幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『333(トリオさん)』第二十七回感想続き&そこから派生した話  

昨日時間がなくてさくっと書いた感想でしたが、やっぱり書き足りなくて今日も
続きを書くことに。つくづく計画性がなくてすみません……。
昨日の続きということで、まだ読んでない方は昨日の分から読んで頂けるとありがたいです。


まずはだまさんについて。
だまさんが悪いわけではない(というか誰も悪くはないよね)と昨日書いたんですけども、
実際だまさんの立場にしてみれば、言えって言うから言ったのに泣かれるとか思わなかった、
という感じなんだろうなと。『え? 俺悪者!?』っていう。いきなり向井君は泣くし、皆に
責められるし。
ただ、そんな中で唯一だまさんに攻撃しなかったのがしゅうたなんですよね。
普段なら真っ先にだまさんを弄りにかかるであろうしゅうたが。
だからといってだまさんの肩を持つわけでもなく、中立的な立場を取っていたのが見事
だったなあと思います。
ジューシーズは他2人ともそんなにだまさんを攻撃するわけでもなく、健ちゃんに関しても
冗談のくだりで怒ったくらいでしたし(唯一、だまさんが悪いと言えるのがあの笑えない冗談の
辺りだったので、あれに突っ込む健ちゃんは正しいと思います)。
なんかこうやって考えていくと、皆それなりに酔っているとはいえそんなに判断を誤ったりは
しないのだなあと。さすがに皆何年もお笑いの仕事をやっているわけですからね。プロだよなと
しみじみ。

タケのお悩み相談コーナー(?)では、ほんといいこと言うなーとこれまたしみじみ思ったんでした。
本当に、3人でいることが運命なのであって誰が抜けてもダメなんだよね、と。
これ前に書いたかもなんですが、もしパンサーがコンビだったなら誰と誰の組み合わせでも
私はファンになっていなかっただろうなと思います。
きっと好きにはなると思うんですよ。ただ、配信で観ていて出てきたらちょっとテンション上がるとか
その程度で、ライブに行ったりとかするファンにはならなかっただろうなー、と。
パンサー内では向井君のファンではありますが、その前にパンサーというトリオのファンなので
向井君がいればいいというわけではないですし、もっと言うならブルースタンダード(向井君の
前のトリオね)だったらファンになっていたかは分からないです。
パンサーは相方だけど先輩後輩の間柄、というちょっと特殊な組み合わせな上、
向井君は東京NSC11期生ということで先輩と絡むことの方が多いため、ファンになってからしばらくは
そういう姿ばかり見ていたわけなんですけども、『僕らの休み時間』で初めて同期のみで絡む
向井君を見てちょっとびっくりしたんですね。忘れもしない昨年10月。
あ、この人こんなアグレッシブなんだ、と。
結構きつい言い方をして頭も割と強く叩いたりとか、普段のパンサーではなかなか見られない
光景に、あー同期相手だとこうなるんだなー、と、ちょっと新鮮な気分にもなりましたし。
そして個人的には、先にこういう部分を知ったらファンにはなっていなかったかもな、と。
向井君の好きなところの一つとして、相方なのに先輩という相手に対する気遣いぶり、
だったりするので。相方であるけれど、それとは別に先輩としての接し方もする、というね。
まあ最近はその先輩後輩の関係も崩れてきつつはあって、それはそれでいいというか
いつまでも先輩後輩引きずっていてもそれはそれでまた問題だったりするからなー、と。
ただこう考えるとつくづく、あのタイミングでパンサーのファンになっていなかったら
もしかしたらずっとハマらないままだったのかもなとか思ったりもするんですけども、
その話をすると長くなりそうなのでまた後日。

何でもそうですけども、人も物事も色々な側面があって、前から見るのと横から見るのでは
印象が全然違ったりもするわけです。ただ、この面から見れば好きになる、という相手や
物事でも、先に違う面を知って興味を失ってしまえば、もう違う面を見ようという気には
ならなくなってしまうわけです。深く知れば好きになる相手でも最初の印象でもういいや、と
なってしまうことって割とあると思いますし。それでも後日他の面を知る機会があれば
いいんでしょうけども、ないままに終わってしまうということも多々ありますからね。
そう考えるとつくづく、パンサーという組み合わせでなかったら3人誰のファンでも
なかっただろうなあ、とか。向井君にしても菅さんも尾形君も。パンサーというトリオに
おいて作り出される面を最初に見られたからファンになれたのだなと思います。
それこそ、ヘキサゴンで1人で出ている向井君を見たのが最初だったなら、特に何も
思わなかったでしょうし。
とか考えると運命だよなー、と、つくづく。

これジャンポケでもジューシーズでも、例えば3人の中の2人でのコンビだったら
どうだっただろう、と考えると、やっぱりファンにはなっていなかっただろうなあ、と。
3人いるということは3人とも必要な人材なんですよね。必要だから一緒にいるわけで。
そう考えるとなんともすごい人達の集合体なんだな、と思います、『333(トリオさん)』って。

関連記事
スポンサーサイト

category: パンサー

tb: 0   cm: 2

コメント

1. 素敵なブログですね(^o^)


ひとつ何かが違っていたら、ファンになってなかったかもって思うと、やっぱり一人一人が大切な存在であるんですよね。


今でも観に行く大阪の芸人さんがいますが、観に行く度にいい意味で裏切られ続けてます。偶然知って、なんとなく見に行って、早2年。

出会いってすごいですね。この芸人さんを知らずに過ごしてたらどうしてたんだろ?ってたまに思います。普通に暮らしてたと思いますが(^_^;)


7日に京橋花月のトリオ×3見に行く予定なんで、楽しんでこようと思います(^^)

ジャスミン #79D/WHSg | URL
2011/06/03 10:28 | edit

2. >ジャスミンさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に、考えれば考える程、ひとつ何かが違っていたら
スルーしたままだったんだろうな、と思います。
きっと、タイミングによってはハマるはずだった人や物に対して
スルーしているところもあるでしょうから、知らなかったら
知らなかったでまた別の何かを見つけていたのだとは
思うんですけども、このルートで良かったなとも思います。
本当に、出会いってすごいなと思います。
京橋のトリオ×3は色々見所多そうなので、ぜひ楽しんで
来てくださいね!

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/06/03 23:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/452-2906d0f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。