幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

「ジューシーズ・松橋とパンサー・菅とマヂカルラブリー・野田のしっぽりの夜」レポその3  

ツイッターでちょっと話題になっていた、「5秒でわかる 本格的な姓名占い
試しにやってみたら結構当たっていて笑ってしまいました。
ちなみに私の場合、本名もPN(海老原ね)も同じ結果が出まして、その後
パンサーの向井君でやってみたらこれまた同じ結果になりまして、さすがにちょっと訝しく
なったんですが、その後パンサーの尾形君でやってみたら違う結果になって、しかも
最初に出てきた見出しの言葉に思わず吹き出しましたよ。
菅さんはやたら女性的と出たりとか。
これなー、ぜひ各自でやってみてくださいな。
ちなみに『333(トリオさん)』メンバーだと、向井君とジャングルポケット太田君、そして私が
同じタイプと出て、あーなるほどなあ、と。


ではしっぽりの続きです。出演者はタイトル通り。
思い出しつつ書くので順番とかはバラバラですし、台詞も結構うろ覚えです。
そして書いてから思い出した事があり、これ前回の流れで書いた方がいいなーというのが
ありましたので、こっそり前回記事の最後に追記しています。

話は漫画喫茶のことに。野田くん、菅さん、そしてこの日はいなかったですけども
御茶ノ水男子・しいはしジャスタウェイ君は ”漫画喫茶芸人” だそうで、ルミネの出番の
1回目と2回目の間に漫喫行っちゃう人(笑)。
いや俺も漫画喫茶芸人だよ、としゅうた。なんでも仕事が終わって最寄り駅まで着いてから
漫画喫茶に寄って、それから家に戻るのだそう。その話を聞いて野田くんも「家帰る直前に
行くんだ」とびっくりしていました。
しゅうたによると、お金のなかった時期に漫画を全部売ってしまったので家に何もなく、
そうなると家に帰ってもやることがないから、ということで漫喫に行くそうです。
しゅうたによると、漫喫に行くか、DVDを借りるか、誰か(主にライス田所)を呼ぶか、の
三択だとか。
ちなみに菅さんも家にあまり漫画を置きたくないという理由から家にあまり漫画がなく、
漫喫で読むそうです。
この流れじゃなくて別の時だった気がするけどまあいいや。お金がなかった時、DVDの
延滞料が払えなくてDVDを借りれなくなってしまい、その時は毎日漫喫に行くしか
なかったと(でも漫喫行くお金があったら延滞料払えたんじゃ、とちょっと思った事は
ここだけの話)。で、しゅうたは家の近所に行きつけの漫喫があり、しかも仕事が
終わってから行くということで夜中から明け方にかけて利用する事が多く、そして個室と
いうことで気持ち的には自宅とあまり変わらないというか芸人としてはオフモードで利用して
いた訳です。髭も伸び放題だし髪もセットしていないし服も適当。
そしてそんな漫喫通いが1年くらい続いたある日、
「mixiのメッセージで、『いつもうちの店を利用して頂いてありがとうございます』って来ちゃって」
バレていたのか、とものすごい恥ずかしい気分になったとか。
あーでも気持ちは分かるなあ。ファンにはまず絶対に見られたくない部分でしょうし。

しゅうたの漫喫話続き。
菅さんと野田くんは無限大ホール近くの某漫喫によく行くらしいのですが、しゅうたは
そのグループの店にはトラウマがある、と。
なんでも、(田所)仁君と新宿でそのグループの店に行ったところ、席が満室でペアシート
しかないと言われ、まあでも仕方ないか、と入ったところ、
「1.2人分くらいのスペースしかなくて!」
実演してみてくれたのですが、野田くんが横になる上に覆い被さるしゅうた。いやさすがに
それはないでしょ、と野田くんも言ったのですが本当にそうだった!としゅうたは力説。
なんでも2人で漫画を読んだら片方の左ページと片方の右ページが重なってしまう、と。
さすがにそれはきつすぎるということで出る事にしたのですが、入って5分だか過ぎていた
ということで1時間分の料金を取られる羽目に。
「300円くらいで揉めたくなかったから」払ったそうですが、それ以来そのグループの店には
行けなくなった、としゅうた。
ただ菅さんによると、新宿のそこではない方の店はペアシートも普通だったそうです。
普通に2人横になれたし、と。
とはいえしゅうたがそのグループの漫喫に行く事はもうないんだろうな。

野田くんの漫喫話。
「漫喫行ったら何する?」と野田くん。漫画読んだりとか、としゅうた。たまにパソコンで動画も
見るとか。菅さんも漫画だったかな。漫喫のパソコンに入っているエロ動画見るって言ったのは
誰だっけかな。
で野田くん。一時期恋愛シミュレーションゲームにハマっていた、と。タイトルは本人も覚えて
いないそうなんですけども、ゲームソフトとかではなく配信されていたのかパソコンに入って
いたのか、そんな感じだったような。
ということで、そこまでシチュエーションにバリエーションがあるわけでもないので、1人の娘に
何度も行くとイベントが一周してしまって、結局また同じ流れを見ることになる、と野田くん。
なんですが、気に入った娘がいるので他の娘には行きたくないのだとか。
野田くん的には図書館にいる娘がお気に入りのようで、とにかく図書館に行けばその娘に
会えるから図書館ばかり行っていた、と。そうなると結局また同じパターンの会話になって
しまうのだけど、「他のとこ行くのが嫌なの」と。
「あー、屋上に行ったのをその娘に見られたりとか」「いや、見られなくても嫌なの! そっちに
行ったっていう自分が嫌なの」
これ聞いた時、野田くんって結構純粋なんだなーとか思ったんでした。
野田くんによると、相手にバレるとかバレないとかは全然問題ではなく、自分がその娘を
裏切った(までは言っていなかったですが、とにかく他の娘のところに行くという行為)、というのが
もう嫌なのだとか。なので他の娘のイベントは見られずじまい。
そうして得た教訓(?)。「ああいうのはさ、アグレッシブな奴が得をするんだよね」と。
つまり色々な娘に行くことに対して罪悪感がなければ全部のイベントを見ることが出来るから
ゲームを隅々まで楽しめるけれど、野田くんのように一途だとその娘のイベントしか見られない
からゲームの一部しか楽しむことが出来ない、と。
力説する野田くん。その発想はなかったわー、という感じの菅さん&しゅうた。
私も、その発想はなかったのでなかなか興味深かったです。

怖いものがダメ、という話。
とにかく怖いものが嫌いな菅さん。お化け屋敷とかもダメとのことでした。
しゅうたも苦手だそうで、なんでも、「いきなりビンタされたら痛いだけじゃん。でも、
『これからビンタしますよーすっっっごい痛いですよー』って言われてからビンタされるようなもの」
だそうで。予告された上にいつビンタが来るのかも分からないから、ずっとびくびくしていなければ
ならない、という説明に、ああなるほどなー、と思ったんでした。
野田くんはそうでもないらしく、「ああいうのってイレギュラーな動きしたらどうなるのかな」と。
人が脅かすタイプだと、ここに人が来たら出る、みたいな決まりがあるのだろうから、そこまで
歩くと見せかけて急に戻ったりとフェイントかけたら向こう(お化け)も焦るんじゃないか、と。
バイトやってみたいよねー、という話も。煙草とか吸って待っていて、「あー来た来た。じゃあ
行こうかー」みたいな感じなんだよ、と。なんかそう考えるとあまり怖くないな(笑)。
ただ菅さんはほんっとに怖いものがダメということで、ちょっと何の流れか忘れたんですけども
「山小屋の話みたいな」と菅さんが言ったら2人は知らなかったらしくて「どういう話?」と
訊いてきまして、でも「説明するのも怖いから怖くないように話していい?」と(笑)。
ちなみに山小屋の話ですが知らない方はこちらに書かれています。
これを極力怖くないように説明する菅さん。ただ本当にさほど怖くない感じで終わってしまった
せいか、「稲川淳二さんが話したらめっちゃ怖いから」とのことでした(笑)。
そんな怖がりな菅さんですが、
「こないださ、僕と菅君で『高校デビュー(※リンク先音注意)』観に行ったの」
と、しゅうた。
これ聞いてつくづく思いましたよ。しゅうたもだけど菅さんもキャラぶれないよなあ、と。
つかどんだけ別マ好きなのかと(笑)。
で、当然そんな映画なので周囲はカップルばかりで、男2人で来ているのなんて
菅さん&しゅうたくらい。ということでしゅうたはわざと周囲に聞こえるように
「楽しみだね(はあと)」とかカップルっぽい雰囲気を出していたとか。
松橋「そういうの菅君嫌がるから」
野田「菅君じゃなくても嫌だよ」
一種の嫌がらせ(笑)でそんなことをやっていたしゅうた。当然嫌がる菅さん。
その辺りはまだ予告も流れていなかったとのことで、「こういうのもまだやってなかった」と
映画泥棒の真似をするしゅうたがなんとも個人的ツボでした。
そして予告。何の映画かは忘れてしまったんですけども、恐怖映画の予告が流れまして、
終わった後にしゅうたがやっぱりさっきのノリで「こわかったね(ひらがなの感じで)」と
菅さんに言ったら、菅さんはなんと「目をつぶっていたから見てなかった」と。
「だってあんなの、絶対怖いシーンばっか流すもん」だそうです。まあ確かにね。
ただ菅さんによるとやみくもに何でも怖いわけではなく、小説や漫画だと平気だとか。
でも実写になればなるほど怖さが増すらしいです。

ここまでで前半部分終了、くらいだったかな。次回からは休憩を挟んで後半になります。
それにしても菅さん、あの風貌で少女漫画好きだったり怖いものが大嫌いだったりとか、
そういうギャップをもっと前面に出したらまた違う面白さが出そうなのになーとか思ったり
しました。
菅さんって今一つ周囲からすると弄りにくい部分もあると思うんですけども、本人は
もっと弄って欲しいみたいですし(「黄金の郷」のトークでちらっとそんな話もしていましたから)
例えば『333(トリオさん)』とかでそういうのが出せたら個性として面白いんじゃないのかなあ、とか。
見た目とのギャップも相まって面白そうな気がするんだけど。
向井君が例えばそうだったら、『え? 何そっち系なの?』とかなってちょっと引きそうな感じは
あるんですが、菅さんだったら面白い、ってなる気がするのだけど、どうなんだろうなあ。
何にせよもう少し自己主張すればいいのに、とは思ったりします。
今回のしっぽりでも3人の中で一番喋ってなかったんじゃないかなー、と。
あの中では菅さんファンなので、それはちょっと残念でした。

続きます。

関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

コメント

1. お疲れ様です!


読んでたら菅さんが少しずつ好きになってきました(^^)

なかなか濃い、楽しい時間ですね☆


また覗きに来ます(>_<)

ジャスミン #79D/WHSg | URL
2011/05/14 14:43 | edit

2. 無題


この占いやってみました。
まあまあ当たっていました。

レポ楽しみにしてます。

坂井綾花 #79D/WHSg | URL
2011/05/14 15:22 | edit

3. 無題


占いやってみました!
ほかの人はそれなりな気はしますが、尾形さんはまさに!という感じですね(笑)

私は尾形さんのピュアさが大好きですから、そのままかわらずいてほしいですよ♪

海樹 #79D/WHSg | URL
2011/05/14 21:15 | edit

4. >ジャスミンさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
菅さんを好きになっていただけて嬉しいです(笑)。この
ライブの菅さんは普段パンサーでいる時とはやっぱり
ちょっと違うんですよね。向井君も11期トークライブの
時は普段とちょっと違う顔を見せますし、それが
楽しみだったりします。
レポはもう少し続きますのでぜひまた見に来てくださいね。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/05/14 21:53 | edit

5. >坂井綾花さん


こんばんは。コメントありがとうございます。
占いは当たっているなと思うものも、そうか?、と
思うものも色々ありますけども、そんな期待もせずに
やってみたら結構当たっていたのでびっくりでした。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/05/14 21:55 | edit

6. >海樹さん


こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんですよね。尾形君のところで『ピュア』と出た
時は思わず吹きました。確かに尾形君を一言で表すと
そうなるなー、と。まさか名前(しかも音だけ)にそれが
現れているとは思いませんでした。
34であれなので多分一生あのままだと思います。
私も、彼にはそのまま変わらずいてくれたらなーと
思います。長所でもありますからね。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/05/14 21:57 | edit

7. こんばんは。


こんばんは。
いつもブログ拝見させていただいてます!
そしてレポありがとうございます。

トークライブってレポしにくいと思うのですが、
(私はよく半分書きかけて下書きのまま放置しちゃう性質なので)
チョイスしている言葉とか、動作とか、
すごく鮮明に書いていらっしゃるので、
本当に読んでいて楽しいです!

しっぽりの夜、一度生で行ってみたいものです。
関西圏からしたら、その組み合わせは
滅多に見れないものですからね…。羨ましい!

レポ楽しみに待っています。

ピヨたん #79D/WHSg | URL
2011/05/14 23:20 | edit

8. >ピヨたんさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
そう言っていただけると本当に嬉しいです!なるべくその場の
雰囲気が出せたら、と思いながら書いているのですが、やっぱり
なかなか難しいなーと思っていましたので、少しでも
伝わっているのでしたらほんっとに嬉しいです。
読んでいて楽しいと言っていただけると、こちらも書いた
甲斐があったなと思います。
確かにこの組み合わせは滅多に見られないですよね。
そのうちトリオ×3のように、大阪で特別ライブとかも
あったらいいですねー。その時はちょっと遠征したいです。
ほんとありがとうございます!

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/05/15 02:24 | edit

9. 無題


 私は漫画を殆ど読まないので、漫画喫茶話とか文庫本の扱い?について(なるほどね~。)と思いながら聞いてました。どれ買っていいかわからなかったり揃えだすととんでもない事になった事があったので、一緒!って感じでしたね。
 漫喫、私は∞上にあるアプレシオ派です。お話には出てこなかったのであまり有名じゃないのかなと思ったのですが、某店よりは静かで丁寧でいいと思いますよ。そういえば、いつも冒頭で流れる曲名ご存知ですか?

sakura30 #79D/WHSg | URL
2011/05/16 20:35 | edit

10. >sakura30さん


こんにちは。コメントありがとうございます。
私も最近はあんまり漫画を読まなくなったんですけども、
ある程度(最近の)漫画やアニメに精通していた方がこの
ライブは面白いと思う、という話を聞いて、それもそうだなーと
思ったりします。
ただ、以前は週刊漫画雑誌を買っていたのですが、
コミックスが次々出るのでやっぱりとんでもないことに
なりました。ほんと、揃え出すと大変ですよね。
漫喫、アプレシオは微妙に高かったような。微妙レベル
ですけども。某店程は見かけないですねー確かに。
時々見かけて、おっ、と思ったりしますが。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/05/21 14:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/433-6b3ebf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)