってほんと両極端だな私!
……ほんとすみません。


で! 改めてジューシーズ編。
まずは赤羽健ちゃん。
プラス面が「ラップが歌える」「頑張る姿が滑稽」「恋愛に不器用キャラ」
「体当たり突っ込み」「2000人ライブでのズボン落ち」
なわけですけども、ラップに関しては実際仕事にも繋げていますし
例えばバラエティ番組に呼ばれて、ちょっと歌ってとか振られてもすぐ対応
出来るでしょうし、分かりやすいし強みだよなー。
また上手いですからね!
頑張る姿が滑稽、は努力をバカにしているような感じがしてなんかなーと
思いつつ、でもぶっつけ本番陸上の三段跳びは大笑いしましたよ、ええ。
砂場にすら着地出来ないってある種ミラクルですよね。
いや相当痛かっただろうなとは思うんですけども。
恋愛に不器用はなー。これに関してはあの企画(ADさんとのデート)を組んだ
スタッフさんがすごいわ、と。
最初企画を知った時は、健ちゃん的には遊びではなかったんでしょうし
本気で好意を持って誘ったのにテレビで晒すってどうなの?、とは思ったんですが
ごめんなさい、「僕、多く食べたので4000円で」で全て吹き飛びました。
いやほんと、だったら割り勘って言われた方がずっとスッキリするって。
なんというか、あーまあどう考えても上手くはいかなかっただろうなと
思わせられたんで、そういう意味ではモヤモヤは晴れましたがそれで良かったのか?
体当たり突っ込みはいいんですけど使いどころは確かに難しそうですね。
相手を選ぶから。
線の細い人に行ったらただのイジメになりそうですし、そうなると
笑えないんだよなー。
尾形君にいくとか、太田君に行って返り討ちに遭うとかだったら面白そうですが。
そして、「ツッコミが流行るといい」と言っていた向井君に、やっぱり色々
考えているのだなあ、と改めて。
彼のツッコミはスタンダードだから(そこが安心して見られたり任せられたりするところ
なんですけども)、突っ込みワードが流行語に、とかは難しいところでしょうし。
そして2000人ライブのズボン落ちに関しては、これこの番組に衣装さんがいたら
回避されていたであろうに、と。
ローラースケートの練習で10kg痩せたと言っていましたし、実際その頃って
お腹まわりとか全然違いましたから。その頃生で見て、うわ痩せたなーと思いましたし。
そりゃ採寸の時より痩せてるのだから落ちるでしょ、と。
衣装さんがいたらサスペンダーとか用意してくれたところなんでしょうけども、
いなかったせいで結果的にああいう笑いに繋がった、というのがまた何というか
この番組って色んな意味ですごいなと思う次第です。

注意点の「見た目の割に食べられない」「全てがあと一歩」に関しては
その通り過ぎて何も言うことがないです、としか。
なんだか色々勿体ないんですよねー彼に関しては。
ツッコミ気質なのに体型のせいで(?)ボケ役に回っていたりするところとか。
私、健ちゃんのツッコミ好きなんですよ。
先日行われた『うるとらブギーズず』というライブで(カメラあったので後日配信
されると思います)、犬の心押見さんと(松橋)しゅうたがスポーツチャンバラで
対決する企画がありまして、その時のジャッジが健ちゃんだったんですね。
で、相手の頭の上についた紙風船を割ったら勝ち、というゲームで、
色々あったんですが最後しゅうたが倒れて押見さんがバンバン打つも風船は割れず、
で終わって2人とも疲れてぐだぐだになったところで健ちゃんが押見さんに
「割れよ!」と突っ込みながら頭を叩いたんですよ。
そのタイミングといい頭を叩く強さといい、もうね、素人目ですが絶妙!
あれでどっと笑いが起きたんですよね。
これに限らず、健ちゃんはいいツッコミするのになーと思うことがよくあって
健ちゃん個人にしても、ジューシーズというトリオにしても、勿体ないなと
思うことが時にあります。


そして松橋しゅうた。
体重はここに書かれているより軽くなったんじゃないのかなーとか
何気に靴のサイズ大きいのねとか思ったり。
で、プラス面。
「ネタを書くことが出来る」「料理が得意」「冷静沈着」「統率力あり」
まずネタに関してはその通りなんですけども、プラスして自分の色を出すことが
出来るんだよなーというのもあるんじゃないかと。
ジューシーズのジューシーズらしさって、しゅうたが作るネタに現れている気がしますし。
シャッフルネタに関しても、向井君をあれだけいじれたのはしゅうたならでは
だよなー。向井ファンとして、ありがとうしゅうた! という気分でした。
料理に関してもまさにその通りでして、ライブでたまに披露しますけどそれがまたどれも
めっちゃくちゃ美味しそうでね!
お金払うから食べさせてくれよ!、という気分になります。
また彼の場合、好きなのは料理をすることそのものではなくて誰かに食べさせて
美味しいと喜んでもらうことだと思うので、だからこそあんまり料理自体に
こだわりがないといいますか、すっごい手間暇かけて作るようなものではなく
短時間で簡単に出来てしかも美味しい、というものが多い気がします
(とここまで書いていて思ったけど、単にライブでは時間がないからそういう料理
ばかり紹介しているということかも、という気もしてきた。でも彼に関しては
料理そのものよりも食べてもらうことの方に重点を置いているのは確かだと
思うんですよね)。
なので、『ジューシーズ松橋の簡単クッキング』というタイトルとかで本を出せば
相応に売れると思うんですよね。
一人暮らしで時間のない人用に簡単に作れてそんなに器具も必要としないようなのとか
初めての一人暮らしでそれまで料理をしたことがない人用とか。
おうさまのいぶくろが好評なら絶対に冊子化すべきですって!
とはいえ私スマホなので、おうさま~が見られないんですけども……。
冷静沈着、統率力ありに関してですが、これ2つまとめてで書きますけども、
結局は彼が、”空気を読めすぎてしまう”のが良くも悪くも原因ではある気がします。
空気を読むから(他の人が前に出る時は)自分は前に出ないとか、空気を読むから
(相方2人が舵をとる気がないから)統率するとか。
もちろんそれが出来るだけの地力が彼に備わっていることも前提としてありますけども
ただこれらに関しては本当に、周囲(特に相方)が頼り過ぎなんじゃないのかなあ、とも。
本人も言っていましたけども、別にやりたくてやっているわけではないというのは
見ていても伝わる部分はあるので。

で、注意点。
「若いのに体力がない」「存在感が薄い」「お母さん出演NG」
体力に関してはジム通いしていますし(今もしているのかどうかは知らないですが)
これに関しては何とも言えないので置いておくにして、存在感ね。これは上にも
書いた通り、空気が読めすぎるのが原因だと思うので、いやほんとここに関しては
本人どうこうより周囲だと思うんだよなー。
特に相方2人の協力(頑張り)がないとここはかなり難しい気がします。
それか前にも書きましたけど、ジューシーズ松橋フィーチャー企画をぜひ
『333(トリオさん)』で! お願いします男前の藤城さん!
(こんなとこ見てないよなと思いつつ無駄に媚を売る・笑)。


最後は児玉君。
多い!、と言われていたプラス面から。
「家が借金3億円」「金払いがいい」「追い込まれた時の返しが面白い」
「全員に愛されている」「母親のキャラクターが良い」「ピース又吉も一目置いている」
向井君も言っていましたけども、借金3億あって金払いがいいってとんでもないですね(笑)。
こういうところが愛される所以でもあるのでしょうけども。
それにしても『333(トリオさん)』で支払った額50万越えってすごいな。
この番組の毎回のギャラが幾らなのかは知らないですけども、2年半やってきての
ギャラの総額のうち、どのくらい使わされたことになるんだろうとか思ったりしました。
さすがに赤が出ることはないとは思うんですけども。……出ないよね?
追い込まれた時の返しが面白い、ですけども、これに関しては
我々はジューシーズ児玉を輝かせたい!~児玉にやらせたい10の事~ レポ
でも読んで頂ければ伝わるかと。
にしてもこれ2年前に書いたレポなんですよね。このライブがすっっっっごい面白くて
ノリノリでレポを書いた記憶があるんですが、まさかこんなところで役に立つことに
なるとは思いもしませんでした。
全員に愛されている、はまさに。そういや前述した『うるとらブギーズず』のライブを見て
児玉君って将来的には押見さんのポジションになっていそうだなーと思ったりしました。
後輩に愛されるがゆえにいじられる、っていう。
お母さんのキャラクターはほんといいですよね。これまた皆に愛される感じで。
さすが同じDNAを持っているなと思います。
まったんが一目置いているのも分かるといいますか、さっきリンクを貼った
児玉を輝かせたいライブがもしテレビでやれるようなことになったら、本当に
大変なことになるんじゃないかと思います。
これロンハー辺りいけんじゃない?、と思っていたら本当にロンハーに出演しましたし、
あの感じは次回に繋がるんじゃないかと思うので、お願いします加地さん!
(だからこんなところは見てないって)
いやでも言い続けていれば言霊パワーでどうにかなるかもしれないからね!

でもって注意点。
「自分からコメントを発信しない」「リアルな変態」
コメントに関しては置いといて、変態部分。
ダマベイビーで一番受けていたのが大西さんだったことが個人的ツボでした。
そして児玉君に出て欲しい番組が私の中で決まりましたよ!
『ゴッドタン』の一企画である「オオギリッシュナイト」にぜひ!ぜひ!!!!!
ちなみにオオギリッシュナイトですが、一言で説明すれば下ネタ限定の大喜利。
輝かせたいレポにもありますが、下ネタ大喜利ならものすごい力を発揮するから
いやもうこれほんとマジで出て欲しい!
お願いします佐久間さん!(だからこんなとこ以下略)。
関連記事
スポンサーサイト

333

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。