幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

『1×2×3』レポというか感想というか  

ここのところ、というか結構前から色々と思うところがあって、このブログを続けるか止めるか
考えていたのですけども、続けるか、という結論に達しました。
書きたい事があるうちは書く場所が欲しいよなーということで。
まあなので書きたい事がなくなったらさくっと止めるとは思います。
出来ればそんな日は来ないで欲しいとは思いますけども。

ただ正直トークライブに関しては難しいなと思います。
ここだけの話、のつもりで喋っているのならレポ書かない方がいいんだろうなと思いますし。
さんざんレポ書いておいて今更、という気分ではありますが。
なので『M』についてはレポを書く気はないのですが、ただそういう時に限って語りたい事が
いっぱいあるんですよね。
うわー、誰か飲みに行こう!、という気分です。



でもって。多分これに関してはまあ大丈夫だろうということで『1×2×3』レポです。
とはいえ大分時間が経ってしまったので軽く。

まずは出演者。
パンサー(尾形・菅・向井)
バイきんぐ(小峠・西村) [SMA NEET Project]
キャプテン渡辺 [SMA NEET Project]
他事務所の人を呼んでのトークライブとなりました。

無限大ホールだったんですが、ちらほらと空席の目立つ客席を見て、
パンサーはいつも満員って聞いていたけど、とSMAの2組。
いやそんなことはない、と向井君は言うものの、「パンサーだといっぱいなんだけど
俺らで引かれた」と。これ言ったのって誰だっけかな。渡辺さんだったかな。
そして、「吉本以外というならもっと有名どころ(人力舎とか)もあっただろうに、なぜ
SMAを選んだのか」と疑問だと言うバイきんぐ&渡辺さん。まだ立ち上げて5年くらいだよ、と。
そんな歴史の浅いSMAなんですが、Wikipediaを見ていたら、かつての所属タレントの
中に「野田クリスタル」という名前が! SMA所属だったの? 全然知らなかった。
と話がずれた。
で、他事務所の3人に無限大ホールに立った事はあるかと向井君が訊いたら、ある、と。
渡辺さんは佐久間一行さんのライブに呼んでもらったということで、そしてバイきんぐは、
「KOCでやるコントを披露するみたいなライブがあって、前にお偉いさんみたいな人がいて
批評を受ける」
という、ご本人曰く、
「公開処刑みたいだった」
ライブに出たことがあるそうです。
で、普段ほとんど絡みもないのだから6人でトークすればいいんじゃね、ということにも
なったんですが、決まりということでくじを引く事に。
ちなみにこのライブはくじを引いて、1人、2人、3人に分かれてそれぞれトークをする、
というもの。
くじ引きという完全に偶然の産物なので、下手をしたら
1人……キャプテン渡辺
2人……バイきんぐ
3人……パンサー
というくくりになる可能性もある、と。
それだけは断じて避けたい、と言う他事務所の面々。まあそりゃね。
そして前回のこのライブで1人トークとなった菅君ですが、
「(自分らを見に来た)お客さんの前なのにアウエー感があった」らしいです。
そしてくじ引き。結果は
1人……尾形
2人……小峠、向井
3人……西村、渡辺、菅
という結果に。
尾形君以外は皆大喜びでした(笑)。

まずは2人トーク。
ほとんど話した事もないという2人。接点のない中、向井君は小峠さんのことを見た目から
怖い人だと思っていたのだけど、KOCの3回戦で一緒になった時に挨拶したら軽い感じ
だったので、ああこういう人なのか、と思ったという話から入っていました。
そして基本的には向井君が質問して小峠さんが答える、という感じの流れに。
現在はSMAに所属している2人ですが、最初は大阪NSCに入った、という小峠さんの言葉に
びっくりする向井君(と客席)。ちなみに17期で、同期はザ・プラン9のヤナギブソンさんなど。
なので吉本の芸人さんとも割と仲が良くて、野生爆弾とご飯行った時だったかな、の話も
ちょろっと出たりしました。うっすらとしか覚えていないんですが。
でそうなるとどうやってコンビを結成したのか、というところが気になりますが、小峠さん曰く、
「ドラマチックだけど面白みに欠ける」と。
なので言うのをためらっていましたが、聞きたいということで話す事に。
まず出会ったのは高3の時に大分の運転免許場。当時福岡在住の小峠さんと大阪在住の
西村さんがなぜか大分で出会う、という。ただその時は特に話す事もなく、顔を知った程度で
終わったとか。
そして次。NSCの面接。NSCの面接は集団で行われるそうなんですが、そのグループが
たまたま一緒だった、と。でお互いに「あの時の!」となって盛り上がり、そして
「4月1日の午後7時に(大阪は難波の)戎橋で待ち合わせよう」ということになって、
連絡先も聞かずに別れたとか。
向井君に、何で電話番号とか訊かなかったんですか、と言われて小峠さん
「何か浮かれてたんやろな」と(笑)。
まあでも気持ちは分かるといいますか、運命的なものを信じたくなるといいますか。
そして4月1日。小峠さんはちゃんと時間通りに行ったそうなんですが西村さんは現れず。
まあそんなもんか、と思ってNSCに入学したら、なんと西村さんを発見!
当然ながら小峠さんはなんであの日来なかったのかと訊いたそうなんですが、その答えが
なんと西村さんはNSCの試験に落ちてしまったと。
NSCに落ちるってあんまり聞かないよね、と話す小峠さんと向井君。
実際私も初めて聞きました。あれって落ちるんだ、と。
とりあえず入れるだけ入れて40万せしめるものだと思っていたよ。
で、落ちてしまった西村さんですが、どうしようかと思った時になんか偉い人(?)か
なんかに口を利いてもらって入学出来るとかいう話が舞い込んで来て(つまりコネ)、
その人に会うのがちょうど待ち合わせの日で、とはいえ連絡先も交換していなかったから
事前に連絡も出来ず、で行けなかったと。
で、まあここまで会うならとコンビ結成をして今に至るそうです。
確かにドラマチック。そして実際面白かったですよ。どうなるの!?、というわくわく感も
ありましたし。
そういや小峠さんは今年35歳なんだそうなんですけども、それを聞いた向井君が
「尾形さんとタメじゃないですか」と言っていたんですが、いや尾形君34歳だから!、と。
尾形君とタメなのは西村さんの方ですね。
なんか向井君ってちょいちょい尾形君の歳を上にしたがるところがあるよなーと思います(笑)。

1人トーク。
サッカーボールを持って現れた尾形君。てっきりサッカーの何か(リフティングとか)を
披露するのかと思いきや、床に置いて話し始めるというね。
なんでも「ボールは友達」だから持って来たらしいです。
まず最初の話は「僕給食大好きだったんですよ」から(笑)。
とはいえ給食と言いつつ弁当の話でしたが。
中学の頃、クラスのかっこいい男子がお昼ご飯にカロリーメイトを食べていて、
翌日からクラスの男子全員がカロリーメイトになったとか、今度はウイダーinゼリーを
食べて(?)いて、翌日からやっぱりクラスの以下略。
とにかくかっこいいと思われたかった、モテたかった、とのこと。
そしてその話が終わり、「……何か質問とかないですか?」
前回の菅君もそうだったんですけど、客席にお題を求めるっていうね。
でなんだったかな。「一番嬉しかったこと」だったかな。
これは前にシチサンか何かで話していた仙台育英高校時代のこと。キャプテンとして
出た試合でベスト16までいったものの負けてしまい、でも涙は出なかったのだけど
応援席に行ったら部の(レギュラーになれなかった)みんなが泣いていて、それで
泣いてしまったと。
尾形君が言うには、一緒に辛い練習をしてきたのにレギュラーになれないなんて、と
嫉妬や怒りの感情があるはずで、もし自分が応援席にいたらレギュラーの奴らなんて
怪我しろとか思うに違いないと。でも皆はちゃんと応援してくれて泣いてくれていた。
その姿に自分も泣いてしまった、ということでした。
あとは「青田買いの時の遅刻の話」
本当に寝るつもりはなかった、と尾形君。なので目覚ましもかけずに気付いたら寝ていて
起きたら着信が3桁入っていて一気に目が覚めた、と。
まあこの話は前のライブでもしていたので割愛。
最後に、「どうでしたか」と尾形君が訊いて客席が拍手する、という一幕もありました。

3人トーク。
まず最初に菅君がさっきの尾形君の話について一言。
高校時代の話で応援席にいる人が怪我しちまえとか思うに違いない、という話で
そんなこと思う奴いねーよ、と。皆頑張れって思ってるよ、と。
正直これ私もそう思ったんですよね。応援するよなーと。
尾形君はサッカーが出来る人だから、だと思うんですけども、特にスポーツって
いくら練習してもこれ以上は無理、というレベルがあって、それって自分が一番よく
分かってしまうところがあると思うので、レギュラーになれなかった人というのは
自分の実力というものを分かっているだろうからそこは素直に応援すると思うんだよなーと。
話がずれた。
で最初に渡辺さんだったかな、が菅君に質問ぶっ込み。
「吉本で嫌いな先輩を5人挙げよ」(笑)。
まあさすがにそれは無理とのことだったんですが、ただ、「尾形」とは言っていました(笑)。
そしてそこから尾形君のダメっぷりの話に。
とにかく漢字が4つ以上続くと覚えられない、と。なのでネタで「猥褻物陳列罪」という
台詞があったのですがどうしても尾形君が覚えられなくて、それでボツになったとか、
「ピザ」という台詞がなぜか「クレープ」になったとか。
「あいつ形で覚えてるんですよ」と菅君。
そういや7月の単独でも「ダイニングメッセージ」って言ってたしなあ……。
で、一体「猥褻物陳列罪」などという台詞が出てくるのはどんなネタなのか、と訊いて
きたんですけども、尾形君が覚えられない事にキレてボツにしたので一度もやっていない
ということでした。
うわあ勿体ないなーそれ。
もうだったらあれですよ。パンサーで出来ないならプロデューサーXでやればいいじゃない。
いやほんと、どこかでやって欲しいです。
で、尾形君は遅刻もするし、ということで、これの前のGAG少年楽団とのライブでも話していた
ルミネの出番に遅刻しまくって大トリになった、という話。
この時興味深かったのが、「品川庄司さん、ブラックマヨネーズさん、で俺ら、だったんですよ」
とちゃんとコンビ名を略さずに言っていたところ。
やっぱり他事務所の人ということで気を遣ったんだろうなあ、と。
とはいえ、トリオだとそんなケンカらしいケンカもしない、と菅君。
ただずっと組んでいると些細な事で腹が立つということで、これ誰の話だったかなー、
出番終わりで相方がプリンを食べていたのがすごい腹立つ、って言っていたのって。
何お前糖分補給してんねん、と思うらしいです(笑)。
(※この話渡辺さんだそうです。コメントで教えていただきました。ありがとうございました!)
渡辺さんは以前はコンビを組んでいたそうですが、ピンになって、もう人とは組めない、と。
コンビだと楽屋で楽しく話していても相方に呼ばれてネタ合わせをしなければならない、
でもピンだと自分の好きな時間にネタの練習など出来るから、ということでした。
そして給料の話へ。いっぱい貰ってるんでしょ、と話を振られ、いやいや、と菅君。
「給料明細床に投げつけたことありますか」と。
菅君によると、月に70本とかライブをこなして、特に8月のワンダーキャンプの時は
1日に11本とかライブがあってその辺りの記憶がないくらいなのに、給料明細を見たら
恐ろしく少なかった、と。で少し経ってもう一通給料明細が届いて、ああ前のやつは
間違いだったんだなと思って見たら全く同じものが入っていたとのことでした。
何の嫌がらせか、と。
「全然ですよ。○万いかないですもん」「○万て。少ないっていうから□万くらいかと思った」
とかいう会話もあったんですが、いやでもバイトをする時間もない上に交通費込みと
考えると相当安いよなあとは思います。あれだけライブ出まくってその給料だったら、
そりゃあジャンポケ斉藤君の34万があれだけ弄られるはずだわ、と妙な納得。
ちなみにSMAだと月に10本ライブに出たら凄いと驚かれるという話でした。
確かに吉本ってライブの本数だけはほんっとに多いよなあ。


まあざっとですがこんな感じでした。
他事務所の人との絡みってあまり見ないですし、トークも普段聞けないような
話が聞けたりとか面白かったです。
またぜひやって欲しいなー。
関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

コメント

1. 無題


他事務所とのライブは新鮮でいいですよね。

野田クン、SMAにいたんですよねー。私が初めて野田クンを見たのはSMA芸人主催のライブでしたー。その時はもう吉本でしたが。

あ、プリンの話はキャプテンさんの話でしたよ。面白かったですよねw

カオリ #79D/WHSg | URL
2011/09/03 17:33 | edit

2. >カオリさん


こんにちは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
ほんと、他事務所とのライブは新鮮ですよね。芸人の皆さんが
普段と違う面を見せてくれるというのもありますし、私も
普段もっと色々見たいと思いつつ吉本でいっぱいいっぱい
なのでこうやって見られるのは嬉しい限りです。
野田くんがSMAにいたのは全然知らなかったので
びっくりでした。若い割に芸歴長いなーとは思っていたん
ですが、まさか最初は他事務所にいたとは。
そしてプリンの話教えてくださってありがとうございます!
追記しておきました。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/09/15 10:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/515-312d437a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)