幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジャングルトークポケット ちょこっとレポ  

品川プリンスシアター閉館の報に、やっぱりなあと思いつつも寂しい気持ちを抱えつつ
その品川までライブを観に行ってきました。
ひっっっさびさのジャンポケトークライブ!
ライブでがっつりトークがあるのってシチサンライブ以来だよなーと思って楽しみに
向かったんでした。
そういやシチサンですけども、ジャンポケで行けたのが最終回の時だけでして、
ご覧になられた方はご存じと思いますが、最終回は研究生(笑)の武山君がトークに
参加していなくて、斉藤君と太田君の2人トークだったんですね。
なので、3人揃ってのトークを生で見るのが初めて、という状況でした。
ということにこれを書いている今気付いたので、見ている時は普通に見ていました(笑)。

以下、ライブレポですが、録音等はもちろんのことメモも取っておりませんので
完全に記憶に頼ったものとなっています。
トークの順番等は結構違うと思いますし、記憶違いもあるかと思います。
台詞は大体こんな感じだったなー程度で読んでください。
明らかな間違いに関しましてはこっそり指摘していただけるとありがたいです。

出演者。
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
【ゲスト】COWCOW(多田・山田)
カッコ内はそれぞれのトリオ、コンビ内での年齢順です。


幕が開いて3人が登場。トークライブが久々という話から、シチサンはあったけれど
純粋な意味でのトークライブというと、芸人になって1、2年目頃にやって以来、という
話から斉藤君が思い出したらしく、「あー、太田がアキレス腱切った時!」
太田君はアキレス腱を切って、キャスター付きの椅子に座って登場したそうです。
あれかな、ライブスタンドではしゃぎすぎて(?)切った、って時のことかな。
ところでさっきから「あきれすけん」と打つ度に「亜切須腱」と出るので、
医学用語ではこれが正しいのか?、とか思ってググったら、『ハイスクール!奇面組』に
出てくるキャラの名前でした。そういや私、パソコンにジャンプ辞書入れてるんだった。
ちなみにこのジャンプ辞書ですが、「わんぴーす」と打つと「ひとつなぎの大秘宝」と
変換されるという優れモノなのかなんなのかよく分からない仕様になっています(笑)。
話がずれた。
で、数年ぶりのトークライブということでなんとなく勝手が分からない感じの面々。
斉藤「コントとかは演技してるからいいんだけど、なんもない状態だと結構恥ずかしいね」
武山「いやでも俺はコントでも一般人の役が多いからいつもと変わらない」
太田「一般人の役ってなんだよ。みんなそうだよ!」
確かに(笑)。
ただでも、斉藤&太田両氏の一般人(特に斉藤君)とタケの一般人はちょっと違うからなー。
タケの言いたい事もなんか分かるなーとか思ったんでした。
そしてそんな武山君、ライブ開始直後にいきなり、
「まあ僕らはトーク下手っていうイメージがあると思うんですけどぉー」
トークライブ開始直後にまさかの本人からの「下手」宣言(笑)。
当然ながら太田君のツッコミが。「俺らのトークライブ見に来てくれてるお客さんの前で
お前なんてこと言うんだよ!」と言うものの、斉藤君もいつものごとく
「まあ、この中でトーク上手いって言ったら太田だけだからね」
そういうことは楽屋で言え、と言う太田君に対し、思ったその場で言いたい、と斉藤君。
にしても斉藤君の褒め言葉を一切否定しない辺りが太田君だなあと思ったんでした
(褒め言葉ですよ念の為)。

順番は適当。思い出した順に。
【熱狂的ブラジル人ファンの話】
斉藤君がこのライブの数日前だったかな、駅に行ったら外国人がいて、その人が
ちょっと遠かったにも関わらず斉藤君の顔を見るや否や『あああっ!』という顔をしたと。
で駆け寄って来て「大ファンです!」と握手を求められたそうです。
その人が携帯電話を見せて来たんですが、見事にジャンポケ動画がずらり。
一番最初が脱獄ネタだったんですけども、その人曰く、「プリズンブレイクの発音カンペキ」
だとか。
とにかくもうほんっとにめっちゃくちゃファンで熱く語られた、と。
で、その人曰く、「最初は斉藤さんに目が行くけど、次第に太田さんに注目するようになる」
とかで、斉藤君は延々太田君の凄さを語られたそうです(笑)。
「太田さんは本当に凄い! それに歌も上手い!」
動画には歌っているものも入っていたとか。
そして延々相方を褒められるのを聞かされる斉藤慎二28歳(もうすぐ29)。
ちなみにその方は両親ともどもブラジル人だけれど日本に住んでいて、日本語ぺらぺら
だったそうです。
で、あまりにも太田君を褒めちぎるので、斉藤君が最後に「武山は?」と訊いてみたら
「ハッハッハッて笑って、『言わなくても分かるでしょ』って」
ブラジル人にも伝わるタケクオリティ。
とはいえ、「ジャンポケは武山さんがいるから売れた」とも言われたとのことでした。
タケがいなかったら濃すぎるからだったかな。
それを聞いた太田君が「俺ら別に売れてないけどな」と言ったのがなんか印象的でした。
どのレベルを売れた、と言うのかは人それぞれでしょうけども。
ついでにちょっと脱線。ジャンポケはタケがいるから売れた部分もあると私も思いますし、
それでいったらパンサーは尾形君なんだろうなと思います。
もしパンサーが菅君と向井君のコンビだったなら、劇場では面白いと周囲にも一目置かれる
存在にはなっているのだけどテレビにはあまり出ないから知名度は低い、みたいな感じに
なっていたんじゃないのかなーとか勝手に。
そしてもしパンサーが尾形君と菅君のコンビだったなら、多分解散していたかと。
どちらが先に解散を言い出すのかは分かりませんが、案外尾形君かもしれないとか。
当たり前といえば当たり前なんでしょうけども、活躍しているトリオというのはちゃんと
その3人でないとダメ、という意味があるんですよね。

【バース近ちゃんの話】
太田君は、バース近藤君、チョコレートプラネット松尾君、シソンヌじろうちゃんと
4人で暮らしているということでその話。
太田「これ別に悪い意味ではないんですけども、近藤さんが、その、仕事ないんですよ」(笑)
なのでいっつも家に居る、と。
で太田君が帰るのが大抵夜遅いので、帰る時には近ちゃんはほぼ寝ているそうなんですね。
そしてまあ一部では有名ですけども、近ちゃんは夢遊病をよく発症します。
ところでこの夢遊病、AB型に多いらしくて、太田&武山両氏も子供の頃はあったとか。
太田君は子供の頃、3階に寝ていたのにいきなりダダダダッと階段を駆け下りて外に出て
ズボンを下げてしゃがむ、ということをしていたらしいです。
とはいえ夢遊病は大人になれば自然と治ることが多いんですけども、近ちゃんは未だに
あるんですね。で、太田君はそのスイッチの入れ方に気付いた、と。
なんでも、そーっと帰って来て、寝ているのを確認してからドアをバンと勢い良く音を立てて
閉めると、びくっとなって夢遊病が発症するとか。
こういう話を聞くと、太田君って凄いを通り越してとんでもないなと思います(褒め言葉)。
で、4人が住む家なんですけどもそれぞれの部屋とリビングがあってリビングにソファが
あるそうなんですが、近ちゃんはよくリビングのソファで寝ているそうなんですね。
そして太田君が言うには、ソファで寝ている時によく夢遊病を発症しやすい、と。
罪悪感のある状態、といいますか。
なんでもソファで寝ていると松ちゃん(この家におけるお母さん役)に怒られるということで
「寝ちゃダメだ、寝ちゃダメだ、寝ちゃ……」という感じで寝てしまった場合に起こりやすい、と。
ただ、うっかり寝てしまったのなら分かるんですけども、近ちゃんは時たま、
「枕と毛布を持って来て寝てる時があって」
だそうで(笑)。そういや前誰だったかな、松ちゃんだったかな、のツイッターにそんな写真が
載っていたなあ。
そしてそのリビングですけども、寝る直前まで皆そこに集まっているということでした。
自分の部屋にはほんと寝る時くらいしか戻らないとか。
楽しそうだなーと思いつつ、一人の時間が絶対に必要な私には無理だなとも
ぼんやり思いながら聞いていたんでした。

【物欲の話】
トークで何が聞きたいのか、3人の仕事をしていない時の話とか聞きたい?、という流れから
でも斉藤君は競馬と女の子しかないよね、と。
そして競馬場での様子は『333(トリオさん)』で先日放映されましたし、女の子といるところは
ロンハーネットムービーで流れたので、「斉藤の私生活は全員知ってる!」(by太田)
だそうです(笑)。
ただ、斉藤君は本当に物欲がないよね、という話になりまして、服はなんでもいい、
(某ショップ名)があればいいそうで、車も家も別に高いものでなくてもいい、と。
なので何にお金を使っているのかという話になりまして、「あ、家に仕送りはしてるよ、10万」
と斉藤君が言ったら完全に嘘つき呼ばわりする2人(特に太田君・笑)。
俺の言うこと何でも嘘だって言うから、と不服そうな斉藤君。
それにしても、それ相応に給料を貰っているとはいえそんなに仕送りしているのかー
偉いなーちゃんとしているなあ、としみじみ。
両親を大事にしているっぽいのは普段の言動からなんとなく伝わってはいましたけども。
そして武山君。タケは斉藤君とは違って物欲だらけ(笑)だそうで、「汚い話ですけど」と
言いながら、いい家に住みたいとかいい車に乗りたいとかいい時計つけたいとか思う、
とのことでした。まあ確かにこれが感覚としては普通だよな、と。
美容師を辞めたのも、美容師として働いている時に何かのはずみでその店のトップ
(月に何百万と稼ぐような人)の給料明細を見てしまって、そうしたら大卒初任給程度
(いやもっと下かも)程度しか貰っていない事を知って、これは夢がないと思って
辞めたのだとか。
テレビや雑誌に出るようなカリスマ美容師などは自分で店を持っているオーナーで
そこまでいけばそれ相応の給料にはなるんだろうけど、とは言っていましたけども。
ただ美容師ってそんな給料安いんだ、とびっくりでした。
そして太田君。給料をたくさん貰えるようになったら何が欲しいかという問いに
「僕もまあ、汚い話ですけど」と前置きした上で、
「貧乏な国に学校とか建てたい」
だそうです。
その名も、オーティーエージュニアハイスクール(笑)。
月100万とか給料を貰えるようになったら、斉藤君は「さすがに貯金する」と。
太田君は2人に「貯金するでしょ」と言われていましたけども、貰った金は使うとか。
『333(トリオさん)』で公開された貯金額に関しては、あれは仕送りを手つかずにして
おいたから、と。
なんでも、東京に出る時にお父さんとケンカになって、仕送りは要らないとタンカを切って
出てきたけれど、お母さんはこっそり仕送りをしてくれていたと。ただでもそのお金も
元を辿ればお父さんのお金なので一切使わなかったそうです。
ほんっとに真面目だし信念強いよなあ太田君は。
ところでまたまたちょっと脱線。
以前(逮捕前だと思う)ホリエモンが、「月給が100万を超えると物欲がなくなる」と言って
いました。大抵の欲しいものが何なく手に入るようになると、逆に買わなくてもいいか、と
なるとか。
月給100万とか貰った事もないですけども、なんかちょっと分かるなあという気もしました。

【芸人になったきっかけ】
これはあちこちでよく話されていることなのでさらっと。
斉藤君は劇団の試験に落ちてフリーターをしていたけれどこれではダメだと思って
就職したら、社長にお笑いとかやってみたら、と言われてNSCに行く事にした、と。
太田君はとにかく東京に出たかった、と。地元愛知で就職も決まっていたけれど蹴って
東京に来たと。とにかくなんでもいいから東京に行く理由が欲しくてNSCに行く事に
したそうです。太田君のお母さんは元々東京に住んでいて、太田君も小さい頃によく
東京に連れられてきていたそうで、その辺の憧れもあったとか。お母さんも東京行きに
賛成してくれていたそうですし。
タケは元々お笑いが好きで見ていて、美容師を辞めた時にじゃあお笑いに行こう、と
思ってNSCに行った、と。
その話を受け斉藤君が、「だから僕ら3人とも、元々お笑いを目指していたわけでは
ないんですよね」と言ったら太田君が、「いや俺は最初からお笑いを目指していた」と(笑)。
タケも「俺も元々お笑い好きだったし」
最近よく見る2対1の構図(笑)。


ゲストコーナー。ゲストの芸歴を聞きながらジャンポケも勉強する、という体だとか。
ホワイトボードが用意され、ゲストのCOWCOWの芸歴が書かれた紙を見つつトーク。
多田さんとよしさんは高校時代の同級生だったということで、高校時代は多田さんが
よしさんのパシリをさせられていた、という話に思い切り反応する斉藤君。
そういう人が苦手だそうで。確かにね。
で紆余曲折あり2人で大阪のNSCに入って、そしてルミネにも出るようになるんですが
先輩にもっと分かりやすい格好をした方がいいとアドバイスをされて、買いに行ったのが
ビジュアル系バンドの服を扱っている店。
そこで目についたチェックの服を着て舞台に上がったら、「伊勢丹」「伊勢丹」と言われ、
(関西は伊勢丹があまりないので)『?』と思っていたら伊勢丹の紙袋がそんな感じだと
教えられたそうなんですね。で次の舞台で、掴みとして「伊勢丹の紙袋です」と言ったら
どっかーんとウケて。
ただ、それが一番のウケだった、そうです(笑)。
で、一時はその服でずっと出ていたそうなんですが、あまりにそれに頼るのも、と
思って着るのを止めて数年、また着るかと思って着始めたとか。それが2008年とか
そんな感じだったかな。

『秒殺』というギャグを披露するイベントをやっていて、そこに出たいと言うジャンポケに
対し、じゃあ何かギャグを作ろう、ということに。
以前に作ったというギャグをアレンジして3人で流れで出来る感じになっていました。
ギャグの説明って難しいんで、どこかで披露してくれることを願いつつ。


こんな感じかなー。ほんとあっという間の時間でした。
次回は開始時間に間に合わないので泣く泣く回避の予定です。ただ品川が閉鎖されるから
今後開催されるのかなー。楽しかったから定期的にやって欲しいんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

category: ジャングルポケット

tb: 0   cm: 6

コメント

1. 無題


レポ読ませて頂きました!
とても、分かりやすくて、楽しめました!
観にいけなかったので、嬉しいです(^-^)
ありがとうございます☆

みき #79D/WHSg | URL
2011/10/21 18:37 | edit

2. 無題


レポお疲れ様です!私も行きました(^^)楽しかったですね♪



軽く1時間超えちゃいましたしね(^_^;)品川閉館してからも、やってほしいです!



武山さんが最近半端なくツボです(^^)

ジャスミン #79D/WHSg | URL
2011/10/22 00:31 | edit

3. はじめまして


偶然たどり着きました!詳しくてしかも丁寧なレポですね(^-^)東京の芸人さん最近知って劇場行ったことないんでめっちゃ行きたくなりましたー!特にロフトでやるやつとか楽しそうです♪また読ませていただきます。

まゆみ #79D/WHSg | URL
2011/10/22 19:29 | edit

4. >みきさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
行けなかった方に少しでも雰囲気だけでも伝わるように、
と思って書いているのですが、楽しんでいただけたのなら
良かったです。安心しました。
楽しくてあっという間の1時間(以上)でした。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/11/03 00:06 | edit

5. >ジャスミンさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
ほんと楽しかったですよね。あっという間でしたし。
久々のトークということで最初は手探りな部分もありました
けど、エンジンかかってからはさすがという感じでしたし。
ぜひ他の劇場でも続けて欲しいです。
武山君面白かったですねー。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/11/03 00:10 | edit

6. >まゆみさん


初めまして。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
もちろん見ていなくても極力楽しめるように書いている
つもりではありますが、実際ライブに行くともっと楽しい
ですので、機会がありましたらぜひぜひ。
ロフトでやるライブは私が見る限りでは自由度が
高くて面白かったりしますね。お酒飲みながら見れ
たりもしますし、おススメです。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/11/03 00:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/541-d9f50dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。