幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1×2×3 レポ  

ただいま、神保町付近の漫喫です。
「僕らの休み時間」待ちの間にレポ書きに来ました(笑)。
時間までにどこまで書けるか勝負どころ。
とはいえ、初めて入った漫喫なんですけどパソコンが使い辛い事この上なし。
違うとこにすれば良かったなー失敗した、と思いつつ。
つかそんなことはいいからさっさと書こうぜ私。

あ、ルミネの「+1」のレポはこの前日の記事として何事もなかったように後日アップします。
多分。
(※アップしました)


まずは出演者。このライブはピン、コンビ、トリオがトークをするというものなので
ピン :ブレーメン岡部
コンビ:LLR(伊藤・福田)
トリオ:パンサー(尾形・菅・向井)
という組み合わせになっていました。
でまず全員集合……のはずが一人足りない。
伊藤ちゃんの隣が不自然に空いている状態。
向井「明らかに1人足りないですよね」
伊藤「あれ? 向井には見えない?」
とかのやり取りもあったり。
いなかったのは福田君だったんですけども、いとーちゃんが
「交通事情で遅れるって言ってました」
と言った時の、会場全体に流れる『寝坊だろ』という空気(笑)。
その空気を感じ取ったいとーちゃん。
『あれ? 信じてんの俺だけ?』
あなただけかと思われます(笑)。
伊藤「前もさ、俺らとパンサーのシャッフルトークあった時も福田が遅れてきて……」
向井「待ってください、それ、俺らのせいにしようとしてませんか?」
伊藤「っていうか、パンサーのせいって言おうと思ってた」
いとーちゃんひでえ(笑)。ただそういうところも大好きだー!

とりあえずいるメンバーで自己紹介。「ブレーメン岡部でーす」
これ、ついつい言ってしまうそうです。「の」って。
本来の名前はなんなの、と訊かれ、「ブレーメン岡部」と。
「本当はナイスパス岡部にしようかと思ったんだけど…」と言ったら尾形君が
「いい名前だー」と。
しかしながら、「そういうこと言うの尾形さんみたいな人しかいない」と(笑)。
ちなみに尾形さんみたいな人とは、サッカーが好きな人だそうです。
ただ、評判が悪かったので、ブレーメン岡部に。
岡部「あと関根が戻って来るかもしれないし」
いや来ないでしょう、と皆に突っ込まれていたのがなんとも…。
この流れでだったかな、みんなサッカー経験者だと尾形君が言い出して
(向井君はちょっとやっただけ、と言っていましたが)、それぞれのポジションを
訊いていくことに。
菅さんがキーパーというのにいとーちゃんが驚いていたんですけども(多分あんま
サッカーというか運動のイメージないんだろうな)、菅さんが言うには成長が早くて
中二から体型が変わっていないと。なのででかいだけでキーパーやらされていた、と
いうことでした。
そしてそれぞれのポジションを訊いて向井君にも訊いたんですけども、向井君は別に
本格的にやっていたわけではないので分からない、と。それでも食い下がる尾形君。
そんな中でいとーちゃんが「企画の説明しますか」と。
尾形君によると、「フォーメーションで並びたかった」そうです。
「良かったー止めてくれて。そっから何も生まれなかったよ」(by向井)。

企画趣旨。
くじを引いて、1人、2人、3人の組に分けてそれぞれトーク。
「うわー1人は嫌だー」と口々に言う面々。
「俺岡部と2人も嫌だ」といとーちゃんが言うと、「岡部、尾形のOラインは嫌」と向井君。
そして誰の1人トークが見たいか客席に問うと、「菅さん」と。
菅「今言ったの誰!?」
客席に詰め寄る菅さんでした。
で、この時まだ福田君が来ていなかったということで、「1人、福田でいいじゃん」と。
とはいえちゃんとくじ引きで決めることに。
くじなので、もしかしたらそれぞれのコンビやトリオ、ピンでのトークになるかも、とかいう
話をしていたら福田君登場。
皆が寝坊を疑う中、「いや寝坊じゃないからほんとに。俺今日ここの誰よりも早く家出たもん」
で何時頃出たかというと、「1時半くらい」
「結構遅いじゃん。午前中かと思った」(by伊藤)
で、まあこれこれこれこれこういう交通事情で遅れた、という話をした後、無事全員揃ったと
いうことでくじを引くことに。
くじの結果。
3人…LLR2人とも・尾形
2人…岡部・向井
1人…菅
という取り合わせに。
菅さんの1人トークということで会場大盛り上がりでした。

(トークの内容の順番とかは適当です。思い出した順に書いているので)
まずは2人トーク。
岡部さんと向井君は舞台に残らねばならなかったのにはけてしまう岡部さん(笑)。
向井君に突っ込まれていました。
岡部君は、(ピンになってから)向井君とは仕事をしているので(お笑いクラシコ)、
気持ち的にちょっと楽みたいなことを言っていました。
そしてまずはお互い、1人トークでなくて良かったねー、と。1人は嫌だと。
2人とも、こういう時に嫌だと思っているものを引いてしまうところがあるので、気持ちをフラットに
した、と岡部さん。
「スイッチ切ったの」
「ああ、心のね」
「この辺(斜め前)にスイッチがあって」
「いや全く意味が分かりませんけども」
岡部さんによると、足で踏んでスイッチを切った、と。
向井君も結構嫌だと思っているのに当たってしまうということで、気持ちを無にしたというような
ことを言っていました。
で話は岡部さんのピンのことに。今どんな感じなのか、と。
コンビ時代はネタを作ったことがなかった岡部さん。ピンネタを作るに当たって、
机に向かったそうなんですけども、「ほんとに漫画みたいなことするね」と。
行き詰まってくると鼻と口の間にペンを挟んでみたりとか、ペン回しをしてみたりとか、
紙をぐしゃぐしゃっと丸めて後ろに投げるとか。
ほんとにやるんだ、という話で盛り上がったりとか。
そして先日、ばちーんんんチャレンジに出た時の話に。
どんなネタをやったのか訊かれて、ダンスネタをしたと言ったら向井君が食いつきまして、
「面白い匂いしかしない!」と。
「ちょっとさわりだけやってもらっていいですか」と少しだけやってもらっていました。
でやっぱりピンネタは大変だねーという話から、「パンサーもR1出たでしょ」と。
「向井何回戦まで行ったんだっけ?」「二回戦です」「菅さんは?」「二回戦」
しばしの沈黙。
「はい尾形は一回戦落ちです!」(by向井)。
とはいえ向井君が見ていた限りでは面白かった、と。
そして登場シーンも再現してくれました。
あー話が前後しますけど多分前の方で言っていたのが、
向井「実際どうですか、今」
岡部「一週間ってこんな長いんだ、って思う」
と。
その流れだったかなー。話は向井君の ”芸人をやっていない時” のことへ。
前のトリオ(ブルースタンダード)を解散して半年くらい芸人をやっていない時期があって、
とはいえ向井君は大学に通っていたので、その時期を利用して卒業したと言っていました。
中退か卒業かってやっぱり違いますからねー。
で、その芸人をやっていない時に本社に行かねばならない用事があって行ったら、
ちょうどネタ見せか何かで同期が集まっている時で、なんかもう別世界の人に見えた、
でしたっけ。ちょっと違うような気がするんですが、まあそんなニュアンスのことを言って
いました。もちろん向こう側はそんなことは思っていなくて「よう向井! 久しぶりだな」
とか普通の感じなんですけども、どうしても勝手に卑屈になってしまった、と。
それを聞いて岡部さんが、「あー転校したみたいな」と。
「転校したけど忘れ物して取りに帰ったみたいな感じ」
「そうそう」
「……いや分かってる? あんまそんな事ないよ」
とはいえちゃんと向井君は分かってましたし会場も皆分かってたんじゃないかなー。
あーこのちょっと前くらいのことだったと思うんですけども、向井君がいきなりじゃんけんを
仕掛けまして、その時はあいこだったんですね。で、「とにかくじゃんけん勝てない」と。
『333(トリオさん)』でじゃんけんをやる時、とにかくパンサーは勝てないと。
で、じゃんけんをする時、一歩踏み出した時点で『あ、俺負ける』と分かるとか。
そしてそういう時は絶対勝てないそうです。
いやでもなー、これなー、じゃんけんに関しては気持ちの問題もあると思うんですよね。
前にAKBのじゃんけん大会の話をしたことがありましたけども、「勝ってセンターを取る」と
唯一明言していた娘が本当に勝ってセンターを取っていたんですよ。
なので、気持ちの問題も大いにあると思うですがねー。
でその時はあいこだったんですが、話の途中でいきなりじゃんけんをしよう、ということに。
その後2回いきなりじゃんけんをやったんですが、2回とも向井君が負けていました……。

1人トーク。
椅子を持ってくる菅さん。座りながらのトークでした。
「何話しましょ」と造作ない感じの菅さん。で緊張するとお腹が痛くなるという話から
先月ノロウィルスや他のウィルス性の病気にかかった話へ。
仕事を休んでいる間、家にいなければならないし暇でしょうがなかったと。
なのでネタを書いていたのだけど、熱があったせいで何でこんなネタにしたのか
分からない、という話に。
箇条書きにしているというネタを少しだけ披露してくれました。また後日パンサーのネタで
見られるかもしれないのでここでは書かずにいますが。というかぜひネタに昇華して
欲しいわー見たいわー(笑)。
そして話すことがなくなった(笑)菅さん。悩み相談のコーナーを勝手に始めるという
斬新な構成へ。
最初の、「モテない、彼氏がいない」という悩みは、まだそのお客さんが16歳ということで
「大丈夫大丈夫。ここにいる人みんな彼氏いないから」と。勝手に(笑)。
最後の「弟が思春期で話をしてくれない」という悩みに対しては、これまた色々と。
「『別に』って言うでしょ。あれってオールマイティな言葉ですよね。『あんた今日何してたの』
『別に』で返せますし。便利な言葉ですよね。でも別に……」
うっかり使っちゃってしまったという感じで言葉を止める菅さんでした(笑)。
そして話は菅さんの5つ上のお姉さんの事に。
20歳過ぎの時の話らしいんですが、クリスマスに目覚めたら枕元に大きなダンボールが
あって、中を見たらミニコンポが入っていたと。
実はそれはお姉さんからのプレゼントで、しかもその数週間前にさりげなく菅さんに
何が欲しいか聞いて、菅さんが欲しいといったものをプレゼントしてくれた、と。
客席がなんか感動する中、菅さんが一言。
「だからね、結局はモノですよ」
だいなし(笑)。


時間切れなので残りはまた後で。
とりあえず出来た分だけ上げておきます。

さて、家のパソコンで続き。あーやっぱ使い易いわー。
どうでもいいけど昨日の夜、キーボードにジュースこぼして使いものにならなくなる夢と
『333(トリオさん)』の録画に失敗する夢を見ました。
夢で良かった。

3人トーク。
LLR&尾形君、という構成。尾形君はLLR2人に対して「前のコンビの時からライブに
いっぱい呼んでくれて」と感謝の気持ちを述べていました。
これ、チーモンチョーチュウとのシャッフルトークでも白井さんに言っていたんですよね。
呼んでくれて、って。
私が記憶ないだけかもしれませんが、あんまり他の人が(舞台上で)「いつも呼んでくれて
ありがとう」と言うのって聞かないなーと思うので、尾形君特有というか、尾形君のこういうところ
いいなあ、と思ったりします。
でこの時だったかな、尾形君の前のコンビの話(グレートホーン)になって、
「グレートホーン知ってる人」と訊いたら結構手が挙がりまして。
私も知識としては知っていますけども、ネタは見たことないんだよなー。
で、(LLRの)単独にも出してくれて、と尾形君が言ったら、「出てたっけ?」といとーちゃん(笑)。
福田「俺らもパンサーのライブに出してよ」
尾形「出てくださいよ。あ、でも俺に権限ないからなー」
福田「誰に言えばいいの? そいつに行くからさ」
しばし考える尾形君。
尾形「大体、向井と菅がこの辺(尾形君の頭くらいに手をやる)、で菅がちょっと(数センチ)上かな」
福田「尾形は?」
尾形「(勢い良く床に手を置き)ここです」
そんなに!? (笑)。
とはいえ、そんな尾形君ですが実は自信家なんだよね、という話。
needsというライブにその昔出演した時に、2人一組で1分ネタをやる、というコーナーで
尾形君が「福田さんやりましょう。俺の動きに合わせてくれればいいですから!」
と言って来たそうで、福田さんによるとその頃ろくに喋った事もなかったのだけど、まあ
(後輩が)そこまで言うなら相当自信があるんだろうなーと思って任せることにしたら、
「最初に、『サンダーV!』って言った後止まっちゃって。俺何も出来なくなっちゃって」
その1分は地獄だっただろうなあ……。
そんなこともありますよ、と尾形君は言っていましたけども。
いやいやいやいやいやいやいやいや(笑)。
そして会場の疑問でもあったことを口にするいとーちゃん。
「サンダーVってなんなの?」
パチスロの機種だそうです。ググったら某動画サイトが出てきて、何でもアリなんだなあ、と。
しばらく動画も見てみましたが、これ、普段やっている人なら面白いんだろうな、多分。
そして話は、夕飯何食べる、という内容へ。
これ尾形君が2人に質問したんですけども、福田君に逆に質問を返されて、
「僕はカレーにしようと思ってます」と。
ほんと、尾形君カレー好きよね。
で、福田君はカレーいいね、という話をしてから
福田「俺一人で飯食わないの。テンション下がるから。誰かと食うことにしてるから、そいつに
    合わせる。訊くでしょ、何食いたい、って」
尾形「ああー訊きますね」
福田「それを一つ一つぶった切る」
伊藤「(納得したように)お前が合わせるの見たことないもんな」
ここのいとーちゃんがなんともツボだったんですよね。さすが相方だなーという感じで。
相方というより高校時代からの友人だなーと。
で、なんで否定するかといえば「好き嫌いが多いから」と。
福田君によると、そばにネギが入っているのが嫌なのだとか。そばはそばだけでよこして、
トッピングは入れたい奴が入れれるようにすればいい、と。何でお前(作り手)が決めるんだ、と。
まあ確かに一理ありますけども、トッピングお好きにどうぞってやったら入れない人より
入れ過ぎる人の方が多くて余計にお金かかるでしょうしね、店的には。
そして調味料は醤油しか認めないという福田君。マクドナルドのハンバーガーでも
ケチャップ抜きにしてもらう、と。
その話の時に尾形君が、フィレオフィッシュのタルタルソースを抜いててりやきソースを
かけたら絶対に美味いと思う、と言い出しまして、頼めないかどうか、という話を福田君と
していたら、いとーちゃんが一言、
「そんな簡単なもんじゃないから」
いとーちゃんは高校時代、マックでバイトをしていたということで、とはいえ、
福田「こいつマックでバイトしてたの。シフト2時間」
伊藤「いや正確には90分」
その程度のバイトなのに「俺今日バイトなんだよねー」と言っていた、と福田君談。
伊藤「10人兄弟いると大変なんだよ!」
福田「いやほんとは10人いないでしょ」
10人兄弟キャラを作りたいがための嘘らしいです(笑)。
そして話はバイトのことへ。
福田「俺サービス業関係全部やったよ」
尾形「何やったんですか?」
福田「いやだから全部」
尾形「携帯電話のショップ店員とか」
福田「あ、それはやってない」
(笑)。
とはいえ映画館とかゲームセンターとか色々やった、とのことでした。
でもってマック話に戻って、福田君はマックでダブルチーズバーガーを頼む時に、
まずケチャップを抜いてもらって、ピクルスも抜いてもらうそうで、なんかもう一つあった気が
するけど何かも抜いてもらうとやっぱり店員さんも心配になるらしく、「それで大丈夫ですか?」
と訊かれるので、「塩多めにお願いします」と頼むそうな。
尾形「ああ、美味しそうですねー」
福田「これな、びっっっくりするよ。……普通
普通の塩バーガーになるとか。
まあそりゃね、美味しかったら商品として出してるわな。

そしてエンディング。時間が延びたということでそこはさくさくと終わりました。
楽しいライブだったなー。色々な話も聞けましたし。
またぜひやって欲しいです。
無事に書き終えられて良かった(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

tb: 0   cm: 2

コメント

1. 無題


このライブ、どんな内容なのか気になっていたのですが、凄く素敵なライブだったようですね。しかもお客さんの希望通り菅さん1人のトーク、・・・、だぁー!!!見たかった。そして苦しんでいる時に生まれたネタ、是非見てみたいです。続き待ってます。

sakura30 #79D/WHSg | URL
2011/05/28 23:55 | edit

2. >sakura30さん


こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
私も行くまではどんなライブなんだろうと思っていたのですが
行ってみたら本当に楽しいものでした。誰と誰が話すか
その時まで分からないというのがなんとも。そして今回の
組み合わせがまたどれもいい感じで、菅さんの1人トークと
いう珍しいものも見れましたし(笑)。
菅さんのケータイに入っているネタ、いつか形になるんで
しょうかね。私も見てみたいんで単独とかでやってくれない
かなーとか。さすがに難しいかな。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/06/02 23:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/447-1463e8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。