ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

年末だしお笑いにおけるMVPを考えよう 芸人編

2012年12月29日 23:27

前回ライブ編をやりましたが、今回は芸人編です。
あくまで私が思う、なので偏りがありますがその辺りは軽く流していただけると幸いです。

ではまず、惜しくもMVPは逃したけれど今年凄かったよね、という人達から。


南海キャンディーズ 山里亮太氏
いやこの人を今更MVP候補に挙げるのもどうかとは思ったんですけどね。
せめて数年前だろうよ、と。
ただ今年の活躍の見事さを考えると、せめて候補に入れておきたいなと。
なので個人的には特別枠な感じです。

今年の彼に関してはやっぱり、『たりないふたり』のテレビ放映が大きかったなと。
これに関しては私がとやかく言うよりも、お笑いナタリーのインタビュー記事
読んで頂けるのが一番手っ取り早いと思うのでそちらをどうぞ。
いかに身を削ってあの番組を、そしてライブをやり通したのかがよく分かりますし。
この人のお笑いに賭ける意気込みとか、自分や周囲をきちんと分析して
何が自分に足りないのか、または何が自分の武器になるのかをきちんと見極めて
そこに勝負を賭けるところが大好きなんですよ、私。
彼のライブであったりとかインタビュー記事などを読んでいると分かるんですけども、
僻み根性丸出しとか言われたりしますけど案外人を褒めているんですよね。
案外というか結構かなり。
相方のしずちゃんに対してもそうですし、たりないふたりを一緒にやった若林君もですし
ライバルであろう同期の芸人さんや後輩に対しても結構褒めているんですよ。
以前、山里亮太の140というライブで、あ、これは一歩外に出たら内容を忘れる病気に
かかっているので内容は覚えていないんですけども(笑)、とある後輩の話題が出た時に
「俺あいつの面白さが分かんない」と言ったんですね。
で客席が一瞬『えっ……』という感じになったんですけども、続けて彼が
「だって俺が(後輩の持ちギャグ)をやったって面白くなんないでしょ。俺、自分が
面白く出来ないギャグは分かんないから」
みたいなことを言っていたんですね。
ちょっと文章だと伝わるか分からないので書いておきますが、その言い方が
【俺がやっても面白くないけど、後輩芸人がやれば面白い】
という感じだったのですよ。
確かに思い返してみれば、「面白さが ”分からない”」とは言っていましたけども
「面白くない」とは言っていないんだよなあ、と。
他の人を、「つまらない」と一刀両断するのではなく、他の人の面白さは認めつつ
じゃあ自分はどうすれば上に行けるかということを常々考えている辺りが
ほんと好きなんだよなあと思います。

そしてあと、相方のしずちゃんとの和解(?)ね。
テレビで何回か話していたんですけども、南キャンはずっと仲が悪かったと。
それはひとえに山ちゃんがしずちゃんの才能にずっと嫉妬していたからなのだけど
山ちゃんが先輩とかにしずちゃんの愚痴を言いまくるのを先輩が心配して
しずちゃんにフォローの言葉をかけると、いつもしずちゃんが決まって
「私は山ちゃんに面白くしてもらっているから南海キャンディーズは辞めません」と
返していた、ということを山ちゃんが知って反省した、という話。
これを山ちゃんがテレビで話していて、改めてこの人すげえな、と。
だってこんな話をしたら、しずちゃんの評価は上がりますけども山ちゃんの評価が
さらに下がるわけじゃないですか。
聞く人が聞いたら、やっぱり山里クズだな、ということになるでしょうし。
それを、自分がいかにクズだったかということを認めつつ、しずちゃんの評価を
一切落とさず(実際、話の中でしずちゃんが悪いみたいな事は一切言わなかったので)
いい話として最終的に昇華する辺りがすごいなと。

今年は山ちゃんのライブで年越しが決定しているんですけども、
単純に楽しみですしこの人のライブで年を越せるということが嬉しいです。


うっかり長くなりすぎたので以下は短めに行きます。


ジューシーズ 松橋周太呂氏
昨年のMVPですが今年もやっぱり名前は挙げておかないとでしょう、と。
彼の実力は以前から凄いなと思っているんですけども、今年はそこに積極性が
出てきたなと感じています。
以前にも書きましたが、彼は空気が読めすぎてしまうせいで、空気を読んで
前に行かないからチャンスを活かせないことが結構あると感じていたんですけども
最近はそこを改めたのか、前に行こうとしている感があるなと思います。
そういう意味で来年がすごい楽しみなんですよね。
なのでMVPにするなら来年かな、ということで今年はこの位置で。


パンサー 向井慧氏
この人も前々から実力は認めていたところなんですけども、テレビに色々出始めて
改めてやっぱすごいわ、と。
安定感がとんでもない!
前にも書きましたけど『Qさま』。この番組って初参加の人は平常心でいられない
システムになっているんですよね。チーム戦な上一度のミスで終了ですし、でも
やっぱり爪跡は残したいと考えるでしょうし。
なのにあれだけ冷静にやり遂げた、というのがまたね!
いや本人的にはひどく緊張していたんでしょうけども、テレビで観る限りでは
緊張は分からなかったですし、ほんとすっごい安定していましたし。
彼は元々努力家ですけども、こつこつと準備していたことが最近になって
活かされることが多くて、ファンとして嬉しい限りです。
まさになー、備えあれば憂いなし、を実行している人だよなと。


ジャングルポケット 斉藤慎二氏
別に『333(トリオさん)』メンバーを一人ずつ挙げようとしたわけではないんですが
結果的にこうなりました。
彼も頑張ったよね今年ほんとに!、と。
斉藤君に関しては、ロンハーのドッキリ以降、多少心配だったのですよ。
どうしても被害者意識が感じられて。
これまた前にも書きましたけど、ドッキリに引っかかって芸人としてオイシイと
思う前に、(相方=信頼している人に)騙された、という気持ちが大きかったような
気がするんですね。少なくとも私にはそう見えたので、ドッキリの配信を見ても
素直に笑えなかったところがありました。
ドッキリとかのたぐいというのは、やられた本人が納得していないと
イジメになってしまう部分もあるので難しいんだよなあ。
なんですが、とうとう彼が開き直ったー!、と。
先日のロンハー年末SPを観た方はご存じと思いますけども、開き直って
言わなくてもいいことまで暴露する斉藤君に腹抱えて笑いましたよ。
本人がそういう姿勢を取ってくれるならいいよ、こっちも心置きなく笑えるよ!
ちなみに、あの年末SPで最後の相撲に勝利していたら彼がMVPでした。
いや、あれは勝たないとダメだって。仕方ないんですけども。
太田君だったら背負い投げ出来たんだろうなあと思ってしまったので
次にこういう機会がある時のために(あるのか?)背負い投げのコツとか聞いておいた方が
いいんじゃないかと勝手に思っていたりします。


ライス 田所仁氏
彼に関しては今年が凄かったというよりは、今年私が彼の凄さに気付いた、という感じ。
ファンの人からしたら、今更かい、と言われてしまいそうなんですけども。
『キングオブエロス』というライブでの仁君がまーあとんでもなくて
改めてこの人どっかおかしい、と(※最大級の褒め言葉ですよ念の為)。
ライスはもうこのまま突き進んでそして売れて欲しいです。


そして今年の私的MVP。

ウーマンラッシュアワー 村本大輔氏
この人の、自分の武器は何かを考えひたすら努力するその姿勢ね。
そしてその努力が花開いてきたのが今年という気がします。
ウーマンというとどうしてもバイトリーダーのネタが有名なので
いかにそのイメージを払拭させるか、が彼らの課題でもあったと思うのですね。
それが払拭できなければ一発屋で終わってしまう可能性大ですし。
払拭と一言で書きましたけど、どうやって払拭させるかといえば、
より面白いネタを世間に出さないといけないわけです。
それが難しいことだから一発屋は一発屋で終わってしまうわけなんですが
彼は、というか彼らはやってくれたなあ、と。
今年のTHE MANZAI で披露したネタですけども、バイトリーダーの流れも汲みつつ
新しいものを見せてきてそしてそれが面白い、と。
新ネタを作るということは相当な労力がいることでしょうし、
ましてや進化し続けるということは本当に大変な事だと思うんですけども
日々努力してやり続けているのだなあと。

先日、彼らのDVDを購入しまして観たんですね。
正直これがつまらなかったらMVPにするのは止めようと思っていたんですが
面白かったのでMVP決定です。
彼らに関してもほんと来年が楽しみだなー。
ネタを作っているということで村本さんをMVPにしましたけども、
中川さんの実力もかなりのものだと思っているので、来年がほんと楽しみです。



来年は、ライスとウーマンラッシュアワーを推していこうかなとか。
私が推したら売れるみたいなジンクスが欲しいので(笑)、
マジでライス頑張ってくれ!と思います。
ウーマンはまあ大丈夫だと思うから、ライス!頑張れライス!売れろー!
関連記事
スポンサーサイト

お笑い コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。