幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

甘いあなたの味  

(これの前のアメンバー記事ですが、ANNモバイル有料部分の感想です。
有料なので隠しているだけですので、アメンバー申請はお気軽にどうぞ)


今日の『平成教育学院』でちらっと出ました「どんどん焼き」!
うわあ懐かしすぎる―――――――!!!!!!!!!
ちなみにWikipediaの説明
番組でも言ってましたけど、山形ではあれをお好み焼きと称して屋台とかで
売ってたんですよ。なので私はずーっとあれをお好み焼きだと思ってました。
結構大きくなるまで。
初めて本物のお好み焼き見た時はすっごい衝撃でしたさ。

ちなみに味ですが、小麦粉とハムと海苔、そしてほとんどソースの味しかしません!(笑)。
でもなぜか美味しかったんですよねー。大好きでした。
ソースがほんのり甘くて。
また食べたいなーとか思ったら、前述のwikiに「七日町に常設している店がある」と
書かれていて、なんだとー!と。
行かなきゃ七日町!
(しかしローカルにも程があるだろうこの話……。分かる人いるのか?)

そして宇治原さんはバンクーバー行きかー。
自信ないと言いつつ答える辺りがさすがとしか。


唐突に、ロザンの仲の良さについて感じていた事。
菅ちゃんって前々から思ってましたけど、ほんっとに素直というか、自分の
思っている事を隠さず言ったりするんで、正直最初は面食らいました。
「宇治原と離れたくなかったから芸人になった」とか普通に言うじゃないですか、あの方。
最初に聞いた時、えええ!?、と。
しかも言うテンションが、仲良しアピールとかそんなの全然ないままにごく普通に、
今日の夕飯はカレーでした、ぐらいの調子だから、なんかほんとにびっくりしたんですね。
子供の頃って割と自分の好きなものとか隠さずアピール出来ますけど、大人になるにつれて
なんかそういうのってちょっと恥ずかしいよねみたいな気持ちが芽生えてきて、なんというか
好きということを大っぴらに出来ない、すっごいテンション高い自分を見せるのは恥ずかしい
みたいな部分が出てくると思うんですが、菅ちゃんはそういうの平気なんだよなーと。
宇治原さんは割と一般的な感覚を持っていて、あんまり大っぴらにするのは恥ずかしいと
いう感情もあると思うんですけど、隣にいる方がああだし(笑)、しかもすぐ顔に出るから
結果的にお互い大好きなのがダダ漏れなのが面白いなあとか思ったりします。


あと最初、あまりに二人が仲いいのでぶっちゃけ不安になりました。
というのも、相方ってつまりは言い換えると、"嫌いになってはいけない相手"だと思うのですね。
毎日のように顔合わせて一緒に仕事をする相手に対してこいつ嫌いだとか死ねばいいのに
とか思ってたら、そりゃ笑顔で漫才なんて出来ないでしょう、という意味で。
で、人を嫌いにならないための、消極的だけど確実な方法として、
「近付かない」
ということが挙げられると思うのです。
当たり前ですけど、知らない人を嫌いにはなれないわけで(好きにもならないけど)。
近付くということはその人の今まで知らなかった新たな一面を知ることでもあるわけで、
それを知る事によってもっと好きになる場合もあれば、逆の場合もあるわけです。
そう考えると、嫌いになるリスクを背負うぐらいなら知らない方がいい、という考え方も
出来るわけです。
コンビ組んでる芸人さんって仕事以外では一切会わないとか携帯の連絡先すら知らないとか
いう話も聞きますけど、そりゃそうだろうなあとも思います。
だって近付き過ぎれば見えてしまうものもあるし、逆に見えなくなってしまうものもあるわけだから。
ある程度の距離を保つ事によって、関係を維持するというやり方は(消極的かもしれないけど)
正しいと私は思っています。

でもってロザンに話を戻して。
最初、あまりに仲がいいんでそういう意味で不安になりました。
近付きすぎてもし違う(ネガティブな)感情が芽生えたらどうするんだと。
なんか普通に仕事終わりで一緒にご飯食べに行っているとか言うし、大丈夫なのか?と。
でも色々話を聞いているうちに、ああこの二人はちゃんとこの二人の距離感を分かって
いるんだなということが理解出来ました。
仲良しの秘訣を訊かれて、親しき仲にも礼儀ありを守っているからだと思う、とどこかで
答えてましたけど、やっぱそこなんだよなあと。
あの二人はそれぞれ、ちゃんと、どこまで踏み込んでも大丈夫か、というのが分かっていて
その手前で止めているだけなんだな、と。
以前菅ちゃんの地雷回避能力の高さについて書きましたけど、宇治原さんに対して
踏み込んだらまずい場所(宇治原さんが嫌がるというだけでなく、菅ちゃんがネガティブな
気分になるであろう部分も含めて)は回避しつつ接しているのだろうし、宇治原さんも宇治原さんで
長年の付き合いもあってちゃんと回避しているんだろうなと思います。
宇治原さんに比べて菅ちゃんの地雷って分かり辛い気がするんですけど(表に出す部分と
隠す部分が人とちょっと違う気がするので)、そこはまあ、宇治原さんなら分かっているでしょうし。
何がその人にとって嫌か、触れられたくない部分か、というのが分かっていない場合は迂闊に
踏み込めないけれど、分かっていればそこさえ回避すれば問題なく入っていくことができるわけで、
お互いに回避しつつ入っていってたら(それがお互いにとっての"普通")、周囲から見た場合
あのコンビすっごい仲いいなー、ということになったんだろうな、と思います。
でも二人にしてみたら、仲いいと言われても別にずっとべたべたしているわけでもないし、
前述の通りお互いが嫌だと思う部分には触れてないし、だから相手の全部を知ってるわけじゃない
のに何で仲いいとか言われるんだろうなー、ということなんでしょうね、きっと。
まあ個人的には、その分かってなさ含めて大好きなんですけども。
そしてやっぱり頭いい人達なんだなーと思います。
ちゃんと色々な事が見えている、分かっているという意味で。
関連記事
スポンサーサイト

category: ロザン

tb: 0   cm: 2

コメント

1. はじめまして!


こんばんは@最近ブログを始めたロザンファンですm(_ _)mいきなりコメントしてすいません。

読んでて「そうやねん、そうやねんなあ~!」と思わず言ってしまうほど共感してしまいました。
正直私は追っかけ始めて数年経った今でも「喧嘩とかしませんように!」とどこかで願ってる自分がいます。ほんと、お節介にも甚だしいですよね笑
確かにプライベートでもずっとべったりと言うわけでもないし、最近はピンでの仕事も増えているので、ロザンは良い距離感を掴めていると思います。
急なコメント失礼しました!これからも更新がんばってください(^ω^)

さっち #79D/WHSg | URL
2010/02/28 22:40 | edit

2. Re:はじめまして!


>さっちさん
初めましてこんばんは。コメントありがとうございます!
さっちさんのブログも拝見しています。
思った事をたらたら書いているだけなので、共感したと言って
いただけてすごい嬉しいです。ずれたことを書いてないかと
常に不安だったりするものでして。
外から見ていると、あれだけ仲いいと本当に喧嘩とか
心配になってしまうんですけど、あの二人の場合、お互いに
絶妙の距離感を保っているんだろうなと思います。
言い合う事はあっても喧嘩はしない、みたいなことも
言ってますし。
これからもこんな感じで書いていくと思いますので、どうぞ
よろしくお願いします。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2010/03/01 01:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/48-d212c04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。