幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

神保町花月スケッチコメディ 2nd season レポ  

数年前に『ライフ』というドラマをフジテレビでやっていたんですね。で観てたんですが
どうしてもどうしてもどーしてもラストシーンが思い出せないということで、せっかくだからと
1話から借りて今ちょこちょこと観ています。
なんですが、これ結構しんどいわー……、と。
イジメがテーマのドラマなんですけども、そのイジメが壮絶すぎて。確実に犯罪レベルだし。
リアルタイムで観ていた時もしんどくてあんまりちゃんと観ていなかったということに
改めて観て気付く始末。だからラストも覚えていなかったのか。
ドラマとしての完成度はほんと高いと思うので、最後まで観ようとは思いつつ。
というかこんなん途中で止めたら逆にしんどいわ。


と全く関係ない話の後にスケッチコメディのレポです。
スケッチコメディ大好きー! 出演者を一切チェックせずにチケットを取る唯一の公演かも。
まあ、とはいえパンサーかジャンポケの誰かは確実に出るんですけどもね。
でも一切出なくても取るだろうなこれに関しては。そのくらい大好きです、ということで。

まずはスケッチコメディの説明。前回と一緒ですが。というかコピペですが。
スケッチコメディとは。8分、4分、12分の即興コント。その場でお題が決まり、その場で演じる、と。
毎回2チームずつ対戦し、判定はお客さんの投票。
8分ネタを勝利すれば8点、4分ネタを勝利すれば4点が貰え、最終的に合計点で勝敗決定
(なので今回から引き分けが出来ました。前回までは12分ではなく15分だったので)。
4チームに分かれての総当たり戦で最終的に優勝チームを決定します。

そして出演者。
【ホームランズ】ロシアンモンキー 中須/LLR 福田/5GAP 久保田/シューレスジョー/
          グランジ 五明/御茶ノ水男子 しいはし/ジャングルポケット 太田
【役者役者】コッセこういち/宮下雄也/枝村明子/ジャングルポケット 斉藤/
       伊藤修子(拙者ムニエル)/重山邦輝/サカイスト まさよし

<お題> (チラシに書かれている通りに明記しています)
ホームランズ
【 8分】ガッカリの話/主役:男/オチ:第一印象が良すぎた
【 4分】五年前の自分の話/主役:自分/オチ:恥ずかしい
【12分】愛のむきだしの話/主役:むきだしの人/オチ:スゲー

役者役者
【 8分】君に届けに憧れてる人の話/主役:憧れてる人/オチ:全然知らないでしょ
【 4分】現代版桃太郎の話/主役:桃太郎/オチ:めでたしめでたし
【12分】運動会の話/主役:先生/オチ:俺の勝ち

8分ネタは役者役者、4分と12分ネタはホームランズの勝利でした。
ただほんと僅差でしたが。どっちもすごい面白くて、正直投票はかなり迷いましたし。

最初に全員集合した時、誰だったかな、宮下さんだったかな、の靴がカッコいいと
いう話になりまして(ほんとにカッコ良かった)、それいいねと話していたら
「でもこれ4000円くらいですよ」と。
全然そう見えないので皆びっくりしていたら、「僕のこれは8000円」と
なぜかちょっと誇らしげな斉藤君が(笑)。
斉藤君は最近は服だけでなく靴にもこだわり出したんだなーとなんかしみじみ。
数か月前は穴の開いた靴を履いていたのに(笑)。
そしてそんな斉藤君、今日は髪をセットしていなくて前髪がサラサラしていました。
「(相方の)武山がいないとセット出来ないから」と言っていたんですが、ということは
この日はこの仕事が初だったのかな。
新鮮な感じで良かったです。個人的にはセットしていない方が好みだったりするので。

それぞれのネタについて軽く。

ホームランズの4分ネタ、五年前の自分の話ですが、主役の自分が福田君で
いつものように(笑)ギャンブルに明け暮れていると五年後の自分(しいはし)が
やって来て、ギャンブルばかりやってるなと怒られる、と。
ただ、福田君の五年後がしいはし君ということで(笑)、「ずいぶん目おっきくない?」と。
五年の間に整形したそうです(笑)。
そして、しいはし君の五年後が中須さん。見事なまでの中年太りぶりに、
「俺これだけはなりたくない!」と今と五年後から大不評(笑)。
そうしたらそこから五年後に太田君。「こんなみっともない体が嫌で鍛えた」と
見事な腹筋を披露。
そしてその二週間後という自分に五明さん、その二週間後にシューレスさん。
一ヶ月で何があったんだよ!(笑)。
なんでも、変な(?)光を浴びたらこうなったということで、「光浴びないでよ! ああ、俺が
浴びなきゃいいのか」と福田君。
にしても、太田君が一ヶ月後にシューレスさんの外見になっていたらびっくりどころじゃ
ないよなあー。誰だか分からないレベル。
いやそんなことを言い出したら福田君の五年後がしいはし君の時点でアレですけども。
とか思っていたらいかにも酔っ払ったダメダメな大人代表という感じの久保田さんが
通りすぎて一言。「あんな恥ずかしい大人になっちゃダメだよ」
「いやお前の方が恥ずかしい!」で幕。
と実に見事に決まったんですけども、逆に決まりすぎて落ち着かなかったそうです(笑)。
まあねー、ホームランズ(だけでもないけれど)は最後ぐだぐだになりがちだから。

ホームランズ12分ネタ。愛のまるだしの話。
映画館に来た客という設定の福田君。実際に空いている客席に座っていました。
で映画が始まる、と。
主人公らしき男(太田)と女(しいはし)のカップル。雰囲気の良さげなレストランで
プロポーズ!
「まるだしで悪いんだけど」とポケットから指輪を出す太田君。
そんないい雰囲気の中、おじさん客2人(中須&シューレス)が。
でかい声で喋りまくって雰囲気をぶち壊しつつ、まるだし(店員のこと。久保田)を呼んで
注文。
「まるだしサラダと、サイコロまるだしと……」
とにかく全部まるだし(笑)、だったんですが、
中須「あ、俺もサイコロステーキ……まるだし」
ステーキって言っちゃったよ(笑)。
ひたすらとにかくまるだしまるだしと言いまくるという映画(笑)。

役者役者の8分ネタ。『君に届け!』ネタに決まったものの、誰も君に届けを
知らないという驚愕の展開に。
「風早君と爽子ちゃんっていうのがいるんですよ」と天の声(オコチャ)が説明。
「大半がモノローグです」とオコチャさんが言ったら誰かが「サトラレじゃん!」(笑)。
知らない中にも君に届けを演じる面々。
枝村ちゃんと、あーどっちだっけ宮下さんだったかな、が美男美女の初々しいカップルを
演じる中、コッセさんと修子さんのカップルがなんかもう色々と素晴らしかったです。
ごめんなさいこれ私の文章では説明出来ないわ。
とにかく雰囲気から何からめちゃめちゃ面白かったということで。
修子さんほんと素晴らしすぎる。あの佇まいとか雰囲気とか全てがツボ。
時に芸人以上に面白かったりするからなー。

役者役者の12分ネタ。先生(まさよし)が舞台の真ん中に一人立っていて、
マラソンをする生徒が舞台の端から端まで走って行く、というもの。
色々なネタを駆使して皆が通りすぎるんですけども、ここでもまた修子さんが
素晴らしすぎました。
やるネタやるネタ全てがブラックすぎてまさよしさんも突っ込むのに躊躇する、というね。
チャイナ服(ズボンの方ね)を着て、そしてズボンの片方のすそを結んで片足だけで
前に進む、とか。
なんか文章で説明すると今一つなんですけども、実際見るとなんか凄いんですよ、
ブラックすぎて。
皆さん色んなネタを次々に披露していたんですが、修子さんが一番インパクト
あったなあ。
ただこれ、確実に12分ネタじゃないよな、と。4分ネタでやる内容だった気がします。
ホームランズの12分ネタも4分ネタの内容だったなーとは思いましたが。
とはいえ自分らでお題を決められない以上仕方ないんですけどね。


最後に告知。ジャンポケが2人出てきてトークライブの告知をしたんですけども、
2人とも日程が分からないという(笑)。
「10月……いつだっけ」「初めくらいだっけ?」「初旬か中旬」
ものすごくアバウトな告知(笑)。
ちなみに、10月17日(月)20:00から品川プリンスシアターです(調べた)。


スケッチコメディはほんと面白いライブです。もうすぐ2nd season終わるけれど
次もやって欲しいなー。
また人を増やすのかとか色々考えるところはあるでしょうけども。
ただあんまり多いと割り振りが大変だろうなとも思うので(何せ即興ですからねー)
難しいところですが。
個人的には今の面子のまま3rdに行ってもいいなとは思うんですけども。
関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

コメント

1. 無題


私も行きました(^_^)即興でなかなかのクオリティーでびっくりしました!
役者役者の『君に届け』が1番ツボでした。
この前にコッセさんと修子さんの出てた芝居観たので、もうツボでした(>_<)


好評のむきだしを観ないまま帰ってしまったので、ちょっと後悔です(>_<)

あと、ライフの最後はなんとなく覚えてますが、見ていて心が苦しくなりました(-_-#)細田くんがすごい怖いです。

ジャスミン #79D/WHSg | URL
2011/10/08 00:30 | edit

2. >ジャスミンさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
ジャスミンさんも行かれたんですね。面白かったですよね。
そうなんですよ、即興なのにあれだけのものを作り上げて
くる(しかも毎回)なのが本当に凄いなと思います。
さすが皆さんプロだよなーと当たり前の感想を抱いたり
します。
コッセさんと修子さんのお芝居もご覧になられたんですね。
私も観たかったんですが時間が合わなくて断念しました。
滑舌のいいコッセさんが見たかったんですが(笑)。
そして、『ライフ』の細田君は狂気に満ちていましたね。
見ていて本当に怖かったです。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/10/08 23:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/530-77fb5ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。