ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

妄想バラエティ 『ウレロ☆未完成少女』にジャンポケが出たら編

2012年12月31日 01:29

妄想バラエティは、この人がこういう番組に出たらいいのになーというのを
勝手に想像して書く、という私だけが楽しい企画です。
でもって、前回の妄想バラエティで、ジャングルポケット太田君が
『ウレロ☆未確認少女』に出たらこんな感じかなーというのを書いたんですが、
せっかくだからジャンポケ3人とも出て欲しいなということで
今回考えてみました。
ついでに言いますと、『ウレロ☆未完成少女』のDVD発売記念(勝手に)でもあります。

ちなみに『ウレロ☆未完成少女』はテレビ東京でやっていたドラマといいますか
シチュエーションコメディです。
面白いから観たことない人はとりあえずDVDを観たらいいと思うんですよね。
一応公式サイトも貼っておきますので、こんな感じというのを分かって頂けると。


あくまで妄想なので、その辺りがOKの方のみ追記からどうぞ。


【出演者】
社長・川島:劇団ひとり
プロデューサー・升野:バカリズム
作曲家・角田:角田晃広(東京03)
UFIマネージャー・飯塚:飯塚悟志(東京03)
アルバイト・豊本:豊本明長(東京03)
アルバイト事務員・あかり:早見あかり
未確認少女隊UFI(ユーフィー):ももいろクローバーZ

ジャングルポケット(斉藤・武山・太田) ※年齢順



芸能事務所『@川島プロダクション』は人気アイドルグループUFIを抱えているものの
大手とは程遠い事務所である。
いつものように皆が事務所に集まっていると、突然の来客が。

太田「すいませーん。ここ、@川島プロダクションですよね」
飯塚「そうですが、何か」
太田「実はここの社長さんにお願いがありまして」
川島「社長は私だが、なんだ」
太田「実はこちらからデビューさせて欲しい2人組がいまして、もう絶対売れる
   ダイヤの原石なんですよ!」

太田、そう言うとドアの方を向き名前を呼ぶ。
入ってきたのは、本気の化粧&女装をした武山。

太田「まず一人目はこいつなんですけども」
角田「あー、まあまあ可愛いっちゃ可愛いか」
川島「名前は何て言うんだ」
武山「はい、武山コウメといいます」
川島「升野、どう思う」
升野「うーん。確かにそこそこ可愛いとは思いますけど、インパクトがないんですよね。
    ものすごく可愛いわけでもないし、だからといって何か目を引くオーラもないし」
太田「はい、こいつにオーラがないのは認めるんですけども」
武山「認めるのかよ!」
太田「インパクトもないのも仰られる通りなんで」
武山「そこも認めるのかよ!」
太田「なので、もう一人目を引く奴と組ませようと思いまして。そろそろ来ると思うんですけど」

ちらりとドアを見る太田。
バタバタと事務所に向かって走ってくる音が響く。

斉藤「すいませーん遅れましたー」

適当な化粧&女装の、見るからにオカマな姿で斉藤登場。

あかり「確かにすごい目がいっちゃう」
升野「俺が言ってたのはそういうことじゃねーよ!」

皆、まじまじと斉藤を見る。

川島「まだなー、こっちの、コウメだっけ?、はまだアリだとは思ったけど」
升野「よくアイドルになりたいとか思ったな」
太田「ええっ、でも確かここの作曲家の人はブス専だっていう話が」
角田「誰だよブス専の作曲家って」
飯塚「おめーだよ!」

川島「えーっと、とりあえず名前は?」
斉藤「斉藤しんじこ、です」
あかり「えっ? 宍道湖?」
斉藤「はい。湖のように美しくダイナミックになって欲しいという願いを込めたって
   言ってました」
升野「確かにダイナミックにはなってるけどな」

川島「まあ、せっかく来てもらって悪いけど、うちじゃ無理だから」
太田「いやそんなこと言わずに」
川島「無理なものは無理だから。うちも経営がかかってるしな」
太田「あの、じゃあせめてブス専の作曲家の人だけでも紹介してもらえると」
角田「ブス専じゃねーよ俺は!」
あかり「いやブス専でしょ」
升野「ブス専だな」
豊本「ブス専だ」
升野「そうだなブス専」
角田「なんなんだよてめーら! 俺はブス専じゃねえ!」

そのやりとりを見ていた太田、斉藤に何やら目で合図。
斉藤、おもむろにしなを作り角田に近寄る。

斉藤「あの、もしかしてあなたがあの有名な作曲家の角田さんなんですか」
角田「え? 有名?」
斉藤「めっちゃくちゃ有名ですよー。UFIの曲って全部角田さんが作ってるんですよね。
   どの曲もすごくて、天才現るって言われてるじゃないですかー」
角田「え、いやあー、それほどでも」
斉藤「しんじこ、そんな角田さんに曲作ってもらいたいなあー」
角田「よし、お前に似合う曲を何曲でも作ってやる」
飯塚「チョロ過ぎんだろ!」

川島「そういや、なんか持ちギャグみたいなのはないのか? こいつらは」
太田「持ちギャグですか?」
川島「ほら、あのももちとかいう子の、『許してにゃん』みたいな」
あかり「あれは別に持ちギャグではないと思いますけど」
太田「あーそれだったら、うちの斉藤が、すっごいの持ってますから。なあ斉藤」
斉藤「え……?」
太田「持ってるよなあ。ほら、社長さんに披露して。『許してにゃん』みたいなやつ」
斉藤「ええー……」

ひどく困り果てた顔をしながらも斉藤が披露。

斉藤「スンマヘッ、ボンバヘッ、……にゃん」

流れる沈黙。

豊本「萌えー」
飯塚「ええー! あれのどこに萌え要素が!?」
豊本「決めた。君を秋葉原でプロデュースしたい。グッズも出そう」
角田「待て待て。この子は俺が曲を作ってだな」
川島「いや待て! この子は、俺がプロデュースする!」
飯塚「ええー! 社長ー!?」
升野「そもそも何でこっち(斉藤)なんだよ。沼だぞ。どっちかっていったらまだこっち(武山)だろうが」
川島「だって2人で取り合ってるの見たら急に惜しくなってさ」
飯塚「単純だなおい!」
川島「だから社長権限で俺がやる。俺が沼子をプロデュースする!」
升野「何であんたがプロデュースすんだよ。それは俺の仕事」
川島「いや俺がやる。俺が沼子を一流のアイドルにしてみせる」
升野「無理だって社長には。この泥沼を売り出すのは」
川島「いや、俺はこの底なし沼をアイドルにしたい」
斉藤「あの、沼じゃなくて湖……」
角田「待ってくれ社長。最初に沼子に目をつけたのは俺だからな」
豊本「沼ドル。新しい……!」
あかり「次の漫画のヒロイン、沼っていうのもありかな」
飯塚「あかりちゃん! あかりちゃんだけはまともでいて頼むから!」

川島「よし決めた! この二人をUFIの妹分としてデビューさせよう」
太田「ええっ、ほんとですか!? ありがとうございます!」
あかり「妹っていうか、姉じゃないですか」
升野「いや姉って言うより兄か保護者か」
川島「もう名前も決めてある。UTI(ユーティー)だ!」
角田「UTI? どういう意味なんだ社長」
あかり「UFIが未確認少女隊だから、未確認……」
川島「違うぞあかり。聞いて驚け、UTIは、埋め立て地だ!」
升野「は? なんだよ社長それ」
川島「いいか、まずこっちがコウメ、のウメ。そしてこっちは沼だから
    沼を埋め立てるってことで埋め立て地だ」
斉藤「あの、沼じゃなくて湖なんですけど……」
川島「だから、UMETATECHIで、UTIだ。どうだ、驚いただろう」
飯塚「違う意味で驚きだよ!」



途中からタケが全然喋らないという状況に。ううーむ。難しいなやっぱり。
あの雰囲気を出したかったんですけどねー。
ほんと出てくれないかな。3rdシーズンもあると信じているので!

ところで明日31日なんですけども、神保町でLLRのライブ通し券で観てから
下北沢で南キャン山ちゃんのライブで年越し、という予定です。
なので本年のブログ更新はこれがラストになるかと思われます。
本年ラストがこれでいいのかという気もしますが、まあいいか(笑)。

今年一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年を!
関連記事
スポンサーサイト

妄想バラエティ コメント: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
梓さんのブログの更新楽しみにしてます。

沼ドル。笑
武山さんは女性らしい女装なんですよね。
斉藤さんが女装してるところって見たことないんですが、
顔を考えると確実にかわいくないでしょうね。笑

私は「しゃべくり007」と
「いきなり黄金伝説」のサバイバルに出てる
ジャングルポケットを見たいです。
あの3人なら、無人島でもがんばれるんじゃないかと。

2013年01月01日 20:40 | URL | 坂井綾花 | 編集

Re: No title

明けましておめでとうございます(もう13日ですが……)。
武山君はコントの女装も力を入れていますし、
お笑い男子校(今となっては懐かしいタイトルですが)の
女装企画でもすごい可愛く変身していたのでいけるかなーと。
斉藤君の女装はコントで数回見たことがあるのですが、
見るからに斉藤慎二という感じでした(笑)。

しゃべくりは(ネタだけですが)出ましたし、
黄金伝説見たいですね。
タケが案外器用に色々やってくれそうな気がします。

2013年01月13日 20:48 | URL | 梓 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。