幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

無敵のOnly You  

1つ前の記事はアメンバー限定のANNモバイル感想になっています。有料部分ということで
ワンクッション置いているだけですのでアメンバー申請はお気軽にどうぞ。
但し、そんな大したことは書いてないです。


今日はつらつらと、菅ちゃんってすごいよなあ、ということについて考えていました。
いやまあ、今更ですし前にも書いたんですが、お笑い芸人になった時にフックに
なるからと京大行きを勧めた、っていうところが本当にすごいなといっつも
思うんですね。
今でこそ、学歴を売りにした芸能人って結構いますけど、あの当時、15、6年前って
考えるとそういなかったような気がするんですよね。特にお笑いなんて頭の良さが
見えると笑い辛くなるからとあえて隠していた部分もあったようですし。
そんな中でなあ。
まあもちろん、珍しいからフックになるわけなんですが、それを見つけるのって
容易ではない事だよなと思う訳です。
もし私が菅ちゃんに質問出来る機会があったら、何でそれを思い付いたのか
訊いてみたいです。なぜお笑い芸人になるのに学歴を売りにしようと思ったのか、
一体どこからそれを思い付いたのか。
まあでも、訊いたところでさらっと
「宇治原なら京大入れると思ったから」
とか言われて終わりそうな気もします。そういうところがまた菅ちゃんの底知れなさ
なんですけども。

以前、菅ちゃんは自分の中に確固たる芯があって、そこからずれる事は嫌だけれど
それが世間とずれてても気にならない人だと思う、という旨の事を書きましたけど
つまりはそういう人だから世間のフォーマットとは違うものを見つけられたのかな
とか思ったりしました。
思い付いても、いや前例ないし上手くいくか分からないし……、とならなかったのが
結果的に功を奏したんだなと思う訳です。
この菅ちゃんの作った(と言ってしまうけど)フォーマットって、出来上がってみれば
まあ普通に見えるし幾らでも応用が利くんですけど、作り出すのって相当難しいこと
だよなと。
とここまで書いて、バカリズムの作る笑いもこれと似たようなものかも、とか思ったり。
バカリズムの笑いって、出来上がってみれば幾らでも応用が利くし一見そんな
難しくも見えないんですけど(贈るほどもない言葉とか、都道府県を持つなら、とか
あとトツギーノとか。すみませんピンとこない人は某動画サイトででも)、
あれを思い付くセンスって本当にすごいよなと。
と話がずれた。
そして思い付いた菅ちゃんもすごければ、それを実現させた宇治原さんもまた
すごい人なんだよなあ、とか今更またしみじみ思ったわけです。
ご本人もどこかで言ってたと思うんですけど、0を1にする菅ちゃんと、1を100にする
宇治原さんと、二人が合わさってロザンなんだなあと。
どちらが欠けても作り出せないものがあるんだなと思うと、ほんっとにこの二人が
出会ってくれて良かったとしみじみ思います。
なんかもうほんと、奇跡みたいな出会いだし。


ところで。
お笑い芸人が最終的に辿り着く場所、というか生き残っていくために絶対必要なのって
プロデュース能力ではないかと私は思っています。
つまりは、自分が面白いではなく(いやもちろんそれも必要ではあるんだけど)、
誰かを面白く出来る能力、ということで。
今大御所として活躍されてる方って皆このプロデュース能力を持ってますし、
中堅どころではロンブー淳がずば抜けているなーと思うので、淳はきっとこの先も
長い事生き残っていけるんだろうなあとか思ったりもしています。
でもって、私は菅ちゃんのプロデュース能力もかなりのものだと思っているのですが
多分ですけど宇治原さんに対してしかその能力を出す気ないよね菅ちゃんは、と
いう気がしています。
菅ちゃんほどの観察眼を持ってしたら多分誰に対してもプロデュースは出来るんで
しょうけど、それはあくまで"能力"であって、"意思"はまた別なんだろうなと。
菅ちゃんの場合、宇治原さんと一緒に出来ないならあっさり芸能界も止めてしまいそうだなあ
とか。この辺りは初志貫徹というか、菅ちゃんの芯の部分として。
私が勝手にそう思っているだけですが。

ロザンの漫才やコントを見る度に、菅ちゃんって宇治原さんの生かし方をよく知っているなあ
と思います。さすがになあ、伊達に長い事一緒にいないよな、と。
そして宇治原さんも菅ちゃんの意図をちゃんと汲み取って100%、いや120%以上の
ものを作り上げているんだなと。
改めて、ああロザンっていいコンビだなあとか
今更何言ってんの、ということを書いてみたりしました。
関連記事
スポンサーサイト

category: ロザン

tb: 0   cm: 4

コメント

1. はじめまして!


結構長くロザンファンしてますミミです!

いつか書きたいなぁって思ってた内容だったので凄い興味深く読んでました(^^)

私は誤解を生むかもしれませんがずっと見てきて、菅ちゃんにそんなに芸人の才能を感じた事がないんです(淳にも感じた事ない(笑))。でもプロデュース能力は凄いと思ってます!。
もしもいつか芸人やめる事があってもそういう道に行けば成功できると思います彼は(^∀^)ノ

宇治さんはいつか本当にやりたい事ができたらこの世界スパッとやめちゃうでしょうね。この芸人の道は菅ちゃんが作ってくれた道ですからね。
菅ちゃんが本にも書いてましたけど、このまま宇治さんが(芸人が本職だ)と勘違いしていってくれたらいいなぁと思ってます(笑)

ミミ #79D/WHSg | URL
2010/03/02 23:04 | edit

2. うわあ…!


いつも梓さんの観察眼には感服させられてますが、
今日の日記は特に…うまく言えなくてもどかしいのですが。

>宇治原さんに対してしかその能力を出す気ないよね菅ちゃんは
これ、私もそう思う…!
自分が欲しない箇所はクールに割りきる、そんな感じがします。

あと、今日のタイトル…!
♪誰にも負けたりしない~…
ええ、ええ、そうですとも、そうですとも!(笑)

モコ #79D/WHSg | URL
2010/03/02 23:11 | edit

3. Re:はじめまして!


>ミミさん
初めまして!コメントありがとうございます。
菅ちゃんにしても淳にしても、プロデュース能力は本当にすごいなと
しみじみ思っていたりします。ロザンは菅ちゃんに任せていれば
安心と思えますし。
宇治原さんの本当にやりたいことは、菅ちゃんと一緒に
いることだといいなあと常々思っています。ほんと、ずっと
勘違い(笑)しててくれたらいいなあと。
そしてミミさんが書かれるのも楽しみにしています。
ぜひ読んでみたいです。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/03/03 20:40 | edit

4. Re:うわあ…!


>モコさん
コメントありがとうございます!
そうなんですよね。菅ちゃんは理系頭といいますか、ほんと
クールに割り切れる人だと思うので、そんな中で宇治原さんに
対してずっと変わらない気持ちを持ち続けてるというのが
なんというか、もうきゅんきゅんきます。
そしてモコさんならタイトル分かってくれると思ってましたー!
嬉しいです(笑)。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/03/03 20:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/51-afc441c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。