ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

朗読劇『緋色の研究』が素晴らしかったよ、という話

2012年10月01日 23:42

行ってきましたよ台風の中。朗読劇『緋色の研究』に。
名探偵シャーロック・ホームズと、その相棒ワトソンの話です。
友達に「斉藤さんが出るよ!」と教えてもらいましてサイトを見たところ
まあ正直、普段お笑いのチケットの値段慣れしている身からすると高いなとか
思ったんですけども(笑)、こんな機会は滅多にないしということで購入。
結果、行って良かったー!と。
台風で大変だったけどね(笑)。

この舞台の、おおまかな説明は演劇ニュースでどうぞ。

朗読劇に行くのは初めてだったんですけども、まあ朗読劇というからには
朗読なんだろうなーと思っていたらまさにその通りでした。
応接室のようなセットに2人が座って、脇に効果音担当の人はいるんですけども
お芝居自体は2人で、基本的にはずっと座ってそれぞれセリフを読みあげる、と。
とはいえ登場人物は2人ではないので、ひとり何役もしないといけなかったりとか
(斉藤君は4役、一緒にやった久保田さんは7役、と言っていましたね、よしログで)、
動きやセットなどが制限される分、声とちょっとした表情で表現しないと
いけないということでかなり難しい部類のお芝居だったと思うんですけども、
そこは2人ともほんっと見事でした。引き込まれましたよ。
久保田さんは全く存知上げなかったのですが(ごめんなさい)達者な演技でしたし
斉藤君はお芝居上手いの分かっていましたし。
もうねー、2人しかいないしセットも変わらないのに、情景が見えるんですよ。
語られている世界観が浮かんで、うわあこの先どうなるんだ、とほんと引き込まれました。
原作読んでみたくなりましたし。本で読むとまた違うんだろうしなー。

私は斉藤君の真剣な演技が大好きでして、なのでこういう機会があったというのが
もーう嬉しくてたまらなかったんですよね。
神保町花月でのお芝居もありますけども、あれはやっぱりお笑い芸人というのが
前提にあるからどうしてもどこかで笑わせる方向になりますし、それはそれで
面白いからいいんですけども、笑いの全くない、最初から最後まで真面目な感じの
お芝居も見てみたいなと思っていたので、がっつり堪能しましたさ。
斉藤君はホームズ役だったんですけども、最初の帽子被って歩いてくる様が
もうめっちゃカッコ良くてですね、『うわあこれナマーシャで売ってくれたら
速攻で買うよ!いやダメだここ吉本の劇場じゃなかった』(この間0.2秒)とか
思ったりしたんでした。

そういや、こういういわゆる若手イケメン俳優(というの?)が出るようなお芝居に
行くことがなかったんで知らなかったんですけども、ちゃんとプレゼントボックスとか
用意されているんですねー。
無人だったらこっそり入れて来ようと思ったんですけども人がいたので
「斉藤さんに」と言ったら、え?そっち?、みたいな態度を一瞬取られた気がしたんですが
きっと気のせいだと思っておきます。
その前に台風なんだから荷物増やすなよって話なんですがごめんなさい
(いやここで謝っても一切伝わらないから)。
予約品だったし日持ちしなかったしさあ、と言い訳をしつつ。
とそんなことは置いといて。


個人的には、役者・斉藤慎二にも大いに期待をしていまして、いつか『相棒』の
犯人役で出てくれないかとずっと密かに思っていたりします。
その場合は全く情状酌量の余地がない凶悪犯で、右京さんに激昂されて欲しいなあ。
自らの快楽の為に何件も殺人を犯すような役とか。見たいわー。
ただ、そういう振り切った役もいいんですけども、哀愁漂うようなのも
似合うんだよね、とも思ったりしています。
なんか、結婚相手に結婚式当日に逃げられて自殺しようと思ったんだけど
死ねなくて、それでまあ色々あって、みたいな役とか。
見たいなーこんな感じでさあ、とか頭の中で考えていたら、結構壮大な
ストーリーになりまして、これそのうち書こうかなとか(笑)。
いや書いたところでどうするわけでもないんですけども。完全な自己満足。
単純にそういうのを考えるのが楽しかったりするんですよ、っていう。

とにもかくにも、斉藤君にはもっと色々舞台に出て欲しいなと思っています。勝手に。
緋色はファンの欲目を抜きにしても普通に面白かったと思うので、これが次に
繋がってくれればいいなと。
個人的にはなー、劇団☆新感線の客演とか見たいんだけどなー。
もちろん本業はお笑い芸人ですしメインはそこなんですけども、
お笑いを主眼に置きつつ色々やって欲しいなと勝手に思っていたり。
言霊パワーでなんとかならないかな。
届いておくれ!演劇界の偉い人に!
関連記事
スポンサーサイト

ブログ コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

海老原 梓

Author:海老原 梓
10月15日生まれ。山形県出身。
お笑い大好きです。
野球や、ハロプロはじめ女性アイドルも好きです。

2014年11月、15周年特番あれこれなどがきっかけで嵐にドハマリしました。一推しは松本潤くんです。泣き虫ちゃん(相松)を推しています。

2016年11月以降、Hey!Say!JUMPも応援するようになりました。一押しは中島裕翔くんです。やまゆとにテンションが上がります。

無記名や名無し等のコメントには返信しませんのでコメントにはお名前(ハンドルネーム)をお願いします(但し、一部のメンバーを下げる発言や、記事を読んでいないのに書いたと判断したコメントにはお名前があっても返信致しませんのでご了承ください)。相葉ちゃんを下げるコメントをされた場合はアク禁をします。返信が必要ない場合は明記していただければ返信はしませんがありがたく読ませていただいています。拍手コメントはその記事のコメント欄でお返事しています(返信不要以外)。メールフォームからのお返事は確約出来ないです。すみません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。