幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『333(トリオさん)』第三十八回感想  

最近は少し気温も下がって来たから過ごし易くなったかなーと思いきや、
結構ムシムシするので暑いっちゃ暑いんですよね。
早く秋にならないかなーとか思う今日この頃です。

まあそんなことはさておき、『333(トリオさん)』感想です。
今は土日仕事なので、日曜は録画していたこれを見て仕事に行く日々ですよ。

毎回、もう別に書かなくてもいいんじゃ、と思いつつ出演者。
ジューシーズ(赤羽・児玉・松橋)
パンサー(尾形・菅・向井)
ジャングルポケット(斉藤・武山・太田)
芸歴順、それぞれのトリオ内での年齢順です。


今回はジューシーズのコント&シャッフルネタだったわけなんですけども、
まあ、これ全部を30分番組に収めるという時点で予測はしていましたが、
結構カットされていましたねー。どのネタに関しても。
仕方ないとは思いつつ、こうなるとやっぱりノーカット版DVD発売が待たれるところです。

ジューシーズのコントですが、これいつかネタシャッフル(人ではなくネタのシャッフルね。
以前板尾ロマンでもやっていましたが)でパンサーがジューシーズのネタをやるとか
なったらやって欲しいと思っていたネタだったりします。個人的に。
赤羽→菅、松橋→尾形、児玉→向井、辺りで。
最初は尾形君にやられっ放しなんですけども、そのうちキレて逆襲する菅君とか
それを言葉では止めつつ体は動かない向井君とか見たいなあと。本家との違いをね。
まあそれはさておき。
これもつくづく実にジューシーズらしいコントだよなーと思います。
ジューシーズ感が出ていて好きなコントだったり。
「先延ばしにする」のくだりは大きな舞台を上手く使っていたなあ、とか。
前回も書いた気がしますが、あんな大きな舞台でコントをする機会とか
そうないでしょうし、何をチョイスするか、どう使うかっていうのは難しいところ
だったと思うんですけども、面白かったなあと思います。


でもってシャッフルネタ。
「ファミレス」に関しては、いやもうほんと(松橋)しゅうただわー、と。
これ例えば全く違う演者にやらせてこのネタを書いたのは誰でしょうとか
やったとしても大半の人が正解出来るんではないかと思うくらいに
しゅうただなージューシーズだなあ、と。
そしてまた、広い舞台というのを効果的に使っていたのが見事だったなと思います。
やりたい放題やっている感じが素晴らしかったです。
そして、斉藤君と尾形君それぞれのいいところもちゃんと出していて見事だったなあ。
すっごいイキイキと演じていましたもんね2人とも。実に楽しそうでしたし。
実際楽しかったんじゃないかと思うんですよ。いやもちろん大変だったとか
緊張したとかはあると思いますけども、ただでもそれと同時にほんとに楽しかったんじゃ
ないのかなあと。
3組の中で一番楽しそうだったのってこのユニットだった気がします。勝手に。
ただこれ、相当カットされているんですよね。勿体ない。
やっぱりノーカット版DVDの発売を!切に!
ノーカット版DVDについては、こないだ公式サイトの掲示板に要望を書いて
きたんですが、名前変えてまた書いて来ようかな。バレるか(笑)。

「銀行強盗」正直な事を言うと、シャッフルではこのネタが一番好きでした。
やっぱ私菅君の書くネタが好きなんだなーと改めて。
これも多少カットされていたので(でもカットされている部分は一番少ない気がします)
やっぱりノーカット版以下略。
呼び出し番号が33番だったりとか細かな工夫もされていていいなあと。
でもってネタ部分以外のツボだった件。
「ツッコミが欲しいから」武山君を選んだはずなのにタケのポジションはボケだったとか
(赤羽)健ちゃんのデブキャラを一切弄らないとか。
まずタケに関しては、見ながら思いましたよ、いやだってツッコミ欲しいって
言ってたじゃんって。
ただでもタケはあの役だからこそ良かったという気がするので、その辺りはやっぱり
さすがだなあと思う訳です。
前回のシャッフルでも思いましたけど、菅君は何気にタケの使い方が上手いなと。
そしてジューシーズで一番ツッコミ気質である健ちゃんをツッコミに持って来る
辺りがまたいいなあと。そしてデブキャラに一切触れないところも。
個人的には身体的特徴というのはそれだけで笑えるものは全くないと思っているので。
別にハゲだろうがデブだろうがそれだけでは特に面白くもないですし。
何がしかの付加価値をつけるなら別ですが。
でもってオチの秀逸さ。この銀行員はどこで気付いていたんだろうと思わせる
辺りとか見事だなあと。
あと個人的にやたら愛想のいい菅君はちょっとツボでした(笑)。

「漫才」なるほどこう来たかー、と。
実際どうやるんだろうと一番気にかかっていたところだったので。
まさか漫才で広い舞台を有効に使うとは思いもしませんでしたが(笑)。
3人がそもそものトリオでセンターとか児玉さんのキャラとか上手い事
活かしていたなーという印象でした。
ただこれまた結構カットされているんですよね。センター決めのくだりも
あれだけではなかったですし。
やっぱりノーカット版しつこいですかそうですか。
ところでこれ前回のシャッフルネタの時も思ったんですが、太田君の中で
ネタにおけるツッコミの役割っていうのはどういうポジションにあるんだろうなあと。
一般的なボケとツッコミってボケたものに対して突っ込んで終了、という
なんていうか、間違ったものを正すみたいな感じといいますか、いや間違っていると
いうのとはまたちょっと違うわけですけども、まあ何ていうかそういう感じ。
ただ前回も今回も向井君のツッコミに対して力でねじ伏せようというのが見られて
ある意味ものすごく太田君っぽいんですが、なんていうか興味深く面白かったです。
あーこれ上手く言えないんだよなー。ネタ見た時からずっと考えているんですが。
ちょっとこれ不特定多数に過不足なく説明出来る気がしないので、あれだ、
気になる人は個人的に飲みに行こう(笑)。別にいなさそうだけど。


次週、というかもう明日な訳なんですけども、あれが来るのかー、と。
にしてもモザイクかかってましたけど誰だかバレバレでしたね、声で。
あのコーナーに関してはまた色々書きたい事があるのでまた次回に。
関連記事
スポンサーサイト

category: 333

tb: 0   cm: 2

コメント

1. 最高の思い出でした☆


ほんと面白かったですよね!
放送では一番見たいと思ってた部分がカットされていたので、非常に残念ですよ(>_<)

松橋さんは見事にジューシーズ感がでてて、それでいて尾形さんと斉藤さんの良さを存分にだしてくれてましたね☆

菅さんも素晴らしいネタでした!
高い声でやるのかな~、それも面白いなと思っていたけど、全然違う感じでびっくりでした(笑)
武山さんはボケの方が面白いんじゃないかなと思っちゃうくらいでしたね(笑)

太田さんは力強い漫才でしたね(笑)
でも、細かい表情で笑いをとるので、凄く面白くて大好きです!
一番最初の太田さんの表情で笑ってしまいましたもん! 誰も笑ってなかったけど(笑)


長くなりましたが、多くの人がDVD化を希望してくれれば、叶うと思うので、希望をもって待っていましょう☆

海樹 #79D/WHSg | URL
2011/08/26 11:00 | edit

2. >海樹さん


こんにちは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
放送では結構カットされていて残念だったのですが、
それでももう一度見ることができたというのはやっぱり
嬉しいことだなーと思います。
ネタ作成者はそれぞれの個性を発揮していて、そして
演者側も見事に応えたという感じで、どの組もほんと
面白かったですしさすがだなーと思います。
何度も何度も言っていますが、DVD化してほしいですね。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/09/10 10:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/512-ac929228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。