幻のアンコール聞こえた?

人生何があるか分からない、だから面白い

『333(トリオさん)』第二十一回感想  

本日はルミネに青田買いを観に行ってきました。
10時開演で30分前開場なんですが、その少し前くらいに着いて、でもこの時間だと
店も開いていないし暇潰すところもないなーどうしようかなーとか思いながら
とりあえずルミネの方に向かったら何やら行列が出来ていて、ああ入り待ちかー
凄い列だなー誰だろう、とか思って見たらパンサー向井君でした。
あまりの不意打ちっぷりに(いや向井君ってもっと早く来るイメージがあったからね)
別に列に並ぶわけでもないのに挙動不審になる私(笑)。
とりあえず遠目で見てあー今日の服はあれかーとか確認して(コントだったら衣装が
あるかもしれないので)、時間になったので会場入りしたのでした。
それにしても凄い列だったなあ。

パンサーのネタは漫才でアイドルプロデュース。ただ今回の青田買いが1時間で15組と
いう詰め込みぶりだったので、計算上は1組4分ないんですよね。オープニングとエンディングの
時間を考えると。
途中で時計を見ていないので持ち時間が1組当たりどのくらいあったのかは正確には
分かりませんが、3分ちょいくらいだったんじゃないのかなー。実際パンサーのネタも
後半部分はばっさりカットされていました。パンサー3人でアイドルやろう、というくだりから先。
色々な芸人さんを見られるのは楽しかったですけども、せわしなかったんで
もう少し少なくてもいいのになーとも思ったり。
あ、ルミネだから意見聞いてはもらえるのか。聞いた後どういう判断をするのかは
向こうの問題だからいいとしても、聞いてもらえると分かっているのは嬉しいですね。
どことは言わないけど某劇場とかだったら意見自体スルーだろうしな……。


さて『333(トリオさん)』の感想ですよ。今回は早めに。
まずは見られない地域の方へあらすじ。見たよーという方は飛ばして下さい。
ところでこのあらすじってどのくらい需要あるんでしょうか。
特に必要なかったりするのなら省略しようかな。

---------------------------------
「初の沖縄ロケで興奮気味の3組だが……」というナレーションで今回はスタート。
沖縄ロケにはしゃぐ3組。バックに沖縄の海、というロケーションの元今回の企画発表。
背景にハイビスカスをあしらった沖縄テイストのフリップにますますテンションの上がる9名。
楽しい企画しかないじゃない、とフリップを持ったパンサー向井が言う中、今回の企画は……?
まず最初 【今日はせっかくの沖縄ロケ、なので3組で盛り上がって行きましょう!!】
脱落者がいない、ということで大いに盛り上がる9名。
「そうか、1組出れない可能性もあったんだ」とジャングルポケット太田。
そして次 【ロケの中身は、前回好評だったすごろく大会の沖縄編!!】
また皆で喜ぶものの、すごろくということは、と気付くメンバーもちらほら。
最後 【ただし、最下位になったトリオは、明日のロケ不参加。題して
     『沖縄ロケ出演権争奪すごろく大会!!』】
それまですらすらと読んでいたのに、急にたどたどしくなる向井。
出たよ出たよこれかよ、と嘆くメンバー達。
「俺らだって、ただでさえV撮りで1日参加してないからさ、これ負けたらただすごろくやりに
来ただけ」(by向井)
そんな状況のパンサー。なのでか珍しくパンサー菅が提案。
「ここ(フリップの2つ目と3つ目の間)へし折ること出来ないかな」
「それ可能なら折りたいですよ」と向井。

3組はすごろく会場へ。沖縄の雄大な海が一望できる会場。
高台というか小さな丘というか。周囲は柵で囲まれた、数本の木以外は何もない平地。
「何であそこでやんだよ」(by向井)
「沖縄編ってそういうこと」(byジューシーズ松橋)
今回のすごろくも、計22マスに色々な指示があり、その指示に従いながらゴールを目指し、
ビリのトリオは次回出演権剥奪。
まず、マスを一つ開いて見る事に。
そこには【ヘビをわしづかみ】
いやいや無理無理、と一斉に拒否する9名。
わざわざヘビの専門家を呼び、実際にヘビを披露。
猛毒のヘビだが、「皆さんご安心ください。このヘビは、無毒です」
そういう問題じゃない、と騒ぐメンバー。

すごろくの順番は、抽選の結果、ジャングルポケット、ジューシーズ、パンサーの順。
まずはジャンポケ。出た目は1。マスをめくってみると
【好きな女優の名前を絶叫】
失笑の漏れるメンバー。「高校生の帰り道みたい」(by向井)
説明によると、海に向かって好きな女優の名前を叫べ、但し、
「勝負には一切関係ありません」
「正直、芸人的にはヘビより嫌だよ」と向井。
しかしマスの指示は絶対ということでそれぞれ絶叫。
斉藤…壇れい 太田…長澤まさみ 武山…戸田恵梨香
微妙な空気の中終了。
「ただ正直、絶対(このマスに)なりたくない!」と言う向井。

続いてジューシーズ。出た目は4。そこに書かれていたのは
【一攫千金チャンス】
「何これー!」と、自らのお金が取られるかもしれないという警戒からか(?)
ジューシーズ以上に騒ぐ他2組。
そして説明。3連パラシュート(花火)を打ち上げ、3人でそれぞれ1つずつ、
合計3つのパラシュートをキャッチ出来たら1万円が貰える、と。
喜ぶジューシーズ。
しかし、飛んだパラシュートは柵を悠々と越え、カメラすら追いかけられないくらいの遠くへ。
あまりの無理ぶりに大笑いする他6名。
「上がった瞬間、ラミレスのホームランぐらい、絶対入るなって分かる」(by太田)
「試したんですか?これ」(byジューシーズ児玉)

続いてはパンサー。尾形がサイコロを振ると、2という微妙な数字。
「ほんと、期待して損したわ」と呆れ顔の向井。
コマの指示は【ハブ酒で乾杯】
「おーしおしおし」と喜ぶ、「バラエティのリアクションとしては間違っている尾形(ナレーション)」
と、嫌そうな顔をする相方2人。
そして運ばれて来たハブ酒には、獰猛な顔をしたハブが鎮座。
騒ぎになる中、何かに気付く太田。
「これ、原材料、泡盛、ハブ、ハーブ、って書いてある」
さりげないダジャレ。
そんなハブ酒を一気飲みする3人。そしてえずく3人。
量としてはさほどでもなかったけれど、目が赤くなる向井。そして酒には強いというのに
「ダメだ、ダメなやつだ」と言う菅。
(ちなみにアルコール度数は35度)

そして2ターン目。ジャンポケは4を出し、またもや【一攫千金チャンス】
3連パラシュートキャッチに挑戦するも、ラミレス並みの2号ホームランに阻まれ
あっさりと終了。
「最初から1万(円)なんて用意されてねんだよ」(by児玉)
「次来る可能性あるから、ここ(のマス)来たら断るわ」(by菅)

次はジューシーズ。3が出ればヘビをわしづかみ、ということで他2組が3を
願う中、出た目は4。
そしてマスの指示は【相撲でジャンプアップ】
ジューシーズは前回の相撲で敗北した赤羽が、メンバーの反対を振り切り出場。
対戦トリオはくじ引きの結果パンサーに。そして相手はジューシーズ側が選べると
いうことで、尾形が自ら前に出るも、指名したのは向井。
体重110kgの赤羽と、9人中最軽量の体重60kgの向井との戦い、ということで
ジューシーズの独走を阻止しようと結託するジャンポケとパンサー。太田が何やら
向井にアドバイス。
そして相撲スタート。組まずに逃げ回る向井。追いかける赤羽。だんだん体力が
なくなりへろへろになる赤羽。そこを見計らい組んであっさり投げる向井。
ということで向井の勝利。
向井(というか太田)の作戦勝ち。

続いてはパンサー。5を出せばヘビをわしづかみ、という中、出した目は6。
ということで、またもや【相撲でジャンプアップ】
体力に自信のある尾形が相撲をする事に。
そして対戦相手はくじ引きの末ジューシーズに決定。先程あっさりと勝利した赤羽を
再度指名すると、今度は太田が赤羽に何やらアドバイス。
相撲スタート。尾形が組もうとしたら、なんと赤羽が張り手攻撃。
思わず逃げる尾形。追う赤羽。へらへらしながら追う赤羽と、泣きそうな顔になっている尾形。
それでも尾形が再度組もうとしたら、今度は赤羽が髪を掴んで攻撃。
結局は赤羽が尾形を倒して赤羽の勝利。2連敗は阻止したのでした。

3ターン目。ジャンポケは3を出せばヘビのわしづかみ、ということで
「武山、ヘビ見たいって」と向井に言われるものの、出た目は4。
ということで、またもや【相撲でジャンプアップ】
「ただの相撲の番組じゃねーかよ」(by向井)
高校時代、柔道愛知県1位になったこともある太田が出場。
対戦相手はくじ引きの末パンサーに。
そして選んだ相手は「じゃあ尾形さんでいきます」
「俺ダメだって」と戦う前から弱気になる尾形。
太田は特に作戦もなく臨戦態勢に。一方の尾形には2組の期待がかかるということで
皆でアドバイス。
太田vs.尾形。果たして決着は……。
以下次週!
---------------------------------

途中、手違いで派手に消してしまい書き直したりしたのでテンション下がったり
したんですが、番組自体は面白いからいいや、とポジティブシンキングで。

まず最初のナレーション。今年に入ってから、この最初のナレーションが
毎回ちょこちょこ変わっていて、今回は何だろうと楽しみだったりします。
こういうところに手を抜かないのがこの番組のいいところだよなーと思ったり。
ナレーションの声の、見守る暖かさとちょっと小馬鹿にした感じの同居が好きだったりします。

ところで今回、あらすじ書いていてやたら向井君の声ばっか拾ってるなーそりゃ確かに
向井ファンだけどさ、でもこれに関しては極力平等に書こうと思ってるんだけどなーとか
思って気付きました。ピンマイク(いや、ピン、というにはいささか大きいんですけども)が
1トリオ1つなんですね。
パンサーは向井君、ジャンポケは太田、ジューシーズは松橋しゅうた。
ある程度大きいピンマイクですし、他にもちゃんと声を拾うマイクもあるでしょうから
全員の声はそれなりに聞こえるんですけども、メインでマイクをつけているのがこの3人、と
いうのが、ああスタッフさんの評価的にはこの3人が一番面白い(というか的確な)ことを言う、
という判断なのだなあ、と。
まあ実際私もトリオそれぞれ1人にピンマイクをつけろ、と指示されたらこの3人を
選びますけどね。
ただ、最近は菅さんがちょいちょい面白い言葉をぶっ込んでくるので、それが楽しみだったり。
そういやそんな菅さんですけども、最初に9人全員出られる、と分かった時、
他8人は拳を上げて喜んでいるのですが、菅さんだけは静かに拍手をしているというね(笑)。
なんともそれが菅さんぽいなーと。
そして太田が、「そうか、1組出られない可能性もあったんだ」と言っていましたけども、
確かに、特に今年に入ってからは3組全員出ていることが多いですからねー。
そういえば『333(トリオさん)』のWikipedia見ていて気付いたんですけども、
全員出ている回はとりあえず置いておくとして、2組のみ出ていた回に関しては、
去年はジューシーズ6回、パンサーとジャンポケはそれぞれ3回で、今年に入ると
ジューシーズ4回、パンサーとジャンポケはそれぞれ3回なんですよね。
まあジューシーズが多いのは分かり切っていた事ですけども、なんとなくパンサーが
一番少ないのかと思っていたのでジャンポケと一緒なんだ、とちょっとびっくり。
パンサーは2週またぎの回を押さえている分回数を稼いでいる、という感じなので
企画としてはジャンポケの方が参加してはいるんですけどね。
ただ、ジャンケンなどの決め方に関してはガチでしょうけども、なるべく3組とも
平等に出そうという考えみたいなのはもしかしたらあるのかなーとも思ったり。
特に今年に入ってからは3組とも出す方向に少しずつシフトしていっているのかなーと
思っているんですが、そうだったら嬉しいな。
実際3組いても、それぞれ違った個性があるので潰し合う事はないですからね。
いい感じで面白さが増幅されるといいますか。
ある程度視聴者への(9人の)浸透が出来た&3組いた方が面白いと作り手側も気付いた、
ということだったら嬉しいんですが。

話がずれた。
最初に、ヘビをわしづかみ、のマスが出ましたけども、正直尾形君は平気じゃないの?
とか思ったり。まあそこで「俺平気だし」とか言い出したらあれですよ、
「バラエティのリアクションとしては間違っている尾形」とかナレーションでダメ出しが
入りますよ(笑)。
あのダメ出し笑ったなあ。確かに間違ってはいるんですけども。
ただでも、企画としては好きな女優の名前を大声で叫ぶ、とかよりはマシだよな、実際(笑)。
斉藤の「壇れい」はなかなか渋い所をつくなーと思ったり。太田や武山は普通に
あーそうだよねーとか思えるんですけども。

それにしてもまあ、相変わらずというか毎回言っていますけども、太田がすげえ!
パラシュートが飛んでいくさまを、ラミレスのホームランと称したりとか。
またラミレスという辺りが絶妙だなあと思いますよね。野球そんな詳しくない人でも
なんとなくは分かるんじゃないでしょうか。ゲッツ!の真似とか。
個人的には斉藤に「山崎武司のホームラン」と言っていただいて、太田にでも
「誰が分かんだよ!野球詳しくねーと分かんねーだろうが!」と突っ込まれて
欲しかったなあとか思ったりしました、って趣味出まくりだろうが。
ちなみに山崎ですが、現楽天イーグルスの4番打者です。
一昨年のファンクラブの集いで握手してもらったよ(どうでもいい情報)。
すっごい話がずれた。
ラミレスのホームランもすごかったですが、なにより、「泡盛、ハブ、ハーブ」に気付いた
ことですよね。多分これスタッフさんも気付いていなかったんじゃないかと思うんですけども。
こういうところに目が行くのが太田の凄さだなあ。
ちょっとほんわかしましたしね、実際。

それにしても、ヘビをわしづかみのマスに誰も入らなかったのが残念といえば残念。
せっかく専門家も待機していたというのに。
来週辺り、最下位のチームに罰ゲームとしてヘビをわしづかみにしてもらいましょう!とか
あったりしないのかしら(笑)。
ロケには出られない、ヘビは掴まなきゃいけないってものすごい踏んだり蹴ったりですけども。

相撲のところでも太田が活躍していましたねー。アドバイスが的確すぎる。
彼の頭はどうなっているんだろうと時々思います。あの回転の速さ。
大学の時、柔道で就職も決まっていたらしいですけども、サラリーマンになっても
成功していたんだろうなと思います。前にもちらっと書きましたけど、雑誌の企画で
編集者のコスプレしていましたけど、編集者でも成功していただろうなあ。
まあ、多少知識量というところに不安はあったりしますが(笑)。
とにもかくにも太田の凄さをじっくり堪能出来た30分ではありました。

そしてまた、向井君の言葉も的確でしたよね。
ここぞ、というところでびしっと決める辺りがなんとも。
短い言葉で決めて来る辺りが、やっぱりツッコミの人だなあと思ったりします。
そう考えると微妙にジューシーズが弱い気がするんだよなあ。
これ私だけかもなんですが、ジューシーズって一番この番組に出ている割には
一番印象が薄い感じがするというか。
感想を書こうとするとあんまり出てこないんですよね。それなりに活躍は
していると思うんですけども。
やっぱりテレビって舞台とかとは違うんだなあと思ったり。

そういや、向井君が相撲で勝って尾形君に抱きつくシーンがありましたけども、
あれ毎回思うんですけど尾形君ほんと力あるよなーと。
ひょい、と軽々持ち上げますからね。今回なんて片手で持っていましたし。
60kgって持ち上げるには結構な重さだと思うんですが、さすがの体力だなあと。
そういう意味では太田の駅弁もかなり凄いんですけども。
そのうちテレビで披露される日が来るのかな、駅弁(笑)。
映画祭のV第二弾とかあったらぜひ、『ジャンポケ太田が他8人の駅弁を成功させる』とか
やって欲しいです(笑)。
最後に残る赤羽健ちゃん。果たして太田は成功出来るのか、とか。
単純に太田の負担ハンパないだけの企画(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

category: 333

tb: 0   cm: 6

コメント

1. 無題


毎回感想楽しみにしております!
トリオさんでは尾形さんと太田さんが好きで、ピックアップされる度に顔が緩んでしまいますw

太田さんの頭の回転の速さはいつも凄いなぁ、と思っています。
今回の相撲でも、向井くんVS赤羽さんだと、パンサーの味方をした方がジャンポケのためになるから向井さんにアドバイスをしたのは分かるのですが、
次の尾形さんVS赤羽さんだとジャンポケ的にはどちらについてもいい、(言い方が悪いですがどっちが勝っても負けても関係ない)感じがしました、
それでも赤羽さんにアドバイスをし、尾形さんを負けるように仕向けるのは「尾形さんがやられキャラ、いじられキャラ」だということを理解しての計算かなー、と勝手に思っていましたw
来週への持ち越しですが、尾形さんVS太田さんが(結果が8割りくらい予測出来ますが)楽しみですw

尾形さんって力はあるんですよね、多分。
でも体力はないという…、なんなんでしょうね。

佐々原 #79D/WHSg | URL
2011/04/18 14:04 | edit

2. 無題


リアタイでも見ましたがあらすじも
読んでます\(^o^)/!!
今回も3組出てくれて楽しかったですね!
赤羽さんがヘラヘラするとことか
パラシュート飛びすぎるとことか
ハブハーブとか沢山笑いましたw
ほんと太田さんのぐいぐい感がすごいです\(^o^)/
向井さんも菅さんもさらっと面白い事言うし‥
尾形さんはリアクション間違ってるし‥w
来週も楽しみですね!

めいめい #79D/WHSg | URL
2011/04/18 15:26 | edit

3. 333!


今回の333は楽しかったですよねー。
毎回楽しいんですけど今回は結構お気に入りの回になりそうです。
菅さんはよくテロップみたいなので出されますよね。菅さんファンとしては嬉しい限りですよ!本当に。
ハブ酒は向井君大丈夫かな?と思いながら見てました。軽く酔ってましたよねあれ(笑)
来週も楽しみです★

佐々 #79D/WHSg | URL
2011/04/18 16:44 | edit

4. >佐々原さん


こんばんは。コメントありがとうございます。
感想楽しみにしていてくださって嬉しいです。書くのも結構
楽しかったりします。
太田君は本当に凄いですね。もう口癖のように「太田は凄い」と
言っている自分がいます。
相撲に関しては、ジャンポケがビリだったことを考えると
どちらのトリオに先に行かれても不利になる、という計算が
働いたんだろうなとは思うんですけども、両方とも倒して
おいて、次は自分らがそのコマに行く辺りがなんとも見事だなと。
尾形君は力はあるんですけども、メンタル面で負けている
からなあ、と。太田の気合いがまた凄いですからね。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/04/20 20:57 | edit

5. >めいめいさん


こんばんは。コメントありがとうございます。
あらすじも読んでくださってありがとうございます。
ほんと、最近は3組揃って出てくれることが多くて嬉しい限りです。
3組いると面白さが増幅しますし。
健ちゃんはなんでへらへらしちゃうんでしょうねー。まあそこが
面白かったりしましたが。
パラシュートは絶対事前に試してないよな、と(笑)。
もしかしたら試した上であえてやったのかもしれませんが(笑)。
ハブ、ハーブ、は太田よく見つけたなあ、と。あれを見つけた
太田はほんと凄いです。
パンサーも活躍していましたし、次週もほんと楽しみです。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/04/20 21:05 | edit

6. >佐々さん


こんばんは。コメントありがとうございます。
ほんと、今回楽しかったです。3組揃って出る回はどれも
本当に面白いんですが、今回はまた色々見所ありました。
やっぱり(当たり前ですが)皆ものすごい勢いで成長しているのだ
なあ、と思ったりします。去年だったら言えなかったであろう
コメントとか言ったりしているのを聞くと。
菅さんは発言自体は多くないですけど、1つ1つの面白さが
さすがだなと思います。向井君は来週キス魔になって
いたらどうしようとか(笑)。

海老原 梓 #79D/WHSg | URL
2011/04/20 21:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ebiazu.blog.fc2.com/tb.php/406-e3e3e639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)