幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自主規制について考える  

今年も今日で終わりですね。この一年、このブログに来てくださった皆様、コメントや
メッセージをくださった皆様、本当にありがとうございました。
最近はなかなか更新も出来ないダメっぷりですが、来年もブログは続けていきますので
気が向かれましたらまた見に来ていただけると嬉しいです。


今年最後のブログは、ずっと考えていたことについて。

ありがたいことに、パンサーであるとか若手芸人のことを書くようになってから、
それらの記事を求めて来てくださる方も徐々に増えてきて、結果的にアクセス数も増えました。
ありがとうございます。
ただ、それにより責任を感じることも増えたんですね。
いや最初から責任持って書けよ、と言われればそれまでなんですけども。あ、もちろん
責任は感じながら書いていますよ。無意味に誰かを傷付けたりしないように、という意識は
常に持ちながら注意を払って書いてはいます。
なんですが、なんて言うんだろう、当たり前ではあるんですが、母体が増えるとそれだけ
こちらの予想も追いつかなくなるといいますか。
平たく言えば、え?、これってこういう捉えられ方するの!?、という。
自分の文章力がないことは重々承知しているので、私が書いた事に対して ”私が”
批判される事に対しては別に構わないといいますか、反省する部分は反省して
以後気をつけるようにすればいいんですけども、問題はそうではない場合。
例えば、ライブについてやDVDについての感想を書いた時に、読んだ人が
『あー、この程度の(つまらない)内容なら観に行かなくても(買わなくても)いいや』と
思われてしまう可能性もあるのだということに気付きまして。
こちらとしては基本的に面白かったライブやDVDについてしか書いていないので、
これ面白かったよーおススメだよーという気持ちでブログを書いているんですけども、
そのことが逆に販売を妨げることもあるのだと気付いて以降、正直ブログに何を
書けばいいのか、ひどく悩み出したことも事実です。
もちろん微々たるものだとは思いますけども、たとえ1枚でも自分のせいで
DVDが売れなくなったとかなった場合、責任を取る事は出来ないと考え始めると
ほんっと何も書けなくなるんですよね。
それでも、止めるのは嫌だしライブレポとか楽しみにしてくださっている方もいるし、と
思って書く事は書くんですけども、内容がなんていうか当たり障りがなくなって
自分で読み返してもこれつまんねーなー、って分かるんですよ。
いやじゃあ普段面白いものが書けていたのかよ、と突っ込まれるとそこはまあ、
ちょっと自分では分からないですけども、ただほんとに一時期は書いていても
読み返してもつまらない文章だと思っていたのは事実です。

で、ブログを止めようかどうしようかと悶々と悩んでいた時に、はるかぜちゃんの
ツイッターが目に入りました。
はるかぜちゃん(@harukazechan)こと春名風花ちゃん。子役タレント、というよりも
バラエティでの早泣き少女、と言った方がピンとくる人も多いでしょうか。
彼女はまだ10歳ではあるんですが、ものっすごく的確な事を時に言うんですね。
東京都の都条例で18歳未満に対して漫画を規制する動きが出た時に、
「都条例ぷんすか(ω)」とツイッターに書いておりまして、平たく説明しますと
子供だからといって判断がおぼつかないわけではない、自分らでいい漫画も
悪い漫画も選べるのだから大人が勝手に決めるな、と。意味合い的にはそんな感じ。
その話を聞いた時は、あーそうだよなーすごいなー正しいこと言ってるなーとかくらいの
印象だったんですけども、ここにきてそうじゃん!、と。
それこそ、いいも悪いもうちのブログを読んでくださっている方が判断する事であって、
私が決める事じゃないんだよな、と気付いたわけです。
そしてそういえば結構前に、ライターの友人に「えびさんの書くものは説明的過ぎる。
読む側は理解しようと思って読むのだから、逆に説明的過ぎるとそういう理解しようと
する楽しみを奪うことになる」といった意味合いの事を言われまして、そっかーとは
思いつつ、でも自分の文章の下手さは常々認識しているのでどうしても
分かってもらえるか心配で言葉が増えるんだよなあとか思ったんですけども、
ただつまりそれって読んでくださっている人を信用していないということにもなるので
それはそれで失礼な話だなということに気付いたわけです。

自主規制って際限がないんですよね。自分基準じゃないから。
例えば、私が嫌な事はしない、となれば判断は楽なんですよ。自分が好きな事を
書いていればいいわけですから。
ただ、こういうことを書いたら ”誰かが” 不快に思うかもしれない、だともうどうしようもないと
いいますか、確認のしようがないからつきつめていくと何も書けなくなるんですよね。
一人一人にこれでいいか聞いて周れない以上、”かもしれない” は永遠につきまとう
わけなので。
なので、今後は自分基準でこのブログを書いていこうと決めました。
もちろん対外的に公表している以上、何を書いてもいいわけではないですし、その辺りは
注意を払いますけども、ただ、誰かが不快に思うかもしれないから書くのを止めよう
みたいな考えは排除しようと思った次第です。
その分今まで以上に細心の注意を払って書こうとは思いますが、もし私が気付かない
ところで何か、いやそれはちょっと、ということを書いていたら、その時は指摘していただけると
非常にありがたいです。
ブログのコメントでも構わないですし(非公開にも出来ます)、アメブロのメッセージで
あるとか、あとこのブログのプロフィール欄にメールアドレスがありますので
そちらからでも構いません。
指摘していただいたことに対しては、ありがたく受け止めつつ、確かにそうだなと思えば
直すよう努力しますし、いやそれは譲れないとなればそのまま突っ切るかもしれません。
ただ本当に、ありがたいのは事実です。

相変わらず非常に分かり辛い文章で申し訳ないです。来年は文章力をもっと上げる
方向で頑張りたいと思っています。
とりあえず来年はこういうスタンスでやっていく、という記事でした。

今年は本当にありがとうございました!
来年も、どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

category: ブログ

tb: 0   cm: 4

コメント

1. お久しぶりです


どうも。あけましておめでとうございます。佐々です。
最近コメントできていなかったので・・・。
でもブログはしっかりチェックさせていただいてました( ´艸`)
今回のテーマがなんか考えさせられるなあと思ったので。

私はブログ・ツイッター等はやっていませんが、こうしてブログにコメントさせていただいたりします。
やっぱりこうしたコメントは「不愉快にさせないように」というのを絶対条件に書いています。

海老原さんのブログはとても地方としては嬉しい限りです。ライブに行きたい気持ちが強まるといいますか。結果、ライブに参戦しようと思えたんで。
私は地方&未成年なため、ライブは滅多にいけるものではありません。
そんな中私がいけたものが「2000人ライブ」と「ライブ菅良太郎」でした。どちらも海老原さんがいらっしゃったのだなぁ。と思うとちょっとわくわくしたり←

はるかぜちゃん・・・。なんかずしりと胸にくるものがありますね。実は私と3歳しか違わないのに・・・。私もそんな物の考え方が出来るようになりたいです。一方的に悪いものは悪いと決め付けるのはやっぱり。そんなの結局大人の勝手な価値観じゃないか。と思うのですよ。親や担任に言ったら「反抗期」の一言で片付けられそうな言葉ですが・・・。

もしも私がふと何か気づいた時はコメントで書き込ませていただこうと思っております。

去年一年お疲れ様でした。
今年も頑張ってください。

佐々 #79D/WHSg | URL
2012/01/01 03:41 | edit

2. 無題


あけましておめでとうございます!
色々あり…久々のコメントですが、いつもツイッター、ブログ読ませていただいてます

難しい事ですよね
同じ事でも人それぞれ無数のとらえ方があるので
でもライブやDVDに関しては(あくまで私の場合ですが)出演者で決めたりもしますが、結構評判や色んな行かれた方の感想を参考にしたりします
海老原さんのブログを読んで「こんな見方もあるんだ」と思うことがたくさんあり、視野が広がったように思います
私自身、友達と喋っていて「そんなつもりじゃなかったのに…」と何だか別のとらえ方をされてしまうことがよくあります
説明下手・語彙力が無いのが原因だと思いますが…
それがブログになるときっともっと大変なのでは、と思いながら記事を読んでました
結局自分でも何が言いたいのか分からない感じになってきてしまいました(+_+;)
でも毎回楽しく読んでいます

何だかダラダラとすみません
他の記事にも一気にコメントをすると思いますが、返信等気になさらないで下さい

ぴよ太郎 #79D/WHSg | URL
2012/01/01 09:43 | edit

3. >佐々さん


明けましておめでとうございます(もう10日ですが。すみません)。
今年もよろしくお願いします。
読んで頂けるだけでほんと嬉しいですので、コメントに関しては
どちらでも。
実際、私も人様のブログにコメントを残す時はかなり気を
遣いますし。不快にさせないように、と私も思いながら書いています。
さまざまな事情でなかなかライブに行けない方も多いと
思いますし、もちろん私も行きたいライブ全部に行けるわけでは
全くないので、行けたものに関しては少しでも雰囲気が
伝わるように、と思いながら書いています。
なので、うちのブログで行きたいと思っていただけたなら
本当に嬉しいですし書いた甲斐があったなと思います。
そしてはるかぜちゃんのツイッターを見て思うのは、というか
思い出したのは、子供って別に ”分かってない” わけでは
ないのだよなあ、ということでした。明確に言葉にして
説明は出来なかったとしても、ちゃんとおかしいものは
おかしいと分かってはいるんですよね。
その辺り、子供を信じて子供の自主性に任せるのも大人の
役目だとは思うのですが、これがなかなか難しかったりします。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2012/01/10 23:04 | edit

4. >ぴよ太郎さん


明けましておめでとうございます(もう10日ですが。すみません)。
今年もよろしくお願いします。
本当に難しいなあ、と思います。どんなに分かりやすい言葉で
説明しても伝わらない事もやっぱりありますし
(私ではなく、ライターの方の分かりやすい文章を、ひどく曲解して
受け止めているのを見て、驚愕したこともあります。
なので、一概に伝える側の問題、というわけでもないところが
難しいところなんですけどね)。
とはいえやはり伝えたい事がある以上は拙い文章でも
書いていきたいなと思っています。
自分と違う意見というのは聞いていて面白かったり
しますよね。気付かなかった事に気付かされるということで。
うちのブログがそういう働きになっているのでしたら本当に
嬉しいですし励みにもなります。ありがとうございます。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2012/01/10 23:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/583-bf54565f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。