幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

伊トーク~今年やり残したことやりまっしょい~ 軽くレポ  

前回、ジャンポケのトークライブレポを書いたら半日潰れたので
その反省を踏まえて、今回は軽ーく書きます。
軽くったら軽く!(笑)。
毎度レポの時は書いていますが、メモ等取っていませんし
もちろん録音等もしておりませんので、完全に記憶頼りです。
大体こんな感じだった、程度に読んでもらえれば幸いです。
ただ、明らかな間違いはこっそり指摘して頂けると幸いです。


【出演者】
LLR伊藤
ブロードキャスト房野(永久ゲスト)

ゲスト:あべこうじ、永井佑一郎、ピクニック、シューレスジョー



レポは追記にて。

まずはいとーちゃん一人で登場。
このライブはお客さんがあったかすぎる、と「毎回作家から苦情が来る」
と毎回言っているいとーちゃん。とはいえ、そんなにあったかくなかったことが
今回判明するわけなんですがそれは置いといて。

1年あっという間ですねー、という話の後、お姉さんが旦那さんの仕事の都合
(だったと思う)で香港に行っている、という話を。
「一番上のお姉ちゃんが、あ、二番目なんですけど」
長女だけどその上にお兄さんがいるので、伊藤家としては二番目、という意味ね。
三ヶ月前くらいに香港に行って先日帰って来たそうなんですが、
「三ヶ月も行ってたんだ、って。二週間くらいだと思ってた」
いやさすがにそれは(笑)。LLR忙しいからね。
でもって、お姉さんには三歳くらいの女の子がいるんですが、その娘が
日本を発つ前はいとーちゃんに懐いていたそうなんですけども、帰って来て
三ヶ月ぶりに会ったらすっかり知らない人扱いに(笑)。
「○○ちゃん久し振りー」と手を振っても、不審者を見る目で見られたとか。
そして先日、そのお姉さんとは別のお姉さんの子供(いとーちゃんからしたら
甥っ子&姪っ子ね)に会ったそうなんですが、姪っ子の方がイマイチ懐いてくれない、と。
「僕ねー、以前は子供と動物に好かれるタイプだと思ってたんですよ。実際そうだったし。
でも大人になってからなんか懐いてもらえないんですよねー」
嘆くいとーちゃんでしたが、姪っ子が通っている保育園での流行りのお遊戯を聞いて
一緒に遊んだりとか、紙飛行機を作って飛ばしてあげたりしたらすっかり懐いてくれて、
その後買い物に行ったら、いとーちゃんの足にべったりしがみついて離れないくらいに。
かわいいなーと満足するいとーちゃんでしたが、
「子供って、一回懐くとずっと好きなんですよ。だから別れるってなると
すっごい泣いたりするんですね。離れたくないって」
きっと今回も泣くんだろうなと思いながらいざ別れの時。
その時の再現。
「じゃあ智博おじちゃん行くねー」
と最初言いかけたんですけども、言い直しまして、

「あ、僕甥っ子姪っ子からLLRって呼ばれてまして」

まさかの(笑)。
10人兄弟でおじちゃんの数が多いからそうなったらしいです。
とはいえ子供が自分からそう呼んだわけではなく、「親の教育」だそうですが。
で、「泣くのかなーって思いながら、『LLR行くねー』って言ったら、
『うん、バイバーイ』ってあっさりアンパンマンの三輪車乗って行っちゃいましたけど」
子供って案外ドライだったりするよね。


「BEING LEGEND」に行った話。
いとーちゃんブログにもありましたけども、出演者は
FIELD OF VIEW、B.Bクイーンズ、DEEN、T-BOLAN。
「僕ら世代にはたまらない人達」とのこと。
ただ10代とかには馴染みがないだろうということで、
「FIELD OF VIEWとか知ってます? あ、でも見たところ僕世代のお客さん多い気がする」
否定はしません(笑)。
で、そのライブに行った話。大宮まで行ったそうな。
1組ずつ出てきて何曲かずつやったそうなんですが、最初のFIELD OF VIEWが
一曲目に『突然』を歌ってくれて大いに高まったものの、
「次から知らない曲ばっかで」
でも『突然』聴けたからいいやー、と思い、次のB.Bクイーンズへ。
なんですが、出てきたけれど何か違和感が。
「ヴォーカルの女の人がいないんですよ。あの、派手な眼鏡かけた、スパイクの松浦みたいな人」
スパイク松浦、で、ああー、と納得する客席(笑)。
で、そのヴォーカルの女性(坪倉唯子さん)は別の仕事で来れない、ということだったんですが、
その「BEING LEGEND」はツアーで、この大宮がなんと最終日、と。
最終日に他の仕事で来れないって、と思いつつライブを観ていたところ
B.Bクイーンズ最大のヒット曲である『踊るポンポコリン』のイントロが。
ヴォーカル不在でどうするんだろう、コーラスの女性(宇徳敬子さん)が歌うなら
それはそれでレアだからいいけど、と思いながら待っていたところ、なんと
坪倉さんのパネルが出てきて、そしてヴォーカル込みの歌が流れた、という。
「わざわざ大宮まで行ってCD聴いてきた」という状況になったとか。
次はDEEN。「あれとか歌ってくれたんですよ。あれ……うわ全然出て来ない」
曲名を全てド忘れするいとーちゃん。
「なんだっけ。うわー歳だなー。DEENって何の曲ありましたっけ」
客席に訊くいとーちゃん。
そして教えてもらったものの
「それってどういう歌でしたっけ? ちょっと歌ってもらっていいですか」
まさかのものっすごいムチャぶり(笑)。
DEENに関しては後からカンペ(舞台前のモニター)で曲名を教えてもらっていました。
そして最後のT-BOLAN。他のアーティストの時も間にちょっと休憩というか空きは
あったそうなんですが、T-BOLANの前だけがっつり15分休憩&セットも大幅チェンジ。
何で彼らだけが特別待遇なのかさっぱり分からないといういとーちゃん。
「力関係も分かんないですし」
なんか個人的にちょっとツボに入ったセリフ。
で、T-BOLANがスタート。さすがに全曲知っていたし、なにより全然変わってなくて
パワフルで、「その時間だけはすっごいT-BOLANが好きになってたんですよ。
今は冷静になりましたけど」
おおおい(笑)。
で、すっごい盛り上がったらしいんですが、ヴォーカルの人が
「サンキュー東京ー!」
と叫んだ時は、
「心の中で客席みんなが、いや大宮、って思った」
とか(笑)。
ただ、とにかくすごい楽しくて、斜に構えて観ようと思っていたのに
結構ノリノリだったそうです。


『伊藤の来年の目標を決めようのコーナー』
今年やり残したことはもうあと一ヶ月なのでやり切るのは無理だから
来年頑張ろうということで、来年の目標を決めることに。
いとーちゃんは来年34歳ということで34個の目標を掲げたんですけども、
「他事務所の芸人と仲良くなる」「恐竜検定に受かる」「バイクの免許を取る」
「バイクを買う」「芸人以外の芸能人との写真をブログに上げる」「結婚する」
など、まあそうだね目標っちゃ目標だよね、というものから
「スカイツリーの展望台にのぼる」「パスポートを取得する」
という、さっさと行ってくれば、と言いたくなるものまで(笑)色々。
来年の伊トーク6回分も目標の中に6個入っているというね。
目標の中には「ロト6で10万当てる」というのもあって、当たったら何か
お客さんに還元したいとか。ただLLRのライブで福田君が毎回
ボートレースで当たったら還元すると言って出来てないというようなことも
言っていました。
で、頑張って色々埋めたけれどまだ空きがあるのでお客さんに決めてもらいたいと
いうことで事前アンケート。
【伊藤は来年何を頑張ればいいと思いますか】(だったかな)
割と多かったのが、新しくペットを飼う、というもの。いとーちゃんも
かめ丸の水槽に何か入れたいとは言っていました。
「何にしよう。貝とかでいいですか?」
貝ってペットになるの?
あと写真集を出したい、と。飼っている猫とカメのちょび丸&かめ丸か、
ちょいちょい写真を撮っているサカイストのデンペーさんか、ポテト少年団中谷さんで
出したいとか。
他は、アンケートにあったんですけども、漫才を楽しむ、MCを頑張る、ツッコミを頑張る、とか。
ただ、「これどこで目標達成出来たって公言していいんでしょうね」
確かに難しいよなあ。
あと、痩せて欲しいという意見が多く見られました。とはいえダイエットをする(10kg)は
既に目標に挙げていたので、頑張る、と。
でダイエットをして男前ランキングに入る、というのも目標にしたんですけども
「男前ランキングってもう投票始まってるんでしたっけ。最悪、再来年でもいいですか?」
ということで、ここを読んでいるいとーちゃんファンの方は
いとーちゃんに投票したらいいかと思います。
本人が目標に掲げているので。
でこのアンケートなんですけども、「結構ダメ出しされてんだよなー」と
いとーちゃんが呟いていたんですね。
なので、優しいという程優しい訳ではないよなあ、とか。
とはいえ甘やかすと優しいは全く違うわけですから、そういう意味で
優しいっちゃ優しいのか。


『ピン芸人と遊ぼうのコーナー』
こんなタイトルじゃなかった気はしますが(笑)。
いとーちゃんはピン芸人が大好きということで、ピン芸人を呼んで色々やろう、と。
まず最初は、「ピン芸人は普段一人でネタをやっていて寂しいはずだから
一緒にネタをやってあげよう」ということで、いとーちゃん作のネタを
ピン芸人の方々と組んでやることに。
書き忘れていましたが、このコーナーからMCが房野さんになりまして、
「普段ネタを作らない伊藤が作ったネタなんで、もうハードルこのくらいで
(と言いながら足で床ギリギリの辺りに線を引く)観てください」
と。
最初はトリオネタ。ピクニック、シューレスジョー、LLR伊藤。
コントで、ピク兄が画家、シューさんが古畑任三郎。
画家を追い詰めていく古畑。そして画家が犯行を自白し警察に向かう、という
辺りでいとーちゃんがやって来て、「すいません真犯人僕です」と言う、というね。
とにかくシューさんの古畑が素晴らしすぎ&ピク兄の画家の格好がベタすぎ。
房野さんも後で、「あんな画家います? ジャイ子みたいな」と言っていました(笑)。
続いてはコンビネタ。永井佑一郎&LLR伊藤。
全身タイツ姿の2人による、身体固いマン。
これなー、ちょっと説明が難しすぎるんですよね。なので割愛。すみません。
なんか分かんないけど面白かったんですが、後で房野さんが出てきて
「これほんとにいとーちゃん作ったの? 永井さんじゃなくて?
後で訊きましょう。ただ、どっちが作ったの、じゃなくて、戦犯はどっち?
という訊き方で」
すっかり戦犯扱い(笑)。ちなみにいとーちゃん作でした。
最後もコンビネタ。あべこうじ&LLR伊藤。
暗転してサンパチマイクが前に。漫才だ! とちょっと湧き立つ客席。
個人的には出だしこそうわあ、という感じでしたが徐々に面白くなっていって
最終的にはほんと面白かったです。

ネタの後はトーク。お題があってそれに沿ってのトークでした。
まず最初は、【一人で寂しくないの?】
普段コンビでやっていると一人というのは考えられない、と言う
いとーちゃん&房野さん。
とはいえピンの人達によると、舞台上は別に、と。
ただ、「楽屋が寂しい」とか。
これ以前にピクとジョーのライブでも言っていたんですが、楽屋で
コンビの片割れと喋っていて、でネタ合わせで呼ばれると寂しい、とか。
自分は決してそういう意味では呼ばれないので。
あとオーディションも寂しい、と。自分以外誰がいるか分からないから。
コンビなら確実に一人は知っている人間がいると分かっているけれど
ピンだとそうもいかないと言っていました。

個人的にちょっと面白かった話。
ピク兄が、「コンビはどっちかがちゃんと着いていたらOKみたいな感じになる。
遅刻扱いされないからいい」と言ったところ、いとーちゃんが
「いやいや、相方が来ない時の居た堪れなさや焦りを知らないでしょ」と。
これ、いとーちゃんと房野さんが2人とも言っていたんですけども、
自分が遅刻するより待っている方が辛い、とか。
それにはピク兄始めピンの人全員がなるほど、と。
ただやっぱり、ピンの人は基本遅刻しないそうです。
そりゃ全部自分にダイレクトに返って来るからねー。

あとなんだっけ、え?、なんでこの質問?、というのが続いて
その辺は軽く流されて最後の質問。
【僕(伊藤)のどこが好きですか?】
いとーちゃんによると、「僕のことが好きなのは確実」なんだとか。
親しみやすい、とか、入って行きやすい、とかだったかな。
で、逆にいとーちゃんは誰が好きなんだという話になりまして、
ピン芸人のゲスト4人の好きな順を発表する事に。
目をつぶって手を出すから順番に手に触れていく、ということになったんですが、
房野さんが一番手前にいたあべさんの手に何回も触れるというイタズラをしたので
めちゃくちゃ混乱するあべさん。
なんか手がいっぱいあった!、と(笑)。


軽くと言いつつ結構書いちゃったな。まあ2時間くらいで済んだのでよしとしよう。
伊トーク、毎回何気に面白かったりするので、行ける方はぜひぜひ。
来年も続いて欲しいんですよねー。
正直、私が見た限り今の客数だと(中略)なので、ほんっとに行ける方はぜひに!
関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

thread: 芸人ライブ - janre: お笑い

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret